Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/04/03
Update

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』ネタバレ感想とあらすじ。評価の高い俳優の佐藤健と土屋太鳳が実話に体当たりで挑む

  • Writer :
  • 星野しげみ

佐藤健と土屋太鳳が描く奇跡のラブストーリー

結婚を控えた幸せなカップルにおこった突然の出来事。なぜ8年ものあいだ結婚できなかったのか。実話をもとに、人気実力派俳優の佐藤健と土屋太鳳の共演で映画化が実現した『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

もしも恋人が病に倒れて意識不明になったら、何年ぐらい待つことができるでしょうと、思わず考えたくなる作品です。8年もの歳月をかけて実った真実の愛の物語とは?

スポンサーリンク

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の作品情報


(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

【公開】
2017年(日本映画)

【原作】
中原尚志・麻衣

【監督】
瀬々敬久

【脚本】
岡田惠和

【キャスト】
佐藤健、土屋太鳳、杉田哲太、薬師丸ひろ子、中村ゆり、北村一輝、浜野謙太

【作品概要】
原作は『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』のタイトルで書籍化された実話です。結婚を約束し幸せの絶頂にいた20代のカップル・尚志と麻衣。しかし結婚式の3カ月前、麻衣が原因不明の病に倒れます。尚志と麻衣の家族の懸命の介護があり、麻衣は意識を取り戻しますが、記憶障害により尚志に関する記憶を失っていました。

佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化が実現しました。『64 ロクヨン(前編・後編)』(2012)の瀬々敬久監督が演出を担当し、『いま、会いにゆきます』(2004)の岡田惠和が脚本を担当。第41回日本アカデミー賞優秀賞で4部門を受賞。

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』のあらすじとネタバレ


(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

岡山県に住む、西澤尚志と中原麻衣はごく普通のカップルです。

仲睦まじくデートを重ね、麻衣は尚志に手料理を振舞ったりと、幸せに満ちた毎日を過ごしていました。

「結婚しよう」。ある日尚志は麻衣にプロポーズ。喜ぶ麻衣と一緒に結婚式も予約しますが、その3カ月前に突然麻衣が倒れました。

尚志はあわてて救急車をよび、麻衣はそのまま病院へ搬送されましたが、意識不明の重体です。

検査を受けると「抗NMDA受容体脳炎」という病であることが判明しました。脳内で興奮刺激などを伝える「NMDA受容体」が、卵巣奇形種などによる免疫反応でできた抗体からの攻撃を受けて機能低下して発症するという病気です。

人工呼吸器に繋がれ、植物人間のようになった麻衣ですが、尚志は、毎日出勤前に病室に顔を出し、見舞いに行くことを忘れません。

スマホの録画機能を利用して、眠り続ける麻衣を撮り続け、寝た切り状態の麻衣の手足のマッサージやリハビリもしてあげます。

そんな尚志を見かねた麻衣の両親から、尚志は「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われました。「麻衣さんのそばにいさせてください」と頭をさげるても、麻衣の母はすまさそうに「もう忘れてください」と……。

それでも尚志は諦めずに病院へ通い続け、麻衣の回復を祈り続けました。

長い年月がたち、ようやく麻衣の意識が戻りました。喜ぶ尚志と麻衣の両親。ですが、尚志と麻衣にはまだまだ乗り越えなければならない壁が立ちはだかっていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『8年越しの花嫁 奇跡の実話』ネタバレ・結末の記載がございます。『8年越しの花嫁 奇跡の実話』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

長い眠りから目覚めて日常生活に戻るリハビリが始まった麻衣ですが、病気以前の姿に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。

病気になる前に使っていた携帯もロックがかかったままで、その暗証番号も未だに思い出せないのですから。そんな麻衣のいつも側にいて懸命に手伝っているのは、やはり尚志です。

けれども、病院での歩行訓練や身体の動かし方などリハビリをしながら、言葉も少なく尚志を全然知らない人のように見る麻衣に尚志は不安を覚え始めました。

「僕のこと覚えてないの?」。思い切って口にした言葉は尚志にはとても辛いものでした。

一方の麻衣も、目覚めてから身体が思うように動かない不安を抱え、いつも側にいてそんな自分を励ましてくれる男性のことを不思議に思っていました。

「この人は一体誰だろう。家族でもないのになぜいつもいるのだろう」と。

麻衣が尚志の記憶を失っているという驚愕の事実にさすがの尚志も落ち込みます。

「麻衣と結婚するって約束をしたから待っているんです」。と自分の気持ちを周りの人に伝えていた尚志ですが、「全然覚えてないの」と泣き叫ぶ麻衣の言葉に辛い決心をします。

この状態では麻衣を苦しめるだけと悟り、お互いの将来のことを考えて、尚志は「もう会わないから」と麻衣に告げて去っていきました。

それからしばらくして、麻衣は散歩の途中で偶然にも尚志と麻衣が結婚式を挙げるはずだった結婚式場に寄りました。そこのウエディングプランナーから、毎年尚志が結婚式の延期連絡をしていると知り、驚きました。

尚志と麻衣が結婚式を挙げるはずだった日。ハッと気付いた麻衣は、携帯の暗証番号にその日付を打ち込みました。

あっという間にロックは解除され、尚志が撮り溜めた病室での麻衣の動画が出てきました。

自分が眠っている間もずっとそばにいてくれた尚志。どんな出会いでどんなことがあったか思い出せませんが、それでも麻衣は尚志にとても会いたくなり、自分の元を去った尚志のところへ出向きます。

そんな麻衣を尚志は優しく「僕はずっと麻衣が好きだった」と、迎えました。

結婚式は、始めて予約をした時から8年目にやっと行われました。

スポンサーリンク

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の評価と感想


(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

この映画の主演の一人は佐藤健。仮面ライダー役でデビューした佐藤が、病に侵された恋人の回復を待ち続ける男性・尚志を熱演します。

「尚志」は人と接するよりも、物言わぬ車を愛する内向的な若者です。派手なダンスなどよりも車で回れるドライブなどを好んでいます。

運動神経抜群で活発な役が似合う佐藤からは想像できないタイプの「尚志」。うまく演じられるかなと危惧しましたが、佐藤はイメージと若干異なる役柄を想像以上にすんなりと演じています。

俳優としての彼の成長と新たな可能性を発見できることでしょう。

もう一人の病と闘うヒロインは土屋太鳳が好演。愛らしさの中にも芯の強さを持ち合わせ、意識が回復してもまだ続く辛い試練と直面して悩み苦しむ「麻衣」。

可憐な麻衣そのままの土屋ですが、発病して半狂乱になって病院へ担がれるシーンは、とてもインパクトがあります。迫力満点の体当たり演技といえるでしょう。

今までの佐藤健や土屋太鳳とはちょっと違う一面が見えるのもお楽しみかも。

ハッピーな前半、試練の後半


(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

出会いから病気発症までの前半は、2人にとってハッピーな日々です。

車でデートを重ね、尚志の部屋で手料理を振舞う麻衣の姿がとても微笑ましい……。結婚の約束を決めるまでは本当にバラ色の日々でした。

2人が結婚の約束をした後、突然麻衣に襲って来た病魔によって、後半は暗い雰囲気へ。麻衣の意識が戻っても、恋人の目覚めをずっと待っていた尚志の記憶がないという厳しい現実が待っています。

必死に病気と闘う麻衣と、絶望に浸りながらも健気に彼女を支えようとする尚志の姿が、痛々しく映りますが、ついに奇跡が到来します。

大切に思う人への思いはいつか必ず相手に届くものと、勇気づけられる瞬間でした。家族だからこそしてあげられることがあるでしょうが、家族でなくても大切に思う人への思いはあるものです。

自分の将来よりも2人の将来を夢見て8年も待ち続ける尚志の辛抱強さに感動です。実話であるだけに、本物の愛がズシリと感じ取れる感慨深い作品でした。

まとめ


(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

YouTubeに投稿された一本の動画から映画化が実現。これが本当にあった話だというのに驚かされるでしょう。

寝たきり状態で植物人間のようになってしまった麻衣を献身的に支える尚志ですが、意識が戻っても自分の記憶が彼女の中に無いという辛い現実と向き合うことになります。

どんなに好きでも彼女にとって自分は見知らぬ人。こんなつらい現実を乗り越えて、もう一度、麻衣の心を取り戻す尚志の一途さが胸を打ちます。

撮影にあたってスタッフが原作者の尚志さんに「どうしてそんなに長い間、麻衣さんを待ち続けられたのですか?」と聞かれたそうです。

答えは「僕にとっては当たり前のことだったんです」。麻衣さんも「彼はずっと信じて待ってくれた。私にはこの人しかいなかったと思います」と。

スーパーマンでも正義の味方でもない普通の人が、相手をずっと思っているという信念で得た‟奇跡”。まさに信じる力が生み出した愛の奇跡といえるでしょう。

関連記事

ラブストーリー映画

『わたし達はおとな』感想結末あらすじと解説評価。恋愛ドラマの若き男女の出会いとすれ違いをリアリティで描く

2人にとっての「おとな」とは何なのか? 映画『わたし達はおとな』は、「劇団た組」で注目を集める若き劇作家・演出家の加藤拓也の、オリジナル脚本による長編監督デビュー作となっています。 主演は、『菊とギロ …

ラブストーリー映画

映画『センセイ君主』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『センセイ君主』は、2018年8月1日より全国ロードショー。 映画化もされた『ヒロイン失格』で知られる幸田もも子の同題ベストセラーコミックを『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督&浜辺美波のコンビで映 …

ラブストーリー映画

映画『パリの恋人』あらすじネタバレと感想。オードリー・ヘプバーンの名作ミュージカルの見所

永遠の妖精オードリー・ヘプバーンが、パリを舞台に歌って踊るミュージカル映画。 ミュージカル映画の金字塔『雨に唄えば』のスタンリー・ドーネン監督と、オードリー・ヘプバーンが初めて組んだ作品です。 オード …

ラブストーリー映画

映画『愛の鎖』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。キャストのキム・ヒョジン×キム・コッピ共演で“性と愛の形”を赤裸々に描く

キム・ヒョジン×キム・コッピが艶めかしい性と愛の行方を描く U-NEXTで配信中の韓国映画『愛の鎖』。 『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』(2013)『結婚前夜 ~マリッジブルー~ 』(201 …

ラブストーリー映画

『きみの瞳が問いかけている』の意味真相とロミオとジュリエットの共通点。映画結末はハッピーエンドか悲劇か!?

映画『きみの瞳が問いかけている』は2020年10月23日(金)より全国ロードショー。 吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務め、孤独な男女の交流を繊細に演じた映画『きみの瞳が問いかけている』。 不慮の事 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学