Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2021/02/08
Update

『哀愁しんでれら』田中圭演じる大悟の左耳の耳鳴りの意味と真相は?恐怖映画にサイコなヤバいキャラクターを生み出した怪演を評価

  • Writer :
  • 金澤響子

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。

「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠えずに笑う』の渡部亮平監督がオリジナル脚本で映画化した『哀愁しんでれら』。

土屋太鳳が、狂気に蝕まれていく主人公の小春を、彼女の夫となる開業医役を田中圭、彼の娘役は本作がスクリーンデビューとなるインスタグラマーのCOCOが演じます。

小春の境遇と同じように、観客の視点も振り回してくれる、スリル満点のジェットコースタームービーとなりました。

本記事では、映画『哀愁しんでれら』で田中圭が演じた「王子様」こと泉澤大悟の恐ろしさ、そしてなぜ彼が「モンスター」になってしまったのかをネタバレありで読み解きます。

スポンサーリンク

映画『哀愁しんでれら』の作品情報

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
渡部亮平

【キャスト】
土屋太鳳、田中圭、COCO、山田杏奈、ティーチャ、安藤輪子、金澤美穂、中村靖日、正名僕蔵、銀粉蝶、石橋凌

【作品概要】
「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠えずに笑う』(2012)の渡部亮平監督がオリジナル脚本で映画化。

主人公の小春を演じるのは、数々の青春映画のヒロインを演じてきた土屋太鳳。

彼女の夫となる大悟に扮するのは、「おっさんずラブ」で大ブレイク以降、最も忙しい俳優として走り続けている田中圭。

娘のヒカリ役でスクリーンデビューを飾るのは、8歳で63万人以上のフォロワーをもち、国内外から注目を集めるファッションインスタグラマーのCOCO

小春の妹を山田杏奈が、父を石橋凌が演じ、大悟の母に銀粉蝶が扮しています。

映画『哀愁しんでれら』のあらすじ

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

児童相談所で働く26歳の福浦小春。彼女の母親は、彼女が幼い頃に家を出て行ったきり。小春はそれ以来、「母親である」ことへの責任を重く捉えるようになっていました。

自宅で自転車屋を営む父、祖父、高校生の妹と、4人で暮らしてきた小春でしたが、ある夜を境に、不幸のどん底に落ちてしまいます。

祖父が脳梗塞により風呂場で転倒。父が車を運転し、祖父を病院へと運ぼうとしたものの、自転車を避けようとして塀にぶつかってしまいます。しかも飲酒運転だったんです。

父は警察に連行され、小春と妹は祖父の乗った救急車に同乗。救急車の無線から、「福浦サイクル」が火災との情報が。小春は慌てて自宅に向かいます。

火の不始末で、一階の自転車屋の店舗部分が焼けてしまいました。小春は彼氏の家で夜を明かそうと、彼のアパートへ向かいます。

しかし、そこでは児童相談所の先輩職員が、彼氏の上で腰を振っている真っ最中。茫然自失になった小春は、夜道を徘徊します。

踏切に差し掛かった時、泥酔した男性が、線路の真ん中で転倒するのを目にした小春。小春は、男性を助け出し、介抱します。

彼の名前は泉澤大悟。病院の院長を務めながら、一人娘のヒカリを育てています。妻は数年前に、浮気相手といたところを、交通事故に遭って亡くなりました。

大悟は小春に礼を言い、名刺を渡して、タクシーに乗って去ります。

小春が職場に向かうと、小春が担当した子どもの保護者から、彼女の手荒い対応についてクレームが来ていました。職場には彼氏と浮気していた先輩もいるので、職場の空気も最悪です。

父はというと、自転車屋が焼失したため、再就職先を探していました。自転車屋一筋で働いてきた父の再就職は簡単なものではありません。

祖父の入院費、妹の大学受験と進学費用のことがあり、父も小春も働かなくてはなりませんでした。

後日、大悟は、助けてくれたお礼として、小春にお姫様のようなワンピースと靴をプレゼント。その後ふたりはファミレスで、自分たちの身の上を語り合います。

その晩、ヒカリと馬肉を食べに行く約束をしていた大悟は、小春も一緒に行かないかと誘いました。

はじめは人見知りしていたヒカリでしたが、徐々に打ち解けて、小春と楽しそうに話し出します。そんな娘の様子を、大悟は微笑ましく眺めていました。

大悟は、小春の祖父を医療の手厚い病院に移し、父には葬儀社での仕事を斡旋、妹の家庭教師も引き受けてくれました。小春はそんな彼に惹かれていきます。

小春に、クラスメイトのワタルが好きだと教えるヒカリ。パパには内緒にしてねと、ヒカリは小春に頼みました。

ヒカリの誕生日が来ました。小春と大悟は、ヒカリの後押しもあって結婚。三人は幸せな家庭を築きました……。

スポンサーリンク

大悟の表の顔

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

泉澤クリニックの医院長で、ヒカリが通う小学校の校医も務めている大悟

40歳という若さにして開業し、豪邸に住み、ベンツに乗っているというやり手医師であり、母をリゾートホテルのような豪華な老人ホームに預けられるほどの財力を持っています。

しかもルックスは完璧で、気遣いもでき、娘思いの愛情深い人物です。

泥酔して線路で寝転んでしまったところを小春に助けられたため、小春のことを命の恩人として大切に扱います。

また、娘のヒカリと小春の微笑ましいやりとりを見て、小春との結婚を望むようになります。

大悟の裏の顔

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

完璧な「王子様」と思われていた大悟ですが、小春との結婚後、言動の端々に異様さが感じられるようになります。

泉澤家には、大悟の趣味の部屋があり、そこには彼の宝物が飾られています。

瞳が描かれていない小春たち三人の家族の肖像画や、大悟が飼っていたというウサギの剥製、そして30年以上描き溜めたという大悟の自画像など、思い入れが強すぎて恐怖を感じるものばかり。

中でも、小学生時代に亡くなってしまったウサギを、自ら剥製にしたと語った後、当時のクラスメイトはペットのインコの死体を触ることすら出来なかったと、蔑みながら過去のエピソードを話す大悟の様子には背筋が凍ります。

また、他人を見下した発言も多くなっていきます。ヒカリのクラスメイトの素行や、ものすごい剣幕で学校にクレームを入れる保護者について、「親のしつけがなってない」「これだから偏差値が低いのは困る」など、侮蔑的な発言を小春にし、彼女の同意を得ようと「ね?」と畳み掛けるんです。

この大悟の「圧」に小春はどんどん飲み込まれていきます

スポンサーリンク

大悟の過去

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

そんなモラハラ気質の大悟ですが、小学生時代はいじめられっこだったそう。何度も転校を繰り返したものの、新たな学校でもいじめられていました。

いじめられっこを見返そうと、学校に休まずに通い、勉強を続けた努力の人でもあります。

ですが、そんな過去からか、自分と異なる考えの他人を受け入れられず、自分に歯向かうものは排除するようになってしまいました。

なお、前妻は、浮気相手とのドライブ中に事故で亡くなったとの話ですが、もしかすると大悟が前妻を「排除」したという可能性も考えられますね。

左耳の耳鳴りの理由

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

大悟の左耳は聴力を失っています。母が叩いたのが原因で、聞こえなくなってしまったんです。

小学生時代、いじめられていた大悟。母なりに対処していたつもりが、ある日「母さんは何もしてくれない」と泣かれてしまいます。

その執拗さに、母は大悟を叩いてしまい、それ以来、大悟の左耳は聞こえなくなりました。

作中、大悟は何度か左耳を触ります。同時に、観客にも彼の抱いている不快や不安を共感させるように、耳鳴りのような音が流れます。

大悟が左耳を触るのは、ストレスを感じた時

小春との出会いのあと、二日酔いになった大悟は、肉体的疲労から耳鳴りが発症。

また、学校にヒカルのことで相談しに行った時には、大声でクレームを入れる保護者を見て、左耳を押さえながら苦痛に顔を歪ませます。

そして、耳鳴りが去った後には、溜め込んだストレスを吐き出すように、ストレスの源への悪意をむき出しにするんです。

伝染する悪意としての耳鳴り

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

大悟の難聴は遺伝性のものではありませんが、ヒカリもストレスを感じると左耳を触る癖があります。

きっと幼い頃から、左耳を触った後、豹変する父の姿を見てきたからでしょう。ヒカリは自分の中の「迷い」を捨てる時に、耳を触るんです。

中でも恐ろしいのが、クラスメイトの女の子の背後に近寄る場面。

教室の窓辺で太陽を見る実験をしてた女の子。その子は、ヒカリが密かに思いを寄せている男の子と仲良しでした。

ヒカリは、何かを決意したかのような表情で、左耳を触りながら彼女の方へ歩みを進めます。

また、小春にも変化が見られます。大悟たちに感化されながらも、自らの良心との間で揺れていた頃は、自分の髪の毛を抜くという自傷行為をしていました。

「完璧な母親」像を描いていた小春は、その理想に近づけない自分を罰し、髪を引き抜きます。

しかし、ヒカリの「完璧な母親」になることができた小春は、他人の不要な言葉を受け入れないとでもいうように、左耳を触るようになりました。

まとめ

(C)2021「哀愁しんでれら」製作委員会

『哀愁しんでれら』の王子様・泉澤大悟の恐ろしさについて考察しました。

演じる田中圭が、大悟の光と闇を体現し、危険な魅力溢れるキャラクターに仕上げました。

物語前半は屈託のないキラキラな笑顔で惹きつけ、中盤以降は笑顔を浮かべていても目が笑っていない、大悟の歪んだ内面を表出してきます。

中でも、小春を少しづつ追い込んでいくモラハラの演技のリアリティにはゾッとさせられますよ。

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショーです








関連記事

ホラー映画

おすすめホラー映画『カッターヘッド 真夜中の切断魔』ネタバレ感想。ピニョフスキ姉妹の演技力に注目

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 その第5弾、最後を飾る作品が『カッターヘッド 真夜中の切断魔』です。 …

ホラー映画

新感染ファイナルエクスプレス|ネタバレ感想と結末考察【韓国ゾンビ映画を解説で深掘り】

生か死か!? 時速300km超のノンストップ・サバイバル! 韓国映画『新感染ファイナル・エクスプレス』が上映中。 カンヌ国際映画祭をはじめ各国の映画祭で絶賛され、ハリウッドリメイクも決定!超弩級のアク …

ホラー映画

死霊館3 悪魔のせいなら、無罪。ネタバレ結末あらすじと感想考察。実話⁈心霊研究家ウォーレン夫妻がオカルト事件を調査したミステリーとは?|SF恐怖映画という名の観覧車154

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile154 3億ドル以上もの興行収入を達成した、2010年代を代表するホラー映画『死霊館』(2013)。 実在の心霊現象研究家であるウォーレン夫妻を …

ホラー映画

『ゴーストランドの惨劇』あらすじとホラー映画解説。ラストのセリフに込められた意味とは?

『ゴーストランドの惨劇』は2019年8月9日より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 人里離れた叔母の家に引っ越した事から、ある一家が遭遇する惨劇と、その後の物語を描いたパスカル・ロジェ監督による …

ホラー映画

【スリー・フロム・ヘル】高橋ヨシキ×てらさわホークによる映画解説トークショー開催!《シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020》

映画『スリー・フロム・ヘル』は、シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020にて上映中! 1968年に創設され世界で最も権威ある、SF・ホラー・スリラーサスペンス映画などファンタジー系作 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学