Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/06/05
Update

『映画大好きポンポさん』ネタバレ結末の感想。原作のアニメキャラに声優が命を吹き込んだオシゴト作品

  • Writer :
  • 金澤響子

杉谷庄吾【人間プラモ】の同名コミックがアニメ化されてスクリーンに登場!

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』は、杉谷庄吾【人間プラモ】による漫画『映画大好きポンポさん』が原作です。

映画の都・ニャリウッドを舞台に、伝説的映画プロデューサーである祖父の才能を受け継ぐポンポさんと、彼女によって映画監督に抜てきされた映画好きの青年ジーンの奮闘を描きます。

監督と脚本は『劇場版「空の境界」第五章 矛盾螺旋』(2008)の平尾隆之。主人公に声優初挑戦となる清水尋也。新人女優ナタリーを大谷凜香、ポンポさんには小原好美が、魅力的なキャストを演出しています。

スポンサーリンク

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』の作品情報


(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
杉谷庄吾【人間プラモ】(プロダクション・グッドブック)
『映画大好きポンポさん』(MFC ジーンピクシブシリーズ/KADOKAWA刊)

【監督・脚本】
平尾隆之

【主題歌】
CIEL:「窓を開けて」

【声のキャスト】
清水尋也、小原好美、大谷凜香、加隈亜衣、大塚明夫、木島隆一

【作品情報】
杉谷庄吾【人間プラモ】の同名コミックを劇場アニメ化。監督・脚本は『劇場版「空の境界」第五章 矛盾螺旋』(2008)の平尾隆之が務めました。

大物映画プロデューサーの孫で自身もその才能を受け継いだポンポさんのもとで、製作アシスタントを務める映画通の青年ジーン。映画を愛することだけが取り柄の青年が、映画制作を通して”自分”を見つけ出します。

主人公ジーンの声は、『渇き。』(2014)の清水尋也で、声優初挑戦。新人女優ナタリーを『犬鳴村』(2019)の大谷凜香、ポンポさんをテレビアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』(2019)の小原好美がそれぞれ演じます。

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』のあらすじとネタバレ


(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

大物映画プロデューサーの孫で、敏腕映画プロデューサーであるポンポ(小原好美)さん。本名は「ジョエル・ダヴィドヴィッチ・ポンポネット」です。

青年ジーン(清水尋也)は、ポンポさんのもとで製作アシスタントをしています。

映画に心を奪われて業界入りした彼は、観た映画をすべて記憶しているという映画通で、毎日のように女優のミスティア(加隈亜衣)たちと顔を合わせて仕事ができることに喜びを見出します。

ですが、ポンポさんの敏腕ぶりに圧倒され、自分には無理だと卑屈になる毎日。

映画の世界だけで生きてきた映画マニアのジーンは「映画を撮るか死ぬか、どっちかしかないんだ」と思いつめていました。

「なんで僕を採用したのでしょう」。ジーンはポンポさんの祖父のプロデューサーに聞いたことがあります。

「ポンポが選んだのだから何かあったのだろう」あいまいな祖父の答えに満足しないジーン。ある時、直接ポンポさんに聞くと、「死んだような目してたから」。

「青春満喫、生きているのが楽しいっていう眼している奴は、今の自分に満足しているから次の創作意欲がないんだよ」。

ジーンは、目には光がなく、学生時代の友達はゼロ、映画がなかったら社会不適合者間違いなしだったのです。

ある時、ジーンはポンポさんから15秒CMの制作を任されました。映画を撮ることにも憧れていたジーンは、驚きながらも一生懸命に作り上げ、映画づくりに没頭する楽しさを知ります。

それからしばらくしたある日、ジーンはポンポさんから次に制作する映画『MEISTER』の脚本を渡されました。

伝説の俳優・マーティン(大塚明夫)の復帰作にして、ポンポさんの目利きにかなった新人女優ナタリー(大谷凜香)をヒロインに迎えた書き下ろし作です。

ジーンは、頭がしびれるほど興奮する内容に大ヒットを確信しますが……なんと、監督に指名されたのは、CMが評価されたジーンだったのです。

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

映画がなかったら社会不適合者間違いなしのジーンが映画監督。そして主役は新人女優のナタリー。

なんとも危なげなコンビですが、ポンポさんはナタリーがオーディションを受けに来た時にピンと感じ、彼女のイメージの主人公を想定して脚本を書き上げていたのです。

これは、大物俳優マーティン(大塚明夫)が有名ピアニストを演じ、そのピアニストに再び演奏意欲をわかせる少女にナタリーという設定でした。

ポンポさんの祖父の頼みもあって、大物俳優マーティンの出演は確定済み。

新人ナタリーに女優修業させるため、ポンポさんは、女優のミスティアと同居して歌やダンスなど同じレッスンを受ける手配をしました。

全ての準備が整って、ジーンはロケ地も景色の美しい外国を選び、精鋭のスタッフをそろえて撮影に励みました。

天気や動物たちの様子などから、最初の構成を余儀なく変更されたりしながらも、撮影は順調に進み、いよいよ編集の段階となりました。

膨大な数の撮影フィルムを前にほとんど徹夜状態のジーンは悩んでいました。そして、全部取り終わったと思ったのに、もう一つ足りないシーンがあることに気がつきます。

ジーンは一大決心をし、ポンポさんに追加撮影をしたいと言います。ポンポさんは予算を計算しますが、すでに出演者も製作スタッフも解散していることもあり、その金額は膨大なものでした。

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

悩むジーンの様子を見て動いたのは、ジーンのハイスクールの同級生アランです。ジーンとは、ハイスクール時代ほとんど接点はありませんでしたが、顔は覚えていました。

アランは、ニャリウッド銀行の銀行員。メガバンク勤めのエリートですが、成果を挙げられず上司に頭を下げてばかりの毎日を過ごしていましたが、ふとしたことで、ジーンが映画監督をしその追加撮影で融資がいることを知ります。

アランもジーン同様に悩む毎日を過ごしていましたが、ジーンの撮る映画の素晴らしさを感じ取り、銀行融資を受けられるように奔走。

アランは、銀行上司を相手にジーンの製作する映画をプレゼンし、「若者の夢を応援したい」と熱い想いを訴えます。

この作品では融資案件は通らないとする上司たちに、銀行の頭取が一喝しました。「素晴らしい案じゃないか。ニャリウッド銀行は前途ある若者を応援する」。

こうして、映画追加撮影の資金繰りは上手く行き、ジーンは足りないシーンを撮ることが出来ました。その後、ジーンは悩みぬいた大胆なやり方で編集して映画を完成させました。

1年後、映画の都のニャリウッド映画祭でジーンの初監督映画『MEISTER』が賞を取りました。

新監督のジーンはマスコミから「この作品の一番気に入っているところはどこですか?」と聞かれます。

ジーンは胸をはって答えます。

「一番気に入っているところは、90分に仕上がっているところです」!

スポンサーリンク

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』の感想と評価


(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

映画の都ニャリウッドで映画製作をしている天才映画プロデューサーのポンポさん。原作そのままの、スーパー―キャラが活動する映画『映画大好きポンポさん』。

主人公はそんなポンポさんの元で、自分の才覚に目覚めていくジーン。

夢を追うことに疲れ切っていますが、ひとたび動き出すと眠っていた才能が目覚めだしたようでした。

女優の天分を持っているナタリー、そしてエリートの道を歩みながらも自分の才覚に不安を抱えているアラン。

主役のジーン、新人女優のナタリー、銀行員のアランと、未知数100%の3人の悩める若者たちがそれぞれ飛躍を遂げていました。

陰の力となったのはポンポさん。度肝を抜くような辛辣な名言も残しますが、人を見る眼、育てる眼のあるポンポさんだから若者たちの成長の手助けができたのかも知れません。

本作は、若者の成長物語とともに、映画製作の裏がよくわかる作品でした。

劇中劇で撮影現場を用意しているために、何台ものカメラやスタッフの姿があり、打合せや位置取りの確認をする様子に現場の緊張感が漂います。

映画の脚本があり、脚本から演技が生まれ、感動的なストーリーへと繋がる様が劇的に描かれる一部始終を、ありのまま映し出した作品と言えます。

そして、迎えた編集作業がまた大変。撮影された膨大なフィルムから重要シーンを選び出す苦労が、余すところなく描かれています。

この作業がどれほど大切で、細やかな神経を使うものなのか。観客までもクリエイターになったような感じで、モノづくりのワクワク感を味わえました。

こだわりぬいて作り上げた映画で一番気に入っているところは?と聞かれて、90分でまとめたところ、と言い切ったジーンの自信にあふれた姿はとても印象深いものです。

映画は長ければいいと言うものではないのです。起承転結、プロローグからエピローグまで、観客の集中力を考えて、面白みもぐっと凝縮すると、90分というのが一番いい長さなのでしょう。

まとめ

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

映画愛に満ちあふれ、多くのファンを生み出してきた漫画『映画大好きポンポさん』をご紹介しました。

映画が完成するまで、どんな役割の人がどういうことをしているのかが、まるで教科書のように描かれていて、映画業界のノウハウがよくわかる作品です。

優れた天分で人々を魅了するポンポさんのキャラがとてもユニーク。美味しそうにおやつのドーナツにかぶりつく姿は普通の少女なのですが、その中身はやはり天才!

作中、あちこちに隠された映画愛を見つけるという楽しみもあり、映画の申し子のようなポンポさんが発する言葉も『ポンポ語録』として覚えておきたい、魅力的なものでした。


関連記事

アニメーション

『天空の城ラピュタ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【宮崎駿作品のアニメ活劇】

宮崎駿監督が脚本も手がけたスタジオジブリの劇場用アニメーション『天空の城ラピュタ』。 宮崎駿監督のアニメ映画のなかでも宮崎アニメファンから人気の高い1986年に公開された『天空の城ラピュタ』。 (C) …

アニメーション

『ヒーローマスク1』ネタバレ感想と考察評価。Netflixアニメおすすめの“謎のマスク”の存在が問いかけるヒーローの在り方

人は何に正義を見出すのか? アニメ『HERO MASK』が問いかけます。 有能だが型破りな刑事・ジェームズは、ある殺害事件を追うなか、装着すると超人的能力をもたらす「マスク」にたどり着きます。 正義と …

アニメーション

メアリと魔女の花Huluオリジナル番組で杉咲花たちが感想を語る!

映画『メアリと魔女の花』7月8日(土)全国公開直前! オリジナル・ミニ番組を7月3日(月)よりHuluの見どころを豪華出演者&制作陣が語るオリジナル・ミニ番組を7月3日(月)よりHuluにて、5日間連 …

アニメーション

ポールドリエセンアニメ講義日時と会場情報!料金は?上映会開催も

米国アカデミー賞の短編アニメ部門を受賞したポール・ドリエセン監督。彼を日本に招いて開催される講義が神奈川県横浜市で開催されます。 今回は東京藝術大学大学院映像研究科公開講座「コンテンポラリーアニメーシ …

アニメーション

劇場版「フリクリ プログレ」あらすじと感想!ヒドミとオルタナのカナブンの比較で映画をより楽しむ

第1弾となる劇場版「フリクリ オルタナ」は、9月7日(金)公開中、そして第2弾の劇場版「フリクリ プログレ」は、9月28日(金)公開! 普通な日常を過ごしているヘッドフォンをつけた少女ヒドミ。彼女があ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学