Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/04/28
Update

映画『ミは未来のミ』感想レビューと評価。磯部鉄平×櫻井保幸が映画祭で話題を集めた“未来に進む不安と意義”の描写力

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開!

「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざまな映画祭で入選、受賞をしている、注目の若手監督磯部鉄平。

独特の優しい視点に定評のある、磯部鉄平監督作品『ミは未来のミ』併映作品(日替り)『真夜中モラトリアム』『そしてまた私たちはのぼってゆく』が、7月10日(金)〜16日(木)の間、東京・UPLINK吉祥寺で公開され、全国で順次上映されます。

磯部鉄平監督は、30歳を前に映画の道へ進み、河瀬直美らを輩出した「ビジュアルアーツ専門学校大阪」で、映画制作を学んだという、独特の経歴の持ち主です。

その後、映像フリーランスとして活躍後、2016年から自主映画製作を開始しており、さまざまな映画祭で高い評価を得ています。

今回は、磯部鉄平監督作品の中から『ミは未来のミ』を、ご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ミは未来のミ』の作品情報

(C)ISOBE TEPPEI

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
磯部鉄平

【協同脚本】
永井和男

【プロデューサー】
谷口慈彦

【キャスト】
櫻井保幸、佐野弘樹、カレン、松本知道、中藤契、藤本直人、村田奈津樹、窪瀬環、山城まこと、鎌倉百花、坂城君、大宮将司、森恵美、竹下かおり、蓮池桂子、村松和輝、矢島理佐、山下礼、新井敬太、桜木梨奈

【作品概要】
事故で亡くなった親友の為に、ある計画に挑む高校生たちの青春を描いた、磯部鉄平監督初の長編作品。主人公の拓也役に、『サクリファイス』や『彼女はひとり』など、数多くのインディペンデント映画に出演する、櫻井保幸。ヒロインの神崎未久役を、女優やモデルとして活躍しているカレンが演じています。

映画『ミは未来のミ』のあらすじ

(C)ISOBE TEPPEI

高校3年生の拓也は、クラスで唯一進路が決まっておらず、担任教師や家族に心配されていました。

拓也は焦りを感じながらも、学校の仲間と遊びながら、ダラダラした日常を過ごしています。

拓也は、進路は決まっていませんが、高校卒業後は、仲間の1人である高木と一緒に住む事になっており、2人は新たな生活を楽しみにしていました。

放課後、仲間たちと集まって遊んでいた拓也は、自分が死んだ時に残す形見についての話から「今、自分が死んで携帯を親に見られると恥ずかしい」という話をし、仲間たちと「誰かに何かがあったら、全ては仲間内で処分する」という約束をします。

ある日、教室に1人残り、掃除をしていた拓也は、教室に落ちていた「進路希望調査票」を拾います。それは、同級生の神崎未久のもので「進路希望調査票」を取りに来た未久と、拓也は進路の話になります。

未久は「物理学科」を志望しており、その理由を拓也に「宇宙の広さを知りたいから」と答えます。

拓也は、思いもよらない未久の回答に戸惑いますが、逆に、未久に進路の事について聞かれた拓也は、明確な答えが出せませんでした。

拓也は、高木と未久が出てくる夢を見ます。それは、プラネタリウムを舞台に、高木と未久が「宇宙の終わり」について、拓也に語りかけてくる不思議な夢でした。

目覚めた拓也に、学校から電話がかかってきます。電話の内容は、高木が事故に遭って亡くなったというものでした。

高木の死を悲しんだ拓也ですが、ある事をキッカケに、生前高木と交わした約束を思い出します。

拓也は高木との約束を果たす為、仲間たちと、ある計画を実行に移します。

スポンサーリンク

映画『ミは未来のミ』感想と評価

(C)ISOBE TEPPEI

高校3年生の拓也が、亡くなった親友との約束を果たす為に、ある計画を実行に移す青春ドラマ。

『ミは未来のミ』というタイトルが現わす通り、本作は「未来」をテーマにした作品です。

未来と聞くと、希望が広がる明るいイメージがありますが、主人公の拓也は、高校卒業間近になっても、自身の未来が選べずにいます。

高校3年生となると、それまでは、学校に通っていれば良かった学生生活が終わり「進学か?就職か?」の、二択を選ばないといけなくなる訳ですが、拓也は、自身が進む道も見えておらず、将来について考えられません。

教師や家族も心配をしていますが、拓也にとって、それはプレッシャーです。

拓也にとって未来というのは、重荷でしかありません。

社会の事なんて何も知らない高校生に「早く将来の事を決めろ」と迫るのは、残酷なように感じますが、捉え方によっては、拓也は高校3年生まで、何も考えていなかったようにも見えます。

