Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

【ネタバレ】X エックス|あらすじ感想と結末解説の評価。ミアゴス主演で70年代ホラーにオマージュを捧げた殺人鬼ホラー

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

A24が手がけるエクストリームライドホラー

1979年、テキサス。3組のカップルが映画の撮影で向かったのは、殺人鬼の老夫婦が営む牧場でした……。

サスペリア』(2018)で印象的な演技をみせたミア・ゴスを主演に迎え、監督を務めたのは『キャビン・フィーバー2』(2009)、『サクラメント 死の楽園』(2014)などを手掛けてきたタイ・ウェスト。

トビー・フーパー監督の『悪魔のいけにえ』(1974)など、70年代のホラーへのオマージュも込められた新たなホラー映画の誕生です。

スポンサーリンク

映画『X エックス』の作品情報


(C)2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

【公開】
2022年公開(アメリカ映画)

【原題】
X

【監督・脚本】
タイ・ウェスト

【キャスト】
ミア・ゴス、ジェナ・オルテガ、マーティン・ヘンダーソン、ブリタニー・スノウ、オーウェン・キャンベル、スティーブン・ユーア、スコット・メスカディ

【作品概要】
主演を務めたのは、『ニンフォマニアック』二部作(2013)で映画デビューを果たし、『サスペリア』(2019)、『キュア 禁断の隔離病棟』(2016)などに出演したミア・ゴス。

そのほかのキャストに『スクリーム』(2022)のジェナ・オルテガ、『ストレンジャーズ 地獄からの訪問者』(2018)のマーティン・ヘンダーソン、『ピッチ・パーフェクト』シリーズのブリタニー・スノウなど。

映画『X エックス』のあらすじとネタバレ


(C)2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

1979年、テキサス。

女優のマキシーン(ミア・ゴス)は控え室でヤクを吸い、「私はセックスシンボル」と鏡の前の自分に向かって言います。

マキシーンの恋人であり、プロデューサーであるウェイン(マーティン・ヘンダーソン)は、ブロンドの女優・ボビー・リン(ブリタニー・スノウ)と、ベトナム帰還兵で俳優のジャクソン(スコット・メスカディ)とポルノ映画を撮ろうとしています。

監督は自主映画監督の学生RJ(オーウェン・キャンベル)、RJの彼女であるロレイン(ジェナ・オルテガ)も録音係として同行します。

3人のカップルは「農場の娘たち」というポルノ映画を撮るため田舎の農場に向かいます。

農場に向かう途中、車中でボビーはこの映画が成功してお金持ちになったら…と自身の野望を口にします。それぞれがこの映画に野望をかけています。

農場につき、農場主のハワードの家をウェインが訪ねると、ハワード銃を構え何物だと威嚇します。ウェインは慌てながらも電話で話したウェインだと説明します。なんとか誤解が解けたウェインらはハワードに連れられ撮影用に借りた家に案内してもらいます。

荷物を下ろしたマキシーンは二回の窓からこちらをのぞく白髪の老婆の姿を目にし、老婆と目が合います。

ハワードは、体の悪い妻もいるから刺激しないでくれと言い残し家に帰って行きます。撮影することを行っていないのでは、大丈夫なのかとロレインはウェインに聞きますが、後で謝ればいいとウェインは気にしていません。

そして、撮影が始まります。最初に家の中でボビーとジャクソンのシーンを撮影し始めます。

その間にマキシーンは外に出て池で泳ぎます。しかし、その池にはアリゲーターが潜んでいました。陸へと向かうマキシーンの背後を泳ぐアリゲーター……

間一髪で陸に上がったマキシーンはアリゲーターの存在に気づくことなく家の方に戻って行こうとすると、老婆・パールが話しかけ家に招き入れます。

パールはマキシーンの顔を見つめ、他にはない顔、美しいと言い、かつて自分も綺麗だった、踊り子であったと話します。そして夫・ハワードと出会い結婚した話をします、あの頃は私の言うことは何でも聞いてくれた、とも言います。

パールはマキシーンの腰あたりに触れ、マキシーンは何をするの、と驚きます。その時、外で物音がし、ハワードが帰ってきたことに気づいたパールはマキシーンに帰るようにいい、マキシーンに「2人だけの秘密ね」と言います。

どういうことだかわからないマキシーンは戸惑い、恐怖を感じながら皆の元に帰って行きます。慌てて帰ってきたマキシーンに驚きつつもウェインはどこに行っていた、撮影が始まるぞと言います。

気を落ち着かせ、ヘアメイクを直したマキシーンはジャクソンとの撮影に挑みます。その姿を外からパールが眺めていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『X エックス』ネタバレ・結末の記載がございます。『X エックス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

今日の分の撮影を終えた一向は夕食を食べながら撮影のことなど話しています。すると突然ロレインは、最初はポルノ映画なんてと思っていたが、今日の撮影は感動した。私も出演したいと言い出します。

突然ポルノ映画に出たいと言い始めたことにRJは動揺し、そんなの許可できない、脚本だって今更変更できないと言いますが、ロレインは全く引こうとしません。

ウェインが間にはいり、RJを連れて外にでます。決意が固い様子で反対するとさらに意固地になるから撮影した方がいいとウェインはRJに言います。

ロレインは違うんだ、あの子はいい子なんだというRJにウェインは、いい子なんていないと言います。

そして、ロレインは撮影に挑むことに。その夜、皆が寝静まっているなかシャワーを浴びたRJは皆勝手にするがいいと車に乗って逃亡しようとします。すると目の前にパールが現れます。

驚いたRJは、家に戻った方がいい、そこを退いてくれとパールに言いますが、パールは帰るどころか、RJを誘おうとします。RJは拒否します。するとパールは容赦なくナイフをRJに突き刺し、滅多刺しにします。

その頃RJがいないことに気づいたロレインは自分のせいかもしれないと慌てます。起きてきたウェインはロレインを宥め、RJを探しに行きます。

ロレインが探しているとハワードがやってきて妻がいないから見ていないかと聞かれます。そして探すための懐中電灯を地下から探してきてほしいと言われ、探して持って行こうとすると扉が閉められています。

閉じ込められて動揺したロレインは出口はないかと探していると、裸で吊るされたまま亡くなっている男を見つけ叫び取り乱します。

一方、納屋に向かったウェインは釘を踏み、苦しんでいたところ、物音がして壁の穴を除いていたらやってきたパールに目を刺され殺されてしまいます。

物音がして、様子が変だと気づいたジャクソンは外の様子を伺っているとハワードが現れ、妻を探してほしいと言います。

同じ戦場帰りのよしみだと快く承諾したジャクソンでしたが、池の近くを探してもパールの姿はなく、ハワードにそのことを伝えようとするとハワードに射殺されます。

この間きたヒッピーもそうだった、裸同然の格好をして妻を惑わすと忌々しそうにハワードを言います。

何も知らずに寝ているマキシーンの部屋にパールは忍び込み、マキシーンの若くて美しい肌をそっと撫でます。そして隣に添い寝をします。気づかず寝ていたマキシーンでしたが、寝返りをうった際に目をあけ、パールがいることを知ると大きな声で叫びます。

その声にボビーも起き出し、ウェインやジャクソンがいないことに気づき、外に様子を見に行きます。すると池の近くで佇むパールを見つけ、そこにいたら危ないから家に帰るように言います。

しかし、パールはロレインに対し冷たい態度をとり、そのまま池に投げ捨て、アリーゲータに食べさせてしまいます。「ブロンドは嫌いなの」

パールの元にハワードがやってきてあと残っているのはマキシーンだけだと話し、マキシーンを探しに行きますが、マキシーンの姿は見つからず、パールはハワードに性行為をしてくれるよう頼み、心臓は大丈夫だろうかと言いながらハワードも応じます。

マキシーンは、まさにハワードとパールがいるベッドの下に潜んでいました。様子をうかがいながら抜け出したマキシーンはハワードの家の地下にいるロレインを助け出しますが、ロレインは取り乱し、大声で叫びます。

その声に気づいたハワードとパールが駆けつけ、ロレインは撃たれてしまいます。ロレインを運ぼうとしたハワードは、死んだと思っていたロレインが一度息を吹き返したことに驚き、心臓発作を起こしてしまいます。

その隙にマキシーンはウェインの銃でパールを撃とうとしますが、ウェインの銃には弾が入っていなかったのです。そのことを知ったパールはライフルでマキシーンを撃ち、その衝撃で腰を強打してしまいます。

マキシーンは2人の秘密ねといい、お前だっていつか私のようになると罵るパールを轢き殺し、農場を後にします。

スポンサーリンク

映画『X エックス』感想と評価

ミア・ゴスの開花


(C)2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

マキシーンとパールの一人二役を演じたミア・ゴス。

サスペリア』(2018)や『マローボーン家の掟』(2017)、『ニンフォマニアック』二部作(2013)などで印象的な役を演じてきました。

しかし、主演作が公開されるのは今回がはじめてとなります。

「私はセックスシンボル!」と鏡の前の自分に向かってそう告げ、「私らしくない道は許さない」と強い信念と野望を持つマキシーン。

撮影先の農場に向かう車の中で、ボビーは映画を成功させてお金持ちになったら豪邸で真っ裸で寝そべりたいと自身の夢を話します。

そしてマキシーンにあんたの夢は?と問いかけます。

その問いに対して、マキシーンは答えたのか、何と言ったのかは劇中では明かされません。

しかし、プロデューサーであり、恋人でもあるウェインに苦労はもうしたくない、ビッグになりたいと口にしており、ボビー同様巻きシーンも野望を胸に抱いていることがわかります。

農場にやってきたマキシーンら一行の姿を見たパールは、マキシーンには何かがある、他にない美貌を持つといいます。

同じくウェインもマキシーンは他にはないものがあると感じ、マキシーンを映画に出演させることに賭けています。

ボビーらとの会話からウェインは妻と別れ、マキシーンと恋人になったこともわかります。

また、ウェインはRJにいい子なんていないと言う場面があります。

何度もテレビで放映される神への教示を話す男の説教。その男は娘が悪魔によって変わり、家出をしてしまったと話します。

終盤に映し出されたその娘とは、マキシーンのことでした。ウェインが言った“いい子なんていない”という言葉はかつて“いい子”だと思われていたマキシーンの事を指しているのかもしれません。

エロティックさの中にどこかあどけなさや無垢な印象も与えるマキシーンの魅力は、そのままミア・ゴスの魅力とも重なります。

助演で印象を残してきたミア・ゴスの主演作となった映画『X エックス』はホラームービーのヒロインとして、そして女優としてのミア・ゴスの魅力がとてもつまった映画といえます。

更に、RJの恋人であるロレインを演じたジェナ・オルテガの見事なスクリームクイーンっぷりも見逃せません。

ジェナ・オルテガは『スクリーム』(2022)にも抜擢され、今後さらなる活躍が期待できる女優です。

新たな要素


(C)2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

様々なホラー映画のオマージュが見受けられる『X エックス』ですが、本作はそれらを引用しながら新たな要素を加えることで今までにないホラー作品になっています。

ドント・ブリーズ』(2016)では、老人が若者に襲いかかるという、老人を恐怖の対象としたホラーでした。

本作も殺人鬼は老夫婦であり、『ドント・ブリーズ』のような系譜の映画の一つとも言えますが、興味深いのはその動機です。

パールはかつて美しい踊り子でした。その美しさに惹かれたハワードと結婚するも二度の大戦を経験します。

思い描いていた人生ではなかったとパールはマキシーンに話しています。

今でも私は綺麗だ、特別だと思われたいと願いますが、ハワードは心臓を弱くし性行為を行うことが難しくなっていました。

パールは若者相手に性行為を行おうとしますが、老婆の誘いを若者は相手にしません。

拒絶されるとパールは躊躇なく若者を殺し、若い女性は目の敵のようにしています。

いずれお前たちも私のように老いぼれていく…と呪いのように言いながらも、自身が自分の老いを受け入れられないでいるのです。

また、思い通りの人生ではなかったと嘆くパールの姿は強い信念を持ち私らしくない道は許さないと言い放つマキシーンと鏡写しのような存在のようにも見えてくるのです。

まとめ


(C)2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

1979年を舞台に、ポルノ映画の撮影に来た若本たちと老夫婦の殺人鬼という設定は、まさに70代のスラッシャー映画を想起させるような設定です。

ポルノがビデオに移り変わる以前、70〜80年代半ばは、アメリカのポルノ映画の全盛期でした。

同時に、スラッシャーなどのホラー映画の名作が多く誕生した時期とも重なっています。

その時代の映画のオマージュを散りばめつつ新たな要素も盛り込んだ映画『X エックス』は、アトラクションのように楽しめるスラッシャー映画になっています。

更に、本作は三部作として制作予定であり、A24初のシリーズ作品としても期待が高まっています


関連記事

ホラー映画

【来るネタバレ映画解説】霊能者の比嘉琴子(松たか子)は何故ムシを吐いたか。考察で見つけた幼虫の意味とは

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 独特の作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが …

ホラー映画

【ネタバレ】レリック遺物|結末感想と解説考察。映画タイトルの意味とラストで新人監督が描いた“人生の真の恐怖”

認知症の恐怖と喪失感の痛みを描写したホラー映画『レリック-遺物-』 映画『レリック-遺物-』は、日系オーストラリア人のナタリー・エリカ・ジェームズ監督の長編デビュー作。 田舎に住んでいる母親が行方不明 …

ホラー映画

『ゴーストマスター』映画監督トビーフーパーへの敬愛と【スペースバンパイアの結末】にリスペクトした理由を深掘り考察

映画『ゴーストマスター』は2019年12月6日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー! 映像企画発掘コンペ「TSUTAYA CREATERS’PROGRAM FILM 201 …

ホラー映画

Netflix映画『呪われし家に咲く一輪の花』ネタバレ感想と考察。美しいホラーは“私の恐怖”を詩的な展開と真相で描く

見ているのに見えない恐怖が静かに追い込む、真相の正体を目にした時に彼女を襲った衝撃は死に値する恐怖 本作は怖がりな看護師がホラー小説家の介護をするために、人里離れた森の一軒家で住み込みで働き、小説にま …

ホラー映画

映画『ヨコクソン』あらすじ感想と評価解説。韓国ホラーのリメイク版を女優ソヨンヒとソンナウンの共演で描く

韓国ホラー映画『ヨコクソン』は、8月6日(金)よりシネマート新宿とシネマート心斎橋にて公開! 1986年に製作され『女哭声(ヨコクソン)』を、2018年に新たに完全リメイクした、同名の映画『ヨコクソン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学