Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/11/17
Update

映画『#生きている』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。韓国の新作ゾンビ2020は“団地とデジタル時代”を融合して描く

  • Writer :
  • 西川ちょり

『ベテラン』のユ・アインと『アルハンブラ宮殿の思い出』のパク・シネが出演するゾンビスリラーNetflix映画『#生きている』。

なんとしても生き残らねば!正体不明の疫病にかかった人間がゾンビ化し無差別に人を襲い始めた。集合住宅の一室に取り残された主人公は果たして生き残ることが出来るのか⁈

韓国映画『#生きている』は、韓国では2020年6月に劇場公開され、日本ではNetflixで独占配信されています。

実力と人気を兼ね備えた俳優ユ・アインとパク・シネが共演したデジタル時代のゾンビパニック映画です。

スポンサーリンク

映画『#生きている』の作品情報


(C)Netflix

【日本公開】
2020年9月08日より配信(韓国映画)

【原題】
#살아있다 (英題:#Alive)

【監督】
チョ・イルヒョン

【脚本】
マット・ネイラー

【キャスト】
ユ・アイン、パク・シネ、チョン・ベス、イ・ヒョヌク、オ・ヘウォン

【作品概要】
正体不明の疫病にかかった人間がゾンビ化し無差別に人を襲い始めた! 集合住宅の一室に取り残された青年を主人公にしたゾンビパニックアクション映画。

脚本はハリウッドの脚本家、マット・ネイラーが担当。監督は新鋭のチョ・イルヒョンが務めた。ユ・アインとパク・シネが主人公の2人を演じている。

1千坪の敷地に3ヶ月かけて映画の舞台となる集合団地のセットを作り撮影を行った。撮影、美術、特殊メイクなど、その分野の一流スタッフが集結し、オリジナリティのある世界を作り上げた。

映画『#生きている』あらすじとネタバレ

ソウル近郊の集合住宅で家族と共に暮らしているオ・ジュヌは、その朝も目覚まし時計に叩き起こされました。「母さん!」と母親を呼びましたが、母親は、テーブルの上に「なにか食べて」と食事代を置き、既に出かけていました。

起きて早々、ゲームを始めるジュヌでしたが、それも束の間、異変を感じたジュヌは、ベランダに出て外を見下ろします。

大勢の人が悲鳴を上げ逃げ惑っていました。テレビをつけると凶暴化した人々が人間を襲っているというニュースが耳に飛び込んできました。謎のウィルスに感染し凶暴化した人間は人を食べるということも報道されていました。

廊下で音がするので、そっとドアノブを回すといきなり男が部屋に入ってきました。「隣の者です」と男は名乗り、なにか憔悴仕切っている様子でした。トイレを借りたいというので貸しますが、男は出てきた途端、様子がおかしくなり急に襲いかかってきました。

なんとか外に追い出しますが、外には別の大男が居て、隣の男はその男の犠牲になっていました。

外に出ると襲われると判断したジュヌは、ドアを冷蔵庫でふさぎ、部屋にこもりました。母親とはなかなか連絡が取れず不安でしたが、ようやくメールが届きました。「帰宅中だが、帰れそうにない」という内容で「ジュヌ、生き残って」と書かれていました。

ジュヌはポストイットに「生き残らねば」と書き、家族写真の上にそれを貼り付けました。しかし、食品も水もわずかばかりしか残っていません。ネットもつながらず、ついに水道も止まってしまいました。

そんな中、やっと繋がったスマホの音声メッセージで母の声を聞き父と一緒にいるとわかって、ほっとしますが、それも束の間、そのあとゾンビたちに襲われたらしき家族の声が続き、ジュヌは愕然とします。

絶望から自分で命を絶とうとするジュヌ。ロープを首に巻き、椅子を蹴った瞬間、建物の向かいの棟から赤いシグナルが送られてきているのを知り、彼はあわてて、首からロープをはずし、床に落ちました。

シグナルは向かいの棟の真正面の部屋に住む生存者キム・ユビンが送ったものでした。自分以外にも生存者がいることを知ったジュヌは思わず彼女に手を振ります。

ジュヌはドローンを使って、ユビンとの部屋の間にロープをはり、バッグを行き来させて彼女から食事を分けてもらいました。

その夜、ジュヌは、耳元に懐中電灯をつけ、武器を持ちドアを開けました。音に気付いたゾンビからなんとか逃れて、別の部屋に侵入し、冷蔵庫から食料品を取り出し、リュックサックに詰め始めました。

ベッドには人の足が見えましたが、血管が浮かび上がり、動かない様子でした。この部屋の住人は登山が趣味だったようで、写真が飾られていました。ふと見ると、レシーバーがあり、それを手にした途端、別の部屋から飛び出してきたソンビが襲いかかってきました。

なんとか振り切り、命からがら自分の部屋に戻ったジュヌ。彼はレシーバーのひとつをロープを使ってユビンに送り、ようやく2人は会話を交わすことができるようになりました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『#生きている』ネタバレ・結末の記載がございます。『#生きている』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ユビンが観察したところでは、ジュヌの方の建物の8階だけ、ゾンビがいないとのことでした。

ユビンは自分の部屋を出て、向かいの棟の8階を目指すことになりました。ロープであっという間に下に降りますが、すぐにゾンビたちが彼女の方にやってきます。

倒しても倒してもソンビは増え続けます。ユビンはここにやって来た警官が襲われた際に、落としていった銃を拾い、ゾンビを撃ちますが、とても追いつきません。

そこにジュヌがやってきて、彼女に加勢しました。2人は群がるゾンビをかき分け、ジュヌの住む棟に駆け込み、ガラスの扉を閉め、エレベーターに乗り込みました。

大勢のゾンビがそのガラスを押し割った瞬間、エレベーターのドアが閉まり、2人はホッとします。8階に着き、誰もいないのを確かめて、2人はどこかドアが空いているところはないか探し始めましたが、音をききつけたゾンビがやってきました。

ジュヌが廊下にあった物でゾンビを阻んでいる間にユビンが部屋のドアノブを回しますが、どこも施錠されています。一番端の部屋に来た時、突然ドアが空き、ユビンは驚きます。

出てきた男はユビンを中に入れ、あとから来たジュヌもなんとか部屋に滑り込みました。

男は自分以外に生きている人がいたとは、と驚いた様子でした。最初は男のことを警戒していたユビンでしたが、男の入れてくれた水を男もジュヌも飲んでいる様子を見て、警戒心を解きます。

「もうすぐ助けが来る」という男の言葉に、ジュヌは安堵し、「なんだ知らなかったのか」と男は驚いたようでした。

それまでの食料はあると男は言い、缶詰を開けて2人に出してくれました。喜んで夢中で食べる2人。ユビンは棚の上に哺乳瓶の蓋があるのを見て、「お子さんがいるんですか?」と尋ねました。

男は「子どもが・・・2人来た」と言い、ユビンは奇異に思いました。すると、ジュヌが突然、意識を失います。

「何を入れたんですか!?」と叫ぶユビン。彼女もまた、意識を失いつつありました。「寝ているだけでいいんだ」と男は言うと、ユビンを別の部屋に運び、ドアに鍵をかけ、ドアから出ているロープを操作し始めました。

ロープにはソンビ化した彼の妻がつながれていました。「妻はまだ何も食べていないんだ」と男はつぶやき、動けないようにしていた妻が、ユビンが眠っている方に行けるようロープを動かし始めました。

ユビンは目覚め、目の前にゾンビがいることに気が付きます。ソンビは彼女に襲いかかり、ユビンは必死で抵抗します。

ようやくジュヌが目をさまし、状況を把握しました。ジュヌは銃を構えますが、男は「妻を救うことは罪か? お前たちも人を殺しただろ?」と語りだします。

「落ち着いて話をしましょう」とジュヌが言うと男は「話をしよう」と応え、手に持っていたロープを離しました。

あわててドアのもとに滑り込みロープを手にするジュヌ。彼はロープを必死で引っ張ります。男が包丁を持って背後から迫ってきました。

ジュヌの手からロープがすり抜けてしまいます。ユビンの悲鳴が聞こえ、部屋は静かになりました。男が飛んできて、ドアの前に立ちました。

男はしばらく聞き耳をたてていましたが、鍵を開け、そっとドアを開けて中を覗き込みました。その途端、男の妻が男に襲いかかり、男の首元を噛みました。

ユビンは落ちていた銃を拾い、ジュヌがうなずくのを見て、2人を撃ち殺します。

絶望したユビンは、ジュヌに銃を手渡し、殺してくれと頼みます。その時、ベランダから、ヘリコプターが何台も飛んでいるのが見えてきました。

屋上へ! 2人は部屋を出て、階段を駆け上がりますが、ここにもゾンビが現れます。階段に放置されていた自転車でユビンがゾンビたちの行く手をふさいでいる間にユビンは屋上に出ますが、ヘリコプターの姿は影も形もなくなっていました。肩を落とすユビン。

ゾンビを振り払って屋上に上がって来たジュヌを見て、ユビンは首を振りました。そこにドアを蹴破ってゾンビたちが現れ、次々と屋上に集まってきます。

追い詰められ、絶対絶命となった時、突然階下からヘリコプターが浮上し、兵隊がジュヌとユビンに伏せるよう合図して、機関銃でゾンビたちを銃撃し始めました。

ジュヌとユビンは無事ヘリコプターに乗せられ、救助されました。ジュヌが比較的早い段階にSNSに上げたSOSの写真が救助へとつながったのです。

ヘリコプターに乗った途端、スマホにも次々とメッセージが入ってきて、ジュヌはユビンと共にやっと安堵の表情を見せるのでした。

スポンサーリンク

映画『#生きている』の感想と評価

本作は、アメリカのテレビドキュメンタリーシリーズ「Small Business Revolution」の演出を担当するなど幅広く活躍しているハリウッドのシナリオ作家マット・ネイラーが脚本を担当しています。

そのためか、ハリウッド制作のゾンビもののお約束が上手に使われていて、恐怖とサスペンスに満ちた物語が巧みに構成されています。

大勢の人々が逃げ惑う様子を俯瞰で捉えたショットや、ソンビが空間に姿を見せそこから人間に襲いかかるまでの一瞬の間などが、優れたカメラワークで描かれており、ゾンビの造形や動きなども迫力のあるものに仕上がっています。

絶体絶命の状況にありながら、どこかのほほんとした呑気なところがあるのも本場アメリカのゾンビ映画のセオリーを踏襲しているといえるでしょう。

ゾンビをシャットアウトするためには、どこかに籠るというのもゾンビ映画のセオリーの1つですが、ここでは集合住宅が舞台になっていて、ゾンビ版「団地映画」と言える味わいもあります。

ただし、細部の詰めに甘いところがあって、それが映画の緊張感を損ねているのが少々残念です。家にこもって、1ヶ月近くたって、食料も水もつきているはずなのに、あまりやつれていないでずっと小綺麗な姿のままなのはいかがなものでしょうか。

そうした細部にリアリティがあってこそ、ファンタジーが生きるのではないでしょうか?

少ない蓄えの中で、サバイバルしていく様にもっとアイデアを込められなかったのだろうかなど、ついついないものねだりをしてしまうのは、これまでの韓国産ゾンビ映画にあまりにもレベルの高い作品が揃っているからかもしれません。

ヨン・サンホ監督の『新感染 ファイナルエクスプレス』(2016)という大傑作ゾンビ映画は勿論のこと、同じくヨン・サンホ監督のアニメーション映画『ソウルステーションパンデミック』(2016)、時代劇ゾンビものの映画『王宮の夜鬼』(2018/キム・ソンフン)やNetflix連続ドラマ『キングダム』(2019~2020)、変化球ながら独特の世界がユニークな『感染家族』(2019/イ・ミンジェ)など、全てが高水準のものばかりです。

また、災害からの脱出劇となると『EXIT』(2019/イ・サングン)という優れた作品もありました。本作は上記のゾンビ映画よりもむしろ『EXIT』との比較で物足りなさを覚えます。

ただ、本作において、せっかくドローンがありながら、いまひとつ、それをうまく利用できずに終わることや、SNSなどのネット通信が肝心な時に機能しない点などは非常にリアルな問題として迫ってきます。

外部との連絡が途絶えてしまい、手段がない時に自分ならどうするだろう?と思わず問いかけてしまうことでしょう。

まとめ

『ベテラン』(2015/リュ・スンワン)では、これ以上ないほどの鬼畜青年を、『バーニング 劇場版』(2018/イ・チャンドン)では田舎の純朴な青年、『国家が破産する日』(2018/チェ・グクヒ)では、冷静沈着な投資家を演じるなど、様々な役柄を自在に演じてきたユ・アインが、主人公、ジュヌに扮しています。

また、映画『あの日、兄貴が灯した光』(2016/クォン・スギョン)や、ドラマ『相続者たち-王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ』(2013)、『アルハンブラ宮殿の思い出』(2018~2019)など、映画、ドラマで人気を博するパク・シネがもう一人の生存者ユビンを演じました。

明朗でのんびりしたごくごく普通の青年がサバイバルしていく様を表情豊かに演じたユ・アインと、冷静で思慮深い女性を知性的に演じたパク・シネの魅力が映画を支えています。

また、本作は、新型コロナ感染拡大前に制作されましたが、韓国での上映は2020年6月と、まさにコロナ禍での公開となりました。「疫病」から身を守るため、家にこもるというストーリーが現実の生活とシンクロし、主人公の男女がより身近に感じられます

関連記事

ホラー映画

A24映画『ライトハウス』あらすじネタバレと感想評価。実話を基にした事件の結末を考察

映画『The Lighthouse(ザ・ライトハウス)』は2019年10月18日アメリカにて公開。 2016年、ニューイングランド地方の深遠な森に住む一家を襲う悪夢を描いた『ウィッチ』で高く評価された …

ホラー映画

映画『ザ・ボーイ2 残虐人形遊戯』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ケイティホームズ演じる母親が怖いドールと対峙する

『ザ・ボーイ~残虐人形遊戯~』は『ザ・ボーイ~人形少年の館~』の続編! 2016年に10~20代の青少年を熱狂させた映画『ザ・ボーイ~人形少年の館~』のオリジナル興行チームと『IT/イット “それ”が …

ホラー映画

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』感想評価レビュー。グロテスクと恐怖のなかにも人生の振り返りを与えてくれる

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は2019年11月1日(金)よりロードショー! 幼年期の親友との忘れられない思い出、しかし、そのなかに忍び込む恐怖の記憶がある事件から …

ホラー映画

映画『恐怖人形』あらすじネタバレと感想。日向坂46小坂菜緒がホラー驚愕の笑いを巻き起こす⁉︎

「日向坂46」の小坂菜緒が怖すぎる日本人形と対決! 「日向坂46」のメンバー、小坂菜緒がついに映画に初主演。そのお相手は…日本人形? ホラー映画お馴染みの恐怖アイテム「人形」。恐ろしい念を秘めた人形は …

ホラー映画

映画『アナと世界の終わり』ネタバレ感想と結末。ゾンビミュージカルは「命がある限り希望はある」と熱唱!

世界各国のファンタスティック映画祭で話題沸騰! クリスマスにゾンビが町にやってきた! 田舎町でくすぶる高校生の前に現れたのは、まさかのゾンビだった。 世界中が熱狂した青春ゾンビミュージカル『アナと世界 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学