Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2019/07/25
Update

高良健吾映画『アンダーユアベッド』あらすじネタバレと感想。結末ラストはホラーか愛か!?

  • Writer :
  • 白石丸

映画 『アンダー・ユア・ベッド』は2019年7月19日公開。

名前を呼ばれたことすらなかった孤独な男が11年間想い続けた相手は結婚して、そしてDVを受けていた。

男の思いは暴走し、ストーカー、盗撮、盗聴、そして彼女の家のベッドに潜み始める…。

衝撃的な内容と同時に、居場所のない男の切ない心情が丁寧に描かれた一作、『アンダー・ユア・ベッド』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『アンダー・ユア・ベッド』の作品情報


(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
大石圭『アンダー・ユア・ベッド』(KADOKAWAホラー文庫)

【監督】
安里麻里

【キャスト】
高良健吾、西川可奈子、安部賢一、三河悠冴、三宅亮輔

【作品概要】
『バイロケーション』(2013)『劇場版 零~ゼロ~』(2015)の安里麻里監督が2001年刊行の大石圭によるホラー小説を映画化。

孤独な男が11年間思い続けてきた同級生を見つけ、どんどん行動をエスカレートさせていくという、タブーに踏み込んだ意欲作。

主演に『横道世之介』(2013)『多十郎殉愛記』(2019)の高良健吾、ヒロインの千尋役に『私は絶対許さない』(2018)での体当たり演技が話題になった西川可奈子がキャスティングされました。

映画『アンダー・ユア・ベッド』あらすじとネタバレ


(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

三井直人は、千尋と彼女の夫・健太郎の自宅のベッドの下に潜んでいました。

夜、ベッドの上で千尋は夫に乱暴に犯されており、三井はそれを下から聞きながら過去を回想します。

11年前、19歳だった三井は大学のとある授業で指名されて困っていた時に、千尋に声をかけられてノートを見せてもらいました。

三井は存在感のない男で、人から名前で呼ばれるのもその時が初めてでした。

彼は勇気を出してお礼を言い、千尋をカフェに誘います。

そのカフェでの体験は一緒に飲んだマンデリンというコーヒーの味とともにずっと三井の思い出になりました。

彼は幼少期からずっとグッピーを飼っており、その話を聞いた千尋は自分も飼いたいと言い出します。

三井は数日後に千尋のアパートに水槽とグッピーを持って行きました。

そこから11年間、三井はその思い出だけで生きてきていましたが、ある時どうしても気持ちが抑えられなくなり、興信所に依頼して彼女を探し出してもらいます。

千尋は結婚し浜崎と姓を変え、高給取りの夫と郊外で暮らしており、1歳半の娘・木乃美がいました。

三井は貯金を崩して千尋の家の前に観賞魚店を開き、そのビルの3階に住み始めました。

彼は昼夜問わず千尋を窓から覗いたり盗撮したりしていましたが、彼女の顔からかつてのような明るさが消えていることに気づきます。


(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

ある夜、三井は夕食の席で夫が千尋を突然殴り倒すのを目撃してしまいました。心配するも何もできない三井。

数日後、千尋が三井の店にふらりと入ってきます。彼女は三井を覚えていませんでしたが、グッピーを気に入って飼うことを決めます。

三井は水槽の設置のために千尋の家に行き、そこでこっそりと盗聴器を仕掛けました。

そして浜崎家の合鍵を作り、定期的に出入りします。


(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

盗聴してみると夫の千尋に対するDVは常軌を逸しており、毎晩殴られ、獣のように犯されていました。

三井は家に侵入してグッピーの手入れをしつつ、毎日家の前に励ましのメッセージを添えた花束を置きます。

千尋は徐々に家の中に誰かが潜んでいることに気づき始めますが、あまりに荒んだ生活をしているせいか、侵入者に対し怖がるどころか安心感を覚え始めました。

そんな頃、三井の店にピラルクを買いたいという謎の学生・水島が現れ定期的に入り浸るようになります。

陰気な彼を見ていると三井は自分を見ているかのようで不快でした。

そしてある日、三井は千尋への思いを抑えきれず、いてもたってもいられなくなって彼女の家のベッドの下に潜み始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アンダー・ユア・ベッド』ネタバレ・結末の記載がございます。『アンダー・ユア・ベッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

