Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】リボルバーリリー|あらすじ結末感想と評価解説。映画ラストは“続編”予感?綾瀬はるかが魅せる“伝説の諜報員”らしい幕引き

  • Writer :
  • 星野しげみ

綾瀬はるかが‟未来を救うダークヒロイン”になる!

かつて冷徹非情な美しき諜報員「リボルバー・リリー」として恐れられた女性を、綾瀬はるかが演じた映画『リボルバー・リリー』

ハードボイルド作家・長浦京の同名小説を原作に、『窮鼠はチーズの夢を見る』(2020)『パレード』(2009)『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004)などの話題作を送り出した行定勲監督が映画化しました。

大正時代、国家の重要機密に関わる情報をもった少年を助けるため、元諜報員の小曾根百合が、陸軍相手に死闘を繰り広げます。

百合の花を連想させる姿で挑む銃撃戦、幻想的な霧の中の死闘など、ハードボイルドでありながら美しい映像で凄まじい戦いが描かれます。

武装した陸軍に対して、艶やかなドレスに身を包みリボルバーを撃つ綾瀬はるかの華麗なるアクションが炸裂する映画『リボルバー・リリー』をネタバレあらすじ有りでご紹介します。

映画『リボルバー・リリー』の作品情報


(C)2023「リボルバー・リリー」フィルムパートナーズ

【日本公開】
2023年(日本映画)

【原作】
長浦京『リボルバー・リリー』(講談社文庫)

【監督】
行定勲

【脚本】
行定勲、小林達夫

【企画】
紀伊宗之

【キャスト】
綾瀬はるか、長谷川博己、羽村仁成(Go!Go!kids/ジャニーズJr.)、シシド・カフカ、古川琴音、清水尋也、ジェシー、佐藤二朗、吹越満、内田朝陽、板尾創路、橋爪功、石橋蓮司、阿部サダヲ、野村萬斎、豊川悦司、アフロ、鈴木亮平

【作品概要】
ハードボイルド作家・長浦京の代表作である小説『リボルバー・リリー』が原作のアクションサスペンス。監督は『窮鼠はチーズの夢を見る』(2020)『パレード』(2009)『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004)など、さまざまな話題作を送り出してきた行定勲。

「リボルバー・リリー」の異名で恐れられた元諜報員・小曾根百合を綾瀬はるかが演じる他、長谷川博己、羽村仁成(Go!Go!kids/ジャニーズJr.)、シシド・カフカ、古川琴音、清水尋也、ジェシー(SixTONES)、阿部サダヲ、野村萬斎、豊川悦司ら豪華キャストが集結し、鈴木亮平もラストに登場します。

映画『リボルバー・リリー』のあらすじとネタバレ


(C)2023「リボルバー・リリー」フィルムパートナーズ

1924年(大正13年)、東京は関東大震災から1年が過ぎようとしていました。

復興に向かう東京の墨田区にある歓楽街・玉の井。その一角にあるカフェ「ランブル」のオーナー・小曾根百合(綾瀬はるか)は、旧知の人物・筒井国松(石橋蓮司)が犯したとされる細見一家殺人事件が気にかかり、現場である秩父に向かいます。

国松の住まいである小屋には銃撃の痕があり、陸軍の軍人たちが調べていました。何か腑に落ちないものを感じて帰路についた百合は帰りの列車の中で、軍人に追われている少年をみかけて彼を助けました。

少年の名は細見慎太(羽村仁成)。彼は国松が犯人とされた殺人事件の生き残りであり、陸軍の軍人たちが躍起になって捜索をしていた対象でした。

一家殺人事件の当日、細見家には突然軍人たちが訪れ、父である細見欣也(豊川悦司)の行方を尋ねてきました。家族がみな知らないと言うと、「殺れ」の一言で家族や使用人が殺されてしまいました。そして慎太はただ一人、縁の下に隠れ難を逃れたのです。

口数の少ない慎太から少しずつこれまでの話を聞き出した百合。慎太が何かを父・細見欣也から預かって「玉の井の小曾根百合の元へ行け」と言われたことを知ります。

それ以上のことは何も知らない慎太を、冷酷な陸軍はどこまでも追ってきます。百合は愛銃であるS&W M1917リボルバーで陸軍の軍人を返り討ちにし、その射撃の腕前はわざと急所を外して追っ手たちを仕留め切るほどでした。

