Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/12/11
Update

『地獄が呼んでいる シーズン2』を考察予想にて解説。韓国ドラマ人気作をヨン・サンホ監督の発言から読み解く⁉︎

  • Writer :
  • 増田健

Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』シーズン2を大胆予想

新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)と長編アニメ映画『ソウル・ステーション パンデミック』(2016)、そして『新感染半島 ファイナル・ステージ』(2020)をヒットさせ、韓国を代表するホラー作家の第一人者となったヨン・サンホ。

その彼が手掛けるNetflixオリジナルドラマ、『地獄が呼んでいる』が2021年11月19日(金)より、全世界に配信されました。

キリスト教を中心とする宗教的題材と、世界に渦巻く社会問題を盛り込んだ、SF用要素を持つデストピア世界のホラーでもある本作。その内容は世界の観客に衝撃を与え、様々な反響を巻き起こしています。

そして多くの謎を残し、今後大きな展開につながるものを登場させて終わった第1シーズン最終回。一体第2シーズンでは何が起きるのか、とファンたちの間で議論が巻き起こっています。

それでは、謎に包まれた『地獄が呼んでいる』第2シーズンを、大胆に予想しましょう。

【連載コラム】「ある日、地獄行きを告げられた」Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『地獄が呼んでいる』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

【配信】
2021年(韓国ドラマ)

【原題】
지옥 / Hellbound(英題)

【監督・脚本】
ヨン・サンホ

【キャスト】
ユ・アイン、キム・ヒョンジュ、パク・ジョンミン、ウォン・ジナ、ヤン・イクチュン、キム・ドユン、キム・シンロク、リュ・ギョンス、イ・レ

【作品概要】
「新感染」シリーズのヨン・サンホが手掛ける、世界に向け配信された全6話のホラードラマ。この作品は彼が2003年に発表した短編アニメ映画を発展させた作品です。

彼はドラマ配信に併せ、1980年代の韓国民主化闘争を描いたグラフィック・ノベル『沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート』を描いたチェ・ギュソクと共作で、この作品の原作となるコミック『地獄』を発表しました。

謎めいた新興宗教・新真理会の教祖(議長)に、ドラマ『トキメキ成均館スキャンダル』(2010~)や『チャン・オクチョン-張禧嬪-』(2013~)で人気を高め、映画『バーニング 劇場版』(2018)や『#生きている』(2020)に出演のユ・アイン。

彼を追う刑事を『あゝ、荒野 完全版』(2017)のヤン・イクチュン、その娘役を『新感染半島 ファイナル・ステージ』の演技が絶賛されたイ・レが演じました。

新真理会を追究し、激しく対決する姿勢を見せる弁護士をドラマ『愛人がいます』(2015~)や『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』(2019~)のキム・ヒョンジュ。

狂信者”矢じり”たちを扇動する人物を『コクソン/哭声』(2016)、ヨン・サンホ監督作『サイコキネシス 念力」(2018)や『新感染半島 ファイナル・ステージ』に出演したキム・ドユンが演じます。

“試演”される姿を全世界に中継され、地獄に堕ちた女を『バーニング 劇場版』に出演、ドラマ『怪物』(2021~)『ある日~真実のベール』(2021~)でも注目を集めるキム・シンロク。

この出来事の後、世界を支配した新真理会の冷酷な幹部を演じるのは『梨泰院クラス』(2020~)、『都会の男女の恋愛法』(2020~)のリュ・ギョンス。

そして過酷な運命に翻弄される夫婦を『それだけが、僕の世界』(2018)や『サバハ』(2019)、『スタートアップ!』(2019)のパク・ジョンミン、『英雄都市』(2019)のウォン・ジナが演じます。

新たなホラーメーカー、ヨン・サンホ監督は何を語っているのか


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

今後物語を展開させる、トンデモないものを仕掛けて幕を閉じた『地獄が呼んでいる』第1シーズン。皆が想像力を働かせ、様々な予想を熱く語る気持ちはよく判ります。

自分なりの『地獄が呼んでいる』第2シーズンを組み立てるのは愉快なもの、私も楽しんでいます。しかし具体的に予想するなら劇中で描かれたものだけでなく、監督・脚本のヨン・サンホ自身にも迫らねば。

Netflixでの配信を前に、2021年9月のトロント国際映画祭でのワールドプレミア、10月のBFIロンドン映画祭と釜山国際映画祭で、シリーズの一部エピソードが上映された『地獄が呼んでいる』。

その際取材に応じたヨン・サンホの発言から、彼がこのデストピアホラードラマで、何を描こうとしたのか紹介していきましょう。

人はなぜ地獄を恐れるのか


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

「美術の最も大切な要素の1つは、芸術家独自の見解で世界を描き、表現する事だと学んだ」と語るヨン・サンホ。映画やドラマ制作時は、常にこれを意識していると語っています。

自分の物語のタイトルに、単純な「지옥(地獄)」という言葉を選んだ彼は本作を構想中、そもそも地獄という言葉がどう作られたのかに興味を持ちました。

地獄はどんな場所か誰も見ていないのに、私たちの祖先はどのような経験の果てに、地獄という言葉を思いついたのだろう。

誰も見たことのない地獄が、どのようにして特定の何かを指す言葉になったのか。これを想像することが、ドラマを製作する大きな動機となったと語るヨン・サンホ。

理解できぬ超自然的事件が発生し、人々に影響を与え始める。それは人々の想像力をかき立て、その結果存在すらしない何かの実現につながってしまう。この恐ろしい状況をシリーズで描きたかったと証言しています。

共同で脚本を書いたチェ・ギュソクと、本作のアイデアを考え始めた時には「(予兆や予言への)気づき」と「デモンストレーション」、この2つのキーワードを元にしたと話す監督。

シリーズの舞台は韓国ですが、生と死、罪と罰、人間であることの意味など、非常に普遍的な問題を描いたとも語るヨン・サンホ。

住んでいる場所に関係なく、世界中の人々が皆これらの疑問を抱いている。これが本作が世界中の視聴者の共感を得るのに役立ったと思う、と言葉を続けました。

宗教だけでなく、様々な社会問題に切り込むヨン・サンホ。その力強いメッセージに圧倒されつつ、国や地域によってはこの描写、大丈夫?と余計な心配をしてしまいます。

このような題材を取り上げるのは世界中の人々が感じる、社会そして人間という存在への疑念や不安を描きたいからだ。これはヨン・サンホが自信の心境を語った、偽らざる言葉です。

ドラマはクトルゥフ神話的世界に発展?


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

第1シーズンの各エピソードで使われたオープニング。予言の実行者から人々が逃げまどう姿を、レントゲンのような透視映像で描きました。

我々にとってはかけがえのない日常も、神の方では人間の生活に無関心かもしれない。このアイデアを視覚化するため、特別な作業無しで製作できる人間の透視映像を思いついた、と監督は説明しています。

『地獄が呼んでいる』で描く世界は、架空世界でゲームをプレイするようなもの、と話すヨン・サンホ。彼と製作チームは、この特殊な世界で生と死の物語が繰り広げられ、人々がどう反応するかをテーマにストーリーを創作した、と語っています。

韓国メディアのインタビューに、H・P・ラブクラフトが創造したホラー、クトルゥフ神話を例に本作を説明したヨン・サンホ。

クトルゥフ神話の一連の作品は、人類をどのように探求したのか。その最も重要なメッセージは、人にとって人であることの意味への問いだ、と説明しています。

ヨン・サンホは『地獄が呼んでいる』を、クトルゥフ神話が創造したジャンル、コズミックホラー(宇宙的恐怖)であると説明しています。本作の主題は超自然現象の解明ではない。その謎が明らかになる展開では、宇宙的恐怖とは呼べない。

その意味では、今後のシーズンでも『地獄が呼んでいる』は、そのジャンル(=コズミックホラー)にとどまります、と監督自身が語っています。これは第2シーズン以降の展開の大きなヒントでしょう。

地獄や神への問いが宇宙的恐怖へと広がり、人知を越えた存在…我々が知る宗教の概念を越えた、旧支配者と呼ばれる異形の神々……それは神や悪魔と呼んで良いのでしょうか?……との遭遇に発展するかもしれません。

スポンサーリンク

『地獄が呼んでいる』第2シーズンの展開を大胆予想


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

様々な場所で語られたヨン・サンホ監督の言葉を紹介しました。中には今後の展開を巡る重要発言もありますが、第2シーズンを想像するために、今シーズンで何を描いたのか再確認しましょう。

まずはラストで描かれ全観客に衝撃を与えた、公開で”試演”されたパク・ジョンジャの復活。

次のシーズンに何が起きるのか途方にくれ、まるでB級映画の放り投げたオチみたいだ、と困惑を隠せぬ方も多数いるようです。

最後まで自分の罪を語らず、2人の子を残し…しかも2人の子の父親も明かさずに、地獄に堕ちたとされるジョンジャ。何かをかばって守り通した「受難者」のイメージが重なります。

情熱を意味する言葉”passion”は、同時にイエス・キリストのような死に至る苦難、つまり「受難」の意味も持っています。メル・ギブソン監督作『パッション』(2004)はそれを描いた映画でした。

そして第3話の紹介記事で紹介したように、ジョンジャは磔にされたイエスのように、手首を刺され壁にうちつけらます。

実際に磔にされてはいませんが、彼女の最期(?)はイエスの姿に重なります。復活したジョンジャは新真理会に支配された世界の救世主だ、と考えるのは当然でしょう。

復活した女は本当に救世主?


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

しかし……。観客とミン・ヘジン弁護士ら一部の登場人物は、試演に対する新真理会の説明は嘘だと気付いています。神の意図とは何か不明、人間の倫理観と異なる神が基準の正義なのか、そもそも正義の行為なのか不明です。

その神の正体すら不明。意味なく人を惑し殺すものであれば悪魔や宇宙人、監督のコズミックホラー発言から解釈すれば旧神や邪神、またはアニメ化されたライトノベル「這いよれ! ニャル子さん」的な何者かもしれません……。

神の狙いは人間が従順に試演され続けることなら、ヨンジェとソヒョン夫婦が子供を救った事実は不都合です。新真理会の嘘を補完する、新たな仕掛けが必要です。

その仕掛けとして、ジョンジャは救世主として復活したのでは。復活したジョンジャが以前と同じ人物、同じ心を持っているとは限りません。ジョンジャの形をした、何か別の者かもしれません。

「(予兆や予言への)気づき」と「デモンストレーション」、この2つのキーワードを元に本作を製作したヨン・サンホ監督。彼女を本当に、救世主として信じて良いのでしょうか?

こんなことを考える私は、実に性格が悪いと思います。しかしジョンジャは映画『黄泉がえり』(2003)のように、美しくこの世に戻った訳ではありません。

彼女が復活する姿は実にグロテスク。これは『ヘルレイザー』(1987)に登場する、邪悪な人物の再生復活シーンのリスペクトでしょう。

そんな方法で地獄から帰った彼女を、救世主と信じるのは危険!と感じるのは、ホラー映画ファンの性でしょうか?

赤ん坊が救われると同時に復活するジョンジャ。それは人類が試演の運命から逃れた事への報酬でしょうか。それとも「神の嘘」に気付いた人類を欺く、新たな手段でしょうか。

赤ん坊を巡って物語はどう展開するのか


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

ミン弁護士に抱かれ、タクシーに乗り姿を消す赤ん坊。両親の犠牲により運命を逃れ、新真理会の支配から人々を解放する、まさに救世主のような存在です。

この赤ん坊、トゥントゥンは本当に救世主なのでしょうか?神(かどうか、怪しいです…)はこの子を、産まれた直後に殺す理由があったのでしょうか。

そうであればこの赤ん坊は、重大な使命を持って誕生した子供であり、それ故に殺されかけたことになります。しかし試演された人物を見ると、謎を秘めた人物もいれば単なる凡人もいます。

タクシーの運転手は何かを悟ったような態度で、ミンと新生児の逃亡を助けます。誕生したばかりのイエスを祝福し匿った、聖書の「東方の3博士」の姿に重ねることも可能です。

やはりこの子は救世主?と考えるのも当然ですが、あくまでそう見えるだけ。「(予兆や予言への)気づき」は人間がどう解釈するかで、意味は大きく変わるもの。

偶然(それは両親の犠牲によって得られたものですが…)救われた命なら、子供自身はそれをどう考えるのか?両親を殺した神を憎み、それを利用した新真理会との対決を望むでしょうか。

それとも偶然から救世主にされた自分に戸惑い、それを苦痛に感じるでしょうか。新真理会との対決を望み、赤ん坊の試演を中継しようとするミン弁護士。彼女は人々を神から解放しようと、ことさら子供を救世主として宣伝するかもしれません。

第2シーズンは救世主の新生児とミンが、復活したジョンジャと共に、神(と新真理会)に対決する展開が最初に思い浮かびます。

しかしジョンジャが偽の救世主なら、神のために人類を欺く7ジョンジャと、赤ん坊を救世主にして人類を神から解放しようと望むミン弁護士(と秘密組織ソド)が対決する、そんな物語になるかもしれません。

第2シーズンが第1シーズン終了直後から始まる必要があるでしょうか。そもそも第1シーズンの中の第3話と、第4話の間に約4年間のブランクがありました。

成長した子供たちが新たな物語を紡ぐ?


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

『地獄が呼んでいる』には試演を生き延びた赤ん坊に、復活したパク・ジョンジャの子ウンユルとハユルと、重要な役目を果たした子供が登場します。これにギョンフン刑事の娘ヒジョンを加えても良いでしょう。

成長した赤ん坊は、両親の死や自分の運命をどう受け止めるのか。新真理会の初代教祖(議長)チョン・ジンスを信じ、罪を犯したヒジョンが神の意図は嘘と気付いた時、どう思うかが大きなドラマを生むはずです。

そしてウンユルとハユルは、どんな形で母と対面するのでしょう? 感動の再会かもしれませんし、何か以前と違う母との再会かもしれません。また平穏を望んで、再会を望む母を拒絶するかもしれません。

またカナダに逃れた兄妹の登場はこのデストピア世界の、韓国以外の状況を説明する事にもつながるでしょう。

新感染 ファイナル・エクスプレス』も『新感染半島 ファイナル・ステージ』も、登場した少女が大活躍する映画です。ヨン・サンホ監督には少女を描くことに興味があるのでは…と指摘しておきます。

ともかく第2シーズンを5~10年位先の物語に設定し、赤ん坊を監督好みの年頃に成長させる展開は、大いにあると想像します。成長した子供たちは、様々な思いを秘めて登場するでしょう。

ギョンフン刑事の再登場、そしてチョン・ジンス復活なるか


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

このような展開であれば、新真理会が人々を支配する世を生んだ張本人、そして殺人という罪を犯したヒジョンの父、ギョンフン刑事の再登場は大いにありうるでしょう。

彼がミン弁護士と(成長した)赤ん坊を守る闘士として登場するのか、自責の念からボロボロになった姿で、あるいは罪の意識に苦しむ娘を支える形で登場するのか興味が沸いてきました。

ネガティブ展開が好きな私は、傷心状態の父娘として登場するのではないか、と勝手に想像しています。

生と死、罪と罰、人間である意味など、このドラマは人間の普遍的な問題を描いたと語るヨン・サンホ。決して神の正体を暴く謎解きや、狂信者との闘争を描く物語だけには収まらぬはずです。

そして神の正体は偽りの神、悪魔や宇宙人の類いであれば、人間が従順に試演を受け入れるよう第2・第3の手を打ってくるはず。

その手段としてチョン・ジンスが復活する展開もあるでしょう。地獄を体験したものとして、パク・ジョンジャに次いでジンスが現れ何かを人々に語り、そして人々を惑わす展開もありえそうです。

ただ…、第2シーズン最終回でチョン・ジンスが復活、第3シーズン乞うご期待!という、第1シーズンと同じオチではB級映画そのものです。これは恥ずかしいから無いはず…、と考えるのは深読みでしょうか

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『地獄が呼んでいる』

以上、『地獄が呼んでいる』第2シーズンを予想するにあたり監督の発言を集めた上で、第1シーズンの気になる部分を紹介させて頂きました。

社会風刺要素が強い作風のヨン・サンホ監督だけに第2シーズンも、世界の人々が共感する現代社会の抱える問題を物語に盛り込む、と予想しています。

第1シーズンのラスト、罪なき新生児の試演が行われた事実が明るみになり、それが両親の自己犠牲で阻止された光景を人々は目撃します。新真理会の教義、神の意図の説明は偽りだったと判明し、その力は失われていきます。

果たしてそうでしょうか? 自らの主張の誤りが公になっても謝罪しない、それどこか強引に正当化する人物が、超大国の指導者や著名人、ネット上の有名無名の人々の中に存在していませんか?

そのような人物を支持する人々も、誤りを知って不支持に回るどころか頑なに応援を続け、より狂信的な思想を抱き言動が過激化する人物が、世界のあらゆる場所に存在していませんか?

第2シーズンで新真理会や”矢じり”は力を失うどころか、かえって残った信者の過激化・狂信化が進む。新真理会が消滅したとしても、新たにより過激な「神の意図」を信奉する集団が現れるのではないか。

ヨン・サンホなら、そんな我々の日常の先にあるデストピアを描くだろうと想像しています。

材料はそろいました。それでは『地獄が呼んでいる』第2シーズンを大胆に予想していきましょう。

シーズン1終了から10年後。

新真理会はまだ影響力を失っていません。新生児の試演を目撃した人々は、その教えに疑問を抱いたはずです。なぜでしょうか?

あの試演の直後、新真理会2代目議長キム・ジョンチルの前に天使が現れ彼の死を告げます。その直後彼と新真理会幹部の前に、地獄から復活したパク・ジョンジャが現れます。

驚愕する議長に、お前は神を意図を誤って伝えた。受難から復活した私が、正しい神の意図を人々に伝えると宣言したジョンジャ。その直後に議長は地獄に送られました。

残った幹部たちは恐れおののき、ジョンジャを第3代議長、そして復活した救世主に祭り上げます。

新生・新真理会は試演は人の原罪への裁きだ。試演から逃れるには、ジョンジャの教えに従えと説き始めます。赤ん坊の試演を目撃した人々も、復活したジョンジャの言葉を受け入れました。

新生児トゥントゥンの保護者となったミン・ヘジン弁護士たちの行動も空しく、人々は自らは生まれながらに原罪を持つ罪人との説明を受け入れ、神の意図に従う道を選びます。

それから10年経ちました。カナダで成長し帰国したジョンジャの子供ウンユルとハユルは、復活し宗教指導者となった母は、かつての母とは別人のようだと感じました。

母ジョンジャに不信感を抱くウンユルとハユルに、狂信者の魔の手が迫ります。彼らの身に危険が及んだ時、2人を救いにミン弁護士と秘密組織ソドのメンバーが現れます。

新生・新真理会に従う者にも、理不尽な試演で地獄に送られる者が多数存在しています。彼らの説く神は、決して人類の保護者ではない。そう信じるミンの周囲に、同じ疑問を抱く多くの人々が集まっていました。

ウンユルとハユルは、成長したトゥントゥンと出会います。そして3人は自分たちに共通点があると気付きました。疑問を抱いたウンユルとハユルは、自分たちの父親が何者か探ろうとします。

救世主として10年間君臨したジョンジャですが、徐々に人々は疑念を抱き始めていました。すると彼女の教えを補完する存在として、地獄から復活した新真理会初代議長、チョン・ジンスが現れました。

彼は世界を旅していたと説明する新生・新真理会は、ジンスは誤りに気付いて悟りを開き、救世主ジョンジャを手助けする使徒として現れたと説明し、彼のカリスマ性あふれる言葉は人々に受け入れられます。

その一方でジンスが試演されたと知る者は、次々殺害され姿を消していきます。試演された彼の遺骸を隠したギョンフン刑事は、ジンスはジョンジャと同じく復活したと気付きました。

事態の異常性に気付いたギョンフンは、距離を置いていたミン弁護士に接触します。そして殺人に手を染めて以来、傷心状態のギョンフンの娘ヒジョンはウンユルとハユル、そしてトゥントゥンと出会います。

ジョンジャとジンスは本当に復活したのか、それとも別の何かが彼らの姿で現れたのか。ミン弁護士とギョンフン刑事、そして新たな世代の子供たちはその謎に迫ります。しかし彼らの命をつけ狙う狂信者たちにより、ついに犠牲者が出ました。

ジョンジャとジンスの正体、そしてウンユルとハユルの父親が何者かが明らかになろうとした時、ついに「神」と「試演」の正体と、そして「地獄」とは何かを知る手がかりが判明します…(第3シーズンに続く)

以上、様々な情報を組み合わせて完成させた、『地獄が呼んでいる』第2シーズンの”妄想”です。いかがでしょうか。

硬派の社会派監督であり、そして美少女の活躍が大好きなヨン・サンホらしい物語を作り上げた、という妙な自負心は持っています。正解かどうかは保証しませんよ。

ともかく「次のシーズンに続きます」というオチで終わった第1シーズン。第2シーズン配信までは、今後の展開を心行くまで想像・妄想して楽しんではいかがでしょうか?

【連載コラム】「ある日、地獄行きを告げられた」Netflixドラマ『地獄が呼んでいる』を完全紹介の記事一覧はこちら






増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

映画『マーウェン』あらすじと感想。ロバート・ゼメキスの集大成にして赦しを自ら見つけ出す物語|シニンは映画に生かされて11

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第11回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第11回にてご紹介する作品は、『バック・トゥ・ザ・フ …

連載コラム

映画『母の聖戦』あらすじ感想と評価解説。実話から‟市民”の母親が誘拐事件の犯人に立ち向かう姿を描く|映画という星空を知るひとよ131

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第131回 知られざるメキシコの誘拐ビジネスの闇に迫り、誘拐された娘の奪還を誓った母親の愛と執念の物語『母の聖戦』。 実話を基にした社会派ドラマ『母の聖戦』は、 …

連載コラム

映画キラメイジャーVSリュウソウジャー|ネタバレ感想とラスト結末あらすじ。DVD発売前に新“元ネタ”を深掘り解説【邦画特撮大全88】

連載コラム「邦画特撮大全」第88章 今回の邦画特撮大全は、2021年4月29日(木)より期間限定上映(一部地域では公開延期)を迎えたVシネクスト『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』(2021 …

連載コラム

燃えよデブゴンTOKYO MISSION|ネタバレあらすじと感想評価。ドニーイェン扮する太っちょ刑事が東京で大暴れ!|すべての映画はアクションから始まる22

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第22回 日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

『スペース・スウィーパーズ』ネタバレ感想評価と結末解説のあらすじ。韓国映画初のスペースオペラでソン・ジュンギ熱演|Netflix映画おすすめ16

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第16回 『私のオオカミ少年』、『探偵ホン・ギルドン 消えた村』のチョ・ソンヒ監督が構想に10年をかけて作り上げた映画『スペース・スウィーパ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学