Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/02/12
Update

岡部哲也監督の映画『歯まん』感想と評価解説。この世の“絶望”を背負う遥香の宿命

  • Writer :
  • 加賀谷健

世界各国の映画祭に正式出品され、ショッキングな内容から新宿シネマカリテの「カリコレ2018」上映時にも話題となった映画『歯まん』

待望の作品が2019年3月2日(土)からアップリンク渋谷にて公開されます。

そんな衝撃作の『歯まん』のあらすじと、作品の見どころをご紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『歯まん』の作品情報


(C)2015「歯まん」

【公開】
2019年3月2日(日本映画)

【脚本・監督】
岡部哲也

【キャスト】
馬場野々香、中村無何有、小島祐輔、水井真希、宇野祥平

【作品概要】
モントリオール世界映画祭、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭などの映画祭で話題沸騰。

石井裕也監督や豊島圭祐監督の現場で助監督を務めた岡部哲也監督が、満を持して書き下ろし脚本を映像化。

インディーズ界からも珠玉の俳優陣が揃い、衝撃のラブストーリーが綴られます。

映画『歯まん』のあらすじ


(C)2015「歯まん」

ホテルの一室。高校生のカップルが初めてのセックスに臨んでいます。

遥香(馬場野々香)と洋一(中村無何有)は互いに身体を求め合い、体位を変えながら、息を荒げていきます。

そのまま絶頂に達すると思った瞬間でした。妙に鈍い音が響き、あたりはたちまち鮮血で染め上げられるのです。

洋一は激痛に悶えますが、茫然自失の遥香は血しぶきを顔に浴び続けます。鮮血は二人の交接部分からなおも噴き上げています。

我に返った遥香の呼びかけに洋一は応えません。すでに息はありませんでした。

遥香は、鏡に映る自分の姿に思わず恐怖します。「私は初めてのセックスで人を殺した。愛する人を」遥香はやっと状況を把握するのでした。

翌朝、ホテルでの出来事がすぐにニュースになっていました。

病院に搬送された洋一はそのまま息を引き取ったのです。遥香は生きた心地がしません。「人殺し」という言葉が頭をよぎり、幻聴や幻覚に悩まされ、悪夢をみるようになります。

その日から彼女は学校へも通わなくなりました。遥香はあまりの不安と苦しみからカフェで突然泣き出してしまいます。

すると近くの席にいた男性がそっと駆け寄ってきてハンカチを渡してくれるのです。男性はすぐに店を出ていき、遥香はハンカチで涙を拭います。


(C)2015「歯まん」

学校へは行かずに道草をしてやり過ごすを日々を続けて、何日かが過ぎたある日、橋の上で悲しみに暮れていると、トラックで通りかかった八百屋の男(宇野祥平)が話しかけてきます。

初めは心配する様子の男でしたが、遥香を無理矢理車に乗せ、連れ去ります。豹変した男は山奥で遥香を犯すのです。遥香は泣き叫びます。しかしその抵抗むなしく、女性器が再び男性器を食いちぎるのでした。

八百屋の死体を引きずっていく遥香。相当な重量があり、なかなか前へ進めません。そこへまたしてもトラックが通りかかります。


(C)2015「歯まん」

しかし今度は、カフェでハンカチをくれたあの男性でした。帰り道だからといって、何も理由を聞かずに死体を一緒に運び始める祐介(小島祐輔)。

共犯関係になった二人は急速に心を通わせていきます。遥香は束の間の幸せを過ごしますが、好きな人を殺してしまうという宿命がこの後、彼女をさらに苦しめていくことになるのでした……。

スポンサーリンク

映画『歯まん』の感想と評価


(C)2015「歯まん」

『歯まん』で描かれる深遠なテーマ

 

「人を殺したいほど愛する。殺されてもいいほど誰かを愛する。そういった究極的な愛に憧れていたんです」
(岡部哲也監督 UPLINK渋谷先行上映後舞台挨拶より引用)

とにかく性描写に拘ったという岡部哲也監督のこのコメントからすぐに思い至るのは、フランスの哲学者ジョルジュ・バタイユによる“エロス”の発想です。

バタイユは「エロティシズム」を「死におけるまで生を称えること」(ジョルジュ・バタイユ『エロティシズム』)と定義しています。

それは、わたしたちの生がもともと死によって貫かれているということを意味します。相手を殺したいほど愛しているというような表現があるように、人間の生の最たる形である愛は、その対極にある死と表裏一体なのです。

性行為の時、わたしたちは日常では得られない快楽を感じ、今まさに生きていると実感するわけですが、快楽が絶頂を迎えるとエネルギーが放出され、今度は極度の疲労感を覚えます。それはまさしく死に近い感覚と言え、生の充溢は死への強い欲求(タナトス)を導くのです。

絶頂を迎えると女性器で男性器を食いちぎってしまう遥香は相手に文字通りの死を与えることになります。

しかしそれこそが監督が思い描いた「究極の愛」(エロスとタナトス)なのです。本作では人間という存在の“生と死”のあり方そのものを問い続けていきます。

少女の受難劇

参考映像:大島渚監督の『愛のコリーダ』(1976)


