Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/05/07
Update

映画『そしてまた私たちはのぼってゆく』あらすじと感想評価。磯部鉄平監督がラストに描いた“美しくも悲しい”大人の階段を昇る若者たち

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開

独特の優しい視点に定評のある、磯部鉄平監督作品『ミは未来のミ』併映作品(日替り)『真夜中モラトリアム』『そしてまた私たちはのぼってゆく』が、7月10日(金)〜16日(木)の間、東京・UPLINK吉祥寺で公開され、全国で順次上映されます。

磯部鉄平監督作品の中から『そしてまた私たちはのぼってゆく』をご紹介します。

大阪アジアン映画祭のインディ・フォーラム部門、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、Kisssh-Kissssssh映画祭など、さまざまな映画祭で入選、受賞をしている、注目の若手監督磯部鉄平。

磯部監督は、30歳を前に映画の道へ進み、河瀬直美らを輩出した「ビジュアルアーツ専門学校大阪」で、映画制作を学んだという、独特の経歴の持ち主です。

その後、映像フリーランスとして活躍後、2016年から自主映画製作を開始しており、さまざまな映画祭で高い評価を得ています。

スポンサーリンク

映画『そしてまた私たちはのぼってゆく』の作品情報

【公開】
2020年公開(日本映画)

【脚本】
二朗松田、谷口慈彦、磯部鉄平

【監督】
磯部鉄平

【プロデューサー】
南羽真里

【キャスト】
南羽真里、浄弘卓磨、隼、愛乃助、野村洋希、加島愛、白木原一仁、松本真依

【作品概要】
高校時代からの仲間である、楓、涼太、まな、朝陽、春香、創士の6人が、久しぶりに訪れた母校で、ある儀式を行った事で始まる、不思議な物語を描いたヒューマンドラマ。主演の南羽真里が「映画に出たいが、待っていても始まらないので自分達で撮ってしまおう」と、自身がプロデューサーとなり、俳優仲間達を集め、磯部鉄平に監督を依頼して完成された作品。「第11回映像グランプリ 優秀作品賞」「第6回映画少年映画祭 観客賞」を受賞しています。

映画『そしてまた私たちはのぼってゆく』のあらすじ


(C)ISOBE TEPPEI

楓、涼太、まな、朝陽、春香、創士の6人は高校時代からの仲間です。22歳になった6人は、久しぶりに卒業した高校を訪ねます。

涼太はグループの中でも、東京に行ってしまう楓の事を気にしていました。校内を散策する6人は図書館に入り、偶然降霊術の本を見つけます。

6人は、放課後の教室に入り、降霊術の本に掲載されていた「籠目」の儀式を、遊び半分で始めます。ですが、楓は「籠目」の儀式に関して、最初から乗り気ではなく、儀式を始めてからも、何か違和感を覚えます。

楓の様子を気にした涼太が、一方的に「籠目」の儀式を止めてしまい、紙に書いた魔方陣をグチャグチャに丸めます。実は「籠目」の儀式を途中で止めてしまうと「籠の中に閉じ込められてしまう」という、罰が発生します。

当初は、罰を信じていなかった6人ですが、トイレに行った創士が、階段から降りられなくなるという、不気味な現象が発生します。

この現象について、楓だけは心当たりがありました。実は、高校時代の仲間には、もう1人辰巳という女性がいましたが、卒業を前に亡くなっていました。

「籠目」の儀式を開始してから、楓は辰巳の存在を感じており、楓と辰巳の間には、ある秘密がありました。

「籠目」のペナルティで閉じ込められてしまった、6人の運命は? そして、楓と辰巳の高校時代の秘密とは?

スポンサーリンク

映画『そしてまた私たちはのぼってゆく』感想と評価


(C)ISOBE TEPPEI

降霊術の本に掲載されていた儀式を、遊び半分で始めた男女が経験する、不思議な体験を描いた映画『そしてまた私たちはのぼってゆく』。

降霊術の本に掲載されていた「籠目」という儀式が、不思議な現象を引き起こす原因となっているのですが、この「籠目」は、紙に書かれた魔方陣に、指を置いて行う儀式で、それぞれが聞きたい事を質問していくという形で進めていきます。

儀式の形としては、有名な交霊術「こっくりさん」を連想させますね。

「こっくりさん」は、儀式の途中で魔方陣が書かれた紙から、指を放してはいけないというルールがあり、このルールを破ると「呪われる」「狐に取りつかれる」などの、怪現象が起きるという都市伝説があります。

「籠目」も同じで、儀式が完了するまで指を離してはいけません、このルールを破ると「籠の中の鳥になる」という罰が発生します。

作品の前半は、この「籠目」を、遊び半分で行う様子が描かれていますが、恐怖を前面に出したホラー映画的な演出ではなく、楽しそうに「籠目」で遊ぶ、22歳の男女の何気ない光景が続きます。

