Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒトラーと戦った22日間』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

1943年に、ナチスの収容所ソビボルで実際に起きた反乱を描く映画『ヒトラーと戦った22日間』は、2018年9月8日より全国公開中。

歴史上あまり語られる事がない、命がけの脱出計画に挑んだ人々を描く、本作をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ヒトラーと戦った22日間』の作品情報


(C)Cinema Production

【公開】
2018年9月8日(ロシア・ドイツ・リトアニア・ポーランド合作映画)

【原題】
Sobibor

【監督】
コンスタンチン・ハベンスキー

【キャスト】
コンスタンチン・ハベンスキー、クリストファー・ランバート、フェリス・ヤンケリ、ダイニュス・カズラウスカス、マリア・コジェーブニコワ、セルゲイ・ゴディン、ロマーン・アゲエフ、ゲラ・メスヒ、ミハリナ・オルシャンスカ、イワン・ズロビン、ファビアン・コチェンツキ、ウォルフガング・キャニー、カツペル・オルシェフスキ

【作品概要】
ソビボル収容所での、反乱の先頭に立ったアレクサンドル・ペチェルスキーを中心に、収容所での異常な実態や、脱出計画を詳細に描いたドラマ。

ロシアの国民的な俳優、コンスタンチン・ハベンスキーが脚本と主演、そして初監督を務め、ロシアでは大ヒットを記録。

映画『ヒトラーと戦った22日間』あらすじ


(C)Cinema Production
ナチスの絶滅収容所ソビボル、ここに多くのユダヤ人が集められます。

ソビボルは、新たな生活を開始する場所と言われていましたが、ほとんどのユダヤ人は到着後、数時間でガス室に送られ命を落とし、生き残った者は、ナチスの為に死ぬまで強制労働を強いられる、地獄のような場所でした。

ここからの脱出を計画している、反乱グループのリーダーであるレオは、グループの中に軍人がいない事を危惧し、なかなか計画が実行できないでいました。

ですが、新たに収容されたユダヤ人の中に、ソ連軍捕虜として収容された、ユダヤ系ロシア人の軍人サーシャがいる事を知ります。

サーシャは、レオから反乱軍の仲間に誘われますが、これを拒否します。

ある日、農作業を担当していた数人のユダヤ人が、収容所からの脱出を決行しますが、全員射殺された後に、収容所にいるユダヤ人を10人に1人射殺するという罰則が与えられます。

まるでゲームを楽しむように数字を数え、10人目のユダヤ人を次々に射殺するナチス兵。

サーシャや反乱グループは、何もできず耐えるしかありませんでした。

一方ナチス親衛隊曹長、フレンツェルを始めとするナチス将校達は、ユダヤ人への体罰や、少しでも反抗的な者は容赦なく射殺するなど、恐怖により収容所を支配していました。

別の収容所で脱出を図ったサーシャが生きている事を知ったフレンツェルは、サーシャに目を付けるようになります。

サーシャを反乱軍に加えたいレオは、夜に宿舎を出てサーシャと密会、説得を続けます。

しかし、レオ達の動きを察知した、ユダヤ人の監視隊に見つかりその場で暴行を受けます。

再度脱走を図る者がいれば、自分たちの命も危うい監視隊もまた、自分の命を守る為に必死だったのです。

サーシャが、収容所に収監されて12日目、ソビボルに列車が到着します。

列車の中はユダヤ人の死体の山でした。

中には命のある者もいましたが、ナチス将校のワーグナーに射撃の的にされ絶命します。

眼の前で同胞が、次々と殺される光景にサーシャは反乱を決意します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヒトラーと戦った22日間』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヒトラーと戦った22日間』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

サーシャが収容されて21日目、反乱軍に参加したサーシャは、ナチス将校を1人ずつ連れ出して、始末していく作戦を計画します。

ナチス将校を連れ出す役に、靴磨きの少年トマスが名乗りを上げます。

計画の目標は「収容されたユダヤ人全員の脱出」、サーシャがその事を確認した時に、集合のサイレンが鳴ります。

収容所の中央に整列したサーシャ達の前に、他の収容所を担当しているナチス将校達が現れます。

その夜、ソビボルで開かれた宴会では、ナチス将校が余興としてユダヤ人を馬にし、将校を乗せた荷台を引かせるレースを開催します。

レースに負けたり、力尽きたりしたユダヤ人は、その場で射殺され、将校達は次のユダヤ人を指名します。

他にも無意味な鞭打ちや、火炙りなどが行われていました。

この光景に我慢ができなくなったサーシャは、自ら荷台を出しフレンツェルを乗せ、一晩中走る事で、将校達の注意を自分に惹きつけます。

朝日が昇り、将校達の宴会は終了。

他の収容所の将校達が帰った後には、死体の山が転がっており、サーシャも極度の疲労から動けなくなっていました。

サーシャが収容されて22日目、反乱決行当日。

トマスが連れ出したワーグナーを、サーシャが殺害した事を皮切りに、反乱軍が次々と将校達を亡き者にしていきます。

異変を察知したフレンツェルは、集合のサイレンを鳴らしますが、反乱軍の1人に狙撃されます。

倒れたフレンツェルをキッカケに、レオの合図と共にユダヤ人達が一斉に脱走、ナチス兵との銃撃戦で数名が命を落としながらも、収容されていたユダヤ人、全員の脱走に成功します。

狙撃され動けなくなったフレンツェルは、その光景を、ただ眺める事しかできませんでした。

スポンサーリンク

映画『ヒトラーと戦った22日間』感想と評価


(C)Cinema Production
1943年10月23日、ソビボル収容所で行われた、命がけの脱出計画を描いた作品です。

ソビボル収容所からの集団脱走は、ナチスがこの事実を隠蔽したとも言われ、ほとんど知られておりません。

本作は、アレクサンドル・ペチェルスキー(サーシャ)の回顧録や、家族の話を基に製作されています。

映画開始後、序盤から次々と人が殺されたり、体罰を受けたりする目を覆いたくなるような場面が続き、その状況に立ち向かう術を持たないサーシャの、葛藤や怒りが描かれます。

クライマックスでは、サーシャがナチス将校のワーグナーを、必要以上に痛めつける場面で、怒りが爆発した事を表現し、そこから脱走計画が始まりますが、そこに爽快感は無く、仲間が次々と命を落としていく辛いシーンが続きます。

また、ナチス将校達も、あえて非情になろうとするがあまり、異常な精神状態になってしまっており、映画はその内面も、何気ない演出で表現しています。

フレンツェルを演じた、クリストファー・ランバートは「悪そのものというよりは、迷い、見失ってしまった男」とフレンツェルを評しており、そこに魅力を感じた事を語っています。

この作品が、善と悪を表現したのではなく、戦争という異常な環境に巻き込まれた人達の、悲劇を描いた事は間違いないでしょう。

作中で「お前は建設現場で働いていた」「私は元、物理教師」など、戦争前は何者であったかを語る台詞があり、日常が破壊され、異常な状況となってしまった悲劇を、より強調しています。

まとめ


(C)Cinema Production
冒頭から、ショッキングなシーンが続く本作は、異常な状況に置かれた人達の、極限の心理状況を見事に描いています。

脱出計画を実行した当日、素人の集まりである反乱軍が、ナチスの将校と戦う事への落ち着かない様子や、戦闘経験のあるサーシャですら、鬼気迫る表情を見せており、緊迫感が観客にも伝わってきます。

また、収容所を、絶対的な恐怖で統治しなければならないフレンツェルも、人間的な迷いを見せ「本当はこんな事はしたくない」という心情が伝わってきます。

映画のラストでは、600人が脱出に挑み、無事に逃げたのは半分以下である事が語られます。

サーシャは、その後最前線で戦い続け、フレンツェルは脱走の責任を取らされ、終身刑となりました。

皆、戦争という悲劇に巻き込まれた人達で、戦争という異常な空気の恐ろしさを、本作は容赦なく突きつけてきます。

世界的にアンバランスな情勢が続く今こそ、平和であるという事の素晴らしさを、あらためて噛み締めたいものです。

映画『ヒトラーと戦った22日間』は、2018年9月8日より全国公開中です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ミッドナイトスワン|凪沙の死と病気の原因は?ネタバレ含め映画版・小説版劇中描写の紹介を交えて考察

映画『ミッドナイトスワン』は2020年9月25日(金)より全国にて絶賛公開中! 俳優・草彅剛を主演に迎え、『下衆の愛』(2016)の内田英治監督が自身の手がけたオリジナル脚本をもとに制作した映画『ミッ …

ヒューマンドラマ映画

『ある少年の告白』ネタバレ感想。映画の結末で殻を破ることが出来た人間たちの可能性を示唆

NYタイムズ紙がベストセラーに選んだ 胸打つ衝撃の実話を映画化! 今もなお、アメリカ中西部、南部に残る同性愛矯正施設。同性愛を克服するため施設に入れられた少年の体験と、本当の愛とは? ルーカス・ヘッジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『エジソンズ・ゲーム』ネタバレ感想と考察評価。電流戦争を起こしたエジソンと実業家ウェスティングハウスの激しいビジネス闘争

エジソンvsウェスティングハウス。電気産業の裏で繰り広げられる熾烈な闘い 電気による新時代の誕生と共に天才発明家とカリスマ実業家の間で繰り広げられた「電流戦争」を描いた、映画『エジソンズ・ゲーム』。本 …

ヒューマンドラマ映画

笠松将映画『このまちで暮らせば』あらすじとキャスト。公開される劇場は

映画『このまちで暮らせば』は、2018年7月14日(土)より、新宿K’scinemaにて1週間限定ロードショー。 熊本県にある林業の町・南小国町を舞台に、親子の絆と人々が未来に向かって歩む姿を、たくま …

ヒューマンドラマ映画

【犯罪小説集】あらすじネタバレ。映画『楽園』として綾野剛×佐藤浩市らキャスト共演

動機とは、時に些細な出来事から生まれるもの。 誰の心にも潜むもの。 これまで素晴らしい数々の賞を受賞してきた人気小説家・吉田修一の短編集『犯罪小説集』が、綾野剛、杉咲花、佐藤浩市など豪華キャストで実写 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学