Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/08/16
Update

映画『ドッグマン』結末までのネタバレあらすじと考察。暴力に支配された男が選ぶ奇妙な末路

  • Writer :
  • 松平光冬

不条理な道に足を踏み入れた男が選んだ、衝撃にして奇妙な結末とは――

イタリアの鬼才、マッテオ・ガローネ監督による映画『ドッグマン』が、2019年8月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国ロードショーされます。

ローマで実際に起こった殺人事件をベースに、人間の不条理や社会の闇を鋭く描いた本作は、カンヌ国際映画祭にて主演男優賞を受賞するなど、高く評価されました。

スポンサーリンク

映画『ドッグマン』の作品情報


(C) 2018 Archimede srl – Le Pacte sas

【日本公開】
2019年(イタリア映画)

【原題】
Dogman

【監督・脚本】
マッテオ・ガローネ

【キャスト】
マルチェロ・フォンテ、エドアルド・ペッシェ、アリダ・バルダリ・カラブリア、アダモ・ディオニージ

【作品概要】
イタリアの寂れた町で犬のトリマーをしていた男が、一人の友人によって大きく運命を変えられていく様を描きます。『ゴモラ』(2008)、『リアリティー』(2012)で、カンヌ国際映画祭の審査員特別グランプリに2度輝いたマッテオ・ガローネ監督が、1988年にローマで実際に起こったという殺人事件をベースに映画化。

本作で主演に抜擢されたマルチェロ・フォンテが、第71回カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞したほか、優秀な演技をした犬に贈られる同映画祭のパルム・ドッグ賞も受賞。また、イタリアのアカデミー賞と呼ばれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞でも、最多の9部門を受賞しています。

映画『ドッグマン』のあらすじとネタバレ

(C) 2018 Archimede srl – Le Pacte sas

イタリアの寂れた海辺の田舎町で、「ドッグマン」という名のトリミングサロンを経営する男マルチェロは、質素な生活を送りながらも、友人たちとフットサルに興じたり、別れた妻に引き取られた娘のアリダと会う時間を楽しんでいました。

その一方で、マルチェロは粗暴な性格で町中の嫌われ者となっている男シモーネの言いなりとなり、コカインの入手や、住居侵入して窃盗する際の運転手をさせられています。

シモーヌが侵入した家の犬を冷凍庫に放り込んだと聞かされると、ひとり家に入って犬を救出するなど、心優しい性格を持つマルチェロ。

そんな性格からシモーヌとの関係を断ち切れないばかりか、コカインを奪った相手にシモーヌが撃たれても助けたり、一緒にクラブに行って快楽に溺れるのでした。

日々のシモーヌの暴走に手を焼いた、マルチェロの店の隣で質屋を経営するフランコを含む仲間たちが密かに彼を殺害しようと画策していた矢先の夜、シモーヌがマルチェロの前に現れます。

マルチェロの店の壁を破ってフランコの店に侵入し、金を奪おうと企てるシモーヌ。

分け前はやると言われるもマルチェロは必死に拒否しますが、力任せに脅され、店のカギを渡してしまうのでした。

後日の朝、マルチェロが店に向かうとフランコの店は荒されており、周囲には警察が。

犯人はマルチェロの店から侵入したとして、事情聴取として警察に連行されるマルチェロ。

シモーネが真犯人と断定する警察は、マルチェロに全てを白状すれば罪には問わないと告げるも、彼は拒否するのでした。

(C) 2018 Archimede srl – Le Pacte sas

それから1年後、シモーヌの代わりに服役したマルチェロが出所してきます。

店はすっかり廃れ、フランコたち友人からの信頼も失い、冷たい視線を浴びることとなってしまいます。

それでも、逮捕前と変わらず接してくれる娘アリダのためにも、店舗スペースを活用したドッグホテルを開業し、再起を図ろうとするマルチェロ。

そんな中、マルチェロは町中をバイクで駆けまわるシモーヌを見かけ、1年前に盗んだ金の分け前を貰おうと彼を訪ねます。

ところが、にべもなくシモーヌに拒否され、怒りのあまり、彼のバイクに傷をつけて逃走するのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドッグマン』ネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

翌日、当然のようにシモーヌに半殺しの目に遭うマルチェロ。

顔が傷だらけになりながらも、アリダとスキューバダイビングを楽しんだマルチェロの目には、期するものがありました。

夜、シモーヌの元を訪れたマルチェロは、お詫びとして純度の高いコカインを差し出し、ご機嫌を取ります。

さらに、「これから自分の店でコカインの取引をするから、その相手を襲えばタダで手に入る」と告げ、揃って店へと向かいます。

マルチェロは、シモーヌに犬の檻に身を潜めてもらい、取引相手を背後から襲えばいいと、彼を半ば強引に檻の中に入れカギをかけます。

「これまでしてきたことを謝れば檻から出す」とマルチェロは言いますが、檻を破壊する勢いで暴れるシモーヌに怯え、衝動的に工具で殴って気絶させます。

それでも意識を取り戻し、手足を縛られながらもマルチェロを捕えて絞め殺そうとするシモーヌ。

マルチェロは苦しみながらも、犬を拘束する鎖を使って、逆にシモーヌを窒息死させます。

夜が明け、シモーヌの死体を草むらまで運び火をつけたマルチェロは、近くでフットサルをしている友人たちの声を聞き、その場に向かいます。

そして、「みんな、ついに厄介者のシモーヌをやっつけたぞ!」と絶叫しますが、誰もその声に気づきません。

そこでマルチェロは死体のある場に戻って火を消し、剥き出し状態のシモーヌを抱えて友人たちの元に向かいますが、彼らの姿はありません。

マルチェロが見たのは幻だったのか?

広場まで死体を運び、虚空を見つめながら茫然と立ちつくすマルチェロ。

傍らには、ペットの犬が片時も離れることなく佇んでいました――

スポンサーリンク

映画『ドッグマン』の感想と評価

強烈な存在感を放つ主演俳優マルチェロ・フォンテ

参考:マルチェロ・フォンテの公式ツイッター

本作『ドッグマン』で一番のポイントは、なんと言っても主役を演じたマルチェロ・フォンテの圧倒的存在感です。

『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)でのエキストラや、『悪霊喰』(2003)での端役など、これまで目立った役がほとんどないフォンテですが、見るからに虚弱体質な彼の風体は、まさに本作で主人公を演じるために俳優になったともいえます。

撮影前に、フォンテはドッグトレーナーとトリマーの修業を積み、撮影開始以降は、観客に心理を悟らせない人物にしようと、マッテオ・ガローネ監督の指示でウィスキーを飲んで演じたとか。

本作の演技でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞し、拍手喝さいを浴びたフォンテは、予期せず栄冠に戸惑いつつも、「皆さんの拍手からは、家族のような温かさや居心地の良さを感じます」と感謝の意を述べました。

参考映像:カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した際のマルチェロ・フォンテ

自ら撒いた“不条理の”種を刈り取るダビデ

(C) 2018 Archimede srl – Le Pacte sas

マッテオ・ガローネ監督は、主演のフォンテにサイレント映画の喜劇俳優バスター・キートンを重ねたと語り、フォンテ自身も好きな俳優の一人にキートンを挙げています。

監督の言葉どおり、小柄で大きな目を持つフェンテはどことなくキートンを連想させますし、そもそも小男と大男の関係性を描いた本作も、『デブの舞台裏』(1919)や『キートンの華麗なる一族』(1922)といった、小柄なキートンが大男と対決する作品を思わせます。

ただ、本作の主人公マルチェロが巻き込まれる不幸は、シモーヌの支配に逆らえなかったとはいえ、欲に目がくらんだ結果が招いたもの。

だからこそマルチェロは、自分でまいた“不条理な”種を、自分で刈ろうとします。

旧約聖書「サムエル記」で、ひ弱なダビデが巨人ゴリアテに小石で立ち向かうように、マルチェロはデカい狂犬シモーヌを手なずけようと、知恵とコカインを用います。

道こそ大きく踏み外してしまったかもしれませんが、彼はそこでようやく独り立ちするのです。

まとめ

(C) 2018 Archimede srl – Le Pacte sas

タイトルの『ドッグマン』には、「主人と犬の主従関係」といった意味合いがあります。

まさに、マルチェロが飼い犬でシモーネが飼い主の関係になるわけですが、そこから生じる選択がどのような結果をもたらすのか。

どんな善良な人間でも、選択によってとんでもない事態に巻き込まれていくという不安や怖さを、本作はいかんなく提示します。

マルチェロが踏み入れる人生の不条理は、実は全ての人に起こり得ること。

人は生まれながらにして、ドッグマンなのです。

『ドッグマン』は、2019年8月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『負け犬の美学』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

そんな父の姿を慕って応援する娘、そしてぶつかりながらも父娘を見守る母。 愛する家族と娘の夢のために、負けっぱなしの父親が最後の大勝負のリングに上がり、伝えたかった真の思いとは?。 自らの信念を貫く一人 …

ヒューマンドラマ映画

映画『水を抱く女』感想評価と内容解説。ラスト結末のどんでん返しに注目!ウンディーネの意味の考察や“その愛の形”を解く

映画『水を抱く女』は2021年3月26日(金)より全国順次ロードショー! 「水」で始まる出会い、そして別れから「愛」の一つの側面を描いた映画『水を抱く女』。 スイスの医師、錬金術師パラケルススが説く四 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダー 君は太陽』あらすじとキャスト。天才子役ジェイコブ・トレンブレイ出演

映画『ワンダー 君は太陽』は、2018年6月15日TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。 ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリスト第1位を記録し、全世界800万部突破の小説「ワンダー」を『ルーム』で …

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・サンシャイン』あらすじネタバレと感想。ハル・ベリー&ダニエル・クレイグ出演作のタイトルに込められた意味とは

映画『マイ・サンシャイン』は、アメリカ史に刻まれるLA暴動の最中にある、市井に住む普通の家族の生活を描きます。 「007」シリーズでボンドガールを務めたハル・ベリーと、ジェームズ・ボンド役で知られるダ …

ヒューマンドラマ映画

國村隼が映画『十年』で子役の大川星哉らと共演「いたずら同盟」感想レビュー【十年Ten Years Japan】

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開! 是枝裕和監督が才能を認めた5人の新鋭監督達が描く、十年後の日本の姿がここにあり …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学