Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『スパイの妻』ネタバレ結末とラストの考察解説。国家機密知った夫が危険な愛を貫く“夫婦愛のミステリー”

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

第二次世界大戦中の1940年を舞台に、国家機密を知ってしまった優作と、優作を信じ「スパイの妻」として生きる事を決意した、妻の聡子のドラマを描いた映画『スパイの妻』

『CURE』(1997年)や『回路』(2001年)などで、世界的にも多くのファンを持つ黒沢清監督が、歴史の闇に初めて挑んだ本作は、「第77回ヴェネツィア国際映画祭」で監督賞にあたる「銀獅子賞」を獲得した事でも話題になっています。

重い時代背景とテーマを背負いながら、最高の娯楽作に仕上がっている、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『スパイの妻』の作品情報


(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
【公開】
2020年公開(日本映画)

【監督・脚本】
黒沢清

【脚本】
濱口竜介、野原位

【キャスト】
蒼井優、高橋一生、坂東龍汰、みのすけ、玄理、東出昌大、笹野高史

【作品概要】]
2020年6月に、NHKBS8Kで放送されたドラマを、スクリーンサイズや色調を新たにし、劇場版として再編集した作品。

軍国主義へと向かっていく1940年の日本を舞台に、国家機密を知った事で反逆を企てる優作と、その優作と共に生きる決心をした妻の聡子を描いミステリー。

『寝ても覚めても』(2018年)の監督、濱口竜介と『ハッピーアワー』(2015年)の脚本を担当した野原位が、恩師の黒沢清と共同で、重厚な脚本を完成させました。

主人公の聡子を『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)で映画デビュー後、『フラガール』(2006年)『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)などで数々の賞を受賞している蒼井優。

聡子の夫である優作を、舞台を中心に活躍後、『空飛ぶタイヤ』『嘘を愛する女』『億男』(全て2018年)での演技が評価され「第31回日刊スポーツ映画大賞助演男優賞」を受賞するなど、舞台や映像作品で幅広く活躍している高橋一生。

共演に東出昌大や坂東龍太など、若手の実力派俳優が、印象的な役柄で出演しています。

映画『スパイの妻』のあらすじとネタバレ


(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
1940年の日本。

日独伊の三国同盟が締結され、日本にも戦争の足音が近づいていた時代。

福原優作は、貿易商を営んでおり、神戸で裕福な暮らしをしていました。

そこへ、憲兵部隊の隊長に任命され、神戸へ派遣されてきた津森泰治が訪ねて来ます。

泰治は優作の妻、聡子の幼馴染で、面識のある優作は泰治を迎えますが、泰治の表情は険しいままです。

実は優作の友人で、生糸の商人であるドラモンドが、諜報部員の容疑をかけられ逮捕されていました。

泰治は、優作に「人付き合いを改めるように」忠告しますが、優作は真面目には受け入れずに笑い飛ばします。

豪邸で、裕福な暮らしを送る優作は、聡子と、優作の貿易会社で働く、甥の竹下文雄と共に、趣味で映画を製作していました。

聡子は何不自由なく、幸せな毎日を送っていましたが、優作から、2週間満州に渡る事を報告されます。

優作は、取引相手である野崎医師から依頼された薬品を入手する為、物価が安い満州へ渡る目的がありますが、優作には「本当に危なくなる前に、満州を実際に見てみたい」という想いもありました。

満州で映画撮影を行う為、文雄も連れて、優作は神戸港から満州に渡ります。

その数日後、聡子は優作からの電報を受け取り、帰国が遅れる事を知ります。

優作の留守中に、聡子は泰治と再会します。

泰治は、西洋の文化を好む優作と聡子の生活を危惧し「あなた達には普通の生活が、世間からは非難の対象になる」と忠告をします。

2週間後

満州から帰国した優作と文雄を出迎えた聡子は、2人の無事を知り安堵しますが、優作は一緒に帰国した女性に、何か目で合図を送っている様子でした。

優作の帰国後に開催された、優作の貿易会社での忘年会。

優作が撮影した映画が上映され盛り上がった後に、文雄が突然、貿易会社を退社し、小説家になる事を報告します。

文雄は、有馬の旅館「たちばな」に篭り、小説を執筆するという事でした。

文雄の退職を知らなかった聡子は驚きますが、さらに忘年会終わりに、優作からアメリカへ渡る相談をされ、聡子は戸惑います。

数日後、有馬の旅館「たちばな」の近くで、女性の水死体が発見されます。

聡子は泰治に呼び出され、有馬で発見された水死体は、草壁弘子という女性で、優作が満州から連れ帰った女性である事を聞かされます。

さらに、弘子を「たちばな」で雇うように頼み込んだのは優作だった為、憲兵隊により容疑をかけられていました。

憲兵隊の調べにより、優作の潔白は証明されますが、同じ「たちばな」に宿泊している文雄には、容疑がかけられたままでした。

泰治から受けた取り調べを終え、帰宅した聡子は、夕食の席で弘子の事を優作に問いただします。

優作は、弘子と関りがある事を否定しませんでしたが、優作と文雄が抱える秘密について、何も語りません。

これまで、心から愛していた優作の急変した様子に、聡子は疑念を抱くようになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スパイの妻』ネタバレ・結末の記載がございます。『スパイの妻』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I

聡子は、旅館「たちばな」に篭っている文雄を訪ねます。

文雄は「あなたは、何も知らない」と聡子を最初は拒絶しますが、突然、茶色の封筒を聡子に渡します。

聡子は文雄に、封筒の中身は見ないまま、優作に封筒を届けるように伝えられます。

文雄は憲兵に容疑をかけられ、常に見張られている状況となり、封筒を聡子に託したのです。

聡子は貿易会社を訪ね、優作に封筒を渡そうとしますが、代わりに真実を語る事を条件にします。

優作が目にした、満州での真実。

医薬品を入手する為に、関東軍の研究施設を訪れた優作は、ペストによる死体の山を目撃しました。

優作は、満州で看護師をしており、軍医の愛人だった弘子から、関東軍が細菌兵器の実験をしており、その人体実験で次々に人が死亡しているという話を聞きます。

優作は、人体実験の詳細が書かれたノートを入手しており、それを文雄に英訳させていました。

その資料を使い、関東軍の人体実験の真実を、国際政治の場で発表しようとしていたのです。

日本国家にとって不利益になる情報を発表する事は、国家に反逆する事と同じ。

聡子は優作を止めますが、優作は「日本国家の正義ではなく、絶対的な正義を選択する」と聡子に伝えます。

気持ちの整理がつかない聡子は、その場を立ち去ります。

数日後、聡子は優作の貿易会社の地下室に行き、金庫に隠してあったノートとフィルムを持ち出します。

帰宅した聡子は、フィルムを映写機にかけて、流れる映像に衝撃を受けます。

次の日、聡子は泰治を訪ね、人体実験の詳細が書かれているノートを渡します。

ノートが憲兵に渡った事で、文雄は憲兵に捕まり拷問にかけられます。

さらに、優作も憲兵に捕まりますが、文雄が「全て自分が1人でやった事」と優作の名を出さなかった事と、亡くなった弘子は旅館の主人の犯行である事が判明した為、優作の容疑が晴れます。

ですが、泰治はノートを持ってきたのが聡子である事を伝え「自分は、あの人を不幸にしたくない」と語ります。

激怒した優作は、帰宅後に聡子を責めます。

ですが、聡子は泰治に渡したノートとは別に、英訳した方の人体実験に関する資料は残していました。

これと、優作が保管していた、関東軍の人体実験の様子が記録された映像を使えば、国際政治の場で発表するのに有力な証拠となります。

さらに、優作は弘子から預かった、もう一つの映像記録がある事を聡子に伝え「ドラモンドに保管してもらっていたが、記録映像と引き換えに大金を要求してきた」と語ります。

日本への経済制裁である「ABCD包囲網」が張られた事で、告発の為にアメリカへ渡る方法は、亡命しか残っていません。

聡子は優作と共に、亡命の準備を進め、ドラモンドへ渡す為の、金品を準備していきます。

亡命の準備を進める中で、聡子は自分が優作の役に立っている事を実感し、喜びを感じます。

優作は亡命するにあたり、危険回避の為、2手に分かれてアメリカに亡命する事を提案します。

聡子は記録映像を持ってアメリカ行きの渡航戦に乗り、優作は人体実験の資料を持ち、別ルートでドラモンがいる上海を訪ね、その後にアメリカで合流するという計画です。

当初は、優作と離れる事を嫌がる聡子でしたが、優作に説得され了承します。

そして迎えた、亡命の決行日。

優作と別れた聡子は、アメリカへ渡る為に船の貨物に隠れますが、乗り込んできた憲兵に捕まります。

聡子は泰治の取り調べを受けますが、そこにいたのは過去の優しかった泰治ではなく、国家への反逆者は誰も許さない、冷徹な憲兵でした。

泰治からは「匿名の文書が届き、聡子が密航する事が分かった」と聞かされます。

聡子は持っていた記録映像を見て「関東軍がいかに残酷かを判断してほしい」と望み、それを受け入れた泰治は、記録映像を流します。

しかし、そこに映し出されたのは、優作が趣味で撮影した映画でした。

優作に騙された事に気付いた聡子は、発狂しその場に倒れます。

1945年

日本は度重なる空襲で、敗戦の空気が濃厚でした。

聡子は、発狂したことから軍の病院に入院させられており、周囲からも警戒される存在になっていました。

そこへ、野崎医師が訪ねて来て、聡子が退院できるよう交渉しようとしますが、聡子は「ここにいる事を、自分で納得している」と野崎医師の提案を拒否します。

さらに野崎医師から、優作が乗っていたとされるアメリカ行きの船が、日本軍の潜水艦に破壊された事を聞かされます。

その夜、神戸大空襲が起き、病院内は混乱状態になります。

病院から抜け出した聡子は、日本の敗戦を確信し、心からの叫び声をあげるのでした。

スポンサーリンク

映画『スパイの妻』感想と評価


(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
太平洋戦争直前の1940年を舞台に、絶対的な正義を信じた優作と、その優作を心から愛した妻、聡子のドラマを描いた映画『スパイの妻』。

1939年に第二次世界大戦が始まった事から、混乱を極めた日本国内で、優作への愛を貫こうとする聡子の物語ですが、本作は純粋な恋愛の物語ではなく、嘘が交差するミステリーとなっています。

物語が進むにつれて、劇中で聡子の立ち位置が変化していく事が特徴で、作品序盤では、貿易商社で成功した優作の妻として、不自由の無い暮らしを送っています。

ですが、優作が満州から帰って以降、何かを隠している様子を見せるようになり、これまで「優作を愛する妻」だった聡子は、「優作に疑念を抱く妻」へ立ち位置が変化します。

そして、優作から満州における関東軍の人体実体験の事実を聞かされた聡子は、売国奴になる優作に反抗し、大事な証拠を憲兵隊の泰治に渡してしまいます。

しかし、それは憲兵隊すらも騙す嘘で、この時から聡子は「スパイの妻」になる覚悟が出来ていた事になります。

聡子が「スパイの妻」として生きる事を決意したのは、優作が満州から持ち帰った、関東軍の人体実験映像を見た事で、優作の正義を信じたからです。

作品前半では、聡子は上品な雰囲気で、世間知らずな印象すら受ける女性でしたが、「スパイの妻」になる覚悟を持って以降、したたかで計算高い部分を見せるようになります。

憲兵隊すらも騙した事により、優作の甥である文雄が犠牲になってしまいますが、聡子は「大義の前には仕方のない事」と捉えます。

作中でも、聡子は「死ぬのは怖くない、あなたと離れる事が怖い」と語っており、聡子は優作を守る事を優先するようになり、危険とも言える強い愛情を見せます。

優作とアメリカへ亡命する準備をしている場面で、優作の役に立っている事を心から喜ぶ聡子が印象的です。

だからこそ、優作に裏切られたとも取れるクライマックスの展開は、本当に衝撃的です。

これまで、聡子の強い愛を感じていた観客からすると、残酷な仕打ちにしか見えません。

ですが、この作品は、ここから観客すらも騙しにきているのです。

聡子が優作に裏切られ、発狂した場面の後に、小さな船に乗り手を振りながら遠ざかっていく優作の場面が入る為、聡子を利用して優作1人が逃げたと感じる人も多いでしょう。

匿名の人物からの通報があった事で、憲兵隊は聡子の密航に気付くのですが、この匿名の人物は間違いなく優作です。

聡子に憲兵隊を集中させ、自身がその間に日本を離れる計画だったと考えて間違いありません。

しかし、聡子が持っていた記録映像が、優作が趣味で撮影した映像にすり替えられていた事から、優作は聡子が国家反逆により死罪にならないように、あらかじめ配慮していたのでしょう。

また、優作は「アメリカと戦争になれば、日本は負ける」と言っている為、もし聡子があのまま豪邸に住んでいたとしても、今までの通りの暮らし、聡子が作中で言う「幸福な暮らし」は叶いませんでした。

それなら、逆に軍に収容された方が、安全だという考え方もあります。

つまり優作の嘘は、聡子を戦争の危機から守る為だったと、受け取れます。

聡子は、優作に映像をすり替えられた事を知った直後に、発狂したふりをします。

優作が仕掛けた嘘の真意を、瞬時に見抜いたのではないでしょうか?

作品のラストで、優作の死亡報告書が1946年に作成されますが、それは捏造の可能性があると説明されます。

そして、聡子はアメリカへ渡った事が報告され、映画は終了します。

長年「スパイの妻」として嘘をつき続けた聡子は、アメリカに渡り優作と再会できたのでしょうか?

聡子と優作の嘘に、最後まで煙にまかれたような本作ですが、夫婦の事は2人にしか分かりません。

そういった意味でも、本作は間違いなく「夫婦の愛」を描いた作品と言えます。

まとめ


(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I
本作はフィクションなのですが、スパイを摘発する為に憲兵隊が作られたのも事実ですし、満州で、通称「731部隊」による人体実験が行われたのも事実です。

作中に登場する人体実験の記録映像は、黒沢監督が撮影したものですが、そういった映像を「見た」という証言も実際にあるようです。

1940年という、日本が戦争により混乱し、軍部が暴走を始めたとも言える時代背景を、本作は史実を取り入れる事で、作品内に当時の日本の空気を反映させています。

戦争により様変わりする、日本の姿を象徴するのが、憲兵隊の隊長となった泰治です。

作品の序盤では穏やかで、聡子と優作を心配する様子すら見せていた泰治は、後半では国家の為に動く、情け容赦のない人間として描かれています。

当時としては、泰治の考えが常識的で、聡子と優作は、国家に損失を与える反逆者となります。

そんな時代背景の中でも、自身の幸せを追い求めようとした聡子の姿は力強く、黒沢監督も「個人が幸福を求めていくと、必ず壁に激突し、そこに緊張や葛藤が生まれる」と語っています。

『スパイの妻』は、太平洋戦争の是非を問う作品ではなく、どんな状況下でも幸せを追い求める人間ドラマであり、観客すらも煙にまく極上のミステリー作品でもあり、一言で表現すると最高の娯楽作品です。

「現代劇」ではなく「時代劇」で、原作もなく実話でもない、オリジナルの企画による、こういった見応えのある娯楽作品が誕生したというのは、今後の邦画において、かなり意味のある事ではないでしょうか?

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『グラントリノ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【クリントイーストウッド代表作】

孤独な老人と人生に迷う少年。2人の出会いが生んだ感動の物語。 クリント・イーストウッドの最高到達点『グラン・トリノ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『グラン・トリノ』の作品情報 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドリームガールズ』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

地方のアマチュア音楽グループがトップスターになるまでの道のり、そして、栄光と挫折、また友情と再起をかけた音楽業界の表と裏。 ギュッと詰め込んだスピーディーな130分は、時間を短いと思わせるほどの隙のな …

ヒューマンドラマ映画

感動と涙のおすすめ映画『ミッドナイトスワン』【ネタバレあり】結末ラストこそ、日々の生活で生きづらさを感じた人に見て欲しい!

朝がくれば白鳥に戻ってしまう。 呪いをかけられた悲しいお姫様たちの物語。 トランスジェンダーで女性として生きる凪沙(なぎさ)と、母親に育児放棄された少女一果(いちか)の、血のつながりを超えた親子愛を描 …

ヒューマンドラマ映画

映画『シンク・オア・スイム』感想と評価。実在するチームをもとに【イチかバチか俺たちの夢】をかけたオッサンが華麗に舞う!?

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 映画『ウォーターボーイズ』のヒット以降、日本では劇的に認知度が非常に高まった“男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブラック校則』あらすじネタバレと感想。佐藤勝利×高橋海人らキャストによるドラマと連動する青春劇

映画『ブラック校則』は2019年11月1日(金)より全国ロードショー公開! テレビドラマ×ネット配信ドラマ×映画がクロスオーバーする形で展開される青春映画『ブラック校則』。 主演には人気アイドルグルー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP