Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2021/10/02
Update

死霊館3 悪魔のせいなら、無罪。ネタバレ結末あらすじと感想考察。実話⁈心霊研究家ウォーレン夫妻がオカルト事件を調査したミステリーとは?|SF恐怖映画という名の観覧車154

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile154

3億ドル以上もの興行収入を達成した、2010年代を代表するホラー映画『死霊館』(2013)。

実在の心霊現象研究家であるウォーレン夫妻を主人公としたこの作品はシリーズ化され、「死霊館ユニバース」として今現在もホラー映画界を牽引しています。

今回は『死霊館 エンフィールド事件』(2016)の続編となる、全米を震撼させた殺人事件を題材とした映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(2021)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』の作品情報


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
The Conjuring: The Devil Made Me Do It

【監督】
マイケル・チャベス

【脚本】
デヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック

【キャスト】
パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ、ルアイリ・オコナー 、サラ・キャサリン・フック、ジョン・ノーブル、スターリング・ジェリンズ

【作品概要】
ラ・ヨローナ ~泣く女~』(2019)を製作したマイケル・チャベスが監督を務めた「死霊館ユニバース」8作目となる作品。

パトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガが再び主演を務めた本作には、『ロード・オブ・ザ・リング / 王の帰還』(2004)などの出演作を持つジョン・ノーブルが出演しました。

映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

1981年、8歳の少年デヴィッド・グラツェルに取り憑いた悪魔を祓う依頼を受けたエドとロレイン。

しかし、デヴィッドに取り憑いた悪魔は想定以上に手強く、エドは心臓疾患を負わされてしまいます。

デヴィッドの姉デビーのボーイフレンドのアニーが悪魔を自身に移したことでその場を切り抜けることに成功しますが、それはアニーにとって地獄の日々の始まりでした。

心臓に強い負担がかかりながらも生き延びたエドは、悪魔がアニーに乗り移ったことを強く警戒します。

数ヶ月後、アニーはデビーと共にブルーノと言う経営者のもとで働いていましたが、幻聴や幻覚を見るようになったアニーはデビーがブルーノに襲われてる幻覚を見て、彼をナイフで刺し殺し逮捕されてしまいます。

当時の記憶も曖昧なアニーは検察に死刑を求刑されますが、事情を知るエドとロレインは「悪魔が行わせた殺人」としてアニーの無罪を弁護士と共に主張。

現実的な証拠の提示を求められたエドとロレイン、そしてデビーはアニーが取り憑かれていた証拠を探します。

元々はデヴィッドに取り憑いていた悪魔と言うこともあり、3人はグラツェル家の邸宅を徹底的に調べるなかで、床下から奇妙な彫像を発見。

この彫像が悪魔を呼び出しデヴィッドに呪いをかけたと確信したエドは、カルト教団を解散に追い込んだ過去を持つカストナー神父に助言を求めます。

カストナー神父は引退していましたが、悪魔崇拝を目的としたカルト教団が集めていた呪具を地下室に保管しており、グラツェル家で見つかった彫像もその一種であることを話します。

その後、エドとロレインは同じ彫像が発見された事件の存在を聞き、警察署を訪れます。

捜査を担当する刑事は2人のことを怪しんでいましたが、ロレインが持つ「霊視」の力を目の当たりにし、捜査の協力を条件に捜査資料をアニーの裁判の証拠として提出する約束をしました。

3ヶ月前、ケイティと言う女性が滅多刺しにされた遺体で発見され、彼女を刺したと見られるジェシカ・ルイーズ・ストロングは消息を経ちました。

ジェシカの所持品の中から彫像が見つかり、刑事はその彫像が誰の所有物なのかを調べていました。

遺体発見現場を調べるロレインは「霊視」の能力で、ジェシカが悪魔に取り憑かれケイティを刺し殺し、そのまま断崖から湖へと身を投げたことを知り、刑事に遺体の場所を伝えます。

夜、湖からジェシカと見られる死体が発見され、エドとロレインは何者かがデヴィッドやジェシカに呪いをかけたことを確信。

デビーからの情報で拘置所にいるアニーが再び呪いにかけられ、悪魔から自殺するように強要されていると聞いた2人は時間の猶予がないことを悟ります。

葬儀場に侵入し、ジェシカの死体に触れ「霊視」を試みたロレインは、呪いをかけた犯人が女性であることや、儀式の現場が地下室であり列車の音がすることを感じ取りました。

手にした情報をまとめるエドとロレインでしたが、その夜、エドがロレインを殺害しようとします。

エドは我に帰り間一髪で凶行を止まりますが、犯人が自身たちの存在に気づき、2人の家に彫像を置きエドに呪いをかけていたことが分かります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』のネタバレ・結末の記載がございます。『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

エドは仲間と共にロレインの手にした情報から犯人の居場所を特定しようと調査を始め、ロレインは魔術書を調査し犯人の行う儀式の内容を調べ、デビーは拘置所に許可を取り自殺を目論むアニーを救うべく行動を始めます。

ロレインはカストナー神父に魔術書の解読の協力を依頼すると、カストナーはある話を始めます。

カストナーには教会に内緒にしていた娘がおり、母を失った娘を1人で懸命に育てました。

しかし、神父という身分上、娘は表に出ることも出来ずそのことに鬱屈した気持ちを抱えるようになったとのことでした。

カストナーの娘アルマの写真を見たロレインは彼女こそが「霊視」で見た犯人であると気づきます。

カストナーも娘の行っている悪魔召喚の儀式を知っており、生贄には3人の命が必要でありその対象が、ジェシカ、アニー、そしてエドであるとロレインに忠告。

儀式は祭壇を破壊すれば無に帰すと言い、カストナーはロレインを祭壇のある地下トンネルへと案内しますが、家に帰ったアルマに殺害されてしまいます。

拘置所内ではアニーに取り憑いた悪魔が異常な力でアニーを自殺に追い込もうとし、デビーと拘置所の神父が自殺を止めていました。

川沿いの地下室と言うロレインの情報からカストナー神父の家が祭壇の場所であると気づいたエドは地下トンネルへとたどり着きます。

しかし、儀式をアルマが進行させたことでエドは悪魔に操られ、ロレインをハンマーで殺害しようとしてしまいます。

ロレインが必死にエドに言葉を投げかけ、エドは激しい幻覚に襲われる中で彼女の存在を思い出し、振り上げたハンマーを祭壇に振り下ろし破壊。

祭壇が破壊されたことでエドとアニーにかかった呪いは解け、2人は正気を取り戻します。

悪魔召喚の儀式は失敗し、生贄を求める悪魔は呪いを始めた張本人であるアルマの全身の骨を折り殺害しました。

数日後、エドはアルマの祭壇から持ち出した器のひとつを自身のコレクションに加え、ロレインと共に家へと帰ります。

1982年、アニーの殺人罪は確定しますが死刑は免れ5年の服役となり、その後彼はデビーと結婚し幸せに過ごすことになるのでした。

スポンサーリンク

映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』の感想と評価


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

実際に発生した殺人事件を基にした恐怖映画

「死霊館ユニバース」の作品は、ウォーレン夫妻が実際に体験および解決を行った心霊事件が物語のベースとなっています。

8作目となる『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』では、心霊現象を信じていない人たちにも強い衝撃を与えた「悪魔が私に殺させた(Devil Made Me Do It)事件」を基にしています。

「心神喪失状態」で犯してしまった罪は減刑対象になり得ると言う法律が日本にあるように、海外でも責任能力の有無を判断する上で精神状態は重要になります。

「悪魔が憑いている」と言うことが事実であれば「心神喪失状態」の極致と言えるものであり、悪魔が行わせた殺人は無罪を主張するに足るものと言えます。

しかし、あくまでもそれは「悪魔が憑いている」状態を現実的な証拠を提示し立証することが出来た場合であり、本作が題材とした裁判は「悪魔」の存在が刑を左右したという世界でもまれに見るものでした。

この裁判にはウォーレン夫妻が大きく関わっており、本作は実在の事件の裏側をウォーレン夫妻視線で描いたものとして楽しむことができます。

「フーダニット」を追うオカルトミステリ


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ミステリの世界では物語の「謎」の主題を定める用語として「フーダニット(誰がやった)」や「ハウダニット(どのようにやった)」、「ホワイダニット(なぜやった)」と呼ばれる言葉があります。

本作は「死霊館ユニバース」としてガチガチのホラーでありながらも、8歳の少年に悪魔を憑依させた呪術者を追う「フーダニット」を描いたミステリとしても魅力的な作品でした。

ロレインの持つ「霊視」の力とエドの知識と行動力を駆使し、事件現場や被害者たちの見えない繋がり(ミッシングリンク)を突き止めていく展開は、ミステリ好きにこそ観て欲しいほど緻密な物語となっています。

「ホラーは苦手だけどミステリは好き」と言う方には、怖さに耐えて本作を鑑賞してみてほしい、とオススメしたくなるほどの作品でした。

まとめ


(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

主演2人の演技によって魅力的に映る「死霊館ユニバース」は、まだまだ終わることのない大人気シリーズ。

前作からの続きの要素はあるものの、本作から鑑賞しても楽しさは一切衰えることがない8作目『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』。

前作を観ていないけど興味がある方は、ぜひ本作からでも「死霊館ユニバース」に入ってみてください。



関連記事

ホラー映画

聖ゾンビ女学院あらすじ!虹コンメンバー映画舞台挨拶は?上映館一覧も

新型ウィルスにより人肉を喰らう通称“ギンプ”がという死者が大量発生!文明の99%が絶滅した世界で、未来のために学園いる7人の少女たちが戦いを挑む! 少女たちを演じるのは、声優、イラスト、コスプレなど、 …

ホラー映画

映画『マリグナント』ネタバレ結末感想とラストの考察解説。グロい“狂暴な悪夢”と謎の男の正体とは⁈

ジェームズ・ワンが新たに生み出した、予測不能な悪夢の世界 ある出来事をキッカケに、不気味な男「ガブリエル」の悪夢に悩まされるようなったマディソン。 彼女が遭遇する壮絶な恐怖を描いた、ホラー映画『マリグ …

ホラー映画

映画『リトル・ジョー』感想とレビュー評価。キャストのエミリービーチャムがカンヌ映画祭女優賞を受賞した“赤い美しさと幸福に潜む恐怖”

映画『リトル・ジョー』は7月17日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかでロードショー。 人々に幸福をもたらすという新種の植物の恐怖を、鮮やかな色彩感覚をもつこだわりの映像で描いた映画『リトル・ジョー』。 …

ホラー映画

『ザ・スイッチ』ネタバレあらすじと感想考察。スラッシャー映画への80年代おすすめ代表作へのリスペクトがやばいホラーコメディー!

製作ジェイソン・ブラムとクリストファー・ランドン監督がタッグを組んだ映画『ザ・スイッチ』。 恐怖の殺人鬼ブッチャーと、内気な女子高生ミリーの魂が入れ替わった事で、巻き起こる騒動を描いたホラーコメディ『 …

ホラー映画

映画『地獄の警備員』ネタバレ感想と結末解説あらすじ。松重豊×黒沢清のホラーバイオレンスがデジタルリマスターで復活

『地獄の警備員』がデジタルリマスター版として復活! 出口が封鎖された真夜中のビルで、怪物のような警備員と対峙する恐怖を描いた映画『地獄の警備員』。 世界的人気を誇る映画監督・黒沢清が29年前の1992 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学