Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2022/12/10
Update

【ネタバレ】ラーゲリより愛を込めて|あらすじ感想と結末の評価解説。二宮和也×北川景子は山本幡男の実話で“遺書”の意義を問いかける

  • Writer :
  • 星野しげみ

運命に翻弄された2人の11年に及ぶ愛の奇跡を描く『ラーゲリより愛を込めて』

第二次世界大戦後の1945年。捕虜となって酷寒のシベリアで捕虜生活を送る山本幡男は、帰国(ダモイ)を信じて仲間たちを励まします。

自ら余命宣告をされるほどの病気を患い、日本にいる妻へ遺書を書くのですが……。

辺見じゅんのノンフィクション小説を映像化したのは、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017)や『』(2020)など、心を揺さぶるラブストーリーの名手の瀬々敬久監督。

主役の山本幡男は二宮和也、その妻モジミは北川景子が演じています。

遠く離れた妻を思いやる山本の愛と彼の思いを届ける仲間たちの友情にあふれた本作を、ネタバレあらすじ有りでご紹介します。

映画『ラーゲリより愛を込めて』の作品情報


(C)2022 映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会(C)1989清水香子

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
辺見じゅん:『収容所から来た遺書』(文春文庫)

【監督】
瀬々敬久

【脚本】
林民夫

【キャスト】
二宮和也、北川景子、松坂桃李、中島健人、寺尾聰、桐谷健太、安田顕、奥野瑛太、金井勇太、中島歩、佐久本宝、山時聡真、奥智哉、渡辺真起子、三浦誠己、山中崇、朝加真由美、酒向芳、市毛良枝

【作品概要】
映画『ラーゲリより愛を込めて』は、作家・辺見じゅんのノンフィクション小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』を原作とする伝記ドラマ。

シベリアの強制収容所(ラーゲリ)に抑留された実在の日本人捕虜・山本幡男の半生を描きだす本作を、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017)『護られなかった者たちへ』(2021)『』(2020)の瀬々敬久監督が手がけ、二宮和也が主役を演じます。

山本の妻役に北川景子、山本の捕虜仲間に松坂桃李や中島健人、桐谷健太らが顔を揃え、寺尾聰や安田顕なども脇を固めています。

映画『ラーゲリより愛を込めて』のあらすじとネタバレ


(C)2022 映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会(C)1989清水香子

第二次大戦中の中国・ハルビンで、山本幡男(二宮和也)の身内の結婚式が行われました。山本は4人の子どもたちと妻のモジミ(北川景子)で丸テーブルを囲み、家族揃って参列していました。

その夜、爆撃がその街を襲います。日ソ中立条約をソ連が破って北から日本軍に攻めてきたのです。

宿舎を逃げ出した山本一家。大勢の逃げ惑う人々で混乱する中で、崩れた石塀の下敷きになった山本は、モジミと子どもたちに向かって「日本に帰れ。大丈夫、すぐに会える」と言います。

ためらうモジミですが、子どもたちを託され、日本に帰る決意をします。家族はそこで離れ離れになりました。

そして、戦争が終わった1945年。零下40度の厳冬の世界・シベリアへ向かう汽車の中に山本旗男の姿はありました。

捕虜にした日本兵をわずかな食料で過酷な労働に駆り立て、死に逝く者が続出する地獄の強制収容所(ラーゲリ)行きです。

捕虜でほぼすし詰め状態の汽車の中で、誰もが自分の行く末に絶望的になっているのに、ひとりアメリカの歌を大きな声で歌う山本。離れたところで初めて彼の姿を見た松田研三(松坂桃李)は、彼は正気ではないと思います。

汽車の旅を終えて捕虜となった日本兵たちが到着した強制収容所(ラーゲリ)では、厳しい労働が待っていました。

山本と一緒に強制収容所(ラーゲリ)入りをした仲間には、戦場で眼の前で友人を失くして心に傷を負って以来何があっても「傍観者」になると決め込む松田研三、旧日本軍の階級を振りかざし山本たちを「一等兵」よばわりする軍曹の相沢光男(桐谷健太)がいました。

「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます」と、苦しい毎日に絶望する抑留者たちに、山本は訴え続けます。

山本はロシア文学愛好者でロシア語が理解でき、通訳もしていたので、ソ連軍の将校にも抑留者たちの苦しい状況を訴えていましたが、それがかえって悪い結果を生みます。

終戦からしばらくたち、日本への帰国が決まりました。山本をはじめ喜ぶ抑留者たちは、希望を胸に再び汽車に乗り込みました。

ですが、帰国船が用意された港まであと少しというところで、ソ連軍によって汽車はいきなり止められました。

通訳の山本を呼び出し、1冊の名簿を渡して名前を呼べと言います。呼ばれた者は汽車から降りなければなりません。

それは帰国(ダモイ)ができないことを意味していました。名簿には、松田や相沢の名前があり、一番最後に山本自身の名前も載っていたのです。

その後山本たちはソ連の軍法会議にかけられ、身に覚えのないスパイ容疑で25年の強制労働を言い渡されます。

再びラーゲリに収容され、強制労働の毎日を送ることになった山本。そこで、過酷な状況で変わり果ててしまった同郷の先輩・原幸彦(安田顕)と再会しました。

劣悪な環境下で、誰もが絶望から心を閉ざしていくなか、山本は日本にいるモジミや4人の子どもと一緒に過ごす日々が訪れることを信じ、その苦しさに耐えます。

ある日、強制労働に出た先で黒い子犬が収容者たちについてきました。子犬は山本になつきますが、その子犬をクロと名付けてかわいがったのは、元漁師で船で漁をしていて捕まった足の悪い青年・新谷健雄(中島健人)でした。

山本は、軍人でもない足の悪い青年までもがスパイ容疑で捕まるのかと驚きあきれます。

山本は苦しい作業が続く毎日の中でも、分け隔てなく皆を励まし続け、そんな彼の仲間想いの行動と信念は、凍っていた抑留者たちの心を次第に溶かしていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ラーゲリより愛を込めて』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラーゲリより愛を込めて』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022 映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会(C)1989清水香子

終戦から8年が経ち、ソ連・日本の間での手紙のやり取りが認められます。

抑留者たちもそれぞれ家族にあてて葉書を書きました。山本ももちろんモジミ宛に書きますが、返事はなかなか来ません。しかし、ある日、ついに山本に妻からの葉書が届きました。

厳しい検閲をくぐり抜けたその葉書には「あなたの帰りを待っています」と。

モジミは4人の子どもを連れて無事に日本に帰っていました。しばらくは魚を売ったりして生活していましたが、昔の教師仲間の口利きで、学校の教師として復職できました。

たった一人で幼い子どもたちを育てている妻を想い、山本は涙を流さずにはいられませんでした。

誰もが故郷からの便りを手にし、帰国(ダモイ)の日が近づいていると感じていましたが、その頃から、山本は耳障りな咳をし出します。

日本からの葉書で身重の妻が空襲で亡くなったことを知った相沢は、「生きている意味がなくなった」と言い、自ら収容所の鉄格子を越えて脱走兵となり、見張りに殺されようとします。

「それでも生きるんだ」と彼を必死で止めた山本は、突然ひどい頭痛に見舞われ気を失ってしまいました。

救護室に運ばれて回復した山本ですが、以来たびたび倒れるようになっていきます。

故郷からの手紙で母の死を知った松田はそっと涙にくれ、ますます傍観者の殻を被ろうとしますが、山本の体調の悪さが目につくようになると、決死の覚悟でストライキを始めました。

要求はただ一つ、山本を大きな病院に連れて行って検査を受けさせてほしいということ。ストライキのその輪はラーゲリ全体に広がり、ついに山本は病院で診断を受けることになりました。

しかし、そこで告げられた病名は「のどの癌」で、余命3ヶ月……。山本により生きる希望を取り戻した仲間たちに反して、山本の症状は重くなるばかりでした。

それでも妻との再会を決してあきらめない山本ですが、彼を慕うラーゲリの仲間たちは、苦心の末、遺書を書くように進言しました。山本はその言葉を真摯に受け止め、震える手で家族への想いを込めた遺書を書き上げました。

そしてついに、眠るように、山本はその生涯を閉じます。山本の亡きがらはロシアの地に埋められました。仲間に託されたその遺書は、帰国の時まで大切に保管されるはずでした。

ところが、ラーゲリ内では、文字を残すことはスパイ行為とみなされ、山本の遺書は無残にも没収されてしまいました。

それからしばらくして、最後の引揚げ船でラーゲリの仲間たちも帰国できることになりました。

喜ぶ原、相沢、新谷たちを乗せ、船は日本へ向かいますが、日本にいるモジミは山本の死亡通知を受け取り泣き崩れていました。

終戦から11年がたった頃、山本家に次々と山本の遺書が届きます。

文字ではスパイ容疑で没収されるからと、原、松田、新谷、相沢は山本が書いた4通の遺書をそれぞれ分担して記憶。苦しい労働の中でも遺書を暗記し続けていました。山本家へと来訪した彼らは、暗記した遺書をきれいに清書して家族に渡し「山本の遺書を届けました」と告げました。

モジミは改めて夫山本の優しさと仲間たちの友情を知り、山本が帰って来たような気がしました。

時は流れて、2022年。

山本幡男の長男・顕一(寺尾聰)は孫娘の結婚式に出席しています。老齢となった山本顕一ですが、孫娘の晴れ姿に、はるか昔に父・幡男と一緒にテーブルを囲んだハルビンの結婚式の日のことを思い出していました。

映画『ラーゲリより愛を込めて』の感想と評価


(C)2022 映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会(C)1989清水香子

実話が示す愛の奇跡

『ラーゲリより愛を込めて』の原作は、シベリア抑留者の実話を描いたノンフィクション『収容所から来た遺書』です。

シベリア抑留者とは、戦争が終結したのにもかかわらず、シベリアをはじめとする極寒の地で、乏しい食料と劣悪な生活環境の中で、過酷な強制労働を強いられた人々のことです。

寒さも厳しい自然環境の中で、食事といえば、1日350グラムの黒パンとカーシャと呼ばれる薄いお粥だけ。黒パンをカットするときは皆の眼の色は変わり、均等にカットしなければ喧嘩がおこるほどだと言います。

飢えと寒さ。2つの大きな障害に耐えながら、ノルマのある苛酷な労働をこなす毎日で、死にゆく抑留者も多かったそうです。希望がなければとても耐えられない地獄のような生活の中、皆は「ダモイ(帰国)」だけを願っていました。

そんな殺伐たる地獄にいた山本幡男は、実在した人物。彼が離れ離れになった家族を思って書いた遺書には、家族を思う山本の切実な気持ちが綴られていました。

それは飾りけのない言葉で書かれた、心から相手の幸せを願う気持ちのこもった遺書でした。ラーゲリの仲間たちが暗記した遺書の文をモジミに語るシーンでは、遺書に託された山本の深い思いが伝わってきて、涙があふれ出ます

何年かかろうと、たとえ殺されようと、山本の家族への想いのこもった遺書を届けてあげたいという、仲間たちの気持ちも胸を打ちます。これが実話であるというのですから、仲間たちによって届けられた山本の遺書は、愛の奇跡としか言いようがありません。

奇跡と言えば、もう一つありました。収容所での癒しとなっていた犬のクロです。

クロは山本がなくなった後に行方不明になっていましたが、最後の引揚げ船が出るときに港に姿を現し、船の後を追いかけます。

船に乗っていた松田や新谷たちは、山本を始め収容所で無念の死を遂げた仲間たちがクロとなってやってきたと思い、クロを船に引き上げて日本に連れて帰りました。

この話も実話です。無念のうちに亡くなった仲間たちの気持ちを犬のクロがくみ取ってくれたのも、奇跡としか言いようがありません

遺書に託す未来への希望


(C)2022 映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会(C)1989清水香子

それでは、その遺書とはどんな内容だったのでしょうか。山本が必死の思いで家族にあてて書いた遺書は全部で4通でした。

家族全員に宛てた遺書は原が担当し、自分の母を出兵中に亡くした松田は、偶然にも山本の母への遺書を担当します。

遺書を読み上げながら山本の気持ちとオーバーラップする松田。止めどもなく涙が流れる気持ち、よくわかります。

犬のクロを連れた新谷は、4人の子どもたちへの遺書を渡します。山本を認めながらも敵対視していた相沢は、モジミへの遺書を担当。モジミは山本の深い愛を確信します。

山本は家族に、病気せずに、怪我をしないよう、健康第一に過ごせと書き綴りました。そして、子どもたちには、最後に勝つものは、道義であり、誠であり、まごころであると書き残します

普通の生活をしていれば当たり前と思われることですが、収容所での抑留生活は普通を普通でなくしてしまいました。

極限まで追い込まれた生活の中で、人間としての尊厳と慈愛を持ち続けた山本。彼はスーパーマンでもヒーローでもありません。ですが、ラーゲリの仲間たちの心に希望を灯し、生きる勇気を与えました。

この話が実話であるからこそ、皆が知っておかねばならないことなのでしょう。

山本の死因は病死ですが、戦争によって殺されたようなものです。家族の幸せを願う山本の遺書は、未来を担う子どもにそっくり語り継いでいきたい内容でした。

あの戦争が終わってから70年以上たちますが、まだまだ本当の意味での「終戦」にはなっていないと言えます。

まとめ


(C)2022 映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 (C)1989清水香子

瀬々敬久監督が手がけた『ラーゲリから愛を込めて』には、シベリア抑留者の実態とその苦労が余すところなく描かれています。

地獄のような毎日の中で、生きる希望を失わずに人間として生きた山本幡男。病床についた彼が家族にあてた遺書を仲間たちが苦心して日本に持ち帰って、家族に届けました。

映画では、戦争によって引き裂かれた夫婦を、二宮和也と北川景子が演じています。山本役の二宮和也は、全体の雰囲気も写真で見る山本に酷似し、打たれ強い山本役にピッタリでした。

ラーゲリ仲間を演じる松坂桃李、中島健人、桐谷健太、安田顕のそれぞれ力のこもった演技も印象深い……。

親から子へ、子から孫へと、瀬々敬久監督の作品への思いが込められたラストシーンは、原作にはないものでした。それは、家族の在り方を伝え続けようとするラストと言えます。

山本の遺書に書かれていたように、怪我もなく健康で過ごせていれば本望。堅苦しい言葉など、家族には入らないのかも知れません。

本作は、家族を思う山本の真意に目頭もアツくなり、ダモイ(帰国)という言葉がズシリと胸に響くラブストーリーでした。






関連記事

ラブストーリー映画

『アイスクリームフィーバー』原作ネタバレ結末とあらすじ感想評価。川上未映子映画化で綴る“淡い初恋と心の痛み”

川上未映子の短編『アイスクリーム熱』が『アイスクリームフィーバー』として映画化決定! 2008年『乳と卵』で芥川賞を受賞した川上未映子。2013年出版された短編集『愛の夢とか』の中に収録された『アイス …

ラブストーリー映画

映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレあらすじと結末の内容解説。恋愛ラブストーリーを嘘だけのヒロインと駆け出しカメラマンを通して“都会の愛と欲望”を描く

石川瑠華が嘘だらけのヒロインを演じ、金子大地が駆け出しのカメラマンを演じた映画『猿楽町で会いましょう』 児山隆監督の初長編作となった本作は、次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指して、まだこの世に存 …

ラブストーリー映画

おとなの恋の測り方キャストとあらすじ!映画試写会情報も

大ヒット映画『最強のふたり』のスタジオ×オスカー俳優ジャン・デュジャルダン! 逆身長差だけど“最強のふたり”が紡ぐフレンチ・ラブストーリー『おとなの恋の測り方』をご紹介します。 CONTENTS映画『 …

ラブストーリー映画

となりの怪物くん映画撮影ロケ地とエキストラ情報!キャスト評価も

『青空エール』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『orange -オレンジ-』など、大ヒット青春映画を公開してきた東宝が、新たな青春映画を作ることに! 主演は若手人気の菅田将暉と土屋太鳳のダブル主 …

ラブストーリー映画

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』あらすじとキャスト。上映劇場情報も

映画『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』は、10月6日(土)より全国ロードショー! フェルメールの絵画の世界を作品にしたい、と考えたデボラ・モガーが執筆した小説『チューリップ熱』。 世界的ベ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学