Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ファヒム パリが見た奇跡』内容解説。実在の天才チェス少年を描き難民問題への向かい方を問う

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ファヒム パリが見た奇跡』は2020年2020年8月14日(金)より全国順次ロードショー!

バングラデシュから父とともに脱出し、フランスで新たな生活を目指していた少年・ファヒム。希望のカギは、彼のチェスの腕にありました。


  
バングラデシュからパリへと逃れた実在の天才チェス少年ファヒム・ムハンマドの物語をベースに、その亡命のエピソードを彼とチェスとの交わりで引き寄せられるさまざまな出会いを通じて描いた『ファヒム パリが見た奇跡』。

主人公ファヒムを演じたアサド・アーメッドは、撮影3ヶ月前にバングラデシュからフランスに移住したばかりという少年。この作品がスクリーンデビューとなった彼は、その特殊な役柄を演じるにあたり自身の体験を織り交ぜ、瑞々しくその役柄を表現しました。

また共演にジェラール・ドパルデュー、イザベル・ナンティらフランスのベテラン俳優が名を連ね、脇を固めています。

スポンサーリンク

映画『ファヒム パリが見た奇跡』の作品情報


(C)POLO-EDDY BRIÉRE.

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
Fahim

【監督・脚本】
ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル

【キャスト】
ジェラール・ドパルデュー、アサド・アーメッド、ミザヌル ラハマン、イザベル・ナンティ

【作品概要】
フランスの実話をベースに、バングラデシュからパリへと逃れた難民の天才チェス少年が、亡命のさまざまな障害と戦いながらチェス大会の優勝を目指す姿を描きます。

監督は俳優としても活躍し、2006年に映画『Essaye-moi』で監督デビューを果たしたピエール=フランソワ・マルタン=ラバル。

主人公ファヒムを演じるのは、バングラデシュ出身のアサド・アーメッド。そのファヒムを支える指導者シルヴァン・シャルパンティエ役に『ハニートラップ 大統領になり損ねた男』(2014)などのジェラール・ドパルデュー、ファヒムらを優しく見守るチェス教室の経営者マチルド役を『ママはレスリング・クイーン』(2013)などのイザベル・ナンティが担当します。

映画『ファヒム パリが見た奇跡』のあらすじ


(C)POLO-EDDY BRIÉRE.

バングラデシュ・ダッカのとある街。政変が続き国内の緊張が解けない中、親族が反政府組織に属していたことに加え、モハンマド一家の息子ファヒムがチェスの大会で勝利を重ねていたことへの妬みが原因で、一家は脅迫を受けるようになっていました。

一家としての身の危険を感じた父親は、先にわずか8歳のファヒムを連れてフランス・パリへと亡命を図りました。

フランス語もままならないままに難民センターに身を寄せた父子は、フランスでも有数のチェスのトップコーチであるシルヴァンのいるチェス教室に出向きます。

シルヴァンのクセのある性格に当初は戸惑っていたファヒムでしたが、厳しくも愛情あふれた熱心な指導に次第に心を開きながらも頭角を現し、チェスのトーナメントを目指して邁進していきます。

ところがある日、難民申請を却下されたファヒムの父親は強制送還を言い渡され、パリでの身の置きを失い町から姿を消してしまいます。

迫りくるタイムリミット。その緊張の中、ファヒムはチェスのフランス王者を目指す大会に出場することを決意します。そして彼の戦いぶりは、彼の人生に大きな変化をもたらします……。

スポンサーリンク

映画『ファヒム パリが見た奇跡』の感想と評価


(C)POLO-EDDY BRIÉRE.

本作は実話に基づき、バングラデシュの難民親子がフランスに亡命を試みるさまを描いたストーリーですが、物語の主軸はフランス国内に降り立ったファヒムという少年、そして彼を取り巻く人々の姿を群像劇として描いたものです。

難民の境遇というポイントを主眼と考えると、ロケ―ションを多くしたりさまざまなエピソードを追加したりする必要がありますが、本作ではあくまでフランスのパリにおけるファヒムの進退という点にポイントが絞られています。

その意味では難民問題という点に関して、亡命を願う人に対し国がどのように対応するのか、対して亡命者はどのようにふるまうのか、という点に焦点が置かれています。難民問題の最も大きなポイントに焦点を置いているわけです。

物語のモデルであるファヒム・モハンマドはこの映画を見て「少し奇妙な感じだった。すべて自分が経験してきたことだが、自分のことのように思えなかった」と語っています。

もちろん物語には多かれ少なかれ事実とは異なる部分もあったようですが、その違和感はむしろファヒム自身が当初感じた思いより、物語で描かれる登場人物の心情が局所的であったことにあるようです。


(C)POLO-EDDY BRIÉRE.

撮影当初はバングラデシュからフランスに来て間もなく、自身の経験を演技にふんだんに生かしたというアサド・アーメッドと、ベテラン名優ジェラール・ドパルデュー、イザベル・ナンティという強力なバックアップ、そしてフランス語もしゃべれず、亡命という行為がままならずに焦りを見せつつも、子を思う父親役を演じたミザヌル ラハマン。

メインキャラクターはこの4人です。本作はこの4人のやり取りだけでほぼで成立しており、非常に明快な人間模様が表現されています。

また作品を手掛けたピエール=フランソワ・マルタン=ラバルは舞台俳優、演出の経験も豊富であり、本作でも人同士の会話劇の組み立て方、表情などの感情表現などは、共感心を呼ぶ非常に優れた演出を行っています。

ファヒムという少年と出会い、彼を知ることで徐々に受け入れていく周囲の人たちの気持ち、そしてファヒム自身の周囲と溶け込んでいく気持ち。

もしリアリティーだけにこだわり、彼の複雑な心情をそのまま表現しようとしていたら、作品の論点はもっとぼやけたものになっていくに違いありません。

本作でのストーリーは伝えるべきことを厳選し、シンプルに表現するという基本的な作り方を頑なまでに踏襲し、人々が自分のこと、身の回りのことについて深く考える手助けをするという、映画が社会生活の中で持つ役割を忠実に果たした作品といえるでしょう。

まとめ


(C)POLO-EDDY BRIÉRE.

ファヒムの故郷であるバングラデシュは、JICA(独立行政法人国際協力機構)が昔からずっと支援を続けている国で、日本には馴染み深い国であります。

また近年ではその安い労働力に、ビジネス面では注目が集まっています。その反面、近隣国ミヤンマーからのロヒンギャ難民が多く流入し、救済キャンプで受け入れきれない状況にあるなど、非常に複雑な情勢があります。

2016年7月にテロ事件が首都ダッカのレストランで発生して以降、治安面で不安定さが伝えられている所でもあります。

そういった複雑な環境の中で暮らす人々を、救える立場にある人間はどうふるまうべきなのかを、この作品からは改めて考えさせられます。

人はその生い立ちで背負ったバックグラウンドで人間の性質を決めつけてしまいがちですが、その本質は実はバックグラウンドと必ずしも一致するものではありません。

本作ではバックグラウンドに依存しない、ファヒム自身にある本質をチェスという特質で描いています彼の置かれた状況を想像しながらこの物語を味わえば、改めてその事実に気づきハッとさせられることでしょう。

映画『ファヒム パリが見た奇跡』は2020年8月14日(金)より全国順次公開!



関連記事

ヒューマンドラマ映画

村上虹郎映画『銃』あらすじとキャスト。演技力で原作の青春描写に新境地を見せる

映画『銃』は、11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー! “これほど美しく、手に持ちやすいものを、私は他に知らない”というキャッチコピーの本作の原作は『悪と仮面のルール』『去年の冬、きみ …

ヒューマンドラマ映画

映画『祈りのちから』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたには、本当の自分に戻れる「場所」がありますか。心を解き放つ、そんな「空間」はあるでしょうか。 この映画の原題は、War Room(ウォー・ルーム)。「戦いの部屋」です。 人生、何と戦うかは人それ …

ヒューマンドラマ映画

映画『女の一生』あらすじとキャスト!感想も【原作小説紹介あり】

世界中で幾度も映像化されたモーパッサン原作による不朽の名作『女の一生』。2017年12月9日(土)より岩波ホールほか全国順次公開です。 新たに映画化された本作はステファヌ・ブリゼ監督の挑戦的な手法で、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの滝隆信役は高嶋政宏。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

國村隼が映画『十年』で子役の大川星哉らと共演「いたずら同盟」感想レビュー【十年Ten Years Japan】

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開! 是枝裕和監督が才能を認めた5人の新鋭監督達が描く、十年後の日本の姿がここにあり …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP