Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/02/11
Update

映画『アンブレイカブル』あらすじネタバレ感想とラスト結末の解説。シャマラン監督おすすめ映画とは⁈

  • Writer :
  • リョータ

『シックス・センス』で一躍その名を馳せたM・ナイト・シャマラン監督。そんな傑作に続いて彼が打ち出したのはなんとヒーローもの?!

サミュエル・L・ジャクソンの怪演が光る『アンブレイカブル』をご紹介します。

映画『アンブレイカブル』の作品情報

【公開】
2000年(アメリカ)

【原題】
Unbreakable

【監督】
M・ナイト・シャマラン

【キャスト】
ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、ロビン・ライト、スペンサー・トリート・クラーク、シャーレイン・ウッダード、イーモン・ウォーカー

【作品概要】
インド出身の監督M・ナイト・シャマランとブルース・ウィリスが『シックス・センス』(1999)に続いてタッグを組んだ異色のサスペンス・スリラー。

大規模な列車事故から奇跡的に生還した男は何者なのか?!そして彼の下に届いた謎のメッセージとは…?!

映画『アンブレイカブル』のあらすじとネタバレ

アメリカン・フットボールのスタジアムで警備員として働くデイヴィッドは、妻のオードリーと一人息子のジョセフと共に何不自由なく暮らしていました。

しかし、デイヴィッドがたまたま乗り合わせた列車が脱線事故を起こし、彼を除く100人超の乗客全員が死亡するという大惨事に見舞われます。デイヴィッドは唯一の生存者となったのです。

病院のベッドの上で目覚めたデイヴィッドは、周りの人たちからの好奇の目にさらされながら、あることを考えていました。自分が今までケガや病気をしたことがあっただろうかということを。

翌日、車のワイパーに挟まれていた紙片を見つけたデイヴィッド。それは、「あなたは今まで病気にかかったことがあるか?」という主旨の手紙でした。自らも同様の疑問を抱いていたこともあり、気になったデイヴィッドは、ジョセフを連れてその手紙に書かれていた場所へと向かいます。

コミックスの収集家であるイライジャが、その手紙の差出人でした。彼のコミックス・ギャラリーへデイヴィッドと息子のジョセフがやってきます。

イライジャは骨形成不全症という難病を先天的に患っており、少年時代に「Mr.ガラス」とあだ名を付けられるほど、些細なことでもすぐに骨折してしまうという非常に脆い体の持ち主でした。この身体のせいで家にひきこもるようなり、コミックスにハマるようになったという自らの素性をデイヴィッドに聞かせるイライジャ。

自分と対極にある超人的な身体の持ち主がこの世には存在しているのではないかと常日頃から考えていたイライジャは、列車事故から奇跡の生還を果たしたデイヴィッドこそまさにそのヒーロー的存在なのだと確信したと彼に伝えます。

しかし、イライジャに胡散臭さを感じていたデイヴィッドは、その話を意に介さずその場を去っていきました。

以下、『アンブレイカブル』ネタバレ・結末の記載がございます。『アンブレイカブル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
後日、デイヴィッドがいつものようにスタジアムで働いていると、イライジャが彼の下を訪れます。様子を観察していたイライジャは、デイヴィッドが危険人物を察知する能力持っていることに気付きます。

また、自宅でトレーニングをしていたデイヴィッドは、今まで意識もしていなかったことでしたが、自らが驚異的な筋力の持ち主であることにも気付かされたのです。

本当に自分が超人的な肉体を持っているのかもしれないと思い始めるデイヴィッド。イライジャにアドバイスを求めると、自分の目的を見極めるためには人の多い場所へ行けと促されます。

その言葉に従い多くの人が行き交う中に佇んでいると、何やら頭の中にひらめくものがあったデイヴィッド。この雑踏の中に殺人犯がいる、と感じ取ったのです。

跡を付けていったデイヴィッドが見つけたのは、その男が入っていった家の中に転がっていた死体でした。彼のひらめきはやはり正しかったのです。さらに他の部屋を見ると、なんとそこにはまだ生きている少女がいるではありませんか。デイヴィッドはその類まれな筋力と、不死身の身体を活かし見事犯人を撃退。暴行された上、監禁されていたその少女を救うことに成功します。

このヒーロー誕生の話題はマスコミにも報道され、デイヴィッドの気分も高揚していました。

彼が目覚めるきっかけを与えてくれたイライジャに感謝の意を表すデイヴィッド。しかし、彼がイライジャと握手をした時、デイヴィッドの頭の中に驚愕の事実が伝わってきます。

今回のデイヴィッドが遭遇した列車脱線事故をはじめ、世界中で起きた大惨事を引き起こしていたのはイライジャだったのです。これは全て、イライジャがデイヴィッドのような不死身の男を探し出すために仕組んだことでした。

自分を見つけるためにどれだけの人が犠牲になったのかと嘆くデイヴィッド。彼はイライジャを通報。「Mr.ガラス」は精神病院へと閉じ込められました。

かくしてデイヴィッドは、ヒーローとしての師であり最初の敵でもあった「Mr.ガラス」を葬り去ったのでした。

映画『アンブレイカブル』の感想と評価

『アンブレイカブル』という作品に対する評価は、現在においてもお世辞にも良いとは言えないというのが正直なところです。しかし、それが果たして正当な評価と言えるのか、というと決してそうとも言い切れない部分があるのではないでしょうか。

この低評価の要因は、前年に公開された『シックス・センス』(1999)の大ヒットにあるのかもしれません。このたった1作品でなぜかどんでん返しのイメージが付いてしまったM・ナイト・シャマラン監督。そのイメージに日本における宣伝の煽りも加味され、あまりにも膨らんでしまった期待感が観客の目を濁らせてしまったのでしょう。

さらにもう一点、この作品が時代を先取りし過ぎていたことも一因として挙げられます。

『アンブレイカブル』は、アメリカン・コミックスの世界観をあくまで現実の人間社会の中での物語として展開させ、なおかつ全体としてダークな雰囲気の下に描いている作品です。

これまでの例えばティム・バートン版のバットマンシリーズのようなものと比べると、ブルース・ウィリス演じる主人公デイヴィッドが奇抜な衣装を身に纏うこともないばかりか、派手なアクション要素も少ないというのが特徴なのですが、果たして当時の観客がこういった世界観を求めていたのかという点が問題になってきます。

当時の観客のニーズを判断する上で、ほぼ同時代のアメコミ映画であるサム・ライミ版『スパイダーマン』(2002)と比較すると分かり易いでしょう。

あくまでコミックスの世界観をそのまま映像で表現したサム・ライミの作品は、スムーズに観客へ受け入れられ大ヒットを記録しています。一方の『アンブレイカブル』の公開がこの2年前であったことを考えると…自ずと答えは出てきますね。

しかし、この当時は理解されなかった彼の意図は、後年花開くことになります。クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』(2008)やザック・スナイダー監督の『ウォッチメン』(2009)、あるいはマシュー・ボーン監督の『キックアス!』(2010)やジェームズ・ガン監督の『スーパー!』(2010)などなど、現実世界に即したヒーローものの数々。

近年でも増え続け、かつ人気を博しているこのような世界観を一早く体現していたのが、『アンブレイカブル』という作品でもあるのです。

シャマラン監督が当時の流行を見誤ったと言ってしまえばそれまでですが、もう少し公開が遅ければもっと評価されていた作品なのに…と思わずにはいられません。

まとめ

映画監督にとって大ヒット作を生み出すことは夢であると同時に、苦しみであるともいえるのかもしれません。前作『シックス・センス』があまりにも強烈なイメージを残したために、その後のシャマラン監督のキャリアがどうしても下降線を辿っているように見えてしまいがちなのは否めないところです。

それは何も監督のみに限ったことではなく、王子様的イメージがなかなか拭えなかったレオナルド・ディカプリオや、『ロード・オブ・ザ・リング』が残した強烈なイメージに苦しんだイライジャ・ウッドなどの俳優陣にも通じることです。

一度固定されてしまった印象に縛られることを良しとする人もいれば、それを何とか払拭しようともがく人もいる中、私たち観客が出来ることは真っ新な気持ちで作品に向き合うことではないでしょうか。そうすれば、この作品もきっとまた違った味わいが楽しめるのではないか思います。

最後に、M・ナイト・シャマラン監督はアルフレッド・ヒッチコック同様、自らが劇中のワンシーンに出演することでも有名ですが、今回はスタジアムに現れる麻薬密売人という役で出演しておりますので、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

映画セールスマンあらすじとキャスト!日本公開はいつ?試写会情報も

“ある夜の闖入者…。辿り着いた真実は憎悪か、それとも愛か…。” 巨匠アスガー・ファルハディが描くの濃密な心理サスペンスの傑作『セールスマン』をご紹介します。 CONTENTS映画『セールスマン』の作品 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』犯人とゼロバンの正体ネタバレ。キャストの演技評価と感想は

ベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)のミステリー小説を原作とした実写映画『十二人の死にたい子どもたち』。 舞台の作演出を手掛けてきた倉持裕が脚本を担当し、『イニシエーション・ラブ』『トリック』な …

サスペンス映画

映画『ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊』ネタバレ感想と評価レビュー。衝撃の事件を犠牲者の側から描く

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で注目を集める、あの事件が映画化された! ハリウッドを震撼させた事件から50年、今再び注目を集めるシャロン・テート殺害事件。 “マンソン・ファミリー”に …

サスペンス映画

映画『RUN/ラン』内容解説と考察レビュー。娘クロエのクレヨン/チョコレートの“紫”と車椅子の真の意味とは?

映画『RUN/ラン』は2021年6月18日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほかにて全国ロードショー公開! 2018年公開の映画『Search/サーチ』にて、ユニークな脚本とギミック満載の演出をみせたア …

サスペンス映画

【ネタバレ】私がやりました|あらすじ結末感想と評価解説。オゾン監督の法廷劇サスペンスは女性たちの闘争をユーモアたっぷりに描く

“犯人の座”をめぐって女性たちが仕掛ける法廷劇サスペンス! 『8人の女たち』(2002)などのフランソワ・オゾン監督が手がける法廷劇サスペンス。 とある映画プロデューサーの殺害事件によって巻き起こる騒 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学