そんな拓也に、未来について考えるキッカケとなる、2つの出来事が起こります。

1つは、神崎未久との出会い。

物理学を希望する未久との出会いにより、拓也は「宇宙の最後」について考えるようになります。

「宇宙の最後」は、最終的に行きつく「未来の形」なのですが、あまりにも壮大な話すぎて、拓也には理解が出来ません。

しかし、親友の高木の死という、身近な人物の最後を、拓也は経験します。

それも、ある日突然に。

そこから、拓也は高木との約束を果たす為に、ある計画を実行に移します。

作品内で、拓也が自主的に動き始めるのは、この場面が初めてとなっており、拓也の精神的な成長を感じる印象的な場面です。

拓也の精神的な変化の理由は、作中でハッキリと描かれていませんが、高木の死を受けての事かもしれませんし、未久との出会いがキッカケかもしれません。

未来に進むという事は、何かを失う事でもありますが、新たな出会いや経験が増える事でもあります。

そんな、さまざまな経験を経て、変わり続ける人間の様子を、本作では拓也を通して描かれており、新たな未来に進む事の不安と、未来に進む事の意義が、60分という上映時間に詰め込まれています。

物語を通して、拓也は少しだけ成長するのですが、クライマックスで、何か吹っ切れた表情を見せる拓也が、印象的な映画でした。

まとめ

(C)ISOBE TEPPEI

本作は前述したように、未来に進む事の不安と意義が語られている作品ですが、決して重い作品ではなく、全体的にユーモラスな楽しい作品になっています。

拓也と高木、そして仲間たちが、ゲームで遊びながら、自分が死んだ時に残す形見について話をする場面など、男子高校生特有のくだらない会話を繰り広げており、会話のテンポなども含めて、楽しい場面となっています。

磯部鉄平監督は、『ミは未来のミ』について、実体験をもとにした事を語っています。

クライマックスで、拓也が実行する、ある計画も実話となっており、男性なら、自身の高校時代を思い出して、他人事では無い感覚に陥るでしょう。

なんとなくですが、男性の中身は、高校生の頃から何も変わらないのではないでしょうか?

ですが、女性は常に未来を見ており、男性を引っ張ろうとする。

本作では、拓也の姉や母、未久の存在が、将来が見えない拓也に、良くも悪くも影響を与えています。

男性は、女性の目を気にして、大人のように振る舞ったり、頼もしい人間のように見せようとしますが、内面は高校生の頃から変わらない。

拓也の周囲にいる大人である、進路指導の教師や、姉の婚約者、カフェのマスターなど、本作に登場する男性は、高校生の拓也達と、内面があまり変わらない印象があり、その事に、特に違和感もありません。

つまり、高校生活で、ある程度の人格は形成され、高校生活を終えて大人になるのではなく、その延長上に、大人の社会という未来があるのだと感じます。

『ミは未来のミ』は、学生生活を思い返し、自身の原点を見つめ直す、そんなキッカケを与えてくれる作品となっています。

『ミは未来のミ』併映作品(日替り)『真夜中モラトリアム』『そしてまた私たちはのぼってゆく』は7月10日(金)〜16日(木)の間、東京・UPLINK吉祥寺で公開。その後、全国で順次上映。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『泳ぎすぎた夜』あらすじと感想レビュー!ヴェネチアでの評価は?

第74回ヴェネチア国際映画祭に正式出品され、9月5日(現地時間)より、ワールドプレミア上映が予定されている五十嵐耕平とダミアン・マニヴェル共同監督作品『泳ぎすぎた夜』。 本作は2018年4月14日(土 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アウトサイダーズ』あらすじと感想。マイケル・ファスベンダーの演技力とは

映画『アウトサイダーズ』は、2018年2月10日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開! トラヴェラーズコミュニティの長であるコルビーは、絶対的な権力でカトラー・ファミリーを …

ヒューマンドラマ映画

映画『アルビノの木』あらすじと感想レビュー!ロケ地紹介も

自然と人間の関係を真摯に見つめ直した金子雅和監督の『アルビノの木』は、農作物を喰い荒らす害獣駆除に従事する若者が、山に生きる人たちにとって、長きにわたって特別な存在として敬ってきた一頭の白鹿を撃つため …

ヒューマンドラマ映画

映画『半世界』あらすじとキャスト。稲垣吾郎と長谷川博己の演技評価の解説

東京国際映画祭の顔ともいえるコンペティション部門に選出された阪本順治監督の話題作『半世界』。 40歳を目前に人生の折り返し地点を迎えた男たちの葛藤と友情、そして希望を描いたヒューマンドラマ。 阪本順治 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』あらすじと感想。上映館情報も

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』は、7月7日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開! ロシア国立ボリショイ・バレエ・アカデミーの頂点を目指した少女たちの挫折と栄光。その夢見る …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP