Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『ネオン・デーモン』あらすじと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • アキバ

「次世代ヨーロッパにおける偉大な映像作家」として称賛を浴びるニコラス・ウィンディング・レフン監督が贈る衝撃作『ネオン・デーモン』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ネオン・デーモン』の作品情報

【公開】
2016年(フランス・アメリカ・デンマーク合作)

【監督】
ニコラス・ウィンディング・レフン

【作品概要】
2011年の第64回カンヌ国際映画祭 監督賞に輝いたニコラス・ウィンディング・レフンの最新作。

カンヌ国際映画祭でプレミアム上映された今作は、絶賛の拍手喝采と非難の嵐で会場を真っ二つに引き裂いた問題作です。

映画『ネオン・デーモン』のあらすじとネタバレ

田舎からの上京、16歳の美少女

neondemon_01
(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

目を奪われるような美を持つジェシー(エル・ファニング)がトップモデルを夢見て、田舎からロサンゼルスに上京してきたところから物語は始まります。

オープニングが流れ、冒頭のシーンでは、首から血を滴らせソファに寝そべっているジェシーを不気味な表情でフォト撮影をするカメラマンの映像がゆっくりと流れます。

これはインターネットで知り合ったアマチュアカメラマンのディーン(カール・グルスマン)の力を借りてモデル事務所に送るためのプロフィール写真の撮影でした。

撮影後に、ヘアメイクアーティストのルビー(ジェナ・マローン)と出会い、ジェシーは両親を亡くしていること、今はパザデナのボロいモーテルで暮らしていることをルビーに話し、2人は打ち解け合います。

ルビーに連れられ、パーティへ向かうと、ルビーの仕事仲間であるモデルのサラ(アビー・リー)とジジ(ベラ・ヒースコート)が居ました。

2人はジェシーの美しさに嫉妬の念を抱き、彼女を性的な暴言を浴びせたり、自身の美しさの自慢を語り出しました。

ですが、ジェシーはそれに臆する事なくパーティーを楽しみます。

パーティーのメインイベントでは、ストロボ・ライトを浴びせられたヌードモデルの束縛ショー。そのショーを横目に、ジェシーを睨むサラ。

明朝、モデルの事務所に行き、面談をします。担当者は、ジェシーの美しさを見抜き採用にします。

事務所に採用されたことをディーンに報告します。ロサンゼルスの夜景と綺麗な満月が見える丘に車を止め、2人で合格をお祝いしました。

ジェシーは自分自身何一つ才能は無いが美しさには自信があることを語り、これでやっとお金を稼げることを喜んでいました。

ファッション業界と嫉妬

ルビーに紹介され、業界ではかなりの有名なカメラマン、ジャック(デズモンド・ハリントン)と出会います。

鬼の形相で睨むジャックに、物怖じするジェシーでしたが、彼女をじっと眺めた後、関係者以外を撮影所から退室させ、写真撮影をし始めます。

撮影は、彼女に服を脱がせ、金色のペンキを素手で、身体に塗りながらシャッターを切るというものでした。

撮影を終えルビーに伝えると、あのジャックが素人のモデルを撮影するのは滅多にない事だと言います。

その後も、ファッションデザイナーのオーデションに参加し、先輩モデルのサラを差し置いて、悠々と合格していくなど、トップモデルへの道を一直線にかけ上がっていくジェシーでした。

ジェシーはファッションショーのトリに新人ながらも、抜擢される程の評価を得ていました。

20歳を超えると仕事がなくなるという程、若さと美しさが求められる世界。ジェシーに全てを奪われていくサラとジジは焦りを感じ、恨みにも似た嫉妬が以前よりも増していたのです。

そんな中ジェシーは、ファッションショーのランウェイで三角形が交差する青いネオンライトの幻覚を見ます。

その幻覚を観てからジェシーの心情に大きな変化が生まれます。

夢が野心に変わる時、少女の本性が現れるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ネオン・デーモン』ネタバレ・結末の記載がございます。『ネオン・デーモン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ルビーの豪邸、告白

ショーの後、バーにて。デザイナーは、ジジの容姿を人工美と蔑み、ジェシーの美しさを賞賛していました。

ディーンは、ジェシーをこの世界にいくことを引き止めるのですが、ジェシーは環境に身を任せる選択をしました。

もう彼女は、田舎からやってきたあどけない美少女から、洗練された美しい大人の女性へと変化していたのです。

ある夜、支配人のハンク(キアヌ・リーヴス)にナイフで脅される夢を見ます。

夢から覚めると、モーテルの壁から隣に住む13歳少女が何者かによって襲われる悲鳴を聞いてしまい、恐ろしくなったジェシーはルビーの元へ助けを求めに行くのでした。

豪邸のようなルビーの家に迎えられ、好きなだけここにいていいと言われます。

安心しきったジェシー。ですが、シャワーを浴びた後、寝室で髪をとかされている時に、突然ルビーから告白を告げられます。

ジェシーに対して好意があり、ルビーは身体を求めようとしますが、ジェシーは拒否をし、彼女を突き飛ばすのでした。

ショックを受け、去っていくルビー。エンゼルメイク(死化粧師)として働くルビーは、その仕事中、若い女性の遺体をジェシーとみたて、自慰行為を行うのでした。

命さえも美に捧げる者たち

ある夜、ジェシーは殺害されてしまいます。

犯人はサラ、ジジ、そしてルビー。

ルビーの豪邸で、3人に追い詰められ、ジェシーは逃げましたが、プールに落とされ殺されてしまうのです。

ジェシーの命を奪い、真っ赤に染まったシャワー室で彼女の肉片を食べる3人。目的は、自分自信に彼女を取り込もうとするものでした。

その後、ジェシーを埋葬した庭でルビーが優雅に読んでいる風景が流れ、ラストシーンは、サラとジジの写真撮影。

カメラマンのジャックの撮影のため、ビーチハウスに来ていました。

サラは同行していただけであったが、ジャックの目に留まり、モデルとして選ばれるのでした。

撮影場所は、ビーチハウスのプールサイド。撮影をしていくと、突然ジジが気分が悪くなったと言ってバスルームへ行き、嗚咽を繰り返し、ジェシーの目玉を吐き出します。

ジェシーが体内に居ること怖れたジジはナイフで自分の腹を指し、自殺します。

サラは転がっているジェシーの目玉を拾い上げ、飲み込みます。

そして満足そうな顔を浮かべ、撮影場所へ戻っていくのでした。

スポンサーリンク

映画『ネオン・デーモン』の感想と評価

neondemon_04
(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch
今作の肝はなんといっても映像美音楽です。オープニングからエンディングまで徹底した映像美には、そのシーンに惹き込まれるような感覚に陥ります。

前半のパーティのストロボを使ったシーンやランウェイでの幻覚には、近代的で前衛的な音楽と映像に強烈な印象を残します。

それとは相反した映像として、ディーンとの丘から見るLAの夜景には、溜息の出るような王道の美しさがあります。

オーデイションのシーンでの映像も素晴らしいです。何十人もの下着姿のモデル達が足を組んで椅子に座わったり、壁に寄り添ったりする控え室は、無機質な空間に置かれたモデル達、肌のコントラストなど全て込みした美しい構図が描かれていました。

そして何より、モデル役を演じるエル・ファニングアビー・リーベラ・ヒースコートの3人の美しさ。このようなイカれた設定でも、このキャスト達なら納得出来ます。

他にも、この映画の特徴といえば、セリフ数が少なく、ワンカットを長めにして映像で鑑賞者に訴えかけてくる構成になっています。このように芸術作品としての色が強い今作は、昔のサイレント映画に近いのではないでしょうか。

まとめ

neondemon_03
(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch
強めの色彩コントラスト映像、カニバリズム、ネクロフィリアなど目を背けたくなるような映画ではある為、万人が面白いという作品ではないことは確かです。カンヌで賛否両論を得たのはわかる気がします。

ですが、このようなジャンル映画を好む人には必見です。必ず衝撃を受けるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ホラー映画

『アナベル死霊館の人形』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

恐怖、その原点へ…。大人気シリーズ「死霊館」のアナベルシリーズ1作目『アナベル 死霊館の人形』。 本作はシリーズ1作「死霊館」にて冒頭に登場した人形、「アナベル」にフィーチャーされたスピンオフ作品です …

ホラー映画

実在の幽霊屋敷映画『ウィンチェスターハウス』あらすじと感想レビュー。名女優ヘレンの演技とは

ホラー映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』は、2018年初夏TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。 カリフォルニア州サンノゼに実在するウィンチェスター・ミステリーハウスは、今も …

ホラー映画

映画『ヴィジョン暗闇の来訪者』動画無料視聴はHulu。ネタバレ感想

映画『ノクターナル・アニマルズ』にも、小説パートでジェイク・ギレンホールの妻役を演じていたアイラ・フィッシャーが、今作でも車に乗っていたら大変な目にあい、そのせいでますますひどい目にあう主人公を演じて …

ホラー映画

映画『ドント・ヘルプ』あらすじネタバレと感想。悪魔祓いをモチーフに信仰心と人間性に問いかけた異色作

上院議員の家に強盗に入った、3姉妹が遭遇する恐怖を描いたホラー映画『ドント・ヘルプ』。 『グリーン・インフェルノ』や『ノック・ノック』などで知られるイーライ・ロス監督の作品の脚本を手がけ、監督から最も …

ホラー映画

映画『心魔師』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【今野恭成監督作品】

座敷牢の少女が『メリーさんのひつじ』を口ずさむ時、世界は歪み、見てはいけないものが現れる…。 若き才能・今野恭成監督によるサイコホラー『心魔師』をご紹介します。 中国主導による日中若手映画人合同プロジ …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP