Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

アトランティス(2019)|ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。映画がウクライナの未来を予言した作品とは⁈

  • Writer :
  • 秋國まゆ

戦争終結から1年後のウクライナを描いた戦争ドラマ。

ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチが脚本・製作・監督を務めた、2019年製作のウクライナの戦争ドラマ映画『アトランティス』。

ロシアとの戦争終結から1年後のウクライナで、全てを失いPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩む元兵士と、戦死者の遺体を掘り起こして身元確認をするというボランティア活動に従事する女性が交流する物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

2019年トロント国際映画祭のコンテンポラリー・ワールドシネマ部門で上映された、戦禍を被ったウクライナのこの先の未来を予言した映画『アトランティス』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『アトランティス』の作品情報


(C)Best Friend Forever

【公開】
2022年(ウクライナ映画)

【脚本・製作・監督】
ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ

【キャスト】
アンドリー・リマルーク、リュドミラ・ビレカ、ワシール・アントニャック

【作品概要】
『ブラック・レベル』(2017)のヴァレンチン・ヴァシャノヴィチが脚本・製作・監督を務めた、ウクライナの戦争ドラマ作品。

2019年トロント国際映画祭のコンテンポラリー・ワールドシネマ部門で上映され、2019年ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門作品賞と、2019年東京国際映画祭審査委員特別賞を受賞した作品です。

本作と同時上映されたウクライナの映画『リフレクション』(2022)にも出演したアンドリー・リマルークが主演を務めています。

映画『アトランティス』のあらすじとネタバレ


(C)Best Friend Forever

ロシアとの戦争終結から1年後の2025年、ウクライナ東部。ウクライナ軍の退役軍人であるセルヒーとイヴァンは、まるで未だ戦争が続いているかのように戦闘服を着て、高度な射撃訓練を行っていました。

ですが、軍を退役した今の彼らの職場はアメリカの製鉄所でした。ウクライナは、高品質の鉄を作り輸出することで、外貨を稼いでいました。

そんな製鉄所で働くセルヒーたちでしたが、元軍人ということで腫れ物扱いされ、他の労働者から化け物と陰口を叩かれていました。

そんなある日、ついにその現状に耐えきれなくなり、イヴァンは製鉄所で自殺しました。その後まもなく、経済の自由化により製鉄所は閉鎖されました。

ウクライナの国の借金は国内総生産を上回る額にまで膨れ上がっているからです。この製鉄所が閉鎖されれば、坑道内の廃水が川を汚染するため、先が暗い未来しか待っていません。

クリミアに行って海峡大橋の再建を手伝いに行かないかという労働者もいれば、イヴァンが自殺したせいで製鉄所が閉鎖され失業したと非難する労働者もいました。

その後、セルヒーの新しい仕事先が見つかりました。汚染によって地元の水源が利用できなくなった地域に、トラックを使って水を運ぶという仕事です。

その仕事中、セルヒーは戦死者の遺体を掘り起こして身元確認をするボランティア組織「ブラックチューリップミッション」の人道活動家として働いている元考古学者のカティアと出会います。

以下、『アトランティス』ネタバレ・結末の記載がございます。『アトランティス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Best Friend Forever

カティアは戦時中、衛生兵として負傷した兵士を手当てしていました。その際、助からない者はその場に置き去りにするしかなかったことが忘れられず、彼らを連れ帰ることができる今の仕事に就いたのです。

何故そんな辛い作業をすることができるのかとセルヒーが尋ねると、「確かに辛い。でも“肉親に別れを告げさせて、彼らの生と戦争を終わらせる”と視点を変えた」とカティアは答えました。

それを聞いたセルヒーは、「仕事がない日は手伝うから、いつでも頼ってくれ」と言いました。その言葉通り、セルヒーは仕事がない日は彼女たちの仕事を手伝いました。

でもさすがに、ドンバス民兵組織(ウクライナのドネツィク州とルハーンシク州“通称ドンバス地方”で、2014年から続くロシア・ウクライナ戦争の一環となる武力衝突“ドンバス戦争”に参加したであろう民兵組織)に所属する子供の兵士の遺体を見た時は、セルヒーは耐えきれず嘔吐してしまいました。

またセルヒーは、イヴァンとやっていた射撃訓練も欠かさず行っていました。ただ以前と違うのは、イヴァンと自身の二丁の銃でやり始めたことです。

そんなある日、いつものように仕事をしていたセルヒーの元に、彼が以前廃墟で倒れていたところを救った、危険な紛争地などで環境監視をしている国際協力組織「NGO」のメンバーが訪ねてきました。

彼女はセルヒーに、「廃水で満ちた鉱山や破壊された工場が地下水を汚染したせいで、ここら一帯は居住に適さない状態になった。国も浄化設備を建設するほど余力がない」、「だからこの地を去ることしか生き延びる道はない」と告げます。

今まで10年もの歳月を費やしてロシアと戦い国を守ったというのに、今度は汚染された水と大地を清めるための戦いをしなくてはならない。今度の戦いはどれくらいかかるか分かりません。

彼女からのスカウトを受けてNGOに入り海外へ移住するか、ウクライナに残り途方もない戦いをしていくのか、決断を迫られたセルヒー。

大雨の日。セルヒーとカティアが乗るブラックチューリップミッションの車は、エンジンの故障により農地近くで立ち往生してしまいます。

手配したレッカーが来るまでの間、セルヒーたちは互いに惹かれ合うようにキスを交わし、体を重ねました。

情事後、セルヒーはカティアに自分の胸の内を打ち明けました。ごく普通の暮らしを送っていたはずがある日突然終わり、兵士として戦場に駆り出されたこと。

兵士となったばかりの頃は死にたくて仕方なかったこと。仲間が次々と倒れていくなか、自分も死にそうになったこと。そんな辛い経験をして、セルヒーは逆に「生き続けよう」と決意したことを………。

セルヒーがPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされていることを知ったカティアは彼に寄り添い、「よそへ行く気はあるの?」と尋ねます。

これに対しセルヒーは、「よそへ行っても無駄だ。もう“普通”には戻れない」と答えました。

それにセルヒーは悟ったのです。今の自分を受け入れて生きていくべきだということに。

そしてセルヒーはカティアを強く抱きしめ、「ここが俺たちの生きる場所だ」と言いました。

セルヒーとカティアが建物の屋上から、荒廃した祖国の街を見つめる姿を最後に、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『アトランティス』の感想と評価


(C)Best Friend Forever

物語の前半で死んでしまったイヴァン。彼は作中、同じ悩みを抱えているであろうセルヒーに、よく不眠症で悩んでいることを話していました。

おそらくイヴァンもセルヒーと同じ、PTSDを患っていたのでしょう。それに加え、同じ職場で働く労働者から、「お前たちに守ってくれだなんて頼んでない」「化け物め」と非難され続けます。

いくら常人よりも強靭な精神と肉体を持つ兵士とはいえ、元は皆と同じただの人間。国を、国民を守るために尽くしてきたというのに、守っていた国民にまでそれを否定されてしまっては、自殺を考えるほど心を病んでしまうのは当然のことです。

相棒のイヴァンを失い、職場を失い、何もかもすべて失ってしまったセルヒー。悲しむ暇もないまま生きていくために必死に働いていくしかない、彼の空虚な日々は辛すぎて思わず目をそむけたくなります。

そんな中、物語の中盤にカティアとその組織に出会ったことで、セルヒーの空虚な日々は変わり始めました。

カティアも衛生兵として従事していた際、助かる命と助からない命の選別をし、後者をその場に置き去りにしていくしかなかったことをとても悔やんでいました。

そんな戦場に思うことがあり、その戦場から離れられないセルヒーとカティアだからこそ、互いに心通じ合うことができたのではないかと考察します。

まとめ


(C)Best Friend Forever

ロシアとの戦争が終わった世界のウクライナで、戦禍を被り破壊された街と、そこで生きる人々の姿を描いたウクライナの戦争ドラマ作品でした。

本作の見どころは、俳優・女優ではなく退役軍人や兵士、ボランティアの人が演じていることと、アンドリー・リマルーカ演じるセルヒーは実際にドンバス戦争を経験している人物であること

そして本作を手掛けたヴァレンチン・ヴァシャノヴィチがウクライナ出身の映画監督であり、終戦後の祖国の姿とそこに生きる人々を描いたというところです。

戦禍を被った国とその国民、国を守るために戦う軍人たちに襲い掛かる計り知れない悲しみと絶望感、それでも何とか希望を見つけて生きようとする姿を、全編ワンシーン・ワンショットの長回しで描かれています

アンドリー・リマルーカは、現在クラウドファンディングを通じてウクライナの兵士を支援する、ウクライナのNGOで働いており、彼が演じたセルヒーと同じ道を歩んでいました。

戦禍を被ったウクライナのこの先の未来を予言したかのような戦争ドラマ映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『新宿スワン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【綾野剛×沢尻エリカ共演】

演技派で知られる綾野剛。いよいよ、2017年1月21日から『新宿スワンⅡ』の公開されます。 今回は前作『新宿スワン』をご紹介。監督は園子温。 ベルリン国際映画祭での受賞経験を持つ園子温監督の新たなチャ …

ヒューマンドラマ映画

映画『脱脱脱脱17』あらすじとキャスト!松本花奈監督の評価は?

『鈴木先生』の入江沙季役や『恋につきもの「いばらのばら」のいばら役などで知られる女優・松本花奈。 彼女が監督を務め才能を発揮した『脱脱脱脱17』は、MOOSIC LAB 2016で準グランプリなど4部 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アルプススタンドのはしの方』感想解説と考察。女子高校生らが繰り広げる会話で描く青春群像劇

映画『アルプススタンドのはしの方』が2020年7月24日(金)シネマカリテほか全国順次公開 映画『アルプススタンドのはしの方』は、2019年6月に浅草九劇で上演され、同年度内に上演された演劇から選出さ …

ヒューマンドラマ映画

映画『さよなら、僕のマンハッタン』あらすじとキャスト。上映劇場どこ?

映画『さよなら、僕のマンハッタン』は、4月14日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他、全国順次公開! マーク・ウェブ監督が『(500)日のサマー』で長編デビューする前から映画化を熱望していたという青 …

ヒューマンドラマ映画

ある人質 生還までの398日|ネタバレ結末とラスト解説。 実話で描くISに囚われた写真家を救出する家族たちの思い

人質となった写真家と彼を救うために奔走した家族の実話を元に描く奇跡の生還劇 シリアで人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家ダニエル・リューの実話を元に描いたヒューマンドラマ。 映画『ある人質 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学