三井はベッドの下に何日も潜んでいましたが何もできず、毎晩千尋が犯されるのをベッドの振動で感じているだけでした。

彼は大学時代に千尋がグッピーを飼えなくなったと連絡してきて、彼女の部屋に引き取りに行った時のことを思い出します。

部屋に着くなり、三井は当時の千尋の彼氏から殴られ、千尋も目の前で暴力を振るわれます。

三井はとっさに水槽に使うヒーター装置をスタンガンのように彼氏に押し当て気絶させ、その後、部屋で千尋と行為に及びました。

千尋は三井からの花束を隠していましたが、ある日夫に見つかってしまい、風呂場で顔を何度も水に沈められて意識不明になってしまいます。

三井は夫がベッドで寝静まるのを待って、気絶した千尋を保護し、体をさすります。

彼にはそれくらいしかできませんでした。

三井は自分の部屋に戻り店を再開しますが、来るのは水島だけでした。

盗聴を続ける三井。


(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

ある夜、千尋は実家の父が危篤のため帰らせてほしいと夫の健太郎に頼み込みますが、「ダメだ。どうせ死ぬだけだ」と冷たく言い放たれたため、千尋は思わず彼の顔をひっぱたいてしまいます。

健太郎は逆上し千尋を顔が腫れ上がるまで殴り続けました。

三井は千尋の家の庭まで来て、用意していたスタンガンを健太郎に押し当てようとしましたが、恐怖で手が震えて何も出来ず戻ってしまいます。

翌日、千尋は娘の木乃美を連れて家を出ていきます。

三井はそれを目撃して追いかけますが、途中のコンビニの前に人だかりが出来ており、阻まれてしまいました。

何事かと聞くと、水島がバイト先のコンビニの店長の妻を殺害したというのです。

三井は色々なことを考え出します。

彼の記憶では千尋と関係を持ったことになっていましたが、それは妄想で、本当はグッピーを飼うこと自体、千尋のアパートに行く途中で断られていたのです。

自分には何もできないと自暴自棄になった彼は、ずっと丁寧に交配させていたグッピーの水槽の装置を止めて殺してしまい、部屋に引きこもってしまいました。

(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

その頃、千尋は地元に向かう途中のホテルに泊まり、ライターでタバコに火を付けようとした時に盗聴器が仕掛けられていることに気づきます。

千尋が「誰か聞いてるの?」と呼びかけると、、そこで部屋のインターホンが鳴ります。

扉の向こうにいたのは夫で、千尋を無理やり家に連れ戻しました。

殴られそうになった千尋は包丁を夫に向けますが、夫は包丁を奪い、千尋に振り下ろそうとしました。

「いるなら助けて!」そう叫ぶ千尋。

と、そこで夫が気絶して倒れました。

三井が背後からスタンガンを押し当てたのです。

千尋はそこで三井のことを思い出し、三井と見つめ合います。

数日後、三井は交番に行き、「浜崎千尋を好きになって不法侵入し、嫉妬して夫の浜崎健太郎を殺した」と告白していました。

と、背後で「三井君!」と呼ぶ声がします。振り返るとそこには千尋が。

三井は無言で彼女を見つめていました。

スポンサーリンク

映画『アンダー・ユア・ベッド』の感想と評価


(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

本作はKADOKAWAとハピネットの共同制作で、タブー視される題材を扱う「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」の第2弾作品として作られました。

