Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

運営者情報

Cinemarcheの目的は

あなたに映画を届けること。

Cinemarcheの考える映画とは

子どもからお年寄りまであらゆる人を魅了する幅を持ち、それでいてアートのように個人のみの所有物ではありません。

映画の魅力は多様性のある価値観。

一般的に誰でもが手にすることができる人生の“スピリッツ”だと考えます。

読者のみなさまへ

いつも当サイトご覧いただき、誠にありがとうございます!

映画感想レビュー&考察サイトのCinemarcheの編集部は、シネコンやミニシアターなどの元映画館での勤務経験を豊富に持つ従事者が複数おり、また、映画に特化した教育を大学で学んだ専門的なスタッフにより構成をされいます。

彼らの鋭敏な審美眼による新作映画ニュースや、映画感想レビューを中心に信頼性の高い情報の掲載を心がけた、映画ファンに必要な作品解説を届ける映画専門サイトを目指しています。

達成したいミッションは、“映画とファンを結ぶ場の提供”です。

映画研究や娯楽文化の見地を得るため、本サイトで掲載された記事の一部には、ネタバレを含む内容が記載されています。予めご了承の上、ユーザーさん自身のご判断でお楽しみください。

配給・宣伝の映画関係者さまへ

映画は観客に届いてこそ、最終的に完成するメディア。

・作り手であるスタッフやキャストの現場。
・映画の送り手である、配給や映画館、映画祭、ネット配信などを行う現場。
・映画と鑑賞者が出会う現場。

3つの現場を有機的につなげ、映画という“スピリッツ”を循環させることが、“映画への恩返し”だと考えています。

Cinemarcheでは配給会社や宣伝会社をはじめ、フリーランスの担当者さんとの取り引きをさせていただいており、2021年3月のPV数実績は、2,943,485PV(1日平均94,951PV)になっています。

皆様からの新作情報のプレスリリース、プレゼント企画をお待ちしております。

【事務所の住所】
株式会社 ゆかし
〒151-0064 東京都渋谷区上原1丁目3−9

Cinemarche
編集部:河合のび(編集長)/滝澤令央(編集長補佐)
久保田奈保子 /熊谷美香 /星野しげみ(チーフ)/増田健 /出町 光識(代表)

・プレスリリース/プレゼント(出町)
maroudo.cinemarche@gmail.com
・インタビュー(河合)
nobi.cinemarche@gmail.com

おすすめ映画情報サイトとしてピックアップされました!

ネットマガジンサイト「SABICHOU」サイトにて、「【2022年最新】映画口コミ・レビューサイトおすすめ比較6選」に、「Cinemarche」が選ばれ掲載されました! https://sabichou.com/magazine/movie-review/

自主映画を作られている監督たちへ


(C)2021 Tick Tack Movie

インディーズ映画の監督や関係者の皆さん、当サイトで記事掲載を行いませんか?また、制作された映画のフライヤーコメントや、パンフレットの映画評(2000文字〜)を当サイトの映画ライターに依頼しませんか。

そのほか、制作経緯から作品の本質まで聞き取りするインタビュー取材の調整も可能です。ご面倒なインタビューイ選定や、プロカメラマン依頼のご相談も随時行っております。相談内容によりますが、依頼者の状況に鑑みて安価な設定からご相談をお引き受けいたします。

お問い合わせ(掲載依頼・文筆相談ご依頼)

沿革

2016年12月:映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」を開始。

2017年3月:運営事務所を東京都中央区日本橋馬喰町2-6-4に開設。
4月:外部ライターとの取引を開始。6月:映画配給や宣伝会社など各社との取引を開始。

2018年2月:株式会社WAOを設立。動画配信サイト「U-NEXT」などとのパートナーシップを結ぶ。
7月:運営事務局の編集部に2名雇用。

2019年2月:オーストラリアの映画雑誌「FILMINK」との取引を開始。
4月:日本映画大学の教授陣2名の連載コラム開始。6月:運営事務所を東京都中央区日本橋横山町6-14に移転。
9月:株式会社ゆかしを設立。株式会社WAOと株式会社ゆかしの共同運営となる。

2020年3月:現在・運営事務所を東京都渋谷区上原1-3-9に移転。
3月:インディーズ映画の配給・宣伝。主な映画『凱里ブルース』『横須賀綺譚』『おろかもの』。4月:2代目編集長に詩人の河合のびを就任。

2021年7月:『フィア・オブ・ミッシング・アウト』『あらののはて』『Cosmetic DNA』配給・宣伝。

2022年7月:『もうひとつのことば』配給協力・宣伝

著作権について

当サイト上の一切の記事コンテンツを執筆を行うライター、詩人、小説家、映画監督、大学教授などの著作物(文書・資料など)に係る著作権、その他の権利は当方及び執筆者の取り決めに従い権利を帰属します。

これらの著作物、取材写真などは、日本の著作権法、条約及び他国の著作権法による著作権により保護されており、私的利用の範囲を超えて利用する事は出来ません。

また権利者の許可無く改変、複製、賃貸、貸与、販売、出版、送信、放送などの方法に問わず第3者の利用する事を固く禁じております。ただし個々の著作物に、個別の利用条件が付されている場合は、当該条件が優先されます。権利を侵害する恐れがある事例には、弁護士に報告し速やかに対応をさせていただきます。

投稿日:2017/02/04 更新日:

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学