Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/08/13
Update

映画ヒットマンズ ボディガード|ネタバレ結末あらすじと感想評価。キャストたちの個性がNetflixアクションで爆発!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

Netflix映画『ヒットマンズ・ボディガード』

役柄によって様々な演技を見せてくれる名優たち。

そんな名優たちがまさに適役と言える役柄を演じ、ド派手なアクションを披露する作品が日本では映像配信サービス「Netflix」で独占配信中。

今回はアメリカで大ヒットを記録した映画『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)をネタバレあらすじを交えご紹介させていただきます。

映画『ヒットマンズ・ボディガード』の作品情報

【原題】
The Hitman’s Bodyguard

【配信】
2017年(Netflix限定配信)

【監督】
パトリック・ヒューズ

【キャスト】
ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン、ゲイリー・オールドマン、エロディ・ユン、サルマ・ハエック、ジョアキム・デ・アルメイダ

【作品概要】
映像化されていない脚本を登録する会員制サイト「ブラックリスト」の人気投票で上位にランクインした脚本を『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(2014)のパトリック・ヒューズ監督が映像化したアクション映画。

主演を務めたのは「デッドプール」シリーズや『名探偵ピカチュウ』(2019)でお馴染みのライアン・レイノルズと、『パルプ・フィクション』(1994)や「アベンジャーズ」シリーズにも出演する名優サミュエル・L・ジャクソン。

映画『ヒットマンズ・ボディガード』のあらすじとネタバレ

2年前、特別要人警護サービスで華やかな経歴を飾るボディガードのブライスでしたが、日本人武器商人の警護に失敗したことで現在は落ちぶれた人生を送っていました。

しかし、それでも10人規模の相手を1人で倒し、依頼があった要人を確実に保護するなどボディガードとしての腕は衰えていません。

ベラルーシの前大統領のデュコビッチは、政権が覆されるまでの間、自身に反抗する者を家族を殺害した上で投獄するなど独裁の限りを尽くしてきました。

オランダのハーグで行われている国際犯罪に対する裁判でその罪を問われるデュコビッチでしたが、デュコビッチに対して不利な証拠を持つ証人をデュコビッチが雇った傭兵が次々と殺害するため検察側は決め手にかけていました。

インターポールは、10ヵ国以上の国で殺人を行なった危険な殺し屋キンケイドがデュコビッチの罪を証明できる証拠を持っていることから、キンケイドの妻ソニアの釈放を条件に彼に証言を求める提案をします。

妻を何よりも愛するキンケイドはこの提案を了承し、キンケイドはイギリスから移送されることになります。

明日午後5時のオランダのハーグで行われる裁判に間に合わせるため27時間以内に現地へと向かう必要があり、ルーセル捜査官を筆頭とした特殊チームがキンケイドを護衛することになりました。

しかし、コベントリー近郊で特殊チームは突如襲撃に遭い、ルーセルとキンケイドを除いた隊員が全員射殺されます。

キンケイドが脚に銃弾を受けるも、キンケイドの強気の反撃によって2人だけは逃げ延びること成功。

インターポールしか知らない護送ルートを予め待ち伏せされていたことでインターポール内にスパイが紛れていることを確信したキンケイドは、ルーセルに部外者に協力を求めるように指示。

ルーセルはかつての恋人であり優秀なボディガードであると信じているブライスを半ば脅迫し協力を要請します。

ルーセルとキンケイドが逃げ込んだ隠れ家に現れたブライスはルーセルからの護衛依頼を聞き拒否しようとします。

2人は恋人でしたが、2年前にブライスが日本人の護衛依頼に失敗したことで、武器商人だった日本人をインターポールが抹殺するために殺し屋を送り込んだのだとルーセルを疑い出したことをきっかけに2人の関係は険悪なものとなっていました。

さらに警護対象が28回も自身の命を狙った殺し屋のキンケイドであると知り、またキンケイドもブライスが護衛役と知ると激昂し2人は殺し合いを始めます。

脚を撃たれていたキンケイドが失血で気を失い殺し合いは終わりますが、ブライスはキンケイドの護衛を受け入れられないままでした。

一方、幽閉されるデュコビッチの下にインターポールの副局長ジャンが現れ、キンケイドの抹殺に成功したらデュコビッチから金をもらう手筈であることをデュコビッチに念を押されます。

ブライスは成功と引き換えに自身をエリートに戻すことを条件にキンケイドの護衛を引き受け、ルーセルは報告のため本部へと帰ります。

ルーセルは上層部に無断でブライスを雇ったことを批難され担当から外されますが、ブライスとキンケイドの動向を知りたいジャンがルーセルをオランダへ送ります。

隠れ家を出てオランダに向かう2人ですが、完璧主義のブライスはその場主義のキンケイドと気が合わず衝突を繰り返します。

しかし、それでも2人は数々の襲撃を乗り越えアムステルダムのブライスの別宅に到着し、ブライスはルーセルに連絡を取ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヒットマンズ・ボディガード』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヒットマンズ・ボディガード』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

キンケイドの思い付きの行動にも対応し彼を守るブライスでしたが、2年前に日本人武器商人を殺害した殺し屋がキンケイドだと知ると激怒し、護衛任務を突如降りてしまいます。

ブライスの護衛がなくなり1人ハーグへと向かうキンケイドでしたが、街中で大量の傭兵に追われ窮地に陥ります。

完璧な護衛を心がけていたブライスはキンケイドの護衛を途中で投げ出すことが出来ず、救出のため傭兵たちをバイクで蹴散らしキンケイドの逃走を成功させますが、ブライスは傭兵たちに捕まってしまいます。

傭兵たちはキンケイドの居場所を突き止めるためブライスを拷問します。

しかし、自身を救ったブライスを救出するためキンケイドが傭兵たちのアジトへと侵入し、ブライスを救いました。

出廷期限が1時間に迫り、2人は多くの敵が待ち構えているハーグに強行突入することを決めます。

追手を二手に分かれ排除した2人は、午後5時ギリギリに裁判所に到着。

証言を始めたキンケイドは、2012年にデュコビッチに政敵の殺害を依頼されたことを多くの人が見守る法廷で話し始めます。

当時からキンケイドはデュコビッチが近隣の村人を虐殺していること知っており、悪人以外を殺害しないルールに抵触するとしてデュコビッチの依頼を断っていました。

当時の依頼内容もデュコビッチの虐殺の証拠もインターネット上に残していたキンケイドの行動によりデュコビッチの有罪はほぼ確定します。

すると突然、デュコビッチが発言を求め、全ての容疑を認める発言をし始めました。

デュコビッチは有罪が確定した際の副案を用意しており、爆弾を乗せたトラックを裁判所にぶつけさせ、裁判所内をパニックに陥れます。

騒動の隙をつき警備員の銃を奪ったデュコビッチは証拠を持つキンケイドに向けて発砲。

しかし、その動向に気づいたブライスがキンケイドの身代わりに銃弾を受けます。

キンケイドの殺害に失敗したデュコビッチはそのまま裁判所の屋上へと逃走。

ブライスを案ずるキンケイドはブライスから「俺は自身の役目を果たしたから、お前も自身の役目を果たせ」と言われ、デュコビッチを追跡。

騒動の中、怪しげな動きを見せるジャンを警戒していたルーセルはブライスの助けもありジャンを確保します。

一方、デュコビッチは部下に近隣病院のドクターヘリを奪わせ、そのヘリを使い国外へ脱出しようとしていました。

しかし、屋上へと辿り着いたキンケイドがヘリを落下させると、デュコビッチを屋上の端に座らせます。

「いくら善業を積んでも自身の罪は消えない」とデュコビッチに言われるキンケイドでしたが、その言葉を笑い流すと「俺のボディガードを撃った時点でお前は終わりだ」と言い放ち、デュコビッチを屋上から蹴り落としました。

階下に戻り、搬送されようとするブライスに話しかけるキンケイド。

任務を果たしてもキンケイドの釈放がありえないことを知るブライスはこの混乱の中で逃げるように促しますが、その気になれば何でもできると言うとキンケイドはソニアの釈放を待つため逮捕されます。

その後、ソニアは釈放され、イギリスの刑務所に入れられたキンケイドは、ソニアとの結婚記念日に脱獄しソニアと再開するのでした。

映画『ヒットマンズ・ボディガード』の感想と評価

映画公開前から名作『ボディガード』(1992)のポスターをライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソンがオマージュし話題となっていた映画『ヒットマンズ・ボディガード』。

本作はアクション映画としてイギリスやオランダの街を活かしたド派手なスケールの銃撃戦やカースタントを見せてくれるだけでなく、俳優たちの殺陣もキレがあり見どころの多い作品。

しかし、何と言っても本作は俳優たちが多くのファンが望むキャラクター性を持つ人物を演じている部分が最大の魅力であり、大ヒットの理由にもなっていると言えます。

主演のライアン・レイノルズは『デッドプール』(2016)以降に顕著となる口数の多い巻き込まれ系の主人公ブライスを演じ、サミュエル・L・ジャクソンは口汚い言葉を多く放つ陽気な殺し屋、そしてゲイリー・オールドマンは『レオン』(1994)や『エアフォース・ワン』(1997)で見せた恐怖感の強い悪役を演じています。

各俳優の個性にもぴったりと合ったキャスティングと俳優たちの渾身の演技が映える作品でした。

まとめ

いかがでしたか。

本作は本国での大ヒットを受けてアントニオ・バンデラス、モーガン・フリーマン、フランク・グリロなどの人気俳優を新たに迎え入れた続編の製作が進行中。

俳優好きにもアクション好きにもたまらない映画『ヒットマンズ・ボディガード』をぜひ「Netflix」で鑑賞してみてください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『Noise ノイズ』感想評価と内容解説。20代の松本優作監督が切り取る現代社会の問題点

映画『Noise ノイズ』は、2019年3月1日からテアトル新宿ほかので順次公開 立場の違う若者3人が、それぞれの理由で集まる街、秋葉原。 若者たち、その周囲の大人の視点から、現代社会のの問題点を問い …

ヒューマンドラマ映画

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』感想評価と解説レビュー。大人の恋愛ロマンスは長きに渡り熟成した想いを告げる

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』は2021年1月15日より全国順次ロードショー。 映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』は、アルツハイマーによって記憶を失くしたかつての恋人に43年の時を経て愛を伝える感 …

ヒューマンドラマ映画

映画『グラントリノ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【クリントイーストウッド代表作】

孤独な老人と人生に迷う少年。2人の出会いが生んだ感動の物語。 クリント・イーストウッドの最高到達点『グラン・トリノ』をご紹介します。 CONTENTS映画『グラン・トリノ』の作品情報映画『グラン・トリ …

ヒューマンドラマ映画

『秋刀魚の味』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。巨星・小津安二郎の感動の遺作で笠智衆×岩下志麻は父と娘を演じる

父と娘の切ない関係を描く小津の真骨頂 老いと孤独をテーマに、妻に先立たれた初老の主人公と結婚適齢期を迎えた娘の心情を、ユーモラスに繊細に描いた映画『秋刀魚の味』。 『東京物語』(1953)の日本映画界 …

ヒューマンドラマ映画

映画『水を抱く女』感想評価と内容解説。ラスト結末のどんでん返しに注目!ウンディーネの意味の考察や“その愛の形”を解く

映画『水を抱く女』は2021年3月26日(金)より全国順次ロードショー! 「水」で始まる出会い、そして別れから「愛」の一つの側面を描いた映画『水を抱く女』。 スイスの医師、錬金術師パラケルススが説く四 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学