Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/02/05
Update

映画『哀愁しんでれら』ネタバレ解説とラスト結末。怖い事件の最後はグリム童話的なストーリーテリングで支配する

  • Writer :
  • 金澤響子

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。

「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠えずに笑う』の渡部亮平監督がオリジナル脚本で映画化した『哀愁しんでれら』。

土屋太鳳が、狂気に蝕まれていく主人公の小春を、彼女の夫となる開業医役を田中圭、彼の娘役は本作がスクリーンデビューとなるインスタグラマーのCOCOが演じます。

小春の境遇と同じように、観客の視点も振り回してくれる、スリル満点のジェットコースタームービーとなりました。

本記事では映画『哀愁しんでれら』のストーリーをラストまでネタバレありでご紹介します。

映画『哀愁しんでれら』の作品情報

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
渡部亮平

【キャスト】
土屋太鳳、田中圭、COCO、山田杏奈、ティーチャ、安藤輪子、金澤美穂、中村靖日、正名僕蔵、銀粉蝶、石橋凌

【作品概要】
「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠えずに笑う』(2012)の渡部亮平監督がオリジナル脚本で映画化。

主人公の小春を演じるのは、数々の青春映画のヒロインを演じてきた土屋太鳳。

彼女の夫となる大悟に扮するのは、「おっさんずラブ」で大ブレイク以降、最も忙しい俳優として走り続けている田中圭。

娘のヒカリ役でスクリーンデビューを飾るのは、8歳で63万人以上のフォロワーをもち、国内外から注目を集めるファッションインスタグラマーのCOCO

小春の妹を山田杏奈が、父を石橋凌が演じ、大悟の母に銀粉蝶が扮しています。

映画『哀愁しんでれら』のあらすじとネタバレ

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

児童相談所で働く26歳の福浦小春。彼女の母親は、彼女が幼い頃に家を出て行ったきり。小春はそれ以来、「母親である」ことへの責任を重く捉えるようになっていました。

自宅で自転車屋を営む父、祖父、高校生の妹と、4人で暮らしてきた小春でしたが、ある夜を境に、不幸のどん底に落ちてしまいます。

祖父が脳梗塞により風呂場で転倒。父が車を運転し、祖父を病院へと運ぼうとしたものの、自転車を避けようとして塀にぶつかってしまいます。しかも飲酒運転だったんです。

父は警察に連行され、小春と妹は祖父の乗った救急車に同乗。救急車の無線から、「福浦サイクル」が火災との情報が。小春は慌てて自宅に向かいます。

火の不始末で、一階の自転車屋の店舗部分が焼けてしまいました。小春は彼氏の家で夜を明かそうと、彼のアパートへ向かいます。

しかし、そこでは児童相談所の先輩職員が、彼氏の上で腰を振っている真っ最中。茫然自失になった小春は、夜道を徘徊します。

踏切に差し掛かった時、泥酔した男性が、線路の真ん中で転倒するのを目にした小春。小春は、男性を助け出し、介抱します。

彼の名前は泉澤大悟。病院の院長を務めながら、一人娘のヒカリを育てています。妻は数年前に、浮気相手といたところを、交通事故に遭って亡くなりました。

大悟は小春に礼を言い、名刺を渡して、タクシーに乗って去ります。

小春が職場に向かうと、小春が担当した子どもの保護者から、彼女の手荒い対応についてクレームが来ていました。職場には彼氏と浮気していた先輩もいるので、職場の空気も最悪です。

父はというと、自転車屋が焼失したため、再就職先を探していました。自転車屋一筋で働いてきた父の再就職は簡単なものではありません。

祖父の入院費、妹の大学受験と進学費用のことがあり、父も小春も働かなくてはなりませんでした。

後日、大悟は、助けてくれたお礼として、小春にお姫様のようなワンピースと靴をプレゼント。その後ふたりはファミレスで、自分たちの身の上を語り合います。

その晩、ヒカリと馬肉を食べに行く約束をしていた大悟は、小春も一緒に行かないかと誘いました。

はじめは人見知りしていたヒカリでしたが、徐々に打ち解けて、小春と楽しそうに話し出します。そんな娘の様子を、大悟は微笑ましく眺めていました。

大悟は、小春の祖父を医療の手厚い病院に移し、父には葬儀社での仕事を斡旋、妹の家庭教師も引き受けてくれました。小春はそんな彼に惹かれていきます。

小春に、クラスメイトのワタルが好きだと教えるヒカリ。パパには内緒にしてねと、ヒカリは小春に頼みました。

ヒカリの誕生日が来ました。小春と大悟は、ヒカリの後押しもあって結婚。三人は幸せな家庭を築きました……。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『哀愁しんでれら』ネタバレ・結末の記載がございます。『哀愁しんでれら』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

三人の生活は、少しずつ歯車が狂い始めます。

泉澤家は、海に面した豪邸です。その中には、鍵のかかった部屋がありました。

ある日、その部屋のドアが空いていたため、小春は中に入ります。そこは、大悟の宝物を集めた趣味の部屋でした。

瞳が描かれていない小春たち三人の家族の肖像画や、大悟が飼っていたというウサギの剥製、そして30年以上描き溜めたという、大悟の自画像が飾られていました。

学校から帰ってきたヒカリが、ペンケースをクラスメイトのワタルに盗られたと言い出します。それは、小春が手作りしたもの。

翌日、大悟は小春を連れて、学校へ乗り込みます。教頭と担任に「クラスで窃盗があった」と伝えても、取り合ってもらえませんでした。

校医を務めている大悟は、養護教諭とインフルエンザワクチンの集団接種について打ち合わせに向かいます。

小春は、担任から「ヒカリがお弁当を作ってもらえなくて毎日泣いている」と聞かされますが、小春は毎朝お弁当を作って持たせていました。

その晩、ワタルの母とワタルが、泉澤家まで謝りにやって来ます。ワタルはやってないの一点張り。

彼らが帰ったあと、大悟はワタルの素行の悪さを咎めます。小春は、ヒカリがワタルに好意を抱いていることや、ヒカリが赤ちゃん還りをしていて、おねしょや甘えがエスカレートしていることを大悟に打ち明けました。

どれもヒカリから「パパには内緒にしてね」と頼まれていたこと。ヒカリは、小春が話してしまったことをこっそり聞いており、それ以来、ヒカリは小春に反抗するようになります。

ある日、小春は大悟の母の元を訪れていました。大悟の母は、リゾートホテルのように豪華な老人ホームで暮らしているんですが、そのことを「大悟に嫌われているから捨てられた」と話します。

小学生時代、いじめられていた大悟。母なりに対処していたつもりが、ある日「母さんは何もしてくれない」と泣かれてしまいます。

泣き声あまりのうるささに、大悟を叩いてしまい、それ以来、大悟の左耳は聞こえなくなってしまったと、母は言いました。

帰宅後、泉澤家のトイレが詰まってしまい、小春は業者を呼びます。詰まっていたのは、ヒカリのペンケースでした。

小春は、誰にも告げずに、家の前の海へペンケースを投げ捨てます。

一方、放課後の小学校。ヒカリのクラスメイトの来実が、教室の窓辺で太陽を見る実験をしていました。ワタルと仲が良い来実は、ワタルと一緒に見る約束をしているようです。

それを聞いたヒカリは、来実の背後にそっと近づいていきました…。

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

夜。亡くなった来実の通夜へ向かうため、小春はヒカリに黒い靴を履かせようとしたものの、ヒカリは赤い靴を履きたいと駄々をこねます。

根負けして、ヒカリを赤い靴で参列させた小春に、通夜の会場で働いていた父が注意しますが、小春は不機嫌に口答え。

その後、小春とヒカリはファミレスへ。ヒカリはスマホのゲームをしながら「来実ちゃんは邪魔ばかりするからゲームオーバーになった」と呟きました。

大悟にヒカリの様子がおかしいことを相談しても、聞く耳を持ってはくれません。

翌朝、小春はヒカリのお弁当のおにぎりに、5円玉やマグネットといった異物を入れます。帰宅したヒカリのお弁当箱は空になっていて、小春がおにぎりの味を聞いても「おいしかった」と答えるだけ。

また、小春のスマホに妹から、受験への過度なプレッシャーを大悟にかけられていると相談がありました。ですが、小春には、アドバイスする気力すら残っていませんでした。

小春は大悟の趣味の部屋へ入ります。「family」と書かれたスケッチブックには、前妻とヒカリが描かれていました。小春らしき女性の顔が黒く塗りつぶされているのを発見した時、ヒカリが部屋に入ってきます。

驚いて、ウサギの剥製を落として壊してしまった小春を、ヒカリは大声で囃し立てます。その声が癇に障った小春は、ヒカリの頬を叩いてしまいました。

泣き出したヒカリに謝りながらも、大悟には秘密にしてほしいと頼む小春。ヒカリもそれを受け入れたように見えました。

夕食時。大悟はヒカリに手をあげたことをヒカリから聞いており、母親失格だと怒鳴り散らし、小春を家から追い出しました。

ヒカリは泣きながら追いかけ、小春に抱きついて引き留めようとします。ヒカリのことを、幼い日に母を失った自分と重ね合わせながらも、小春は家をあとにしました。

小春は踏切を越え、線路の真ん中で転んでしまいます。線路に横たわったまま、いままでの三人の生活を思い出す小春。電車が近づいてきました。

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

そこへ大悟がやってきて、小春を線路から助け出します。そして、彼女の薬指に再び結婚指輪をはめて「帰ろう」と優しく声をかけました。

大悟の趣味の部屋で、ヒカリと小春は母娘としての絵を描いてもらいます。そして、瞳が描かれていなかった3人の肖像画に、青い瞳を描き入れ、リビングに飾りました。

翌日、学校に向かったはずのヒカリが、泥だらけの足で帰宅します。小春は大悟を連れ、すぐに学校へ乗り込み、ヒカリの靴を盗ったのは誰だと問い詰めます。

慌てた教頭が、小春たちを職員室へ案内しました。そこへ、ワタルがやってきて「来実を殺したのはヒカリだ」と声をあげます。

小春は立ち上がり「うちの子がやるわけない」と一喝。ですが、小春には思い当たることがありました。

通夜のあとヒカリが発した「来実ちゃんは邪魔ばかりするからゲームオーバーになった」という一言です。

帰宅後、大悟と小春は、ヒカリに、来実を突き落としたか聞きます。ヒカリは激昂し、泣き出しました。

それを見た大悟は、趣味の部屋にあった宝物を全て燃やします。ヒカリ以外は何もいらないからと。

泉澤家の窓ガラスは「人殺し」とスプレーで落書きをされ、ついには石まで投げ込まれます。ヒカリと大悟を守りたいという一心から、小春は大悟にある提案をします。

翌日は小学校でのインフルエンザの集団予防接種の日でした。小春を助手にして、生徒全員に注射をしていく大悟。

小春に、ヒカリのクラスメイトが手紙を渡します。それはヒカリに宛てたもので「ヒカリちゃんが殺したんじゃないってみんな知ってるよ」と書いてありました。

小春がそれを見た時、全ては手遅れでした。注射を打たれたものはみんな、命を落としました。予防接種の中身は、小春の提案でインシュリンにすり替えていたんです。

静かになった教室。授業を受けるのは、ヒカリただひとり。小春は教壇に立ち、授業を始めます……。

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

映画『哀愁しんでれら』の感想と評価

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

本作が描くのは「女性の生きづらさ」です。童話『シンデレラ』でも描かれる「幸せ=王子様との結婚」という固定観念にとらわれ、がんじがらめになっていく主人公の小春の姿を、ホラーなファンタジーとして描きます。

ここまで女性の生きづらさを逆手に取って、エンターテインメントとして昇華した日本映画は珍しいんじゃないでしょうか。

お金持ちの開業医でハンサム、気遣いもできて娘思いと、完璧な大悟。そして彼の娘で、愛らしく天真爛漫なヒカリ。

ですが、結婚して一緒に生活していくにつれ、彼らの違った面も見えてきました。

大悟は支配欲が強く、自分の意のままにならないと、理詰めで追求したり大声を出して威圧したりと、精神的に他人を追い込んでいきます。

ヒカリもそんな大悟を見てきたからか、他人への執着心が強く、あらゆる手段を使って人の心を操ろうとします。

彼がどうしてモンスターになってしまったのかの理由も描かれているため、リアリティのある恐怖が観客の背筋を凍らせることでしょう。

そして、小春がモンスターに変化していくさまも、時にコミカルに、そしてじっとりと執拗に追っていきます。

本作を象徴するのが、石橋凌が演じた小春の父のセリフ。葬儀社で働くのに抵抗があった父ですが、その仕事にも慣れ、こんなことを語ります。

「はじめは抵抗があっても、次第に居場所に麻痺してくる。おばけになってしまえばおばけは怖くなくなる」。

小春自身、最初は違和感を抱いていた大悟とヒカリの言動についても、だんだん麻痺し、泉澤家の歪んだ価値観に染まっていってしまいます。

ラストは、グリム童話版『シンデレラ』を彷彿とさせる恐ろしい展開。グリム童話版では、シンデレラに意地悪をしてきた義姉たちは、鳩に目を抉り出されてしまいます。

本作のシンデレラと王子様は、自分たちの敵になったものを全員殺害し、家族三人だけの幸せを手に入れました。ヒカリが音読する、金子みすゞの『私と小鳥と鈴と』が虚しく響き渡ります。

まとめ

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

渡部亮平監督は、本作が商業監督デビュー作というんですから、驚くべき才能の持ち主です。ぜひ今後とも、観客を不穏の境地に連れて行って欲しいと願います。

キャストも、この布陣しかないだろうと思わせるほどにパーフェクト。

土屋太鳳の歪むほどに色気を放っていく美しさ、田中圭のどんどん怖くなる笑顔とモラハラ演技、そして子役のCOCOの変幻自在な演技力にも魅了されました。

ぜひ劇場で、快感に変わっていく居心地の悪さを体感してください。

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショーです。








関連記事

サスペンス映画

映画『キリング・グラウンド』あらすじとキャスト【サンダンス映画祭出品作】

サンダンス映画祭正式出品された映画『キリング・グラウンド』は、特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」にて2018年1月9日(火)より公開! キャンプを楽しみにやって来た1組のカップル。彼らが聞いた …

サスペンス映画

『おまえの罪を自白しろ』映画化原作ネタバレあらすじ感想と結末評価。キャスト中島健人×堤真一サスペンスは政界揺るがす誘拐事件の顛末を描く

真保裕一の小説『おまえの罪を自白しろ』が映画化に! 大物政治家を父に持つ主人公が遭遇する、身内の誘拐事件。犯人の要求は身代金ではなく、「政治家が犯した罪の自白」でした。 政治家が究極の選択を迫られると …

サスペンス映画

【ネタバレ】母性|映画あらすじ感想と結末の評価解説。ハコヅメ戸田恵梨香×永野芽郁が“母性”に呪われた母娘を演じる!

母親と娘、それぞれの目線で語られる親子をつなぐ母性とは? 女子高生が自宅の庭で死亡する、ショッキングな事件が発生したことで語られる「ある出来事」を、母と娘それぞれの証言で構成されるミステリードラマ『母 …

サスペンス映画

映画FALLフォール(2022)あらすじ感想と評価解説。“元ネタ”の鉄塔×鳥という“死の領域を司る者”の意味を探る

ようこそ、地上600メートルの絶望へ 2023年2月3日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショーを迎える映画『FALL/フォール』。 地上600メートルの高さを誇る、老朽化した超高層鉄塔……その …

サスペンス映画

映画『ブレスレット 鏡の中の私』ネタバレ感想と考察評価。結末に向かう裁判の真相と事件の容疑者の素顔

16歳の恋や友情をあなたは理解出来ますか 映画『ブレスレット鏡の中の私』は、親友殺害容疑をかけられた少女の裁判を通じて事件の真相や親の様子を浮き彫りにしたサスペンス・ドラマ。2020年7⽉31⽇より全 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学