Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/10/13
Update

映画スマホを落としただけなのに|あらすじネタバレ感想と結末ラスト評価。北川景子×田中圭のサスペンススリラーが描く恐怖は私たちのすぐそばに

  • Writer :
  • 村松健太郎

主演・北川景子×監督・中田秀夫の大ヒットサスペンス『スマホを落としただけなのに』!

「このミステリーがすごい!」を主催する宝島社が隠し玉として発表した志駕晃のデビュー作『スマホを落としだけなのに』を、「リング」シリーズで知られるホラー&サスペンスの達人・中田秀夫監督が映画化。

主演の北川景子をはじめ、『おっさんずラブ』で話題になった田中圭、千葉雄大、原田泰造、高橋メアリージュン、要潤、バカリズム、成田凌など、豪華なメンバーが揃ったオールスターによるサスペンス・スリラーとなっています。

映画『スマホを落としただけなのに』の作品情報


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
志駕晃

【脚本】
大石哲也

【監督】
中田秀夫

【キャスト】
北川景子、千葉雄大、成田凌、田中圭、原田泰造、バカリズム、要潤、高橋メアリージュン、酒井健太、筧美和子、桜井ユキ、北村匠海

【主題歌】
ポルカドットスティングレイ「ヒミツ」

【作品概要】
原作は志駕晃の同名ミステリー小説を『リング』の中田秀夫監督の演出で映画化。

北川景子の主演で映画化。北川が主人公・麻美を演じるほか、連続殺人事件の担当刑事役を千葉雄大、セキュリティ会社社員役を成田凌、麻美の彼氏役を田中圭がそれぞれ演じる。

映画『スマホを落としただけなのに』のキャラクターとキャスト


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

稲葉麻美(北川景子)
商社に勤めるOL、実家の話が苦手。

富田誠(田中圭)
麻美の恋人、ちょっと抜けているところがある。

杉本加奈子(高橋メアリージュン)
麻美の同僚

大柳守(バカリズム)
富田の同僚。

ナミエ(???)
???

浦野善治(成田凌)
麻美の知り合いの部下でITのスペシャリスト。

武井雄哉(要潤)
麻美の大学時代の先輩で遊び人気質の部分がある商社マン。

加賀谷学(千葉雄大)
ITエンジニアから刑事に転職した変わり種。

毒島徹(原田泰造)
警視庁捜査一課のベテラン刑事。

映画『スマホを落としただけなのに』のあらすじとネタバレ


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

商社マンの富田は恋人の麻美にプロポーズをしようかと、あれこれタクシーの中で思案中。

ところがタクシーが渋滞に巻き込まれてしまい、慌てて電車の駅に走ることにします。

大事なプレゼンも控えていたこともあって、富田はうっかりスマホをタクシーに忘れてしまいます。

そんな事情を知った麻美は、富田のスマホに電話をしました。

すると電話の拾った主が応対して、横浜のカフェに預けておくという話になりました。

無事スマホを受け取った麻美は、富田と合流。そして富田はプラネタリウムでプロポーズをしました。

プロポーズには喜んでいるものの、実家との折り合いの悪い麻美は、最後の一歩を踏み出せないでいました。

そんな麻美を見て同僚の加奈子は、自分をもっと開いてみた方がいいと言って、休眠状態のSNSを再開するように言います。

何かに背中を押してほしいという気持ちもあってか、麻美はSNSを再開。すると早速多くの“いいね”や“ともだち申請”がやってきます。

すると、今はIT系列の仕事をしている知り合いや、大学時代の先輩で商社マンの武井などとつながり始めます。

一方、丹沢の山奥で女性の死体が発見され、女性の髪の毛の一部が極端に切り取られていて、下腹部には鋭い刃物で何度も刺された跡が残されていました。

警視庁の毒島と若手刑事の加賀谷は、殺害する行為への犯人の執着を感じ、周囲の捜索を進めるとさらに複数の遺体が発見されます。

どの被害者も挑発の黒髪が特徴でその一部が短く切られているという特徴があり…。

以下、『スマホを落としただけなのに』ネタバレ・結末の記載がございます。『スマホを落としただけなのに』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

スマホを落としてからネットショッピングのトラブルや、奇妙なメールに悩まされることが起き始めます。

同じように麻美の周りで奇妙なことが起き始め、富田の同僚の小柳から執拗にメッセージが届いたりし始めました。

トラブルが立て続いたことから、ITセキュリティに通じているエンジニアの浦野と連絡を取り合い、トラブルを解消してもらうようになります。

事件の捜査を進める毒島と加賀谷、やがてそのうちの一人が突然行方不明になった風俗嬢であることが判明します。

被害者の生存をスマホが生きていることから疑っていなかった周りの人間も、IT業界から転職した加賀谷の推理でクラッカーの資質を持った犯罪者のなりすましである可能性が高くなります。

さらに、行方不明になった風俗嬢に以上に執着していた男の存在が明らかになります。

麻美と富田の間は、双方に何者からか別の異性と一緒の写真が送られるなどしてギクシャクする一方でした。

偶然、再会した商社マンの武井に突然キスをされて動揺する麻美。

さらに何者かが撮影したその時の動画は、富田に送られると二人の関係は悪化する一方になってしまいます。

メール、ランサムウェア、スマホにまつわるトラブルが続いた麻美は、改めて浦野に相談することに、すると浦野は突然、ナミエという女性は誰なのかと麻美に尋ねてきます。

その直後、麻美は意識を失ってしまます。飲み物に浦野が一服盛ったのでした。

気が付くと麻美は、浦野によって囚われの身となっていました。

浦野は浦野という名前すら偽名の男で、毒島たちが追っていた黒髪に執着する連続殺人鬼でした。

事件を追う毒島と加賀谷、そしてスマホ追跡アプリで麻美の行方を追い、拉致現場に向かいます。

富田によって救い出された麻美ですが、浦野は麻美の秘密を握っていて、富田にそれをばらすと言って麻美を脅します。

その言葉を受けた麻美は、自分の口で秘密を語りだします。
   
麻美は本当はナミエという女性で、整形手術を受けて麻美に成りすましていたのでした。

本物の麻美とナミエは、親友でルームメイトでもありました。

ところがナミエは、武井に弄ばれ子供を堕ろし、麻美はナミエ名義闇金に多額の借金を借りていました。

いつしかぶつかり合うようになってしまった親友の二人。

やがて麻美は、ナミエの保険証を持って踏切に飛び込み自ら命を落とします。

麻美はナミエとして死に、ナミエは麻美としての新しい人生を歩むことになりました。

その後、駆け付けた毒島たちに逮捕される浦野。麻美と富田は助けられますが、直後に麻美は仕事もやめ姿を消します。

加賀谷から麻美のスマホを受け取った富田は、自分の写真で溢れていました。

富田はあのプラネタリムに駆け付けます。

そこには麻美が一人でいました。

富田は全てをリセットして、新しい人生を新しい戸籍で歩んでいこうと、改めてプロポーズしました。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

映画『スマホを落としただけなのに』の感想と評価

2010年代の若き怪優⁈成田凌


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

今回、狂気的な役どころ演じた成田凌

まだまだ新進の若手俳優のなかの1人ですが、2018年だけで6本の出演作品が公開されます。

2018年7月公開の『劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』のような、エンターテイメント大作にも名前を連ねていますが、その一方で同年3月公開の『ニワトリ★スター』や、11月公開の『ビブリア古書堂の事件手帖』…。

参考作品:『ニワトリ★スター』(2018)

そして本作品『スマホを落としただけなのに』と、まさにトリッキーな演技を見せて、強烈なインパクトを残しています

来年2019年には、周防正行監督の待望の新作『カツベン!』にて映画初主演が決定済みで、今後、より一層注目の俳優となっていくでしょう。

スマホという新しい映画の小道具


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

全編PC画面で進む『サーチ』に続いて、本作も公開され、改めてスマートフォンが人間の生活の一部になっていることを実感できる映画です。

少なくとも本作を見終わった後はスマホをお忘れなく

まとめ


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

本作『スマホを落としただけなのに』の脚本を担当したのは大石哲也。

1994年にオリジナルビデオ『ひき逃げファミリー2』で脚本デビューを果たし、1995年には『乙女のみこころ』で第1回讀賣テレビシナリオ大賞優秀賞受賞。その後は、「デスノート」シリーズや『去年の冬、きみと別れ』を担当しています。

大石哲也というサスペンス映画の安定感のあるストーリーを、「リング」シリーズや『モンスターズ』などホラーとサスペンスの達人の中田秀夫監督が映画化したのですから、本作が面白いのはいうまでもありませんね。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会



関連記事

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』3番ミツエ役は古川琴音。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

【ネタバレ】TAR/ター|あらすじ感想と結末の評価考察。賛否両論の難解映画でケイト・ブランシェットが〝権力の本質〟を体現する

共感できない人物を魅力的に撮った映画『TAR/ター』 国際的に評価の高い演技派ケイト・ブランシェットが孤高のマエストロを演じた『TAR/ター』。今回アカデミー主演女優賞は逃したものの、ヴェネチア国際映 …

サスペンス映画

映画『赤い雪 Red Snow』あらすじネタバレと感想。永瀬正敏と菜葉菜が実話を基にしたミステリー作品にダブル主演!

あの雪の日、記憶からも現実からも弟は消えた。人の記憶ほど曖昧なものはない ──。 「記憶はウソをつく」榎本博明著にもありますが、記憶が必ずしも真実ではないということに焦点を置いたミステリーサスペンス映 …

サスペンス映画

映画ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書|あらすじとキャスト。実話に挑む2人のオスカー俳優

ベトナム戦争に関する分析を記録した、国防総省の最高機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”。 機密文書の存在を世に発表しようとしたワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハムの姿を、巨匠スティーブンスピルバー …

サスペンス映画

映画『スワロウSwallow』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ヘイリーベネット演じる“抑圧された女性の解放”を描く

ヘイリー・ベネット主演のスリラー映画『Swallow スワロウ』 一見完璧な生活を送っているかのように見える主婦・ハンターが“異物を飲み込む”ことで自分を取り戻していこうとする美しくもショッキングなス …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学