本作に似たモチーフをもつ作品に『愛のコリーダ』(1976)があります。

1936年に実際に起きた「阿部定事件」を扱った巨匠・大島渚監督の代表作です。

愛人男性を独り占めしたいがために、相手の局部を切断してしまいます。ショッキングな内容では両作の間には通じるものがありますが、“愛の闘牛”(コリーダ)となった定と、本作の遥香ではキャラクターに大きな相違があるでしょう。

定は徹底して男性器に拘る愛欲に駆り立てられているのに対して、遥香は男性器に対する強い恐怖を抱いています。

いずれの場合も、所謂“ペニス羨望”と呼べる心理状態と言えるでしょう。これはオーストリアの精神医学者ジークムント・フロイトが提唱した学説です。

先ほどのエロスとタナトスという概念もフロイトによるものですが、ペニス羨望は、女性がもともと自分にはない男性器、つまりペニスを追い求める心理のことを指し、出産を経験すると、生まれてきた子どもがペニスの代理物となることで欲望は自然となくなっていくと言われています。

定の場合は母親になることでペニス羨望を解消することが出来るかもしれませんが、そもそも生殖が困難である遥香には終止符の打ちようがありません。そんな終りなき“受難劇”が意味するものとは何でしょうか。

この世の“絶望”を背負う主人公の宿命


(C)2015「歯まん」

遥香の孤独にはまるで希望がありません。誰かを愛したくても愛せない。しかしこれは別に彼女にだけ限ったことではなく、すべての人に同じく言えることです。

わたしたちは、日々、日常の雑事に精神を擦り減らしながらも、一方で精神の深い部分では正常を保つために、自分に寄り添ってくれる優しい“他者”をもとめています。

わたしという存在は一人でいることは出来ないのです。

ではもし思うような相手が見つからなかった時にはどうなってしまうのでしょう。

“かけがえのない人”がいないことに焦りを感じ、いつしかそれがオブセッションとなってわたしたちの精神をさらに疲弊させていきます。

ここで思い出されるのは、祐介と出会った直後に遥香の前に現れた、祐介の姉を名乗るみどりという女性が語っていたことです。

セックスをしている時だけ、自分は必要とされていて、この世界と繋がっているという実感が湧いてくる。それはまさに遥香にも言えることでしたが、彼女の場合、そうした繋がりが自らの宿命によっていつでも断ち切られてしまうのです。

自分はこの世界には位置づけられていないという感覚。絶対的な孤独を強いられている遥香というキャラクターは、この世の“絶望”を一身に背負う、マージナルな存在として生きていく他ないのです。

まとめ


(C)2015「歯まん」

罪のない一人の少女のあまりに孤独な姿を目撃したわたしたちは、何とか彼女に愛を知ってほしいと願わずにはいられません。

主人公の魂の彷徨に寄り添う内に、それまでおぼろげだった愛の謎が解きほぐされていく映画体験には不思議な感動があります。それこそが監督の真の狙いであったはずです。

この作品は観客の“祈り”と“信頼”によって支えられているのです。そうして初めて、『歯まん』は映画としての価値を自ずと持ち始めるのではないかと思います。

岡部哲也監督の初監督作品『歯まん』は2019年3月2日(土)よりアップリンク渋谷ほかで全国順次公開!


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『東京クルド』内容/公開日/上映館。日本で難民申請を続ける青年を5年以上取材したドキュメンタリー

夢みてしまった。絶望の国で——— 日本で生きるふたりのクルド人青年を5年以上取材した、日向史有監督のドキュメンタリー映画『東京クルド』。 (C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC. …

ヒューマンドラマ映画

映画『レディ・バード』あらすじとキャスト一覧!日本公開の劇場はどこ?

第90回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の5部門にノミネートされた、『レディ・バード』がいよいよ2018年6月1日より、TOHOシネマズシャンテ他で全国順次公開されます! …

ヒューマンドラマ映画

映画『母という名の女』あらすじと感想レビュー。上映館情報も

映画『母という名の女』は、6月16日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開。 メキシコのリゾート地区にあるバジャルタ。海辺に建つ別荘には2人きりで住む姉妹のもとに、長い間疎遠になっていた美しい母親は …

ヒューマンドラマ映画

映画『町田くんの世界』あらすじネタバレと感想。2019年ベスト級の人間賛歌を劇場で!

映画『町田くんの世界』は2019年6月7日(金)より全国ロードショー 安藤ゆきの同題コミックを『舟を編む』の石井裕也監督が映画化。 主演のふたりにはオーディションで細田佳央太、関水渚というほとんど演技 …

ヒューマンドラマ映画

映画『パウロ愛と赦しの物語』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

紀元67年、皇帝ネロがキリスト教徒たちを迫害していたローマ時代。 ローマの街の放火の首謀者として捕まり、獄中から非暴力の愛を叫び続けた使徒パウロのことを、同じ牢の中で寄り添い、彼の言葉を民衆に伝えるた …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学