ですが、時系列が交差し、同じ場面が繰り返される演出で、鑑賞していると「あきらかに、何かがおかしい」と、感じるでしょう。

そして何度も繰り返される「籠目」で遊ぶ場面には「ある存在」が映り込んでいる事にも気付くでしょう。

この「ある存在」の正体は6人の高校時代の仲間だった辰巳で、ある事が中盤に判明し、特に楓と仲が良く、「ある秘密」を共有していました。

辰巳の存在を感じているのは楓だけで、高校時代に共有していた「ある秘密」が、物語後半の鍵となります。

楓達は、母校へ遊びに行き、懐かしがっていましたが、学校は決して美しい思い出だけが詰まった場所ではありません。

中には、必死に忘れようとしている、苦しい思い出もあるはずです。

学生生活の苦しい思い出は、学校を卒業し、大人になっていく事で、自然と忘れる事もできるかもしれません。

ですが、卒業も出来ず、過去に捕らわれ続けている存在がいたとして、自分を忘れる事を許してくれなかったら……。

非常に恐ろしいですが、同時に悲しみも感じます。

また、楓達のような20代前半という年齢は、社会に出て新たな生活を始める人も多い年齢です。楓も東京に出て、新たな生活を始める予定になっています。

ですが、独り立ちをする事に、何とも言えない不安を抱える年齢でもあり、一番高校時代が懐かしく感じる時期でもあるのではないでしょうか?

楓達が母校を訪ねたのも、そういう心境からでしょう。楓達は高校時代の思い出と、社会へと進む大人としての未来という狭間にいます。

そこへ現れた楓が大人になる事を許さない辰巳という存在ですが、辰巳は楓にしか感じる事ができません。

辰巳が楓を逃がさない理由は? そして、2人の間の秘密とは?全てが明らかになった後に、楓達は無事に校舎を脱出し、前に進む事ができるのでしょうか?

是非、ラストにも注目してほしい作品です。

まとめ


(C)ISOBE TEPPEI

映画『そしてまた私たちはのぼってゆく』は、「Jホラー」のような、心霊を前面にだした作品ではなく「恐怖」というより「不思議」という言葉が当てはまる作品です。

高校時代の美しい思い出と純粋だったからこその複雑な内面を描いており、美しい映像と悲しい物語が印象的な作品です。

また、楓以外の登場人物も個性的で、「籠目」の罰から解放さる為、悪戦苦闘する創士達のやりとりは、磯部鉄平監督作品ならではの、軽快な会話のやり取りで展開されていきます。

校舎から脱出できなくなったという異常事態に直面しながらも、どこか緊張感の無いやりとりを繰り広げる創士達と、辰巳との思い出と対峙する楓の物語が同時進行していき、悲しさと可笑しさが入り混じる、独特の物語となっています。

本作の印象的なタイトル『そしてまた私たちはのぼってゆく』は、高校を卒業し大人になっていく、楓達の姿を表現したタイトルのように感じます。

高校を卒業し、大人の階段を昇る楓達と、大人になる事が許されない辰巳との関係性を考えると、やはり悲しい印象を感じるタイトルですが、そこは鑑賞した方が、それぞれが違う捉え方ができる作品でもあります。

『ミは未来のミ』併映作品(日替り)『真夜中モラトリアム』『そしてまた私たちはのぼってゆく』が、7月10日(金)〜16日(木)の間、東京・UPLINK吉祥寺で公開され、全国で順次上映




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『さらば愛しきアウトロー』ネタバレ感想。ロバートレッドフォードの俳優引退記念に代表作を振り返る

名優ロバート・レッドフォード、最後の出演作品 『明日に向って撃て!』(1969)や『ニュースの真相』(2015)などの作品を発表し、長きにわたり活躍してきたロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば …

ヒューマンドラマ映画

ホン・サンス映画『夜の海辺でひとり』あらすじとキャスト。上映館情報も

ホン・サンス監督の映画『夜の海辺でひとり』は、6月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次ロードショー。 プライベートと映画の設定がリンクする?!これ …

ヒューマンドラマ映画

『さまよう刃』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『さまよう刃』の原作はベストセラーとなった東野圭吾作の同名小説。 やり場の無い怒りや無念さがありありと伝わってくる、日本映画批評家大賞の主演男優賞を受賞した、寺尾聰の演技力に注目の『さまよう刃』。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『僕たちのラストステージ』あらすじネタバレ感想。ローレル&ハーディ互いを1番だと認め合ったコメディアン

映画『僕たちのラストステージ』は、2019年4月19日(金)新宿ピカデリーほか全国順次ロードショー。 『僕たちのラストステージ』は、1930年代に人気を博した実在のコメディアン・デュオ「ローレル&ハー …

ヒューマンドラマ映画

映画『空飛ぶタイヤ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『空飛ぶタイヤ』は、6月15日より公開にてロードショー。 『下町ロケット』『陸王』『半沢直樹』と、テレビドラマで大ヒットを記録し続けたベストセラー作家・池井戸潤の作品を初の映画化。 本作で「人を描 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP