Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/02/06
Update

映画『しゃぼん玉』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【市原悦子の演技力とは】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

今回ご紹介するのは、直木賞作家の乃南アサのベストセラー小説『しゃぼん玉』を映画化した同名の作品。

人気テレビドラマ『相棒』シリーズで長く監督を務めた、東伸児監督の劇場デビュー作でもあり、これまで多数の映画祭で新人賞を受賞した林遣都が主演を果たし、脇をかためるベテラン俳優には市原悦子が熱演。

林遣都が演じた主人公伊豆見翔人の「これからが、これまでを変えていく」の意味とは?

スポンサーリンク

映画『しゃぼん玉』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
東伸児

【キャスト】
林遣都、市原悦子、藤井美菜、相島一之、綿引勝彦

【作品概要】
直木賞作家の乃南アサの同名小説を『荒川アンダー ザ ブリッジ』の林遣都が主演を果たし、ベテラン女優の市原悦子の共演をする作品。

人気テレビドラマ『相棒』の東伸児監督が劇場映画初監督を果たしたことも話題。

映画『しゃぼん玉』のあらすじとネタバレ

しゃぼん玉
(C)2016「しゃぼん玉」製作委員会
親の愛を知らずに育った伊豆見翔人は、女性や老人のみを狙う通り魔で強盗傷害事件を繰り返していました。

手にしたナイフで人を刺してしまったことで、長距離トラックの運転手を脅して助手席に乗るも、運転手に突き落とされてしまい、宮崎県椎葉村の山中に夜中に突き落とされてしまう。

明け方になると、目の前には神々しい山々が広がっていました。山道のカーブを当てもなく歩いていると、道に原付バイクが横倒し担っています。

歩き疲れた伊豆見は、そのバイクに跨るとギアを入れて走り出そうとすると、道端の藪から、「ぼう、ぼう」と、老婆のスマが額から血を流して読んでいたのです。

「ええとけえ来た。やれ助かった、なあ、ぼう」スマは声からしながらも、「乗して」と続けます。それを聞いた伊豆見は、「俺が?」と気のない返事をします。

スマは「他に、誰がおるか?ほれ、早よ」というと、伊豆見は老婆のスマの体を支えながらバイクに乗せててあげるのです。

やがて、スマの容体を心配した村に住むお婆たちは、それぞれに手料理を持って来ました。

名前を聞かれた伊豆見は、「いずみ」と名乗ると、「泉かあ、そりゃいい名前だ、ここには良い湧き水もある」と、すっかりスマの孫だと勘違いされました。

伊豆見は何となくスマの家に泊まっていくうちに、いつしか当たり前のように、スマと食卓を囲んでいくようになります。

しかし、伊豆見は、スマの家からお金を盗んで逃げようとしますが、間が悪く見つかってしまいます。それでもスマは伊豆見に何も聞かず、とがめようともしません。

そんなスマに見つめられているだけで、伊豆見は何故だか気まずい気持ちになってしまいます。

以下、『しゃぼん玉』ネタバレ・結末の記載がございます。『しゃぼん玉』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

やがて、寝てばかりいた伊豆見を見かねた、山の向こうに住んでいるシゲ爺は、彼を山仕事に誘い出して、手伝うようをするように言われました。

何度も厳しく叱りつけるシゲ爺から弱音をあげて逃げ出そうとした、伊豆見だが、ギリギリのところでお思い留まり必死で過ごしました。

間もなくして、椎葉村は年に一度の大行事の「平家まつり」が行われる準備に追われます。シゲ爺も参加するこの祭りで、伊豆見に山で収穫した野草などを販売するように持ちかけられます。

朝日が昇る前からシゲ爺に叩き起こされる伊豆見。慣れない山道を馳けずり回らされても、毎日シゲ爺に付いていき山仕事をこなす伊豆見は、気がつかないうちに、規則正しい田舎暮らしに慣れていきます。

そんなある日、村に住む婦人部のおばさんから、祭準備に用意した花の鉢植えの植え替え作業を頼まれた伊豆見。

連れて行かれた公民館で、10年ぶりに椎葉村に還ってきた美和と出会います。

村の中では、僅に都会を知る若い2人は、お互いに気を許し合うと、携帯電話のアドレスを交換。思互いの思いになおも惹かれていくのです。

しかし、婦人部のおばさんから美和が村に帰ってきた理由は、都会に出て通り魔に襲われたことで対人恐怖症になった事実を聞かされた伊豆見の心は揺れてしまいます。

深夜に空腹に耐えかねた伊豆見は、食べ物を探そうと冷蔵庫に顔を入れて探していると、スマが奥にしまい込んだ現金の束を見つけます。それを手にした時に、「泥棒〜!」と叫びながら棍棒を手にしたスマが姿を見せました。

その最、実家を離れたスマの息子の豊昭が突然家に帰ってきました。スマは伊豆見に部屋の奥で呼ばれるまで出てこないように隠れていろと言われます。

伊豆見は慌てて部屋に隠れていると、襖の向こうの居間から、母親のスマに金をせびりに来て暴れている男の声を声を聞きます。いても立っても居られない伊豆見は暴力を振るう豊昭と取っ組み合いの乱闘になります。

スマは声を振り絞り、「なあ、豊昭、あんたを都会に出したとは、間違いじゃったばい」。伊豆見は初めてスマの涙を見ました。

そこに騒ぎの予感を感じたシゲ爺がスマの家にやって来ると、豊昭はろくに挨拶もせずに逃げ去るように帰って行きました。

やがて、伊豆見は、この出来事をきっかけに、それまで椎葉村に住む人々の無垢な優しさを思い起こし、自らが美和に犯してしまった罪深さに耐えかね、もう一度人生をやり直したいと決意をします。

今までバレなければ、それでも良いのではと思っていた煮え切らない気持ちを捨てた伊豆見は、スマを前に自分の過去に付いて語りはじめました。

翌日、スマは家の庭先から伊豆見に準備したおにぎりを手渡し、シゲ爺の運転してくれた車で出頭する彼の姿に見送りの手を振ります。

シゲ爺が村の外れにある交番の手前まで車を停車。自首をする伊豆見にスマが拵えた、おにぎりを食べてから行けと促します。

スマのおにぎりを食べ終えた伊豆見は、やがて、ゆっくりと交番に歩き出します。

3年後。刑期を務め上げた髪を短くした伊豆見は、バスに乗ると自らの”これまでの変えてくれた人々”が住む椎葉村へと向かいます。

奇しくも「平家まつり」の祭の準備に追われる広場。伊豆見はシゲ爺の姿を見つけます、そしてスマの住む家に向かった伊豆見でした。

スポンサーリンク

映画『しゃぼん玉』の感想と評価

しゃぼん玉
(C)2016「しゃぼん玉」製作委員会

この作品の原作は、乃南アサのベストセラー小説。彼女の作品の中でも最も映画化を待望されていた作品です。

宮崎県椎葉村に住む住人たちの活き活きとした人物描写や、主人公である伊豆見翔人の繊細さと粗野に揺れる若者の心の揺れが、多くの読者の心を掴んで涙させた書籍として話題になりました。

乃南アサ自ら、小説を執筆する際に椎葉村の現地を訪れたほどの意気込みで、原作の舞台となった澄み渡る空気感や自然を様子、村人の生活観を取材したようです。

しゃぼん玉

宮崎県の北西部に位置するこの地域は、”日本三大秘境”と呼ばれ、椎葉村を含む9市町村(延岡市・日向市・門川町・諸塚村・椎葉村・美郷町・高千穂町・日之影町・五ヶ瀬町)には多くの神話が残され、これにちなんで「天孫降臨ひむか共和国」としての名称も知られています。

市原悦子と林遣都がちびちびと晩酌をするお湯わりは、もちろん、焼酎「天孫降臨」。お酒好きのあなたは見落とさないようにしたい所かも知れませんね。

また、今作が劇場映画デビューの初監督を果たした東伸児監督は、助監督時代に、坂本順治監督の『新仁義なき戦い』(2000)『KT』(2002)『亡国のイージス』(2005)などに参加。

また、和泉聖治監督の『相棒』(2008、2010、2014)に参加。その後、テレビドラマ『相棒シリーズ7』で初監督を務めています。

東監督のこれまでに積み重ねてきた安定感の演出は、味のあるキャストティングを上手く引き出していました。

スマ役の俳優座出身の市原悦子の演技は言うまでもなく、この物語の重要な世界観を引っ張っていく存在。椎葉村という場所を一気にまるで”昔話(おとぎ話)の国”と導きます。

彼女が劇場公開作として出演した、河瀬直美監督の『あん』(2015)のらい病患者の佳子役も素晴らしい演技でした。

今回の市原悦子は、伊豆見という主人公青年の過去の出来事を何となくは知りつつも、見守る姿や許そうとする姿の揺れを静かに演じています。

それのことは、後半に登場する息子豊昭の子育てを母親として失敗したのではないかという、育て直しにも見える感情の上に成り立つ層になった演技は、見どころです。

そして、光る演技としては、当然のことながら主人公として共演を果たした、林遣都の伊豆見翔人の揺れる演技も最大の魅力。

彼の繊細さと粗野に揺れる若者の心の揺れ、そして底に潜む狂気は、”市原節の昔話的、おとぎ話的存在感”とは、逆の日常の都会で病む姿を集約しています。

”自分は良い人間ばかりではない”という誰もが持つ姿を見せつつ、そこに向き合って罪(責任)と向き合う若者の姿は、林遣都にしかできない役柄と言っても良いでしょう。注目の若手俳優です!

また、個人的は、ベテラン俳優の綿引勝彦が素晴らしくカッコイイ役柄。名優として知られる宇野重吉が主宰した劇団「民藝」に1966に入団。

テレビドラマシリーズ『鬼平犯科帳』(1989〜91)の渋い役どころかた、『天までとどけ』(1991〜99)の優しい父親役までオールマイティに熟せる名バイプレイヤーぶりが、今回はとてもシブく、まるで高倉健を思わせるほどの演技を見せています。

ぜひ、シゲ爺役の綿引勝彦に注目してくださいね!

まとめ

しゃぼん玉
(C)2016「しゃぼん玉」製作委員会

この作品で初監督を務め上げた東伸児監督。そんな監督を支えたスタッフ・クルーも素晴らしい仕事が見られました。

『モテキ』(2011)『バクマン』(2015)などでもカメラマンを務め、今回の撮影を行なった宮本恒。

宮崎県の雄大な自然を撮影にあたり、撮影時刻の工夫でバリエーションを効かせる事で、丁寧に山間部の空気感を捉えた映像美が見られます。

また、照明を担当した佐々木貴史は、『乱反射』(2011)『半グレとやくざ』(2014)でこれまで仕事をされていましたが、今回の作品では、各所に遊び心のある照明工夫を多く盛り込んでいて、面白い効果を映像にもたらしています。

東監督をはじめ、味わいのあるベテラン俳優と若手俳優のタッグによる共演。また、チャレンジ精神旺盛なスタッフに注目したい作品でもあります。

乃南アサのベストセラー小説『しゃぼん玉」は、2017年3月4日シネスイッチ銀座はか全国公開!

ぜひ、劇場でご覧いただきたいお薦め1本です!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

花戦さキャストとあらすじ!原作はある?舞台挨拶や試写会情報も

その花僧、大胆不敵なり! 花の力で世直しに挑んだ男の痛快時代劇エンターテインメント『花戦さ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『花戦さ』の作品情報映画『花戦さ』のキャスト一覧池坊 …

ヒューマンドラマ映画

映画『MINAMATA』ネタバレあらすじ結末と感想考察。ジョニー・デップが日本の闇“水俣病”に切り込んだ写真家に挑む!

忘れてはいけない社会問題を描く最新映画『MINAMATA-ミナマタ-』 私たちが何気なく生きている今も、世界各地ではさまざまな社会問題が起きています。 その社会問題は被害を受けた人たちの訴えだけでは解 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アメリカの夢』あらすじと感想考察。横須賀綺譚との比較解説と大塚信一監督の“未公開作品の鍵となる3つのポイント”

インディーズ映画『アメリカの夢』は、名古屋シネマスコーレで限定上映。 大塚信一監督の初劇場公開作品『横須賀綺譚』と一緒にネット配信も決定!   尾関伸嗣が演じる主人公の駿一は、ボクサーと製麺所の仕事を …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハナレイ・ベイ』あらすじとキャスト。吉田羊の演技力が母親サチを可能にする

村上春樹の短編小説『ハナレイ・ベイ』を、映画『トイレのピエタ』や『オトトキ』の松永大司監督が映画化。 キャストに母親サチ役を吉田羊が演じ、息子タカシ役に佐野玲於(GENERATIONS from EX …

ヒューマンドラマ映画

『フィールド・オブ・ドリームス』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。ケヴィンコスナーが教えてくれるトウモロコシ畑の向こうある“大人の夢のかなえ方”

置いて来た夢にもう一度向かい合う大人のためのおとぎ話 名優ケヴィン・コスナー主演の、野球を通して夢と希望を追う主人公を温かな視線で描く感動作。 フィル・アルデン・ロビンソンがウイリアム・パトリック・キ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学