Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/05/26
Update

映画『オーバーナイトウォーク』あらすじと感想評価。女優になるために上京した妹と関西に残った姉が真夜中のボケツッコミな道行き

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開

「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざまな映画祭で入選、受賞をしている、注目の若手監督磯部鉄平。

独特の優しい視点に定評のある、磯部鉄平監督作品『予定は未定』とあわせて2本立てで劇場公開される『オーバーナイトウォーク』を、ご紹介します。

『予定は未定』『オーバーナイトウォーク』の2本立ては、7月17日(金)〜23日(木)の間、東京アップリンク吉祥寺にて公開、その後順次全国で上映されます。

磯部鉄平監督は、30歳を前に映画の道へ進み、河瀬直美らを輩出した「ビジュアルアーツ専門学校大阪」で、映画制作を学んだという、独特の経歴の持ち主です。

その後、映像フリーランスとして活躍後、2016年から自主映画製作を開始しており、さまざまな映画祭で高い評価を得ています。

スポンサーリンク

映画『オーバーナイトウォーク』の作品情報


(C)ISOBE TEPPEI

【公開】
2020年公開(日本映画)

【監督】
磯部鉄平

【脚本】
磯部鉄平、永井和男

【キャスト】
高田怜子、屋敷紘子、安楽涼、細川博司、佐々木仁、井上勝馬、後藤紗亜弥、土屋詩織、竹田哲朗、朝比奈菜々子、小橋秀行、高田和正、辰巳直人、石川翔、佐藤ユタ、井口雄介、蓮池桂子

【作品概要】
映画『オーバーナイトウォーク』は、それぞれが将来に対する悩みを抱えた姉妹が、下北沢から新宿へ向かう夜の散歩「オーバーナイトウォーク」を通して、過去の思い出を振り返っていくヒューマンドラマ。

「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざまな映画祭で入選、受賞をしている、注目の若手監督磯部鉄平が手がけました。

妹さくらを、舞台を中心に活動する高田怜子が演じ、姉の百合子を2018年製作の磯部鉄平監督作品『予定は未定』でも主演を務めた屋敷紘子が演じています。

本作は「第4回賢島映画祭」でグランプリの他、高田怜子が「主演女優賞」、屋敷紘子が「助演女優賞」を受賞しています。

映画『オーバーナイトウォーク』のあらすじ


(C)ISOBE TEPPEI

東京で、女優として活動しているさくらは、有名監督作品に出演するチャンスを得ます。ですが、出演の条件は、作品内でヌードになる事でした。

さくらは、映画出演を前向きに考えますが、恋人の強い反対を受けた為、どうすれば良いか分からなくなり、先輩女優に相談をしますが、相談していた居酒屋に、劇団の仲間たちも現れます。

仲間たちは「このチャンスに、さくらはヌードになるべき」という意見で、さくらを置いて、勝手に盛り上がり始めます。

そこへ、さくらを訪ねて東京へ来た、姉の百合子が現れます。

さくらの恋人から、ヌードになる話を聞いた百合子は、当初は反対しますが、さくらの演劇仲間の意見も聞き「自分はどうしたいんだ?」と、さくらに問いかけます。

百合子の問いかけをキッカケに、再びさくらを置き去りにして、仲間内で議論が白熱し始めた為、百合子はさくらを連れて、居酒屋を出ます。

百合子の提案で、さくらは下北沢から新宿まで歩いて行く事になります。

夢を追いかけ東京に出たさくらと、故郷に残った百合子、立場の違う姉妹二人っきりの、真夜中の散歩「オーバーナイトウォーク」が始まりました。

スポンサーリンク

映画『オーバーナイトウォーク』感想と評価


(C)ISOBE TEPPEI

東京で女優を目指すさくらが、突然上京してきた姉の百合子に振り回される形で、真夜中の散歩を始める『オーバーナイトウォーク』

下北沢から新宿までを歩いていくという、磯部鉄平監督の実体験をもとにした作品ですが、下北沢から新宿は、路地が入り組んでいたりして複雑な道のりが多いので、歩いて行くと本当に結構道に迷います

本作は、真夜中の散歩を続ける姉妹の、会話を中心に物語が進んでいき、思い付きで動く行動的な姉の百合子と、しっかりした性格の妹さくらのボケとツッコミのようなやりとりが繰り広げられます。

関西出身のさくらと百合子が繰り広げる、関西弁での軽快な会話でのやりとりは、磯部鉄平監督作品ならではという印象を受けますが、この何気ない会話の中に、夢を追いかけて故郷を出たさくらと、故郷に残った百合子との立場の違いが、明確に表現されています。

さくらは、女優を目指して東京に出てきましたが、大きなチャンスに恵まれていません。

映画出演のチャンスを得ていますが、出演の条件はヌードになる事で、さくらは女優としての覚悟を試されています。

一方の百合子は、自身が結婚した事を報告する為に、東京のさくらを訪ねたのですが、ずっと同居してきた母親の事で悩みを抱えています。

百合子とさくら、それぞれが悩みを抱えてるのですが、百合子にさくらの女優としての悩みは理解できず、また、さくらも故郷を離れて長い為、母親の現状も把握しておらず、百合子の悩みを自分勝手な事として受け止めてしまいます。

離れて暮らす時間が長くなった為、それぞれの変化に気付かなかった2人が、真夜中の散歩を通じ、再び姉妹として心の距離を近付ける様子が描かれています。

土地勘の無い2人が、道に迷って、時には同じ場所を行き来しながら、目的地である新宿を目指す様子は、人生の大きな決断を前に、迷いや葛藤を抱きながらも前に進もうとする、百合子とさくらの内面を表現しているように感じます。

本作は夜の東京を舞台にした作品ですが、東京ならではの景色は、東京タワーが見える夜景ぐらいで、あとは坂道や公園、歩道橋などの、ありふれた景色となっています。

磯部鉄平監督は「『東京』という空間、景色を描いた作品にしたい」と考え、本作を制作した事を語っており、十字路や公園の風景など、夜の東京の、普段なら誰も見向きもしないであろう風景を、美しい映像に収めていますので、そちらにも注目して下さい。

映画『オーバーナイトウォーク』は、夜の東京を舞台にした作品ですが、大きな事件などは何も起きず「坂道を昇ったら行き止まりだった」「路上で寝ているおじさんに遭遇した」など、ありふれた出来事が静かに淡々と続く作品で、鑑賞していると心地よい気分になります。

ですが、夜の散歩を通して、姉妹の内面の変化と心の成長を描いており、百合子との散歩を終えたさくらの心境の変化を感じるラストシーンが印象に残る作品です。

まとめ


(C)ISOBE TEPPEI

磯部鉄平監督作品で、真夜中の出来事を描いた作品でいうと2017年に制作された短編映画『真夜中モラトリアム』があります。

『真夜中モラトリアム』では、友人のお葬式を終えた男女が、学生時代に抱えた想いなどに向き合う、一夜の出来事を描いており、『オーバーナイトウォーク』に通じる部分を感じます。

「真夜中の都会」は、慌ただしい昼間と違い、ほとんどの人が活動を止めている時なので、まるで時間が停止したような錯覚に陥るほどです。

日中の慌ただしさから切り離された、特別な時間とも言えるでしょう。

いろいろと考え事をしたり、先の計画を立てたり、漠然とした不安を抱いたりと、全ての活動や時間が停止したような真夜中に、自身の内面に向き合う人も多いでしょう。

実体験からすると、だいたいモヤモヤしたまま次の日を迎えたりしますが、真夜中という特別な時間は、自身の内面に向き合い、成長する為に必要な時間なのかもしれません。

『オーバーナイトウォーク』では、大きな事件は起きませんが、夜の東京を関西弁で会話しながら、散歩を続ける姉妹は、久しぶりに姉妹としての時間を取り戻した、特別な時間を経験します。

そんな、特別な時間を切り取って作品にした本作は、磯部鉄平監督の優しさに溢れた作品になっています。

『予定は未定』『オーバーナイトウォーク』の2本立ては、7月17日(金)〜23日(木)の間、東京アップリンク吉祥寺にて、その後全国で順次上映




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『僕のワンダフルジャーニー』あらすじネタバレと感想。愛犬のみならず動物を愛する全ての人に捧ぐ

映画『僕のワンダフルジャーニー』の日本公開は2019年9月13日より劇場にて! 『僕のワンダフルジャーニー』は、世界中で大ヒットした『僕のワンダフル・ライフ』(2017)の続編です。 相棒のイーサンか …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビューティフル・ボーイ』ネタバレ感想。ティモシー・シャラメが朗読する詩が胸に迫る

すべてを超えて愛している 『君の名前で僕を呼んで』で大反響を巻き起こしたティモシー・シャラメがドラッグ依存で堕ちていく少年を演じた映画『ビューティフル・ボーイ』。 ドラッグ依存で苦しむ息子と、そんな彼 …

ヒューマンドラマ映画

映画『焼肉ドラゴン』あらすじとキャスト。主演の真木よう子の演技力は?

映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)より全国ロードショー! 2008年に初演された日本の新国立劇場と、韓国の芸術の殿堂によるコラボ舞台劇「焼肉ドラゴン」。劇作者の鄭義信が自らメガホンを取り映画化! …

ヒューマンドラマ映画

【映画ワンハリネタバレ感想と考察】タランティーノが『ワンスアポン・ア・タイムインハリウッド』で見せた魔法とは

クエンティン・タランティーノ監督9作目の新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が、2019年8月30日に公開されました。 1992年『レザボア・ドッグス』で鮮烈デビューしたクエンティン・ …

ヒューマンドラマ映画

映画『PARKS パークス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

“100年目の公園。僕らの物語がここから始まる。” 音楽をテーマに気鋭の監督と実力派若手俳優が描き出した物語『PARKS パークス』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『PARKS …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学