Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】ジョンウィック4コンセクエンス|あらすじ結末感想と評価解説。真田広之やリナ・サワヤマが活躍するアクション映画の醍醐味とは⁈

  • Writer :
  • もりのちこ

メイワク、カケテ、スマナイ……。
伝説の殺し屋ジョン・ウィック、決着の時。

キアヌ・リーブス主演の人気アクション映画「ジョン・ウィック」シリーズの第4弾。伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、ニューヨーク、ベルリン、パリ、そして大阪を舞台に暴れまくります。

組織の掟を破り、裏社会の主席連合から追われるジョン・ウィック。高官グラモン侯爵は、これまで聖域としてジョンを守ってきたニューヨーク・コンチネンタルホテルを爆破し、ジョンを追い詰めます。

友を頼り日本へと上陸するジョン。大阪・コンチネンタルホテルでシマヅと会えたジョンの元へ、思わぬ刺客が放たれます……。

ガン・フー、ナイ・フー、カー・フー!伝説の殺し屋ジョン・ウィックのアクション炸裂!映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』を紹介します。

映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の作品情報


(R), TM &(C)2023 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2023年(アメリカ映画:R15+指定)

【原題】
John Wick:Chapter 4

【監督】
チャド・スタエルスキ

【キャスト】
キアヌ・リーブス、ドニー・イェン、ビル・スカルスガルド、ローレンス・フィッシュバーン、真田広之、シャミア・アンダーソン、ランス・レディック、リナ・サワヤマ、スコット・アドキンス、クランシー・ブラウン、ナタリア・テナ、マルコ・サロール、イアン・マクシェーン、田代良徳、ジョージ・ジョルジウ

【作品概要】
ジョンウィック』(2015)『ジョン・ウィック チャプター2』(2017)『ジョン・ウィック パラベラム』(2019)に続くシリーズ第4弾。

キアヌ・リーヴス演じる伝説の殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇を描いた本シリーズは、銃とカンフーを組み合わせたアクション“ガン・フー”が話題に。本作では掟を破り追われるジョンがついに、裏社会の主席連合との決着へ挑みます。

監督はシリーズ全作を手がけてきたチャド・スタエルスキ監督。アクション・スタントコーディネーターとして『マトリックス』シリーズに参加し。自らスタント・俳優として出演を果たすなど、大作アクション映画には欠かせない監督です。

共演には、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーンらお馴染みのキャストに加え、シマヅ役で真田広之、シマズの娘アキラ役でリナ・サワヤマが登場。そして最強の刺客ケイン役には、ドニー・イェン。日本を舞台に繰り広げられる格闘シーンにも注目です。

映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』のあらすじとネタバレ


(R), TM &(C)2023 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

「ドス!ドス!ドス!」柱を拳で叩く音が響き渡っています。バワリー・キングが姿を現し「ジョン、準備はいいか?」と語りかけました。

「あぁ、準備はできてる」……伝説の殺し屋ジョン・ウィックは、喪服さながらの黒い防弾スーツに着替えます。戦いの始まりの合図です。

裏社会を仕切る主席たちで構成された《主席連合》。いくつかの掟がある中、“聖域”と呼ばれる《コンチネンタルホテル》にて殺しをおこなったジョンは、賞金首となっていました。

若き高官グラモン侯爵は、これまでジョンを守ってきたニューヨーク・コンチネンタルホテルを爆破。新たな刺客を送り込みます。

その刺客こそ、ジョンの旧友である盲目の殺し屋ケインでした。ケインは裏組織を引退し、娘の成長を陰ながら見守っていました。

娘を盾に脅されたケインは、グラモン侯爵の命令に背くことはできませんでした。ジョンの行動を誰よりも理解するケインは、日本の大阪へと飛びます。

ジョンは友であるシマヅを頼り、大阪・コンチネンタルホテルを訪ねていました。危険を承知でジョンを温かく迎えるシマヅ。

シマヅの娘アキラが心配した通り、主席連合がやってきます。聖域の一部であるはずの大阪・コンチネンタルホテルを舞台に、容赦なく戦闘が始まります。

日本刀を振り下ろすシマヅ。自由自在に弓を使いこなすアキラ。しかし次から次へと襲いかかる敵にアキラが傷を負ってしまいます。一旦、戦闘を離れるシマズ親子。

ジョンは、せめてものお礼にと、ひとりでも多くの敵を殺し脱出を図ります。待ち受けていたのは最強の刺客ケインでした。

激闘の末、賞金稼ぎのトラッカーの乱入により戦いは停戦。その後、梅田の地下鉄に乗り込んだジョンの元へアキラがやってきます。アキラの報告によると、父コウジはケインによって倒されたと。

日本を後にしたジョンは、ニューヨーク・コンチネンタルホテルの支配人だったウィンストンと落ち合います。

ウィンストンはジョンに、主席連合から自由になるためにある提案をします。それは、連合の古いルールを上手く利用し、一対一の決闘を申し込むことでした。

ただ、組織同士の全面戦争を防ぐため設けられたこのルールは、決闘者が連合が認めたファミリーに属していることが条件であり、どこの組織にも属していないジョンには資格がありません。

そこでジョンは、ベルリンに拠点がある古巣《リスカ・ロマ》を訪ねます。リーダーのカティアは、そう簡単には受け入れてくれませんでしたが、依頼をこなしたジョンを再びファミリーとして認めます。

主席連合に、グラモン侯爵との一騎討ちを申し込むジョン。運命共同体となる介添人はウィンストン。勝てばニューヨーク・コンチネンタルホテルの支配人へと返り咲き、負ければジョンとともに死あるのみです。

時間と場所、武器、そしてグラモン侯爵の代理人としてケインが戦うことが決定。

戦いの前夜、深夜のラジオ番組からDJのささやきが聞こえます。今夜ジョンを仕留めれば、多額の懸賞金が手に入ります。

一斉に動き出すニューヨークの裏社会。ジョンは、夜明けまでに決闘場所である寺院にたどり着くことができるのでしょうか。

以下、『ジョン・ウィック:コンセクエンス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジョン・ウィック:コンセクエンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

連合に属さない地下組織のリーダーであるバワリー・キングは、この時のために特殊なスーツを用意していました。ジョンはそのスーツに着替えると地上へ向かいます。

口数少ない男が言い残した言葉は「妻を愛した夫。墓石へはこの文字を」でした。

もはや街中は敵だらけ。行く手行く手に現れる賞金稼ぎたち。撃ち込まれる大量の銃弾。車行き交う道のど真ん中で、ドリフト戦。バイクも車も暴走転倒ラッシュです。

逃げ込んだ廃墟ビルに襲いかかる火炎放射銃。日本でもジョンを追い詰めた賞金稼ぎトラッカーも愛犬と参戦しています。

夜明けまであと10分。約束の寺院は、目の前にある長い石階段を登った先にあります。わらわらと沸いてくる賞金稼ぎたち。

バッタバタと敵をなぎ倒し進むジョンに、グラモン侯爵の部下が食い下がります。あと一歩のところで、階段下まで蹴落とされてしまいました。

階段下に転がるジョンの元へ、ケインが姿を現し手を差し伸べます。「あと何分だ」「あと2分」……ケインはジョンを支えながら、襲いかかる敵を一掃。そしていつの間にか、トラッカーの犬も参戦していました。

敵も味方も関係なく犬をも殺そうとした主席連合に、トラッカーは嫌気が差していました。戦いの最中、愛犬の命を助けてくれたジョンの決闘を見届けるつもりです。

朝日が昇る時刻。ケインとジョンは決闘の舞台に立つことができました。互いに30歩離れ、銃を構えます。「バンッ!」重い銃弾は、互いの腕を直撃しました。

どちらかが死ぬまで。10歩前へ。「バンッ!。ケインの脇腹、そしてジョンの肩から血が滲んでいます。

10歩前へ。「バンッ!」倒れ込むジョン。ケインの勝利を確信したグラモン侯爵は、最後は自らが仕留めると銃を抜きます。

その瞬間。「報いだ」とジョンの銃がグラモン侯爵めがけて火を噴きます。直前の撃ち合いの際、ジョンはケインを撃っていませんでした。

ジョンの勝利によりウィンストンはホテルを取り戻し、ケインと娘は解放され、ジョンは自由を手に入れました。「兄弟、ひとつ貸しだぜ」と健闘を称え合うジョンとケイン。

ジョンは朝陽が美しい寺院の石段に座り、亡き妻のことを思い出していました。静かに横になるジョン。その表情は穏やかなものでした。

時が経ち、ウィンストンとバワリー・キングは、ある人物の墓参りに来ていました。

2つ並んだ墓石には「妻を愛した夫」「夫を愛した妻」と彫られています。ジョンとジョンの妻ヘレンのものでした。

一方、自由を手に入れたケインは、花束を片手に娘の元へ向かっていましたが、その時のケインには見えていませんでした。アキラが命を狙って近づいていることを。

映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の感想と評価


(R), TM &(C)2023 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

キアヌ・リーブス主演の人気アクション「ジョン・ウィック」シリーズの第4弾『ジョン・ウィック:コンセクエンス』。愛犬を殺された際には暴れまくり、家を爆破された際にはマフィアを殲滅し、掟を破っても生還してきた男が、遂に自由を求め決着へと向かいました。

もはやコメディ!?しかし、そんな設定はどうでもいいと思えるぐらい、とにかくアクションが素晴らしい。ただのアクション映画ではない“ジョン・ウィック映画”としか言いようがありません。

『マトリックス』では銃弾が止まって見えていたキアヌ・リーヴスが、バンバン銃弾を受けて、バンバン撃ちまくっています。銃アクションもこんな風に進化しているのかと驚くばかり。そこにキアヌが習得しているカンフーが融合され「ガン・フー」たるアクションが誕生しました。

手数の多さと隙のない動き、銃で撃って体術で締める。スピード感はマックス。カンフー好きも楽しめる爽快アクションとなっています。

さらに「ガン・フー」だけでは終わらない。ヌンチャクも登場し、ナイフを使った接近戦「ナイ・フー」や、凱旋門をドリフトしながら銃をぶっ放す「カー・フー」と、どのアクションも迫力満点で目が離せません。

廃墟ビルでは、火炎放射銃がボンボン火を噴く中を、ジョンがかいくぐり敵を倒していく様子を、天井アングルで見せるなど、まるでバトルアクションゲームをみているような仕掛けもあります。

そんな中、特に印象深いアクションシーンと言えば、日本の大阪・コンチネンタルホテルを舞台に繰り広げられる激闘シーンです。

ギラギラのネオンに、スシ、スモウ、サムライ、ニンジャと、いわゆる海外の人が想像する一昔前の日本といった装いですが、この毒々しさがむしろテンションを上げてくれます。

ホテル内に現れる主席連合の手下たちに、立ち向かう日本勢。手裏剣、弓矢、銃に刀にヌンチャクに「相撲」までも登場し、戦国時代さながらに血が流れます。


(R), TM &(C)2023 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

そして、危険を承知でジョンを迎え入れる旧友のシマヅ役を真田広之、父を心配し腕っぷしも強い娘アキラ役をリナ・サワヤマが演じ、見事なアクションを見せてくれます。

日本のアクション俳優を代表するひとりである真田広之の安定感はもちろん、ロンドンを拠点に活躍するシンガーソングライターながら、長編映画初出演でアクションも華麗にこなすリナ・サワヤマの存在感が、これまたカッコイイ。

また本作の欠かせない見どころといえば、ジョンを追い詰める最強の刺客である盲目のケイン。演じるのは、『ブレイド2』『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』など、ハリウッドアクション映画でも活躍するドニー・イェンです。

銃と杖を自在に操り盲目とは思えない動きを見せながら、同時に音のなる装置を仕掛けたりと、聴覚を研ぎ澄ます一連の流れに圧巻です。座頭市、現代に蘇りパワーアップ

旧友を殺そうとする非情な人物かと思いきや、娘を愛する父であり、敵となったジョンを友として助けるイキな一面もあります。

決闘場へと続く石畳みの長い階段。ジョンが一番下まで蹴落とされ、もう時間がないという場面でケインが登場。共に上を目指すも、登った先には2人の決闘が待っている。なんとも切なさがこみ上げるシーンとなっています。

一対一の決闘を終えたジョンとケイン。「呪われているんだ、俺もお前も」のセリフがじわりとくる、それぞれの殺し屋の結末にも注目です。

まとめ

キアヌ・リーヴス演じる伝説の殺し屋ジョン・ウィックが、裏社会を牛耳る主席連合との決着へ挑む。超絶アクション映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』を紹介しました。

男同士の熱い友情と白熱のバトルアクション、たまにワンちゃんも参戦。そして伝説の殺し屋の宿命は、戦いの果ての勝敗とは別に、映画最後で描かれた“真の自由”とともに決着しました。

度肝を抜かれるアクションラッシュに、観終わった後の爽快感がたまらない。まさに一見の価値ありの作品です。




関連記事

アクション映画

映画『沈黙の戦艦』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。スティーヴン・セガールがケーキから飛び出した美女を相棒にシージャック犯に挑む!

最強コックが巨大戦艦ミズーリ号をジャックしたテロリスト集団と戦うサスペンスアクション! 『逃亡者』(1993)『ダイヤルM』(1998)『穴/Holes』(2003)などを手掛けたアンドリュー・デイビ …

アクション映画

【結末ネタバレ】映画キングダムの評価感想と考察。佐藤信介の特徴はスタッフ総出の実現力!

映画『キングダム』は2019年4月19日(金)ロードショー! 日本映画の枠を超えた大スペクタクル巨編『キングダム』。 夢のために戦う2人の少年の熱い物語、圧倒的スケール感のロケーション、大迫力のアクシ …

アクション映画

レジェンド・オブ・ゾロ|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。キャサリン・ゼタ=ジョーンズとアントニオ・バンデラスのゴージャスカップルが華麗なアクションを披露する

ゴージャスカップルが繰り広げるノンストップアクション 1998年公開のヒット作『マスク・オブ・ゾロ』の続編。前作に続きマーティン・キャンベルが監督を、アントニオ・バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーン …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の壁役は満島真之介。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

【ネタバレ】ワイルドスピード/ジェットブレイク|結末感想とあらすじ解説。シリーズ9作目をジャスティン・リン監督が手掛けるカーアクション!

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第9作。 ジャスティン・リンが監督・製作・原案・脚本を務めた、2021年製作のアメリカのカーアクション映画、『ワイルド・スピード/ジェットブレイ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学