只者ではない女、小曽根百合。彼女こそ、かつて台湾で特殊な戦闘能力を持ったスパイを養成する「幣原機関」で訓練を受け、「幣原機関の最高傑作」とまで称された諜報員だったのです。

なんとか「ランブル」に辿り着いた百合と慎太。玉の井に出入りする腕利き弁護士・岩見良明(長谷川博己)が慎太に関する事件の調査を始めたところ、彼の父・欣也は軍が保持する重要な国家機密に関わっていたことがわかりました。

特殊な投資の仕方で陸軍の軍資金の一部を自分名義の口座に振り込み、外国の銀行へ預けていた欣也。しかもその銀行とは1年おきに更新が必要な特殊な契約を結ぶ必要があり、更新なされなかった場合は預金は銀行のものになるというものでした。

慎太が父から預かっていたのは、口座と金額が明記された書類でした。彼は書類を大事に腹に巻き付けていたのですが、「ランブル」に到着する寸前、百合の後輩にあたる元諜報員・南始(清水尋也)に奪われてしまいました。

ですが、書類だけでは預金はおろせません。預金をおろすには、慎太の指紋と暗証番号が必要だとわかりました。また暗証番号を解くための暗号文も、慎太が書類を腹に巻き付けていた布に描かれていたのです。

細見家が陸軍に襲われた時、床下に隠れて生き延びた慎太は、近くに住んでいた父の友人・国松の小屋へ行って助けを求めました。そこへ外国へ行ったはずの父が戻ってきて「道が全て封鎖されている」と告げました。

父は慎太に書類を預け、小曾根百合を訪ねるように言います。そして慎太が逃げた後に小屋は陸軍に包囲されてしまい、刃向かった国松は殺され、父・欣也も自害を選びました。その事実は知らない慎太ですが、自分が独りになったことは悟っていました。

岩見は今は弁護士ですが、元海軍出身で暗号解読の知識を身に付けていたことから、布に書かれていた暗号文もなんとか解きました。

暗号文は、ある寺の住所を指し示していました。そこに暗証番号が隠されているのに違いありません。百合と慎太はその寺へ行くことにしました。

銀行の契約更新日まで、あと10日。莫大な資金が消えてしまうかもしれない危機感から、陸軍は躍起になって慎太を探し続けていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『リボルバー・リリー』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『リボルバー・リリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意してください。


(C)2023「リボルバー・リリー」フィルムパートナーズ

小曾根百合は幣原機関にいた時、その長である水野寛蔵と恋愛関係にありました。また水野家には彼に仕える国松と、現在は「ランブル」で働く奈加(シシド・カフカ)もいました。

やがて百合と水野の間には赤ん坊も生まれましたが、組織内での派閥争いによって赤ん坊は命を落としました。そして傷心の百合は「もう人殺しはしたくない」とスパイをやめ、日本へ帰国したのです。

殺し合いはもう御免と思う百合と岩見は、陸軍と海軍の仲の悪さを利用して、海軍に助けを求めることにします。

百合は慎太を連れて寺へ急ぎ、一方の岩見は海軍の山本五十六(阿部サダヲ)のもとへ行こうとしました。しかしその途中で岩見は複数の男たちに囲まれ、拉致されてしまいます。

岩見が連行されたのは、内務省の植村(吹越満)のもとでした。植村はこれ以上国家機密に立ち入るなと忠告しながら、百合の過去についても触れます。

また百合の帰国後、同じくスパイ組織をやめ平和的に国家へ貢献しようとした水野も病死したと告げました……「表向きは」という言葉つきで。実は細見欣也こそが、日本へ帰国したのちに投資家となった水野だったのです。

その頃、寺へと辿り着いた百合と慎太。身分を証明するものを求められた慎太は隠し持っていた家族写真を出しますが、それを垣間見た百合は、顔を知らずにいた細見欣也が水野であったことに初めて気づきました。

寺で見せられた慎太の母の遺骨箱の中に、銀行口座の暗証番号が隠されていました。植村のもとを逃げ出した岩見とうまく合流できた百合ですが、岩見に「慎太の父の秘密を知っていたのね」と尋ねます。

「なぜ、あの人は私にあの子を託したの」……涙ながらに訴える百合を、「この国の未来を背負ったあの子を守れるのは、あなたしかいないと思っていたのでしょう」と岩見は優しく諭します。そして山本五十六のもとへ、慎太の保護を頼みにいきました。

相変わらず追ってくる陸軍の追跡を逃れながら、百合と慎太は約束の時間に山本五十六へ電話をかけて交渉します。「銀行預金の全額を海軍が得る」と「慎太の身柄を保護する」を交換条件に、日比谷の海軍省まで来るようにと指示されました。

陸軍が包囲網を固める中、一切の警護もなしで自力で海軍省まで来い。また慎太だけは保護するが、百合を保護する気はない……あまりに非情な要求に、山本五十六の電話に立ち会っていた岩見は抗議しますが、きいてくれません。

一方、百合と慎太は海軍省へ出向く決意を固めました。行きつけの滝田洋装店で新品の白いドレスに着替えた百合。「あとで春風堂のマロングラッセを食べましょう」と慎太と約束をして出陣します。

百合が海軍省へ電話をかけたことから、陸軍にその動向を嗅ぎつけられてしまい、町のあちこちに陸軍の追っ手が駆けつけていました。百合は拳銃を手に銃撃戦を繰り広げながら、慎太とともに日比谷をめざします。

激しい戦いで百合の真っ白なドレスは真っ赤に染まりますが、それでも百合と慎太は走りました。目指す海軍省の門の前には、1000人近い陸軍勢がバリケードを作り待ち構えていました。

目の前に見えているのに、なんて遠い海軍省! ですが、百合は諦めません。百合と慎太の背後からは、カフェ「ランブル」の仲間たちが援護射撃をしてくれています。山本五十六から拳銃を借りた岩見も駆けつけてくれました。

あちこちを撃たれながらも、百合は慎太に「援護射撃をするからまっすぐ海軍省に走りなさい」と言いました。「あなたは生きなさい」という百合の言葉に背を押され、慎太はなんとか海軍省の門に辿り着きました。

そこには山本五十六をはじめ、海軍の軍人たちが居並んでいました。「帝国海軍に向かって帝国陸軍が発砲するのか」と山本五十六に一喝されて陸軍は撤退し、慎太はそのまま彼に保護されました。

それからしばらく経って、慎太は外国へ留学することになりました。慎太に別れを告げに百合がやってきました。

礼を言う慎太を押しとどめ、百合が差し出したのは春風堂のマロングラッセ。二人でお菓子を食べながら、慎太は「理想の日本にするのを待っててほしい」と百合に伝えました。

場面は変わって、列車の中。

装った百合と岩見が向かい合わせて座っています。百合は相変わらず美しく、凛とした表情で何か考えているようです。岩見は常日頃感じている自分の気持ちを話そうとしましたが、百合に止められます。

百合は「来た」と顔を近づけて、岩見の耳元でささやきます。同時に隣の客車のドアが開き、片目に眼帯をした謎の男(鈴木亮平)が拳銃を手に入ってきました。

素早くバッグから拳銃を取り出し、百合は発砲しました。

映画『リボルバー・リリー』の感想と評価


(C)2023「リボルバー・リリー」フィルムパートナーズ

原作小説との違いは?

映画『リボルバー・リリー』の原作は、長浦京のハードボイルド小説。「幣原機関」なるスパイ組織で訓練された、ズバ抜けた実力を誇る諜報員・小曾根百合が、国家機密に関わる情報を持つ少年を助けるために奮闘します。

映画のストーリーはほとんど原作通りですが、最も大きな違いは、細見欣也が「かつて百合が愛した水野と同一人物」として設定されたこと。

欣也と水野が同一人物として設定されたことで、国松との関わりも分かりやすいものになり、後半のストーリーに重みも出てきました。

拳銃の腕前はもちろん、格闘戦にも優れた百合。人を殺しても何とも思わない冷酷な諜報員と思われがちですが、水野を愛し、自身の子という大切なものを喪ったことで、諜報員を引退したという過去を持っています。

慎太を助けたのも当初は成り行きからでしたが、陸軍に追われる経緯を知り、なおかつ彼の父である欣也の正体を知った後半では、水野の想いが乗り移ったかのように、慎太を救うことに命を懸けます。

最高に強くて美しい。そしてなんとも頼もしい、見事なダークヒロインの誕生となりました。

大正ロマンが漂う作品


(C)2023「リボルバー・リリー」フィルムパートナーズ

物語は1924年(大正13年)の東京から始まります。1912〜1926年の大正時代15年間において、1914年(大正3年)から1918年(大正7年)には第一次世界大戦が起こりました。

第一次世界大戦の5年後にあたる1923年(大正12年)には、関東大震災が。再び混沌とした帝都・東京で、戦時中に諜報員としてその名を馳せた百合は一市民として生きていました。

復興を遂げようとする町の賑わいは作品でも映し出され、「モダンガール」と呼ばれる西洋風のファッションの女性たちも登場。百合もまた、大正ロマンと呼ばれる文化にふさわしいドレスを着こなしています。

水野からの教えでもあった、諜報員時代の百合のモットーは「殺人をする時でも身なりは美しく」。美しいドレスは、百合の戦闘のためのユニフォームと言えます。

そんな百合を演じた、綾瀬はるかの役作りも大変だったことでしょう。特訓の成果と思える、凛とした美しさを身に纏いながら戦う姿、鍛えに鍛えぬいた格闘の技と拳銃の腕前は、みごとなものでした。

奥様は、取り扱い注意』(2021)でもハードなアクションを披露した綾瀬はるかですが、本作での衣装はドレスであるため、とても動きにくかったと言います。

しかし、スカートで隠された太ももにリボルバーをガーターベルトで止めて、早わざで抜いて撃つ様は大胆かつ妖艶! 艶やかなドレス姿で拳銃を撃ちまくるヒロインの姿に脱帽の思いです。

まとめ


(C)2023「リボルバー・リリー」フィルムパートナーズ

行定勲が監督を務め、綾瀬はるかが女性諜報員を熱演する『リボルバー・リリー』をご紹介しました。

主人公の百合が敵として拳銃を撃っていたのは陸軍ですが、本当の意味で“狙い撃ち”したかったのは、権力争いの絶えない軍閥政府と戦争への道を突き進もうとする日本の未来だったのに違いありません

ポスターのキャッチコピー「未来を救う悪になれ」がピタリとハマる、百合の物語でした。

また映画ラストには、鈴木亮平が百合を狙う殺し屋として現れます。一瞬だけの登場でも物凄いインパクトがあり、彼の登場は物語を引き締めていました。

明るい未来を予想させる慎太との別れで終わらないのが、伝説の諜報員「リボルバー・リリー」らしいラストとも言えます




関連記事

アクション映画

映画『ナイスガイズ!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『ナイスガイズ!』は、今、乗りに乗っているライアン・ゴズリングと演技派、ラッセル・クロウががっちりタッグを組んだアクションコメディーです。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは …

アクション映画

映画『狂獣 欲望の海域』ネタバレ感想。結末まで嵐の海でマックス・チャンら大暴れ!

今、最も旬なアクションスターと呼ばれるマックス・チャン、ショーン・ユー、ウー・ユエの3人が共演を見せ大激突! 金塊を巡る男たちのバトルロワイヤルで生き残るのは誰だ⁈ 『ドラゴン×マッハ!』のスタッフが …

アクション映画

【映画ネタバレ】ダイ・ハード5 ラスト・デイ|あらすじ感想と結末の評価解説。ブルース・ウィリス代表作の最後を飾る“父子タッグ”の戦い

「運の悪さは、遺伝する」 ブルース・ウィリス代表作のラストを飾るシリーズ第5弾! 2022年に引退を発表したブルース・ウィリスの代表作である「ダイ・ハード」シリーズ。そのシリーズ第5弾にあたる映画が、 …

アクション映画

映画『沈黙の戦艦』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。スティーヴン・セガールがケーキから飛び出した美女を相棒にシージャック犯に挑む!

最強コックが巨大戦艦ミズーリ号をジャックしたテロリスト集団と戦うサスペンスアクション! 『逃亡者』(1993)『ダイヤルM』(1998)『穴/Holes』(2003)などを手掛けたアンドリュー・デイビ …

アクション映画

映画『少林サッカー』ネタバレあらすじと感想。チャウシンチーが放つアクションコメディ!

少林拳+サッカーのハチャメチャスポーツアクション! 香港映画界の“喜劇王”、チャウ・シンチーによる痛快無比サッカー。 サッカー、カンフーアクション、ギャグをミックスした娯楽作『少林サッカー』の登場です …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学