Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/03/03
Update

映画『去年の冬、きみと別れ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『去年の冬、きみと別れ』は、「教団X」「悪と仮面のルール」などで知られる芥川賞作家の中村文則によるサスペンス小説の映画化。

本作は映像にするのは不可能と言われた原作を、大胆な構成を持って映像化に挑んでいます。

出演はEXILE・三代目J Soul Brothersのメンバーで、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』や「HIGH&LOW」シリーズなどで俳優業にも挑んでいる岩田剛典が謎を追うジャーナリストを演じています。

スポンサーリンク

1.映画『去年の冬、きみと別れ』の作品情報

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
中村文則

【監督】
瀧本智行

【キャスト】
岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳、北村一輝

【作品概要】
芥川賞作家の中村文則が執筆したサスペンス小説を、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」などで知られる三代目J Soul Brothersの俳優としても人気の岩田剛典を主演に迎え実写映画化。

耶雲の婚約者である百合子役に映画『ピーチガール』の山本美月が演じ、事件の容疑者である木原坂役に映画『昼顔』の斎藤工も共演を果たします。

演出は映画『樹の海』『脳男』『グラスホッパー』で知られる瀧本智行監督が務め、脚本には映画『無限の住人』の大石哲也が担当しています。

主題歌はオリジナルボーカリストのLISAが復活したm-floの新曲「NEVER」

2.映画『去年の冬、きみと別れ』のキャラクターと配役


(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

耶雲恭介(岩田剛典)

結婚を前に大勝負を仕掛けようと真実を追うフリーライター。

松田百合子(山本美月)

恭介の婚約者。結婚準備を前に心のすれ違いを感じています。

木原坂雄大(斎藤工)

カメラマン、目の前で盲目のモデルが焼死する事件を起こした過去を持っています。

木原坂朱里(浅見れいな)

雄大の姉。弟に対して過剰なほどの愛情を注ぎます。

吉岡亜希子(土村芳)

雄大のスタジオで焼死した盲目のモデル。

小林良樹(北村一輝)

記事企画を持ち込んできた恭介に対応する週刊誌編集者。

スポンサーリンク

3.映画『去年の冬、きみと別れ』のあらすじとネタバレ


(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

フリーのルポライターの恭介は、ある記事を週刊誌のベテラン編集員小林のもとに持ち込みます。

それは木原坂雄大という異端なカメラマンが撮影中に火災を起こし、モデルをしていた盲目の女性吉岡亜希子が命を落としたという事件でした。

結婚を控え自身の力を試したいと意気込む恭介ですが、この事件はカメラマン雄大の姉朱里の尽力もあって、雄大に執行猶予付きの判決が出て決着を迎えていたものでした。

しかし、恭介は殺意を否定した警察の判断を疑い、改めはるか過去から雄大の人生を追うというものでした。

恭介に興味を持った雄大は、雄大のスタジオに自由に出入りができるようになり、距離を詰めていきます。

雄大に近づきすぎないようにと編集者の小林は警告しますが、恭介は取りつかれたように雄大を追います。

雄大と朱里は幼いころ虐待を受けていた可能性がありましたが、その父親は不審な死を遂げていました。

そして幼いころか木原坂姉弟は姉弟以上の濃い繋がりを持っていたことを知ります。

姉弟による殺害の可能性も考えましたが、父親の傷は成人した人間の身長でないと着かない傷であることが分かっていました。

二人の協力者の存在も考えられましたがそれに当てはまる人物はいませんでした。

雄大は皮肉なことに事件を機に注目を浴びることになり、改めて売れっ子カメラマンとなりました。

本人はくだらない写真ばかりだと言いますが、朱里は褒め続けます。

恭介はある秘密の写真がありかもしれないとことを知ります。

それはあのモデル焼死事件現場で雄大が撮ったという写真でした。

恭介は婚約者の百合子との結婚式を直前に控えていましたが、取材に没頭します。

マリッジブルーともいえる状況になり、すれ違いが続き気まずい空気が流れます。

そこに雄大が現れます。雄大もまた恭介に興味を抱き周辺をうろつくようになりました。

そして雄大の興味の対象に百合子が入ってしまいます。

さらに恭介にも行き先を告げずに百合子は姿を消します。やがて雄大の事務所にいることを知りました。

雄大は本当の魅力を引き出せると言って、百合子を連れ出していました。

雄大は百合子の自由意志だと強調しますが、かつてのモデル焼死事件を重ねた恭介は小林とともに雄大のスタジオに向かいます。

しかし、すでにスタジオは炎に包まれていました。

そして椅子に拘束されて燃え盛る百合子の姿を狂喜に満ち溢れた顔でカメラに収め続ける雄大。

百合子は死に、雄大は殺人犯として逮捕されます。

小林は途方に暮れ、朱里も行方不明のままです。

恭介は呆然としたまま抜け殻のようになってしまいました。

以下、『去年の冬、きみと別れ』ネタバレ・結末の記載がございます。『去年の冬、きみと別れ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

恭介には全く別の目的にがありました。

耶雲恭介という名前も偽名で、最初に語っていたフリーライターとしてのキャリアも偽物でした。

彼は最初の被害者吉岡亜希子の元恋人でした。

過剰な思い込みから亜希子と別れた直後、亜希子は雄大のモデルとして軟禁され焼死しました。

軟禁には朱里と小林も加わっていました。

小林は姉弟の父の教え子で二人の異常な繋がりと朱里の魅力に取りつかれ父を刺し殺し、共犯関係となっていました。

また、大人の女性となった朱里の肉体にも溺れていました。

恭介は亜希子の悲劇を追う中で朱里と出会い、真相を知ります。

そして、雄大を二人の人間を殺した、つまり死刑の可能性の出る状態にするために復讐計画を練りました。

百合子とは婚約者でもなんでもなく、ネット上で知り合い結婚前にすれ違う婚約者を演じていただけでした。

軟禁されるのも計算のうちで、一瞬のスキを狙って百合子は脱出。

それを待っていた恭介は先に軟禁していた朱里と入れ替わり、そして恭介は朱里に火をつけます。

亜希子の時の写真に失敗していた雄大は嬉々として写真に収めますが、それが強いきずなで結ばれた姉であることは知りません。

そして現場にいた小林もそれが自分が溺れた朱里だとは夢にも思っていませんでした。

亜希子が死んだのは一年前の秋でしたが、真相を知ったその冬恭介は、自分は復讐のために化け物になることを決め、今は亡きかつての恋人に別れの手紙を綴るのでした。

4.映画『去年の冬、きみと別れ』の感想と評価


(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

大胆な構成による映画化

中村文則の執筆した小説『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)を読んでいる方はお分かりになるかと思いますが、これは1ページ目から順序良く映像化しては、元も子もない内容となっています。

それゆえに映像化不可能と言われていたのですが、これに対して章立ての構成をシャッフルして映画を成り立たせて見せました

参考映像:『ユージュアル・サスペクツ』(1995)

例えば、1995年にアメリカで製作され、脚本家のクリストファー・マッカリーがアカデミー脚本賞を受賞した、サスペンス映画『ユージュアル・サスペクツ』などの傑作サスペンスに近い作りに挑んでいます。

結果的に原作以上に岩田剛典が演じる耶雲恭介に感情移入しやすい作品になりました。

中村文則作品は映像化が続いていますが、本作が最良の一作となったと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

婚約者との結婚を間近に迎える新進気鋭のルポライター耶雲恭介を、EXILE・三代目J Soul Brothersのメンバーで岩田剛典が演じ、出演作を重ねるごとにその演技力を見せ付ける作品になっている本作。

盲目の美女が巻き込まれた不可解な焼死事件と、容疑者の異端の天才写真家である木原坂雄大について調査をしますが、真相を追い掛けるうちに、いつしか抜け出すことのできない深みにに飲み込まる様子に注目です。

スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

映画ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書|あらすじとキャスト。実話に挑む2人のオスカー俳優

ベトナム戦争に関する分析を記録した、国防総省の最高機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”。 機密文書の存在を世に発表しようとしたワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハムの姿を、巨匠スティーブンスピルバー …

サスペンス映画

映画『ローサは密告された』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も

薬物と聞くと、一番最初に思い浮かべる国として、スペインをあげる人は結構いるのではないでしょうか? 最近ではドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『ボーダーライン』や、ドキュメンタリー映画『カルテル・ランド』など、 …

サスペンス映画

映画『下宿人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

アルフレッド・ヒッチコックの全サイレント作品9本を一挙公開という世界初の画期的な上映がMOVIX京都にて開催されています(~3月3日)。 英国映画協会が、現存するヒッチコックの全サイレント映画を一コマ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』10番セイゴ役は坂東龍汰。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

サスペンス映画

映画『ミスミソウ』あらすじと感想レビュー。内藤瑛亮監督の代表作と自負⁈

人気漫画家の押切蓮介の代表作で、トラウマ必須と評された『ミスミソウ】が映画化。 押切作品初の映像化に挑んだのは、『先生を流産させる会』『パズル』『ライチ☆光クラブ』と大胆なテーマを描き続ける内藤瑛亮。 …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP