Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『友罪』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【生田斗真&瑛太主演】

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『友罪』は、5月25日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

『64ロクヨン』の瀬々敬久監督と瀬々組スタッフが再び集結して放つ犯罪にまつわるストーリー。

偶然出会い、心通わす友人となった男が実は、かつて世間を騒がせた少年殺人鬼“少年A”だったことを知った時、どういう選択をすべきなのか?

究極の選択ともいうべきものに直面した男。そして、自身や家族の過去に今も縛られる人間たちが二人に関わっていく、贖罪の連鎖の物語。

スポンサーリンク

映画『友罪』の作品情報


(C)薬丸岳/集英社 (C)2018 映画「友罪」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
薬丸岳

【脚本・監督】
瀬々敬久

【キャスト】
生田斗真、瑛太、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子、奥野瑛太、飯田芳、小市慢太郎、矢島健一、青木崇高、忍成修吾、西田尚、村上淳、片岡礼子、石田法嗣、北浦愛、坂井真紀、古舘寛治、宇野祥平、大西信満、渡辺真起子、光石研

【作品概要】
ミステリー作家の薬丸岳の同名小説を実写映画化の演出に、『64ロクヨン』などで知られる瀬々敬久監督が務め、キャストは生田斗真と瑛太がダブル主演を果たしたヒューマンドラマ。

益田役に生田斗真、鈴木役を瑛太が演じたほか、共演者に佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子たち実力派俳優も出演。

映画『友罪』のキャラクター


(C)薬丸岳/集英社 (C)2018 映画「友罪」製作委員会

益田純一(生田斗真)
町工場で働き始めた元記者。少年期の出来事に罪の意識を持ち続けています。

鈴木秀人/青柳健太郎(瑛太)
純一と同じ時期から町工場で働く青年。ある重大な過去が…。

藤沢美代子(夏帆)
鈴木と出会う女性。東京で男に騙されて仕事をさせられています。

杉本清美(山本美月)
純一の元恋人。新たな事件に淳一と鈴木が関わっていることを知リマス。

白石弥生(富田靖子)
鈴木の更生を担当した。更生の仕事に没入したため家族は崩壊。

山内修司(佐藤浩市)
息子が自動車事故で人を殺めたために家族を解散したタクシー運転手。

スポンサーリンク

映画『友罪』のあらすじとネタバレ


(C)薬丸岳/集英社 (C)2018 映画「友罪」製作委員会

元雑誌記者の益田純一は、編集方針を巡って編集者と暴力沙汰を起こしてしまい、書き手として廃業していました。

日雇い生活を繰り返す中、社員寮のある町工場に職を得るようになります。

同時期に鈴木という同世代の男性とともに試用期間に入った益田は、慣れない仕事に悪戦苦闘。

一方、鈴木は多くの技能・資格を持っていて不愛想だが即戦力ともいえる人材でした。

益田は学生時代に友人がいじめを受け自死したことに、罪の意識を感じていました。

ギリギリまで友人の側にいた益田だったが、最後の最後でいじめる側に回ってしまい、その直後に友人は自ら命を絶った…。

そのことから今でも友人の家族のもとを訪ねては、罪の意識を和らげる代わりにひと時の息子の代わりをしています。

一方の鈴木は、仕事からの帰り道に男から追いかけられている美代子と出会います。

彼女はかつて男に騙され、アダルトビデオに半ば強引に出演させらた過去があり、そことから逃れるために人目を避けるように暮らしています。

ある日、作業中に益田は事故を起こし、指を切断する重傷を負います。

しかし、鈴木の冷静な対応と駆け付けた中年タクシー運転手の山内のおかげで何とか指は元に戻りました。

この山内という運転手、過去に息子が交通事故を起こし、二つの家族の子供の命を奪ったという過去をもっていました。

他人の家族を壊してしまったので、山内は自分たち家族も解散させるべきとして、一家離散。

そんな山内のもとに、息子が結婚をすると話が飛び込んできて山内は怒りを覚えます。


(C)薬丸岳/集英社 (C)2018 映画「友罪」製作委員会

以下、『友罪』ネタバレ・結末の記載がございます。『友罪』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)薬丸岳/集英社 (C)2018 映画「友罪」製作委員会

入院中の益田を見舞いに来た元恋人で記者の清美は、最近、近辺で起きた猟奇的な事件が、かつて世間を賑わした少年Aによる殺人と重なる部分が多いことと話します。

医療少年院の更生官の白石は、その事件の話を聞いて胸騒ぎを覚えます。

彼女は少年Aこと、青柳健太郎を担当していたからです。

青柳は退院後しばらくして姿を消していたが、白石にだけはこっそりと連絡を取っています。

白石は鈴木の荷物のスケッチブックに描かれていた女性でした。

益田は無事退院、鈴木と鈴木に伴われてきていた美代子達と退院祝いをします。

退院後、改めて少年Aことを調べだすと、驚くことにその少年は鈴木そっくりでした。

鈴木は少年A=青柳なのか?

一方で山内は息子と数年ぶりに再会、自分は結婚を認めることはできないと告げます。

また、美代子のもとには、昔の男たちが押しかけて彼女に乱暴をし、周囲には彼女が出演していたDVDを配って回ります。

周囲の人物に美代子の過去を知られた鈴木は、それまでないような凶暴性を見せます。

その姿を見て鈴木の正体を確信する益田。このことを思わず清美に漏らしてしまいます。

望まぬ形で鈴木=青柳の近況を伝える記事が出てしまいました。

起きたばかりの事件の犯人は別人であったものの、鈴木の居場所はなくなり、誰にも行き先を告げずに姿を消します。

自身の犯した犯罪とともに生き、逃れられずにいる鈴木=青柳の姿を見たとき、益田は自分の少年期の罪を改めて認識。

益田、鈴木、山内、美代子はそれぞれの自分の過去に向き合いながら、また新たな日々を過ごしていきます。

映画『友罪』の感想と評価


(C)薬丸岳/集英社 (C)2018 映画「友罪」製作委員会

贖罪の連鎖の物語

本作『友罪』は犯罪の映画です。

ただ、犯人を描いたり、犯人を追う警察や探偵を描いたりしているわけでもない。

被害者についても間接的にしか描いていない。

ここに登場するのは、自分や家族が犯した罪と過去を抱える人々が主人公

そして、その罪に対して贖罪を考え、どういう風に償うかを悩み続ける姿が描かれています

犯罪や憎しみの連鎖というものを描いた作品が多い中、これは贖罪の連鎖を描いた物語となっています。

罪というものには、ありとあらゆる側面があることを、この映画は教えてくれます。

スポンサーリンク

まとめ


(C)薬丸岳/集英社 (C)2018 映画「友罪」製作委員会

ジャーナリストの夢を諦め、町工場で働きはじめた益田、同時期に入社した同世代の鈴木。

無口な鈴木はどこか影があり、周囲を避け、交流を控えていましたが、互いは一緒に働くなかで歩み寄ります。

しかしそんな矢先、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い出すと…。

これまでにはない犯罪映画は、贖罪の連鎖を描いた物語になっています。

それを繊細なまでに演じた生田斗真&瑛太のダブル初演ほか、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子の共演者の演技に注目です。

映画『友罪』は、5月25日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『女と男の観覧車』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

音信不通だった夫の娘が突然帰ってきたその日から、慎ましく暮らしていた女の人生が狂い始める…。 1950年代、NY・コニーアイランドを舞台としたウッディ・アレンの新作『女と男の観覧車』をご紹介します! …

ヒューマンドラマ映画

映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ジェイク・ギレンホールがウオール・ストリートで働くエリート銀行員を演じています。 突然の事故で妻を亡くしても彼には哀しみの気持ちが湧き上がりません。 無感覚に陥ってしまった彼の心は再生できるのでしょう …

ヒューマンドラマ映画

映画『デイアンドナイト』あらすじネタバレと感想。山田孝之がキャストでなくプロデューサーに徹した意欲作

映画『デイアンドナイト』は、2019年1月26日より全国公開! 俳優の阿部進之助と監督の藤井道人が映画化を念頭に置いていた企画『デイアンドナイト』に、『クローズZEROⅡ』『十三人の刺客』で阿部と共演 …

ヒューマンドラマ映画

映画『愛しのアイリーン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『愛しのアイリーン』。『宮本から君へ』『ワールドイズマイン』で知られる漫画家新井英樹の同名漫画を『さんかく』『ヒメアノ〜ル』の吉田恵介監督が完全映画化しました。 人間のむき出しの本質を描いてきた2人の …

ヒューマンドラマ映画

カーリング女子映画『シムソンズ』あらすじとキャスト。12年ぶりリバイバル上映決定!

今から12年前、2006年カーリング女子日本代表チームの実話に基づいた映画『シムソンズ』は公開されました。 そして今、平昌オリンピックの女子カーリング日本代表チーム「LS北見」の銅メダル獲得の感動が覚 …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP