Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ結末】ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード|感想とあらすじの詳細。続編はイタリアの町をロケ地に“最強トリオ”が暴走する!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

殺し屋とボディガードと詐欺師、異質な凸凹コンビに新たな仲間が加わるシリーズ第2弾!

神経質で完璧主義のボディガードが行き当たりばったりの破天荒な因縁の殺し屋と共に巨悪に立ち向かう映画『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)。

ド派手なアクションと2人の掛け合いが話題と人気を集めた『ヒットマンズ・ボディガード』の続編が前作よりも大幅にスケールアップして登場しました。

今回はイタリアを舞台に新たな仲間を加えた最強トリオが暴れる映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』の作品情報


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

【原題】
The Hitman’s Wife’s Bodyguard

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【監督】
パトリック・ヒューズ

【脚本】
トム・オコナー、ブランドン・マーフィー、フィリップ・マーフィー

【キャスト】
ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン、サルマ・ハエック、アントニオ・バンデラス、モーガン・フリーマン、フランク・グリロ、リチャード・E・グラント、トム・ホッパー

【作品概要】
映像化されていない脚本を登録する会員制サイト「ブラックリスト」の人気投票で上位にランクインした脚本を、『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(2014)のパトリック・ヒューズ監督が映像化した『ヒットマンズ・ボディガード』の続編作品。

ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソン、サルマ・ハエックが前作から引き続き同役で続投し、『デスペラード』(1995)のアントニオ・バンデラスや『パージ:アナーキー』(2015)のフランク・グリロなどアクション映画で活躍を見せる俳優が新たに加わりました。

映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

かつては一流のボディガードとして名を馳せたものの、日本の要人クロサワを殺し屋のダリウスに殺害されてしまったことで一流の看板を失ったブライス。

4年前、独裁者デュコビッチの暗躍をダリウスと共に止めたブライスでしたが、一流への復帰と言うインターポールとの約束が反故にされただけでなく警護資格の剥奪が審議される状況下となり、カウンセリングに通う日々を過ごしていました。

ある日、カウンセラーから仕事を忘れた休暇を取ることを勧められたブライスは銃と暴力を手放すため、イタリアのカプリ島で静かなバカンスを迎えようとします。

しかし、その場にはダリウスの妻である詐欺師のソニアが地元マフィアと銃撃戦を行いながら現れ、新婚旅行の初日に行方不明となったダリウスの救出をブライスに依頼。

半ば無理矢理ソニアに連れて行かれるブライスは、銃撃戦となっているマフィアはダリウスの件とは全く関係がなく、ソニアが痴漢を惨殺したことがきっかけと知り不安を募らせました。

その頃、ギリシャの国民はEUによる長期間の経済制裁で疲弊しており、その様子を憂う愛国者のアリストテレスは、EUの理事であるフィッシャーを殺害した上で4日後にEUのインフラ網に大規模な攻撃を仕掛けることを宣言します。

クロアチアの町で70人以上が死亡する送電線の電力異常が発生した現場を訪れたインターポールのボニーは、この現象が落雷によるものと考える上層部のクロウリーとは異なり何者かによるサージ攻撃であると考え、マフィアのカルロを情報網とする非合法な手段で情報を集めることにしました。

一方、ダリウスはかつて自身が殺害した男の兄がボスを務めるマフィアに拉致されていましたが、ソニアとブライスが駆けつけたことで助けられマフィアを皆殺しにします。

ダリウスはブライスとの再会を喜ばず2人は険悪なムードとなり、そのままアジトを出たところでボビーに拉致されます。

実はダリウスが殺害したマフィアのボスこそがボビーの情報網であるカルロであり、ボビーは死亡したカルロの代わりとして3人に情報を集めるようにと命じました。

ダリウスとソニアは自身の無罪放免、そしてブライスは無資格仕事の目を瞑ることを条件としてカルロが行おうとしていたEU全体の電力網の中継地点の情報の受け渡し役を担うことになりますが、ボビーが上層部にダリウスたちを利用することを隠していたために現場で捜査員たちと遭遇してしまいます。

捜査員たちを振り切ったものの国際指名手配犯となってしまった3人は、テロを防ぎ汚名を払拭するため情報の受け渡し相手が現れるフィレンツェへと向かいます。

そこにはブライスよりも格上のボディガードのマグヌソンやダリウスよりも若くて腕の立つ日本人の殺し屋ゼントが現れ、情報の入ったカバンを狙い3人を執拗に追跡。

何とか追跡を撒いた3人は隠れ場所を求めて、ブライスの義父のシニアのもとへ身を寄せました。

シニアは伝説のボディガードとして90歳を越えても活躍しており、ブライスがペンナイフを使っていることを冷笑しながらも3人を暖かく迎え入れます。

シニアはソニアとダリウスにブライスが優柔不断な性格ゆえに母親を死なせてしまった過去を持っていることを話すと、母を目の前で失った過去を持つソニアはブライスを心配しました。

3人はシニアによって隠れ家を案内されますが、隠れ家についたところで睡眠薬入りの矢で射られてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』のネタバレ・結末の記載がございます。『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

拉致された3人の前にアリストテレスが現れると、ソニアはアリストテレスが過去に男女の関係にありながらも事故に遭い、記憶喪失となったことで疎遠になってしまった相手であることを思い出します。

その一方でダリウスとブライスは拷問部屋に連れて行かれますが、2人の掛け合いに拷問官が気を取られた隙に脱出。

2人はアリストテレスの館から脱出を目前としますが、子供を欲しがっていたにも関わらず妊娠できずに悩んでいたソニアに対しダリウスが睾丸を損傷し無精子症になったことを黙っていたことをアリストテレスに暴露され、ダリウスはソニアに捨てられてしまいます。

ダリウスは館を脱出したものの生きる気力を失い、一方でブライスはシニアの家に助けを求めに行きますがシニアがアリストテレスのボディガードであることを知り、「お前は私の恥だ」と切り捨てられてしまいます。

地元のバーで荒れる2人でしたが、ソニアから電話で記憶喪失になったことや別れを切り出したことがすべてウソだったと聞かされたダリウスは嘘に気づき、テロの実行後にソニアを殺そうとしているアリストテレスから彼女を救うことを決意。

義父に裏切られた上に見捨てられたことで自暴自棄となるブライスに発破をかけるダリウスは、インターポールのクロウリーに協力を要請し、アリストテレスが海底の送電網を使ってサージ攻撃を仕掛けるために停泊させているクルーザーに2人で乗り込みました。

ブライスはマグヌソンを倒しダリウスはゼントを殺害すると、アリストテレスと対峙しますがその場にアリストテレスを護衛するシニアが現れ、ブライスはシニア、ダリウスはアリストテレスと攻防となります。

アリストテレスによる機関銃の乱射で脚を負傷したダリウスは追い詰められますが、アリストテレスの部下を殺害したソニアが駆けつけるとダリウスはソニアと2人でアリストテレスを射殺。

一方で90歳を越えてもなお恐ろしい実力を持つシニアに押されるブライスでしたが、プロだからこそ想像もしなかったペンナイフによる奇襲によってシニアに致命傷を負わせます。

敵を排除し終えたブライスは手動でサージ攻撃を止めると、爆発するクルーザーからダリウスとソニアを連れて海へ飛び込みました。

全てが終わり、アリストテレスによるテロを防いだ功績でボビーはクロウリーからボストンへの栄転を約束されます。

ボビーは3人の前に現れると全国指名手配を解除することと、新婚旅行の続きとしてダリウスとソニアにクルーザーをプレゼントします。

さらにソニアから頼まれていたものとしてブライスに署名を求めると、ブライスはその紙が警護資格復活の紙だと思い深く考えずに署名。

しかし、ソニアの反応を見て訝しむブライスとダリウスは、その紙がブライスをソニアとダリウスの養子にするという養子縁組届であることを知り驚愕します。

数日後、全国指名手配が解かれるまでの間、クルーザー上にいることを指示されたソニアとダリウスは昼間から性行為に勤しんでいました。

その様子を呆然と見つめるブライスは、物憂げにクルーザーから海へと飛び降りました。

スポンサーリンク

映画『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』の感想と評価


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

スケールアップしたド派手なアクションが魅了する

イギリスやオランダのハーグを舞台に、バイクやトラックによる暴走と激しい銃撃戦で街をめちゃくちゃにした『ヒットマンズ・ボディガード』。

続編となる本作では前作の破壊の数々をさらに上回る、怒涛の暴れっぷりを見せつけてくれます。

舞台を地中海に移した本作では海の美しさを映像によって引き立てる一方で、アントニオ・バンデラス演じるアリストテレスが海を舞台にどす黒い計画を立案。

しかし、主人公のブライスとキンケイド夫妻が美しさもどす黒さも全てを吹き飛ばす銃弾と、爆発の嵐を見せ付けてくれる、勢い重視のアクションエンターテインメント作品となっていました。

命を狙われる殺し屋と精神を疲弊するボディガード


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

一流ボディガードとしてのキャリアを殺し屋のダリウスに傷つけられて以降、神経質な性格がより際立ってしまったブライス。

進行した心の病の療養のため、地中海で何にも縛られないバカンスを楽しむことにしたブライスのもとにトラブル満載のダリウスの妻ソニアが現れます。

破天荒かつ無鉄砲な殺し屋夫婦と、何事にも計画と推敲を大切にするボディガード。

派手に行動するダリウスの命と、徐々にやけくそになっていくブライスの精神は果たして無事なまま巨悪を打ち破ることは出来るのか。

コメディ要素も前作よりさらパワーアップした本作は凸凹すぎるトリオの掛け合いが楽しめるだけでなく、衝撃的すぎるラストが鑑賞者を笑いに包むこと間違いなしの作品でした。

まとめ


(C)2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

パトリック・ヒューズ監督は「ライアン・レイノルズが演じたブライスが苦しむ姿を見るのは楽しい」と語り、本作のさらなる続編製作とシリーズ化にも意欲を見せました。

得意の罵倒ワードを連発するサミュエル・L・ジャクソン、巻き込まれ型の主人公を演じさせたら右に出るものはいないライアン・レイノルズ、そして人類を優しく見守る『エターナルズ』(2021)の演技とは真逆の罵詈雑言かつ粗野な演技を見せるサルマ・ハエック。

俳優の見たい演技を見せてくれる、笑いもアクションも見応え満載の本作『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』は、エンターテインメントに富んだ映画を観たい人におすすめの作品です。



関連記事

アクション映画

韓国映画『悪女AKUJO』あらすじとキャスト。キム・オクビン紹介

韓国映画『悪女』は2月10日より角川シネマ新宿ほかロードショー! この作品で魅力的な演出を見せたのは、映画『殺人の告白』のチョン・ビョンギル監督。そしてヒロインのスクヒ役は、映画『渇き』に出演したキム …

アクション映画

映画『スカイスクレイパー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『スカイスクレイパー』は、9月21日(金)全国ロードショー。 ハリウッドのトップアクションスター、ドゥエイン・ジョンソンの最新作。 “スカイスクレイパー=“摩天楼”高層建築”をそのまま体現したよう …

アクション映画

映画『レッドホークス』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。トルコ軍全面協力で武装兵器の迫力で見た“仲間を決して見捨てない”という精神

トルコ軍の全面協力で描き、「仲間を決して見捨てない」と叫びたい映画『レッド・ホークス』。 実話をもとにNATO加盟国第2位の兵員規模を誇る軍事大国トルコの、今そこにある危機を描いた戦争アクション映画『 …

アクション映画

映画『パンク侍、切られて候』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『パンク侍、切られて候』は、6月30日(土)より全国ロードショー。 芥川賞作家にしてサブカルチャーのキーパーソン町田康のベストセラー小説を監督石井岳龍、脚本宮藤官九郎という現時点で最高の布陣で映像 …

アクション映画

映画『大脱出3』感想とおすすめアクション内容の解説。スタローンが謎の監獄「悪魔砦」に挑む!

映画『大脱出3』は2019年9月27日より公開 刑務所のセキュリティの専門家にして脱獄のプロ、レイ・ブレスリンが、難攻不落の刑務所に挑むアクションシリーズ第3弾『大脱出3』。 全てが謎の監獄「悪魔砦」 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学