Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/10/11
Update

ピッチ・パーフェクト ラストステージ|あらすじとキャスト。上映館情報も紹介

  • Writer :
  • バフィー

映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』は10月19日(金)は、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

あの「ピッチ・パーフェクト」シリーズがついに完結!学生から社会人になったベラーズのネクストステージ。

世界中を熱狂させたベラーズの彼女たちは、ちょっぴり大人になって最後のステージを迎えます。

大ヒットを記録した人気ミュージカル・コメディ『ピッチ・パーフェクト』が、3作目にしてついに最終章。シリーズ最高レベルのパフォーマンスは必見です。

スポンサーリンク

映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』の作品情報


(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Pitch Perfect3

【監督】
トリッシュ・シー

【キャスト】
アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン、ブリタニー・スノウ、ヘイリー・スタインフェルド、アレクシス・ナップ、アンナ・キャンプ、ハナ・マエ・リー、クリッシー・フィット、エスター・ディーン、ルビー・ローズ、エリザベス・バンクス、ジョン・リスゴー

【作品概要】
全米でアカペラブームの火付け役となった「ピッチ・パーフェクト」の3弾にして完結編。

監督には元プロダンサーで振付師という異例の経歴を持つトリッシュ・シー、主演は『ラスト5イヤーズ』(2014)のアナ・ケンドリックが務めます。

またパワフルな新キャラクター・カラミティには「ジョン・ウィック」シリーズではアレス役を演じ、2019年からスタートする新ドラマ「バットウーマン」の主演に抜擢されたオーストラリアのモデル、ルビー・ローズが参加するなど、ラストに相応しい豪華な作品に仕上がってます。

トリッシュ・シー監督のプロフィール

トリッシュ・シーは、1976年4月1日生まれ、アメリカ・ワシントンDC出身の映画監督。

プロダンサーや振付師として活躍した後、2006年に米ロックバンド「オーケー・ゴー」のミュージック・ビデオで監督デビューを果たします。

初監督作品にしてグラミー賞の「ベスト・ショート・フォーム・ミュージックビデオ」を受賞したことがきっかけで、名前が知られる様になり、2014年には『ステップ・アップ5』で長編監督デビューを果たしました。

スポンサーリンク

映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』の主なキャスト


Quantrell D.Colbert/© Universal Pictures

アナ・ケンドリック(ベッカ役)のプロフィール

アナ・ケンドリックは、1985年8月9日生まれ、アメリカ・ポートランド出身の女優。

10歳の頃から舞台女優としてのキャリアをスタートさせ、1997年に『High Society』でミュージカルデビューを果たし、この作品で12歳ながらトニー賞にノミネートされました。

2003年にはミュージカル映画『キャンプ』で映画デビューを果たし、「トワイライト」シリーズでジェシカ役として幅広く名前が知られます。

2009年にジョージ・クルーニーと共演した映画『マイレージ、マイライフ』では演技が高く評価され、MTVムービーアワードなど多くの映画賞を受賞・ノミネートされました。

その後も『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団』(2010)や『50/50』(2011)などの話題作に出演。

2012年にシリーズ1作目『ピッチ・パーフェクト』で主演を務めたことで映画界でも歌声に注目が集まり、『ラスト5イヤーズ』(2014)や『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014)などのミュージカル映画にも出演しました。

次回作には声優として参加した映画『トロールズ』(2016)の続編『トロールズ2』(2020)が待機中です。

レベル・ウィルソン(ファット・エミリー役)のプロフィール

レベル・ウィルソン は、1980年3月2日生まれ、オーストラリア・シドニー出身のコメディエンヌ・女優。

ニューサウスウェールズ大学において、法学と演劇を専攻。

2003年に女優のニコール・キッドマンが設立した、若き俳優志望の学生への奨学金を得たことでニューヨークに渡ります。

即興コメディ集団「セカンド・シティ」に所属し、コメディエンヌとして活躍。太った体型を活かした役柄で、地元であるオーストラリアのコメディドラマなどに出演し、女優としても活躍する様になります。

ニコラス・ケイジ主演映画『ゴーストライダー』(2007)で数秒出演したことで、『ゴーストライダー』が映画デビュー作となります。

役名がある映画作品としては、2011年公開の『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』となり、この作品がヒットしたことで一躍、名前が知られる様になり、アメリカのドラマやパラエティ番組にも出演するようになりました。

『ピッチ・パーフェクト』(2012)では演技とパフォーマンスが評価され、MTVムービーアワードなど、数々の映画賞にノミネートされました。

ヘイリー・スタインフェルド(エミリー役)のプロフィール

ヘイリー・スタインフェルド は、1996年12月11日生まれ、アメリカ・カリフォルニア出身の女優・歌手。

11歳の頃から女優としてのキャリアをスタートさせ、長編映画デビュー作となったコーエン兄弟監督作品『トゥルー・グリット』(2010)では、デビュー作であるにも関わらず、演技が高く評価され、14歳にしてアカデミー助演女優賞にノミネートされました。

「ピッチ・パーフェクト」シリーズには、2作目となる『ピッチ・パーフェクト2』(2015)から参加。この作品で披露した歌唱力が評価され、同年に歌手としてCDデビューも果たしました。

2016年に主演を務めた『スウィート17モンスター』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされました。

次回作には「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフ作品『バンブルビー』(2019)、声優を務めたアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019)が待機中です。

映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』のあらすじ

最高の仲間たちと出会い、歌うことの楽しさを分かち合ったアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」のメンバーたち。

世界大会優勝という有終の美を飾り、バーデン大学を卒業した彼女たちはそれぞれの道へと歩み出しました。

しかし、仲間たちと歌うことで輝いていた学生時代からうって変わって、恋も仕事も理想通りにはいかない現実に直面する日々をそれぞれが送っていました。

そんな彼女たちにベラーズ再結成のチャンスが訪れることになりますが、今までは学生相手だったものが縛りがなくなったことで、数々の更なる強敵と出会うことになります。

ベラーズは今までとは違うフィールドで本領を発揮し、頂点に立つことはできるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』の感想と評価


Quantrell D.Colbert/© Universal Pictures

「ピッチ・パーフェクト」シリーズもこれで完結と聞くと、何だか寂しくなってしまいます。

前2作では学生だったベラーズのメンバーたちですが、3作目となる本作では社会人となってます。

現実の厳しい日々を過ごす元メンバーたちは、ベラーズを再結成するのですが、本作では社会人ということで彼女たちそれぞれの人生に様々な事情を抱えています

また今までのアカペラコンテストに参加する学生という縛りが一切なくなり、音楽の世界の現実の厳しさに直面することになります。

そんな様々な葛藤の中でも、ネクストステージに挑戦するベラーズのみんなを映画館で応援しましょう!


Quantrell D.Colbert/© Universal Pictures

ピッチ・パーフェクト」の一番の醍醐味は、使われている楽曲がどう料理されているかという点です。

「ピッチ・パーフェクト」ならではのアレンジ、リミックス、マッシュ・アップ…。

今回は監督のトリッシュ・シーは元プロダンサーでミュージック・ビデオ監督経験もあるということかも、監督ならではの舞台演出に対するセンスは見どころです。

曲選びも物語を盛り上げる素材とも言えますが、「ピッチ・パーフェクト」の曲選びは毎回、センスの良さを感じずにはいられません。

シリーズ最高レベルのパフォーマンスの数々は必見です!!

まとめ


Quantrell D.Colbert/© Universal Pictures

アナ・ケンドリックやヘイリー・スタインフェルドなど歌手やミュージカル経験者といった今までの実力派メンバーたちに加え、シリーズ完結の第3弾では、ライバルチームのメンバーとして初参加するのはオーストラリアのモデルで女優のルビー・ローズ

予告編でも見事な歌声を披露しています。

ルビー・ローズは2019年から『フラッシュ』や『スーパーガール』など DCユニバースドラマの新作としてスタートする『バットウーマン』のバットウーマン役に抜擢されるなど、急上昇女優です。

『ピッチ・パーフェクト2』(2015)ではヘイリー・スタインフェルドが歌手デビューを果たしましたが、今回もこの映画がきっけでネクストブレイクスターは誕生するのでしょうか…。

いろいろな意味で注目必至の映画ですよ。

映画『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』は10月19日(金)は、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

本作が公開される上映情報


Quantrell D.Colbert/© Universal Pictures

【北海道地区】
北海道 札幌シネマフロンティア 10/19(金)〜

【東北地区】
岩手 フォーラム盛岡 順次公開
宮城 TOHOシネマズ仙台 10/19(金)〜
山形 フォーラム山形 順次公開

【関東地区】
埼玉 TOHOシネマズららぽーと富士見 10/19(金)〜

千葉 TOHOシネマズららぽーと船橋 10/19(金)公開〜
千葉 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ 10/19(金)〜

東京 TOHOシネマズ日比谷 10/19(金)〜
東京 TOHOシネマズ新宿 10/19(金)〜
東京 池袋シネマ・ロサ 10/19(金)〜
東京 吉祥寺オデヲン 10/19(金)〜

神奈川 TOHOシネマズ上大岡 10/19(金)〜
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜 10/19(金)〜
神奈川 TOHOシネマズ川崎 10/19(金)〜
神奈川 TOHOシネマズ海老名 10/19(金)〜
神奈川 TOHOシネマズ小田原 10/19(金)〜

茨城 TOHOシネマズひたちなか 10/19(金)〜
栃木 TOHOシネマズ宇都宮 10/19(金)〜

【中部地区】
長野 アイシティシネマ 順次公開
岐阜 TOHOシネマズ モレラ岐阜 10/19(金)〜
静岡 静岡東宝会館 10/19(金)〜
静岡 TOHOシネマズららぽーと磐田 10/19(金)〜
愛知 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ 10/19(金)〜
愛知 ミッドランドスクエア シネマ 10/19(金)〜

【近畿地区】
滋賀 大津アレックスシネマ 11/30(金)〜
京都 TOHOシネマズ二条 10/19(金)〜
大阪 大阪ステーションシティシネマ 10/19(金)〜
兵庫 TOHOシネマズ西宮OS 10/19(金)〜

【中国・四国地区】
島根 T・ジョイ出雲 12/7(金)〜
広島 広島バルト11 12/7(金)〜

【九州・沖縄地区】
福岡 福岡中洲大洋 10/19(金)〜
熊本 TOHOシネマズはません 10/19(金)〜
大分 TOHOシネマズ大分わさだ 10/19(金)〜
沖縄 ミハマ7プレックス 10/26(金)〜

*上記の上映情報は10月11日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開される劇場が増えることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページで確認ください。

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『負け犬の美学』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

そんな父の姿を慕って応援する娘、そしてぶつかりながらも父娘を見守る母。 愛する家族と娘の夢のために、負けっぱなしの父親が最後の大勝負のリングに上がり、伝えたかった真の思いとは?。 自らの信念を貫く一人 …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ファイティン!』あらすじと感想。マ・ドンソク代表作と豪腕の魅力とは

映画『ファイティン!』は10月20日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開! 韓国のみならず世界的な話題となったゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』で一躍注目されたマ・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『愛しのアイリーン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『愛しのアイリーン』は、漫画『宮本から君へ』『ワールドイズマイン』で知られる漫画家新井英樹の同名漫画を『さんかく』『ヒメアノ〜ル』の吉田恵介監督が完全映画化しました。 人間のむき出しの本質を描いて …

ヒューマンドラマ映画

映画『人生はシネマティック!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、映画製作に奔走する人々。 コピーライターの秘書だった女性が、脚本家として才能を発揮し、成長していく姿を描いたイギリス映画『人生はシネマティック!』をご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『半世界』あらすじとキャスト。稲垣吾郎と長谷川博己の演技評価は

東京国際映画祭の顔ともいえるコンペティション部門に選出された阪本順治監督の話題作『半世界』。 40歳を目前に人生の折り返し地点を迎えた男たちの葛藤と友情、そして希望を描いたヒューマンドラマ。 阪本順治 …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP