Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2023/03/02
Update

【朝比奈彩インタビュー】映画『レッドシューズ』女優として芝居の世界で戦い続けるための“誰かを演じる意味”

  • Writer :
  • 河合のび

映画『レッドシューズ』は2023年2月24日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開中!

世間という逆境の中で、愛する娘を取り戻すために闘うシングルマザーのボクサーの姿を描いた映画『レッドシューズ』。

『カノン』(2016)の雑賀俊朗が監督を務め、市原隼人、松下由樹、佐々木希、観月ありさ、森崎ウィンなど豪華キャスト陣が集結しました。


photo by 田中舘裕介

このたびの劇場公開を記念し、『レッドシューズ』にて主人公・真名美を演じ、本作が映画初主演作となった朝比奈彩さんにインタビュー

本作でのトレーニングにおける“格闘技経験者”ゆえの苦労、“燃え尽きた”と感じるほどに全力で向き合った映画『レッドシューズ』に対する想い、芝居の世界で戦い続けることができるその理由など、貴重なお話を伺うことができました。

ボクサーとして“スタートライン”に立つ


(C)映画レッドシューズ製作委員会

──ボクサーである主人公・真名美を演じるために行われたトレーニングでは、どのような点に苦労されたのでしょうか。

朝比奈彩(以下、朝比奈):私は元々キックボクシングの経験があったので、そのキックボクシングとしてのファイトスタイルをボクシングへと変えていくことが一番大変でした。

当初は格闘技の経験がある以上、そこまで苦戦することなく変えていけると思っていましたが、それは甘い考えでした。実際にトレーニングを始めてみると全くの別物で「ここまで違うのか」と肌で感じました。

例えばキックボクシングでは、後方に重心を据えて足をすぐ上げられる体勢で動くんですが、ボクシングの場合は前方に重心に据えて動きます。その体勢で動けるよう体を馴染ませることにまず時間がかかりました。むしろ格闘技が未経験で、体にクセがなかった方が馴染みやすかったのかもしれないです。

また本作でのトレーニングを一年弱重ねた頃に、ボクシング指導をしてくださった方に「このままのコンディションなら、プロテストにも受かるよ」と言ってもらえたんです。

トレーニングを続けてきた中でのその言葉は、とてもうれしかった反面「ボクサーを演じる人間として、自分は“スタートライン”に立ったばかりなんだ」と痛感しました。そのためトレーニングをやめることが怖くて、撮影期間中にもずっと続けていました。

燃え尽きるほどの全力をぶつける


photo by 田中舘裕介

──“スタートライン”に立てるほどまでにトレーニングに打ち込まれた本作の撮影を終えられた時、どのような想いを抱かれましたか。

朝比奈:最初に本作の主演のお話をいただいた当初は、「ボクシングの経験も子育ての経験もない、経験していないことだらけの私に、なぜ声をかけてくださったんだろう」と疑問を抱いてしまったんです。

「本当に私で大丈夫だろうか」と不安さえも感じていましたが、雑賀監督たちとお会いした時に「YouTubeチャンネルでのキックボクシングの動画を見て、戦っている時の眼がとても素敵だった」とキャストティングの経緯をお聞きできたのが、本作に出演するきっかけになりました。


(C)映画レッドシューズ製作委員会

朝比奈:また『レッドシューズ』を撮り終えた時、“やり切った”という感覚といいますか、“燃え尽きた”という感覚があったんです。「これが、役者として最後の作品になってもいい」と思えるまでに撮影を駆け抜け、クランクアップの時には“燃え尽きた”とさえ感じられるほどに全力をぶつけました。

ただ、それでも撮影からしばらくすると「やっぱり、このお芝居の世界の中にずっといたいな」という感覚も湧き上がってきて、また他の役を演りたくなるんです。

夢にまで見た「映画主演」を経験させてもらえた作品としての思い入れはもちろん、その二つの感覚を改めて実感できたのが『レッドシューズ』という作品だと思っています。そして今後も、またその感覚を味わいたい……「“演じる”というお仕事を続けていきたい」という想いを強めることができた作品ですね。

自分の仕事が、誰かのパワーになる


photo by 田中舘裕介

──女優としての命を懸けるほどの全力で作品と向き合い、燃え尽きるほどの格闘を経ても、再び芝居の世界に身を投じたくなる。その“闘志”の拠りどころを、最後に伺ってもよろしいでしょうか。

朝比奈:私が“演じる”というお仕事に興味を持ったのは、映画『Paradise Kiss』(2011)で主演の北川景子さんの姿を見て「こんなに素敵な女優さんがこの世界にはいるんだ」と感じた時でした。その経験が、今現在のお仕事につながっていると思っています。

“演じる”というお仕事は、それだけ人を動かすパワーがある、特別なものと思うんです。それを実体験として感じられたのが『ランウェイ24』(2019)でした。

そのドラマではパイロットの役を演じたんですが、「自分も飛行機関連の仕事をやっていて、とても励まされました」など、作品を観た方々から色々なコメントをいただいた時に「自分の仕事が、誰かのパワーになっているんだ」と実感できました。

「“誰かを演じる”ということの意味は、こういうことなんだ」という一つの答えのようなものを感じられたことで、女優のお仕事を続けたいとはっきり思えるようになったんです。

今回の『レッドシューズ』でも、映画を観てくださった方から色々なコメントをいただく中で、燃え尽きるほどに映画と向き合った自分の価値をやっと見出せたといいますか、「この人たちに観てもらうために、今回のお仕事をしたんだ」と改めて感じることができました。

その気持ちを大切にして、これからもお芝居の世界で戦えたらと思います。

インタビュー/河合のび
撮影/田中舘裕介

朝比奈彩プロフィール


photo by 田中舘裕介

1993年10月6日生まれ、兵庫県出身。

2017年に『東京アリス』(Amazonプライム)で女優デビュー。続いて『チア☆ダン』(2018/TBS)、『大阪環状線 Part3 ひと駅ごとのスマイル』(2018/KTV)、『やれたかも委員会』(2018/TBS)、『ランウェイ24』(2019/EX)、『今際の国のアリス』(2020/Netflix)などに出演。

映画では『ぐらんぶる』(2020/英勉監督)、『そして、バトンは渡された』(2021/前田哲監督)に出演。またモデルとしても活躍し「Oggi」の専属モデルを務める。

映画『レッドシューズ』の作品情報

【公開】
2023年(日本映画)

【監督】
雑賀俊朗

【脚本】
保木本真也、上杉京子

【キャスト】
朝比奈彩、市原隼人、佐々木希、森崎ウィン、観月ありさ、松下由樹

【作品概要】
『カノン』(2016)で中国のアカデミー賞と呼ばれた金鶏百花映画祭の国際映画部門で最優秀賞作品賞・監督賞・女優賞という3冠を獲得した雑賀俊朗が監督を務めた、崖っぷちのシングルマザーのボクサー・真名美と幼い娘の絆を描くヒューマンドラマ。

本作が映画初主演となった朝比奈彩が、体を鍛え上げてボクサー役に挑戦。また『カノン』(2016)でも雑賀監督と組んだ佐々木希、「おいしい給食」シリーズや『喝 風太郎!!』(2019)の市原隼人、松下由樹ら豪華キャストが出演した。

映画『レッドシューズ』のあらすじ


(C)映画レッドシューズ製作委員会

娘と二人で、慎ましくも静かに暮らす真名美(朝比奈彩)は、ある日家庭裁判所に呼びされた。

女子ボクシングに打ち込む真名美たちの経済状況が悪く貧窮状態にあり、娘を義母が育てるべきだという行政の判断に押され気味だ。

そんな中、正義感の強い真名美は職場で理不尽な目に遭っている同僚を庇ったことで失業してしまい窮地に陥る。

だが、周知の支えにより新たに老人介護施設での仕事を得るが、そこである事故を起こしてしまい、娘と一緒に居られない状況に……。

娘を取り戻すためには、ボクシングの試合に勝ってファイトマネーを得て、生活を立て直すしかない。最強のチャンピオンへの挑戦が今始まる──。

ライター:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。

2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、映画情報サイト「Cinemarche」編集部へ加入。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける(@youzo_kawai)。


photo by 田中舘裕介



関連記事

インタビュー特集

【遠上恵未監督インタビュー】映画『平坦な戦場で』カナザワ映画祭2023での“生の声”を通じて新たな創作の“試行”へ

映画『平坦な戦場で』はカナザワ映画祭2023特集企画「期待の新人監督」にて、2023年9月10日(日)13:15〜に上映! 日常を過ごしていた高校生カップルが思わぬ形で性的搾取を受けたことから苦悩と向 …

インタビュー特集

『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】

映画『メモリーズ・オブ・サマー』は、2019年6月1日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー! 映画『メモリーズ・オブ・サマー』は、ポーランドの …

インタビュー特集

【アミール・ナデリ監督インタビュー】映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは

映画『山〈モンテ〉』は2019年2月9日より、アップリンク吉祥寺にて公開!以降全国順次ロードショー。 ©︎Cinemarche イラン映画の巨匠アミール・ナデリ監督が日本に在住した際に脚本を執筆した新 …

インタビュー特集

【窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー】映画『Sin Clock』ピュアさがもたらす“存在”の演技ד公園で遊ぶのが好きな子ども”の心

映画『Sin Clock』は2023年2月10日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開! 『GO』(2001)、『ピンポン』(2002)などで知られる俳優・窪塚洋介の18年ぶりとなる邦画長編映画の単 …

インタビュー特集

【日比遊一監督インタビュー】映画『名も無い日』キャスト陣に託されたチャレンジと“正直”であろうとした制作過程

映画『名も無い日』は2021年5月28日(金)よりミッドランドスクエアシネマほか愛知県・三重県・岐阜県の東海三県での先行ロードショー後、6月11日(金)より全国順次公開予定。 愛知県名古屋市を舞台に、 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学