Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/12/01
Update

映画『親密な他人』あらすじ感想と評価解説。ラストにて観る者に想像させた“愛か狂気か歪んだ母性愛”を女優 黒沢あすかが巧みに演じる

  • Writer :
  • からさわゆみこ

第34回東京国際映画祭、上映作品『親密な他人』2022年春公開予定

1年前に行方不明になった息子を探し続けるシングルマザーのもとに、特殊詐欺グループの魔の手が忍び寄り、息子の消息をほのめかす青年が現れる。彼女は彼の言葉を信じ、なんとか情報を得ようとしますが……騙し騙された果てに明らかになる、驚愕の真実とは?

映画『親密な他人』はコロナ禍の東京を舞台に、騙そうとしている青年と騙される女性の間に芽生える、奇妙な男女愛を描いた心理スリラー映画です。

監督の中村真夕は16歳で単身ロンドンへ渡りのちに渡米。ニューヨーク大学大学院で映画学を学んだのち2006年に『ハリヨの夏』で監督デビューし、『ナオトひとりっきり』(2015)、『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』(2020)など、ドキュメンタリー映画にて国内外映画祭から高い評価を得ています。

最新作となる本作は、2021年11月に開催された、第34回東京国際映画祭の「Nippon Cinema Now」部門にて、プレミア上映された作品です。

スポンサーリンク

映画『親密な他人』の作品情報


(C)2021 シグロ/Omphalos Pictures

【公開】
2022年(日本映画)

【英題】
Intimate Stranger

【監督・脚本】
中村真夕

【キャスト】
黒沢あすか、神尾楓珠、上村侑、尚玄、佐野史郎、丘みつ子

【作品概要】
行方不明の息子を探す石川恵を演じるのは、主演作『六月の蛇』(2003)で国内外の映画祭で女優賞を受賞して注目を浴び、園子温監督作『冷たい熱帯魚』(2010)や、マーティン・スコセッシ監督作『沈黙 サイレンス』(2016)など、注目作に出演をした黒沢あすか。

行方不明の息子を知っていると、恵に接触する青年の井上雄二には、本作と同様第34回東京国際映画祭の「Nippon Cinema Now」部門に出品された、『彼女が好きなものは』(2021)で初主演を務めた神尾楓珠が演じます。

共演には『許された子どもたち』(2020)で主演を務め、第75回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞受賞した、上村侑のほか、佐野史郎、丘みつ子といったベテラン俳優が、時代を象徴する役で出演します。

映画『親密な他人』のあらすじ


(C)2021 シグロ/Omphalos Pictures

ベビー用品の専門店で販売員として働く石川恵は、行方不明になった息子、心平の帰りを待ち続け、1年が経とうとしていました。

チェストに心平の写真を飾り、行方不明者の情報を掲示板で募り、祈る思いで日々をすごしていました。

ある日、そんな彼女のもとに、心平の消息を知っているという男から連絡が入ります。彼はネットカフェをねぐらにする、20歳の井上雄二という青年です。

雄二は心平の私物を所有していて、それを恵に渡しながら信用を強めていきます。恵は心平の行方を探る中、雄二には行く宛てがないと感づき、しばらく息子の部屋に居てもいいと言い、奇妙な共同生活が始まります。

しだいに2人は外見上は親子のよう見えながら、雄二に接する時の恵は恋人を愛でるような態度にも見え、不思議な関係へとなっていきます。

しかし、恵に近づいた雄二には隠された目的があり、一方の恵にも、ひた隠しにしている秘密を抱えていました。

スポンサーリンク

映画『親密な他人』の感想と評価


(C)2021 シグロ/Omphalos Pictures

映画『親密な他人』の中村真夕監督は、ニューヨークと日本で生活をし、国際的な感性を持ち合わせつつ、ドキュメンタリー作品を多く手がけている、彼女ならではの着目点と発想が、「実話物?」と思わせるリアルさを感じさせます。

多くの人々が新型コロナウィルスによって、非日常となった世の中にあって、「幸せ」は身近にあると気づかされてきました。

ところが本作を観ると過去に心を支配されたまま、閉塞感の中でもがき苦しんでいる人がいることにも気づかされます。

世間に取り残された、孤独な中年女性と20歳の青年は出会ってしまいました。それはある意味、“無償の愛”に憧れてきた二人が、必然的に出会ったとも見れます。

「愛か狂気か」歪んだ母性愛とは


(C)2021 シグロ/Omphalos Pictures

主人公の石川恵は、失踪してしまった息子の安否を気にしながらも、息子の情報を持っている雄二に、その面影を見てしまいます。

副題の「愛か狂気か」には、日本(アジア人)の母親にみられる、“息子”に対する愛情のかけかたに、特殊さがあることを示しています

中村真夕監督はイギリスやニューヨークで14年間暮らし、帰国した際に驚いたのが、母親の息子に対する依存愛の強さだったと話します。

欧米では子供たちに自立を促す傾向が強いからでしょう。特に18歳を過ぎれば“大人”と見なされる社会なので、干渉することが少なくなるからだと思われます。

また近年、日本で横行する“特殊詐欺犯罪”も、母親の愛情を逆手にとるように、息子になりすまし多額の現金を騙し取るパターンが多いことからも、“息子”への異常なまでの執着を感じます。

また、逆に母親によるネグレクトも問題視されている昨今、親からの関心が薄い青少年が、犯罪に手を染めてしまう要因の1つでもあるように、この作品では描かれています。

母親にみられる「母性」と「女」という“2面性”を演じたのが、エキセントリックな演技を得意とする、黒沢あすかです。

中村監督は黒沢あすかに対して「歳を重ねても少女らしさを残し、大人の女性を演じられる女優」と評し、“石川恵”のもつ母親像に重ねたと語ります。

“誰にも言えない”過去の伏線


(C)2021 シグロ/Omphalos Pictures

かつて、歪んだ母性で育てられた息子(マザコン)の代名詞として、“冬彦さん”という言葉が流行語になった時代があります。

“冬彦”とは1992年のテレビドラマ、「ずっとあなたが好きだった」に出てくるマザコン息子です。その役を演じたのが、本作にも出演している佐野史郎です。

このドラマには続編があり、タイトルが「誰にも言えない」(1993)でした。このドラマには冬彦の血を分けた息子、麻利夫が登場しますが彼は、母親の愛情を知らずに育ったという設定でした。

偶然にも“歪んだ母性の母”と、“育児放棄した母”が登場する2つのドラマですが、このドラマを知る人は、佐野史郎が作中で言うセリフや黒沢あすかへの演出など、既視感を覚えるかもしれません。

黒沢あすかが演じた、石川恵の“誰にも言えない”秘密とは何なのでしょうか?彼女には様々な想像が掻き立てられ、何パターンもの女性像が浮かび上がります。

まとめ


(C)2021 シグロ/Omphalos Pictures

映画『親密な他人』の見どころは、“思惑と企て”がすべて解き明かされるラストがあるにもかかわらず、鑑賞後にモヤッと気になる恐怖が潜んでいるところです。

また、話題作への出演が目白押しで、大注目の神尾楓珠が“目力”で演じる、井上雄二役に秘められた、心の闇にも注目してご覧ください。

さらに本作には、もう1つのコンセプトに“大人の女性に観てほしい作品”とあります。

監督はインタビューで40歳半ばを過ぎた主人公を通し、母性と女性の間で揺らぐ母の心理を感じてほしいと語り、今後もそんなリアルな女性を描いた作品を撮りたいと話します。

映画『親密な他人』の劇場公開は2022年春を予定。今後、続々と作品情報が届けられますので、乞うご期待の作品です。






関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『スキャンダル』ネタバレあらすじと感想。実話のセクシャルハラスメント事件を基に女性の生き方を描く

全米最大のTV局FOXニュースを揺るがせた女性キャスターのセクハラ騒動の全貌が明らかに! 2016年に、アメリカで視聴率1位を誇るニュース放送局「FOXニュース」で実際に起きたセクシャルハラスメント事 …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『ローマROMA』あらすじと評価解説。アカデミー賞監督のキュアロンが最も自伝的ヒューマンドラマを描く

2019年、アカデミー賞授賞式が近づいてきました。 今回ピックアップするのはNetflix製作のヒューマンドラマ映画『ROMA/ローマ』です。 静粛な映像美で綴られる本作がなぜこんなにも心を揺さぶるの …

ヒューマンドラマ映画

映画『ぼくが旅に出た理由』ネタバレあらすじ感想と結末のラスト解説。エミール・ハーシュの演技力で感動的かつ“シュールな成長物語”

映画『ぼくが旅に出た理由』は生き別れた兄を探す青年の成長を描いたヒューマンドラマ! 『ぼくが旅に出た理由』は2019年のアメリカ映画で、ラファエル・モンセラーテが監督した作品です。 母を亡くした青年ピ …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』SUMIRE(ヒカリ役)演技評価と感想

映画『サラバ静寂』は、2018年1月27日より渋谷ユーロスペースほか順次全国公開。 キャスティングは『太陽を掴め』の吉村界人を主演のミズト役を務め、共演に『葛城事件』の若葉竜也をトキオ役で起用。なかで …

ヒューマンドラマ映画

映画『しゃぼん玉』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【市原悦子の演技力とは】

今回ご紹介するのは、直木賞作家の乃南アサのベストセラー小説『しゃぼん玉』を映画化した同名の作品。 人気テレビドラマ『相棒』シリーズで長く監督を務めた、東伸児監督の劇場デビュー作でもあり、これまで多数の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学