大石圭氏の角川ホラー文庫の原作とプロットはほぼ同じですが、三井、千尋、健太郎の三者三様の視点で描かれている原作から、三井の視点を大部分にし、健太郎側の視点を削ったり、三井が思いを寄せる女性を千尋一人に絞ったりと、98分に収めた上で孤独で異常な男の純愛映画としての要素を強めさせています。

この映画はキャストの力がかなり大きく、特に主演の高良健吾は彼にしかできない役を見事に演じていました。

芸能界でも随一の美形の高良ですが、浮世離れしている印象も受けます。そんな彼が孤独ゆえに異常な行動に走る役を演じるというのは説得力がありました。

端正な顔立ちだからこそストーカー行為がより不気味に見えますし、それと同時に、そんな不器用な生き方しか出来ない三井という孤独なキャラクターの切なさも繊細に表現されています。

彼の虚無感に満ちたナレーションも素晴らしく、「自分は石の裏に住む虫と変わらない」とぼそぼそ語る様に胸が締め付けられ、最低なことをしている三井に共感を覚えてしまうんです。

そんな三井が思い続ける千尋役の西川可奈子もヌードは当たり前、過激な暴力描写も逃げずに演じており、彼女がこの映画のエッジを際立たせていました。

またキラキラした女子大生時代とDVで荒んだ主婦の姿の演じ分けも目を見張るものがあります。

ポスタービジュアルからして倒錯的な部分が目に付いてしまいますが、どうしようもない人生を送る登場人物たちの苦悩と悲哀が表現された人間ドラマとして見ごたえがありました。

まとめ


(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

悲惨なことが起きる映画ですが、三井の行動が所々極端なため笑いがこぼれてしまうコメディ的な要素や、DV夫からいかにヒロインを救うかのサスペンスもあり、エンタメ性も十分です。

三井のような暗い部分、孤独な部分を抱いている方は、感情移入もできるでしょう。

1人で罪を背負って自首した三井と、そこに千尋がやってくるラスト。

果たして彼の今後はどうなるのか。その先の想像が膨らむ終わり方となっています。

7月24日現在、監督やキャストによる上映後にディープな話が聞けるプレミアトークショーもテアトル新宿で開催中です。

ぜひご覧になりトークを聞いて、誰かと議論してみてください。

映画 『アンダー・ユア・ベッド』は2019年7月19日公開です。

関連記事

サスペンス映画

サイレントトーキョーの朝比奈の切ない結末考察。小説と映画の内容から比較解説。意味深な“クリスマスの計画”とは何?

映画『サイレント・トーキョー』は2020年12月4日(金)より公開。 秦建日子の著作『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャスト …

サスペンス映画

映画『L.A.コンフィデンシャル』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

~一人の女、ひとつの真実…男たち、野獣の輝き~ ジェイムズ・エルロイの暗黒の“L.A.4部作”を一つを見事に映画化した傑作クライム・サスペンス『L.A.コンフィデンシャル』をご紹介します。 スポンサー …

サスペンス映画

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“すべての国民が、この男に狂わされる” 韓国映画『殺人の告白』を入江悠監督がリメイクしたクライムサスペンス映画『22年目の告白 私が殺人犯です』をご紹介します。 『22年目の告白 私が殺人犯です』をU …

サスペンス映画

映画『聖なる鹿殺し』あらすじとキャスト。公開する劇場はどこ?

2018年3月3日(土)より公開されるヨルゴス・ランティモス監督作品『聖なる鹿殺し』。 謎の少年がコリン・ファレル演じる順風満帆な医師と、その家族を追い詰めていく…。極上のスリラーとは? スポンサーリ …

サスペンス映画

映画『パーフェクトルーム』あらすじネタバレ。フル動画を無料視聴!

映画『パーフェクト・ルーム』は、2014年に公開されたアメリカのミステリー映画で、2008年にベルギーで制作された『ロフト』のリメイク作品です。 妻帯者5人が情事を楽しむためだけに用意したマンションの …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学