Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

【ネタバレ】夏へのトンネル、さよならの出口|あらすじ結末感想と評価解説。原作とのちがいを交えてミステリアスな2人の物語を読み解く

  • Writer :
  • さくらきょうこ

ボーイミーツガール&ジュブナイルSF映画『夏へのトンネル、さよならの出口』

「ウラシマトンネルって知ってる?」

そのトンネルに入れば欲しいものが手に入る代わりに年をとってしまうという、都市伝説のようなうわさ話から物語は始まります。

原作は第13回小学館ライトノベル大賞で「ガガガ賞」と「審査員特別賞」をW受賞した八目迷のデビュー小説。

作者へのインタビューによると、この小説を書くにあたって映画『インターステラー』(2014年)の「ミラー博士の星」から着想を得たと言います。

また、『時をかける少女』や『ほしのこえ』などが好きだという八目。この映画『夏へのトンネル、さよならの出口』では、原作以上にその『ほしのこえ』へのオマージュともいえるような表現があり、スマホではなくガラケーの時代がなつかしく思い起こされます

スポンサーリンク

映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の作品情報

(C)2022 八目迷・小学館/映画「夏へのトンネル、さよならの出口」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
田口智久

【製作】
CLAP

【キャスト】
鈴鹿央士、飯豊まりえ、畠中祐、小宮有紗、照井春佳、小山力也、小林星蘭ほか

【作品概要】
悩める“高校二年の夏”をノスタルジックに描きだした『夏へのトンネル、さよならの出口』。

『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』(2020年)などで知られる田口智久が脚本・監督を務め、原作に登場する人物の中からメイン2人のエピソードを構成しました。

製作は『映画大好きポンポさん』(2021年)のCLAP、作品を彩る美術は「かくしごと」や「のんのんびより」などを手掛けた草薙が担当。

映画『夏へのトンネル、さよならの出口』のあらすじとネタバレ

(C)2022 八目迷・小学館/映画「夏へのトンネル、さよならの出口」製作委員会

「ウラシマトンネルって知ってる?そこに入ったらほしいものが何でも手に入るの。だけど代わりに、100歳年をとっちゃうんだって!」

クラスでそんなうわさ話を耳にした塔野カオルは、降り出した雨にビニール傘を開き、ひとり下校の途につきます。香崎駅までやってくると、電車が鹿と接触して30分程度遅れるとのアナウンス。ここではよくあることです。

ホームのベンチに見慣れない女子高生がずぶ濡れで座っています。話しかけようか逡巡していると、「ジロジロ見て気持ちわるい」と言われてしまいます。

「親が心配するよ」と塔野が傘を貸そうとすると親はいないという彼女。反射的に「それはよかった」と塔野は答えてしまいハッとします。すると彼女は傘を借りると言い、ちゃんと返すから、とふたりは携帯電話で連絡先を交換します。

翌日、塔野のクラスに転校生がやってきました。花城あんず、昨日傘を貸した彼女でした。花城は塔野に傘のことで話しかけますが、それ以外の同級生からの質問には一切答えずずっとひとりで本を読んでいます。

クラスの女王様的存在の川崎小春が花城につっかかり、彼女が読んでいた古いマンガを取り上げてわざと床に落とします。すると花城は「ケンカ売ってる?」と言って立ち上がると川崎の顔面を躊躇せず殴り、川崎は鼻血を出して倒れてしまいました。

夜、自室で塔野は音楽プレーヤーからイヤホンで音楽を聴いています。すると階下で父の暴れる音が聞こえてきました。妹のカレンが木から落ちて亡くなったあと母親が蒸発し、いまこの家には父と息子しかいません。

酒に溺れるようになった父は、心配して下りてきた息子に向かって「お前のせいでカレンは死んだ。返せ。お前の命と引き換えにして…」と言い、音楽プレーヤーを取り上げると投げて壊してしまいました。

塔野はたまらず家を飛び出し走り続けます。踏切まで来るとそのまま線路の上を歩き始め、やがて接近してきた電車を避けようと斜面を転がり落ちてしまいます。

茂みを歩いていると、池の先に洞窟のような三角形のトンネルがありました。中に赤い光が見え、塔野は吸い込まれるように進んでいきます。

しばらく行くと鳥居があり、その先は幹がクリスタルのように輝く真っ赤な紅葉の並木が続いています。戻ろうと思ったその瞬間、水面に何かが浮かんでいるのが見えました。

それは古い女児用のサンダルで裏に「カレン」と書かれています。紛れもなくそれは亡くなった妹のものでした。

塔野がさらにトンネルを進んでいくと、一羽のインコが飛んできました。それは人間に教えられた歌を歌おうとしており、塔野がカレンといっしょに飼っていたインコのキィにそっくりですが、キィは既に死んでいます。

(ウラシマトンネル?)。そう思った塔野はインコをつかんだまま急いで引き返します。音をたてないように自室に戻った塔野は、空っぽだった鳥かごにインコを入れるとつまずいて大きな音を出してしまいます。

一階から父親があがってきていきなり抱きつくと、「よかった!」と息子の帰宅を喜び、一週間もどこに行ってたんだと言ってきました。

わけもわからず散歩だと答えると、父はそれ以上詮索せず下りていきました。塔野が携帯電話を確認すると、唯一の友だちである加賀から何本もの心配のメッセージが、そして花城からも傘を返したいのに学校に来ない塔野に対して不満そうなメッセージが入っていました。

翌日、一週間ぶりに登校した塔野は加賀に適当なウソをつき、放課後はひとりで再びウラシマトンネルに向かいます。

たった数分で一週間が経ってしまったこのトンネルについて調べるつもりなのです。中と外でどれだけ時間のズレがあるか、おそらくその境界線はあの鳥居でそこから奥に入っては戻るということを試す塔野。

鳥居を過ぎて引き返そうとしたとき、突然うしろから「何、ここ?」と声がしました。そこにいたのは花城です。とりあえずあわてて花城を外に連れ出すと、外では既に5時間が経過していました。

「説明して」と命令する花城に塔野は観念し、正直にトンネルについて話しました。ほしいものが手に入るかどうかわからないが確信は得た、と。すると花城は2人で協力しようと言い出します。どうやら彼女にもほしいものがあるようです。

次の日の放課後、2人はトンネルの中と外で通話しながら進み、途切れたら戻って時間のズレを調べる実験を始めます。それにより中での3秒は外での2時間だということが判明しました。

その翌日はトンネルの出口をさがそうと2人で山を登りますが、それは無謀な挑戦であきらめざるを得ませんでした。

その後は塔野の家にインコを見に来たり、図書館で地元の伝説を調べたり、と加賀に「つき合ってる?」と言われるほど2人はともに時間を過ごすようになっていました。

今度は、中からの外に向けてのメールが届くかという実験をする2人。境界線より奥に入った塔野がその外側にいる花城にメールを送り振り返ると、残像のようにちょこまかと動き回る花城の姿が見え、うずくまって動かない彼女を心配して出てみると7時間が経っていました。

実験にはまとまった時間が必要なため、次は7月の3連休に行うことに決めた2人。それでも往復で108秒しか使えないのです。

実験とは関係なく、花城の発案で2人は水族館デートをすることになりました。好きとかそういうのじゃないけど塔野のことを気に入ってるという花城は、共同戦線の相手としてコミュニケーションをとっておきたいのだと言います。

塔野は「この世界にカレンをもう一度取り戻したい」と語り、そんな自分のことが怖くないかとたずねますが、花城は「全然」と答えました。

いよいよ3連休。2人は54秒で折り返す段取りを確認し、よーいドンで走り出します。もうすぐ折返し時間というところで、トンネルの奥から紙の束が飛んできました。それはマンガの原稿のようです。

水面に散らばるそれらを必死で拾い始める花城にすぐ引き返すよう叫びますが、全部拾うから先に戻って、と言うことを聞きません。

既に時間は1分を超えており、塔野もいっしょに拾って急いで戻ると2分8秒が経過していました。時刻は朝の4時。今さら家に帰れないと塔野が困っていると「うちくる?」と花城。

花城がひとり暮らしをしているマンションはもとは彼女のおじさんが住んでいて、実家に帰るので彼女が住むことになったそうです。

彼女の部屋の本棚にはたくさんの本やマンガがあり、その中には彼女の祖父と思われる人物のマンガもありました。そして机の上の状況や、隠すように置いてあったマンガの原稿から塔野は花城がマンガを描いているという答えを導き出し、そのことを彼女にたずねてみました。

彼女は祖父が売れないマンガ家だったこと、そんな祖父が大好きだったが、彼女の両親は自分たちに借金してまで描き続ける祖父のことをよく思っていなかったこと、そしてマンガ家になりたいと言い出した彼女を持てあましこんな田舎に“島流し”したことなどを話してくれました。

祖父のマンガがほとんど世間に知られていないことを悲しみ、自分はこの世界に何か残せるような特別になるための才能がほしいのだといいます。そしてあのウラシマトンネルで拾ったのは、父親に捨てられてしまった過去の原稿でした。

塔野はマンガを読ませてと言ってみました。花城は断りますが、共同戦線なんだよね?と言われ渋々一番新しい作品を差し出しました。

読んでいる間は落ち着かない様子でしたが、読み終わった塔野が「おもしろい!」と言って詳細な感想を述べ始めると足をバタバタさせて喜びを表しました。

さらにほめる塔野に対し花城は、「ちがう。塔野くんが特別なんだよ」と反論します。「塔野くんは自分の願いを叶えるために他のすべてを躊躇なく捨てられる」そう言うと塔野を押し倒し、「私にも塔野くんの世界、見せてよ」と言いました。

8月2日を決行日と決めた2人。今度はカレンを連れ戻すまでトンネルを出ないつもりです。しかしその前に塔野は花城を夏祭りに誘いました。

次いつ来られるか、1000年後かもしれないから、というのが誘った理由です。花火も打ち上げられる大きなお祭りで、塔野は以前カレンと来たと話し始めます。

両親が大ゲンカして2人で出てきてここに来た、と。はしゃいでいたけどカレンは泣いていたと花火を見ながら塔野は話します。そして2人は自然と手をつないでいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『夏へのトンネル、さよならの出口』ネタバレ・結末の記載がございます。『夏へのトンネル、さよならの出口』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2022 八目迷・小学館/映画「夏へのトンネル、さよならの出口」製作委員会

「今日は楽しかった」とメールのやりとりをして帰宅すると、家には知らない女性が来ていました。寿司とビールで上機嫌な父はその女性を「新しい母さんだ」と紹介し、近いうちに転職して東京に引っ越すと言い出します。

親密そうな2人の様子と、目に入ったカレンの仏壇。途端に涙が流れ、気分が悪くなった塔野はその場で嘔吐してしまいます。さっきまでの機嫌の良さはどこへやら、父は怒鳴り散らし始めますが、構わず自室にこもる塔野。

翌朝、そのまま床で眠ってしまった塔野の携帯に花城から、今日会って話せる?とメールが届きます。

町の喫茶店を指定して落ち合うと、花城はこの前塔野が読んだマンガを出版社に送ったこと、賞にはもれてしまったが編集者からいっしょにつくってみませんか、と今朝電話があったことを塔野に伝えます。

いよいよ明日ウラシマトンネルに入るというときの朗報に花城はどうするべきか悩んでいました。塔野は延期を提案し、「とりあえず食べよう。おなかすいてると考えまとまらないから」と注文したオムライスを食べ始めました。

香崎駅のホーム。そばにはたくさんのヒマワリが咲いています。電車は鹿との接触でまた30分ほど遅れるそうで、2人は手折ったヒマワリを手にここで初めて会ったときの再現を始めます。

「傘返してなかった」「忘れてた」そんなやりとりをして2人は帰ります。

その夜、塔野は自室で携帯電話を操作していました。彼は花城からのメールをすべて削除します。部屋の壁にあるカレンダーは破かれ、鳥かごにインコの姿はありませんでした。

塔野と連絡がつかなくなり花城はあわてて彼の自宅をたずねますが、応対した父はゆうべまた出ていった、よくあることだから大げさにしないでくれと気にしていません。

「塔野くん、塔野くん、塔野くん…」花城はそう呼びながらウラシマトンネルへと走ります。ようやくその入口にたどり着き「なんで」とつぶやく花城。

一方の塔野は携帯電話を捨て、ウラシマトンネルの奥へと進んでいました。その途中で彼が見たのは壊れた音楽プレーヤー、そして父と母の姿です。彼はトンネルに入る前、最後のメールで花城にこう伝えていました。

「君はウラシマトンネルに入ってはいけない。ウラシマトンネルはなんでも願いを叶えるトンネルじゃない。失くしたものを取り戻せるトンネルだ。だから特別な才能は手に入らない。100年後、花城あんずのマンガが読みたい。だから今は、さよなら、だ」

トンネルの外では雨が降ってきていました。塔野からのメールを受け、花城はたてつづけに文句のメールを送りますが、もう塔野にはそれを見る術がありません。花城は中に入ることを思いとどまります。

トンネル内を半日以上歩き続けている塔野。外では4年が過ぎている計算です。「どこだ、カレン…」ふらついた塔野の目の前に扉が現れます。

それを開けるとそこはかつての自宅でした。そこには笑顔のカレンがいて、兄のためにバナナジュースをつくって持ってきてくれました。

昔と変わらず楽しく会話していると、いつの間にかお盆の上に携帯電話が置かれています。それには塔野に置いていかれた花城からの文句のメールが次々と届き、そしてその後数年分のメールが続々と花城の状況を伝えてきます。

するとカレンが「お兄ちゃんには他の人も好きになってほしいな」と言います。それに対し塔野は、「ぼくはカレンのそばにいたい。でも会いたい人がいる」と答え、「お兄ちゃん大好き。いってらっしゃい!」というカレンの声に見送られもとの世界の戻るべく走り始めます。

「花城、花城、花城…」塔野はそう連呼しながら走り続けます。境界線のあたりでメールを送ると転んで倒れ、塔野は気を失ってしまいます。

花城あんずは連載をかかえるマンガ家になっていました。通信手段はスマホに変わり、アシスタントと2人で仕事している部屋の玄関には、塔野から借りたままの錆びたビニール傘が置かれています。

そしてスマホの横に置いたガラケーに塔野からの連絡が入っていないか、来る日も来る日も確認し続けているのです。

連載が無事終了した花城は、次回作のアイディアが浮かばずスランプに陥っています。塔野のことが気になり何も手につかない花城のことを見かねた編集者が、少し休養しては?と言ってくれました。

久しぶりに香崎を訪れた花城は、鹿との接触による電車遅延に見舞われ駅のホームで号泣してしまいます。

そのとき、彼女のガラケーにメールが届きました。ここに送ってくる人物はひとりしかいません。2013年5月1日、塔野からのメールは「大好きだ」のひと言でした。

花城はホームを駆け下りるとそのまま線路を走りウラシマトンネルに向かいます。そしてトンネルの中、境界線のあたりで倒れている塔野を発見し駆け寄ります。

目を覚ました塔野は自分をのぞき込む花城の顔に驚きます。彼は少し大人になった花城にひざまくらをされていました。

彼女は「8年ぶり」と言うと、「あんまり遅いから迎えにきた」と微笑みます。「君にメールしたらこけて…」と言いかけて2人はキスし、「待たせてごめん」と言って再度キスを交わすのでした。

花城がトンネルの中に入ったことで、彼女の時間も外と5年ほどズレてしまいました。塔野に至っては実に13年分も時を飛び越えてしまったことになります。

いろいろ変わってるだろうと心配する塔野に、意外とそうでもないかも、と楽観的な花城。塔野は、トンネル内には届かないと思っていたメールが届いたことで、花城に会いたいという気持ちを強く持つことができたと話します。

トンネルを出て、「やっと返せた」と花城に渡されたビニール傘を開くと、その骨はすっかり錆びてしまっていました。そして2人は「行こう」と歩き出しました。

スポンサーリンク

映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の感想と評価

(C)2022 八目迷・小学館/映画「夏へのトンネル、さよならの出口」製作委員会

映画を見始めてまず感じたのは、「あ、ガラケーの映画だ」ということでした。登場人物は皆ガラケーを使っていてやりとりはメール、アドレス交換は赤外線通信のようです。音楽を聞くプレーヤーも今ではないタイプですし、喫茶店にはインベーダーゲーム(?)が設置されています。

作中の部屋のカレンダーは2005年7月となっており、思い返してみるとそういう時代だったかな、とちょっとノスタルジックな気分になります。(インベーダーゲームはもっと昔のものだとは思いますが、田舎の穴場喫茶店ということで“有り”かもしれません)

物語の終盤にはスマホの時代になり、時の変化がそのツールだけで理解できます。また、例えば連絡が来るかもしれないから古い携帯電話を手放せない、なんてことはその時代ならではの恋愛関係の切なさを感じさせてくれる素敵な表現でした。

新海作品へのオマージュ

ガラケーでのメールのやりとり、と聞いて一番に思い浮かぶのは新海誠監督の初期の作品『ほしのこえ』(2002年)です。

2046年ころという未来の話でありながら、製作当時のテクノロジーであるガラケーのメールをモチーフにしており、その簡素なメールがかえって孤独や絶望を浮き彫りにする閉塞感のあるSF作品です。

そのストーリーは、地上と宇宙空間とに離れてしまった少年と少女が打つメールにどんどん時間のズレが生じていき、やがてその差は8年に…というものでした。

本作では、原作でそれほど重要視されていなかった携帯電話をピックアップし、メールの送受信のタイミングでふたりのすれ違いや花城あんずの不安な気持ちを表現しています。

メールの送受信自体に時間がかかっているわけではありませんが、ウラシマトンネルによって2人の世界は断絶し、メールが滞ってしまったということです。

原作とのちがい

まずは塔野と花城の出会い方ですが、画になるシーンということで香崎駅のホームが採用されたようです。

そのため小道具としてビニール傘が登場し、錆で時の流れを表現しています。

登場人物では、重要なサブキャラ・川崎小春のエピソードがかなり削られています。彼女と花城との交流は原作のラストにも関わってくるので、そこを失くしたかわりに携帯電話が活躍することとなりました。

また花城の祖父のマンガ家という設定も原作にはありません。ここの部分はなくてもおかしくなかったような気はしますが、彼女と両親との確執を際立たせるために必要だったのかもしれません。

ウラシマトンネルの中の様子やカレンに出会ってからのあちら側での出来事なども、それぞれさまざまな変更が施されています。

特に重要な違いは、もとの世界に戻ろうとするきっかけ。原作ではカレンの死に対して感じていた罪悪感をカレン自身に許され、また連れて帰ろうとする兄に対しカレンが自分でもとの世界にはもう戻れないと言っています

映画では花城からのメールをきっかけに、彼女に会いたい気持ちがもとの世界の戻る大きな原動力となっており、カレンがもとの世界に戻ることはできないと双方が理解しているような感じがします。

それから原作をこれから読むという方には読まないでいただきたいのですが、塔野カオルの父親は、彼の実の父親ではありません。

蒸発した妻(カオルの母)が浮気をして、その浮気相手との間にできた子どもだったのです。なのでカレンが生きていたころから塔野家は微妙なバランスで成立していたようで、そうとわかると父親の行動にも少しだけ合点がいきます。

また夏祭りでは蒸発した母に偶然会ってしまうという描写も原作にはあります。そのときの母の拒絶の表情にショックを受けた塔野が、しばらくの間無言で花城を抱きしめるというシーンがあり、それによって平静さを取り戻すのですが、帰宅して父に新しい母を紹介されるということでその次の行動へとつながっていくのです。

ただ、原作ではラストに父親との関係修復を予感させるような出来事があり、救いのある終わり方になっています。

まとめ

(C)2022 八目迷・小学館/映画「夏へのトンネル、さよならの出口」製作委員会

制作会社CLAPの作品『映画大好きポンポさん』のセオリーどおり、コンパクトにまとめられたテンポの良い作品です。

決して派手さはありませんが、爽やかなキャラクターデザイン日本の田舎の風景や幻想的な表現が美しく、過ぎゆく夏を惜しむ季節にピッタリな映画です。

そして、傷ついた者に寄り添うことや、前に進む勇気を持つことの大切さ、そんなメッセージが込められており、悩める人に少しでも響いたらいいなと思います。




関連記事

アニメーション

『怪盗グルーのミニオン危機一発』あらすじネタバレと結末まで感想。人気アニメキャラが大人をも魅了するヒミツとは?

ミニオンの可愛さと悪ふざけが加速した、家族で楽しめる人気CGアニメ映画 数多くのCGアニメ映画が製作されるようになる中、2007年に誕生した新たな製作スタジオ、イルミネーション。記念すべき第1回作品が …

アニメーション

アニメ映画『ハローワールド』あらすじネタバレと感想。伊藤智彦が描く『君の名は。』以降の新たなる世界観

映画『HELLO WORLD』は9月20日(金)より全国ロードショー公開! 伊藤智彦。『君の名は。』以降の日本アニメーション業界を新たな境地へと牽引し得る作り手のひとりであり、今もっとも長編アニメーシ …

アニメーション

崖の上のポニョ|あらすじネタバレと感想!ラスト考察キスの真相は【宮崎駿アニメ代表作】

名匠宮崎駿監督が『ハウルの動く城』以来4年ぶりに手掛けた長編アニメーション『崖の上のポニョ』。 “生まれてきてよかった”や“子どもの頃の約束は、永遠に忘れない”などのキャッチコピーで、2008年に公開 …

アニメーション

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』ネタバレ感想。NETFLIXや映画館での限定上映で話題のアニメが描く【極限の世界で恐怖心と戦う術】

その旅路の先に、新たな運命(さだめ)。 不死の怪物カバネとの生存を賭けた戦いを中心に、人間の生き様を描くアニメ『甲鉄城のカバネリ』。 高い評価を得たテレビシリーズの新作にあたる映画『甲鉄城のカバネリ …

アニメーション

【ワンピース映画2019/スタンピード】ネタバレあらすじ感想と考察解説。隠れキャラ演出も?ONE PIECE STAMPEDE大塚隆史監督ならではのキャラの魅力

「ワンピースONE PIECE」シリーズ劇場版の第14作が2019年8月9日に公開。 「立ち上がれ、全勢力。」というキャッチコピーの通り、今まで登場した人気のキャラクターが多数出演し、オールスターキャ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学