Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2018/10/22
Update

映画『ヘレディタリー 継承』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

公開されるや否や、アメリカ国内では「ホラーの常識を覆した」「現代ホラーの頂点」「骨の髄まで凍り付き息もできない」などと、絶賛の嵐を巻き起こした“完璧な悪夢”が日本上陸。

制作は設立わずか5年で『ルーム』や『ムーンライト』を生み出した、今ハリウッドで注目されているA24。本作はA24史上最大のヒット作となりました。

主演はトニ・コレット。共演にガブリエル・バーン。監督・脚本のアリ・アスターはこれが初長編映画となります。

スポンサーリンク

映画『へレディタリー 継承』の作品上情報


(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

【公開】
2018年 (アメリカ映画)

【原題】
Hereditary

【脚本・監督】
アリ・アスター

【キャスト】
トニ・コレット、アレックス・ウルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド、ガブリエル・バーン

【作品概要】
家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。

『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレットがアニー役を務め、夫役をガブリエル・バーン、息子役をアレックス・ウルフ、娘役をミリー・シャピロが演じます。

監督・脚本は長編監督デビューを果たしたアリ・アスター。

映画『へレディタリー 継承』のキャラクターとキャスト

アニー(トニ・コレット)
ミニチュアジオラマ制作作家。情緒不安定な部分がある

スティーブン(ガブリエル・バーン)
アニーの夫

ピーター(アレックス・ウォルフ)
一家の長男

チャーリー(ミリー・シャピロ)
一家の長女、支援学級で学んでいる

ジョーン(アン・ダウド)
大事な家族を失ったもの同士の集まりでアニーと知り合う女性

スポンサーリンク

映画『へレディタリー 継承』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

ミニチュアジオラマ作家のアニー・ラハムは母エレンが亡くなったばかり。母親との微妙な関係にあったアニーは、母の死にも微妙な気持ちのままです。

葬儀の直後から家族の周りでは異様な出来事が起き始めます。

特に末娘のチャーリーは、何かに動かされるように奇妙な行動をとり始めます。

さらにエレンの墓が何者かに荒らされたという連絡がスティーブンのもとに入ります。

チャーリーの行動に心を乱されたアニーは、無理やり長男のピーターに妹を押し付けます。

ピーターは学校の仲間たちと悪ふざけのパーティーに行くので、正直妹の存在はお荷物でした。

そして目を離した瞬間、ナッツアレルギーのチャーリーが発作を起こしてしまいます。

慌てて車を走らせるピーター。チャーリーが窓から顔を出した瞬間路上の電柱に激突、チャーリーは命を落とします。

チャーリーの悲劇にアニーの精神状態は悪化していきます。

一方でピーターもまた罪の意識から混乱するようになってきます。

家長のスティーブンは何とか家に安定を持たせようとしますが、うまくいきません。

家族には映画に行くといって大事な人物を亡くした孤独を抱える人々の集まりに出ていた、アニーはそこで息子と孫を失ったジョーンという女性と知り合います。

家の中で不思議なことが起き始め、動揺が広がります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『へレディタリー 継承』ネタバレ・結末の記載がございます。『へレディタリー 継承』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

アニーは救いを求めるようにジョーンの家に向かいます。ジョーンは親身になって話を聞いて寄り添ってくれます。

数日後、再びジョーンに出会ったアニーは、信じられないだろうと断りを入れられたうえで、降霊術で孫とコンタクトを取れるようになったと言い出します。

さらに、そのことをアニーの眼の前で実践して見せます。

半信半疑のアニーですが、チャーリーともう一度会いたいという思いに押されて降霊術を行います。

これを機にアニーの心理状態は更に混乱していき、ピーターもまた幻覚にさいなまれます。

アニーはエレンの遺品のアルバムの中にジョーンの姿を発見します。

まったくの他人だと装っていたジョーンは、エレンの知り合いだったのです。

そして、エレンやジョーンは、悪魔崇拝者でペイモンと呼ばれる悪魔の王の復活を目指していたことが分かります。

家の屋根裏部屋からエレンの遺体が見つかり、悪魔崇拝者たちの陰謀を知ったアニーは、そのことをスティーブンに訴えますが、逆にすべてアニーの行いなのではと疑われてしまいます。

集会に出向くときに映画を見に行くという嘘が仇になってしまいました。

そのころ、ピーターは学校で何かにとりつかれたように机に頭を打ち付けます。

チャーリーの残したノートを暖炉に投げ込んだ瞬間にスティーブンの体は燃え上がり命を落とします。

完全に我を失ったアニーは、屋根裏部屋で自ら糸鋸で首を切り落とします。

家を飛び出したピーターは、チャーリーの陰に導かれるように庭のログハウスへ向かいます。

そこに多くの悪魔崇拝者が集まっていました。

ペイモンの復活には依り代となる若い男の体が必要でした。

一家を混乱させ崩壊させ、ピーター独りだけの状態にするというエレンの陰謀は成就し、悪の王ペイモンは復活します。

映画『へレディタリー 継承』の感想と評価

欧米のサタニズム

新・旧約聖書(ユダヤ教では新約聖書を認めてないので“旧”とは言わない)圏での悪魔の存在の大きさは、日本人の我々には伝わりにくい部分がありますが、中には圧倒的な恐怖の対象と考える人々が多くいます

新約聖書やコーラン、仏教では救世主としての存在が出てくこともあって、常に一段下がった存在になっていますが、旧約聖書の段階では神と五分に渡り合う存在でもあります。

いろいろな神・善に対抗する存在が合流離散した中で現在の思想上サタンが確立されいます。

このサタンを信仰する悪魔協会という宗教団体は、欧米に支部を持つれっきとした団体で、少なくとも法令上は犯罪集団のような扱いを受けてはいません。

「死霊館」シリーズなどにも登場していますね。

伏線の嵐

127分の映画の中でこれはどこに向かう映画なのか、とにかく分からなくなります。

それこそまさに夢の出来事のように、物語のテンションの上下・強弱に翻弄されていきます。

その中で、これが本筋なのか?と思われるものがいくつも出てきますが、それを見事に裏切ってくれます。

ホラー映画として怖さ以上に、ストーリテリングの複雑さに感心してしまう。そんな映画です。

スポンサーリンク

まとめ

2018年のサンダンス映画祭に出品した際に、批評家たちから、「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と高い評価を受け全米を震撼させたホラー映画『ヘレディタリー 継承』。

亡くなった祖母のエレンから忌まわしいものを受け継いだ家族を、残酷な運命と死よりも恐ろしい出来事が襲ってきます。

彼女たちが祖母から受け継いだものに注目です。

脚本を書き自ら演出を務めたのは、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。

彼が描いたスクリーンをよぎる光、真夜中に見る夢、屋敷の壁に描かれた文字など、新たな発想と演出を見せながら、すべてのシークエンスがラスト結末への恐怖につながる巧みな脚本の完成度は、お見事の一言です。

ホラー映画の新たな到達点に注目です。

関連記事

ホラー映画

『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】

独特の美意識であるスローモーションと美しいCGの作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが、来る』を映画化。 主人公のジャーナリスト野崎役に『海 …

ホラー映画

映画『死霊の盆踊り』あらすじネタバレ感想。つまらない裸踊りと言われたサイテー映画を見よ

“サイテー映画”としてカルト的人気を集めるエロティックホラー『死霊の盆踊り』 「史上最低の映画監督」エド・ウッドが原作・脚本を務め、死霊役の女性たちが延々と踊るだけという内容で、映画史に残るサイテー映 …

ホラー映画

映画『来る』小松菜奈(真琴役)の演技力とプロフィール。おすすめ作品も調査

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 原作は澤村伊智の第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。 メガホンをとるのは、2011年ア …

ホラー映画

ワニ映画2019『クロール 』ネタバレ感想レビュー。パニックとサバイバルの「凶暴領域」に襲われた父娘の絆

映画『クロール -凶暴領域-』は2019年10月11日(金)よりロードショー! ホラー映画の巨匠であるサム・ライミが製作、『ピラニア3D』などを手掛けたアレクサンドル・アジャが監督を務めたモンスター× …

ホラー映画

【事故物件の映画考察】なぜ4軒目入居で“黒い悪霊”に襲われたのか⁈不動産屋で変死する横水の理由も解説

殺人や自殺など何かしらの死亡事故が起きた、いわくつきの部屋を指す「事故物件」。 この事故物件に住み、自身の体験を書籍にしている「事故物件住みます芸人」である、松原タニシの原作を、中田秀夫が映像化した『 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP