Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

運営者情報・お問い合わせ

Cinemarcheの目的は

あなたに映画を届けること。

Cinemarcheの考える映画とは

子どもからお年寄りまであらゆる人を魅了する幅を持ち、それでいてアート作品のように個人が所有する物ではありません。

映画の魅力は多様性のある価値観。

誰でもが手にすることができる人生の“スピリッツ”だと考えます。

読者のみなさまへ

いつも当サイトご覧いただき、誠にありがとうございます!

映画感想レビュー&考察サイトのCinemarcheは、新作公開される映画情報や、公開中の映画の感想レビューを中心に掲載しています。

記事の内容には専門的な考察から、お薦めの作品のわかりやすい解説など、詳細に掲載している映画専門サイトです。

映画とファンを結ぶ場”の提供に心掛けています。

また、本サイトには作品情報の一部に、あらすじネタバレを含む内容が記載される場合もございます。予めご了承の上、ユーザーさん自身のご判断でお楽しみください。

映画を作ってみたいと思ったら…

映画というエンターテイメントに、もし、あなたが興味を持たれたとしたら、とても素晴らしいことです。

映画制作にチャレンジしていく夢を抱いたら、ぜひ、チャレンジの一歩を踏み出してはいかがでしょう。

映画の学び舎として教育機関の「日本映画大学」の公式ホームページへのリンクバナーが掲載されています。

個性を持ったユニークな授業を行ない、ニーズに合わせた映画教育を実践している機関です。ぜひ、映画界へのアプローチのひとつとして、参考にしてみてはいかがでしょう。

また、運営事務局のスタッフには、「東京国際映画祭」などのボランティア活動を行なってるメンバーもいます。映画に関わることはけして夢ではなく、誰の身近にあるものです。

あなたも映画と“トモダチ”になってくださいね。

配給・宣伝の映画関係者さまへ

映画は観客に届いてこそ、最終的に完成するメディア。

・作り手であるスタッフやキャストの現場。
・映画の送り手である、配給や映画館、映画祭、ネット配信などを行う現場。
・映画と鑑賞者が出会う現場。

3つの現場を有機的につなげ、映画という“スピリッツ”を循環させることが、“映画への恩返し”だと考えています。

Cinemarcheでは配給会社や宣伝会社をはじめ、フリーランスの担当者さんとの取り引きをさせていただいており、2020年5月のPV数実績は、1,478,640 PV(1日平均47698PV)になっています。

皆様からの新作情報のプレスリリース、プレゼント企画をお待ちしております。

・プレスリリース/プレゼント(薬丸)
natsuko.cinemarche@gmail.com
・インタビュー(大窪)
akira.cinemarche@gmail.com

お問い合わせ(ご依頼・ご感想をお送りください)

*稀にコンタクトフォームへのお問い合わせに関して、スマホからの送信ができないという場合があるようです。お手数をおかけいたしますがパソコンからの送信をお願いいたします。

著作権について

当サイト上の一切の記事コンテンツを執筆を行うライター、詩人、小説家、映画監督、大学教授などの著作物(文書・資料など)に係る著作権、その他の権利は当方及び執筆者の取り決めに従い権利を帰属します。

これらの著作物、取材写真などは、日本の著作権法、条約及び他国の著作権法による著作権により保護されており、私的利用の範囲を超えて利用する事は出来ません。

また権利者の許可無く改変、複製、賃貸、貸与、販売、出版、送信、放送などの方法に問わず第3者の利用する事を固く禁じております。ただし個々の著作物に、個別の利用条件が付されている場合は、当該条件が優先されます。

事務所の住所

株式会社 ゆかし
〒151-0064 東京都渋谷区上原1丁目3−9

代表取締役 出 町 光 識

Cinemarche
共同代表:高橋 真樹(株式会社WAO)/ 出町 光識
編集部:薬丸夏子(チーフ) /大窪晶 / 熊谷美香 / 久保田なほこ
星野滋美 / 増田健 / 河合のび(編集長)

沿革

2016年12月:映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」を開始。

2017年3月:運営事務所を東京都中央区日本橋馬喰町2-6-4に開設。

2017年4月:外部ライターとの取引を開始。

2017年6月:映画配給や宣伝会社など各社との取引を開始。

2018年2月:株式会社WAOを設立。
動画配信サイト「U-NEXT」などとのパートナーシップを結ぶ。

2018年7月:運営事務局の編集部に2名雇用。

2019年2月:オーストラリアの映画雑誌「FILMINK」との取引を開始。

2019年4月:日本映画大学の教授陣2名の連載コラム開始。

2019年6月:運営事務所を東京都中央区日本橋横山町6-14に移転。

2019年9月:株式会社ゆかしを設立。

2020年3月:現在・運営事務所を東京都渋谷区上原1-3-9に移転。

2020年6月:『凱里ブルース』『おろかもの』など配給協力。

広告・アフィリエイトプログラムについて

当サイトでは、GoogleAdsense、Amazonアソシエイト・プログラム、A8.netなどと提携し、広告掲載を行っております。

サイト内に掲載された商品・サービスについてのお問い合わせは各店舗や販売者に対して行ってください。

また、商品・サービスの品質については当方では責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシー

当サイトでは第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧しているサイトの状況に応じて、最適な広告を配信しております。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。(氏名、住所、メール アドレス、電話番号などは含まれません)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/

尚、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報は含まれません)を提供しないようにする方法につきましては、以下のURLをご覧ください。

https://support.google.com/adsense/answer/113771?ref_topic=23402&rd=2

その他の詳細はGoogle Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。

http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

免責事項

当サイトで掲載している情報につきましては、時間経過による情報の変化や個人差などにより、必ずしも正しい情報では無い可能性がございますので、ユーザー様のご判断と責任においてご利用頂きますようお願いいたします。

また、当サイトの内容をご利用になったことにより生じたトラブルにつきましても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。

投稿日:2017/02/04 更新日:

執筆者:

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP