Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/03
Update

映画『スパゲティコード・ラブ』ネタバレあらすじ感想。結末ラストの評価解説。13人の登場人物の中に“アナタ”の心情に重なるキャラがいるはず!

  • Writer :
  • もりのちこ

「イタイね」「ヤバっ」「分かんない」「何のために生きてんの?」
「どこへ行けばいいの?」みな、迷子。

数々のトップアーティストのMVや、ブランド広告を手がけてきた映像クリエイターの丸山建志監督による初長編映画『スパゲティコード・ラブ』。

東京でもがく13人の若者たち。作り上げたキャラと本当の自分の間で行先を見失い、迷子のように泣き叫ぶ日々。「どこへ行けばいいの?」。

解読困難なプログラミングコード「スパゲティコード」のようにこんがらがった彼らの日常が、重なり結びつき進むべき1本の道へと繋がっていく。

エモーショナルな映像と若者たちのリアルな心情に共感度マックス。映画『スパゲティコード・ラブ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『スパゲティコード・ラブ』の作品情報


(C)「スパゲティコード・ラブ」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
丸山健志

【キャスト】
倉悠貴、三浦透子、清水尋也、八木莉可子、古畑新之、青木柚、xiangyu、香川沙耶、上大迫祐希、三谷麟太郎、佐藤睦、ゆりやんレトリィバァ、土村芳、冨田菜々風、蟹沢萌子、河口夏音、川中子奈月心、鈴木瞳美

【作品概要】
東京を舞台に13人の若者たちの物語が複雑に連鎖し絡み合う群像劇。監督は、満島ひかり出演で話題となったMONDO GROSSOMV「ラビリンス」を手がけた、映像クリエイターの丸山建志監督。

倉悠貴、三浦透子、ゆりやんレトリィバァ、満島ひかりなど多彩なキャストの共演と、物語のキーワードともなる、指原莉乃プロデュースの≠MEが歌う劇中歌「誰もいない森の奥で1本の木が倒れたら音はするか?」にも注目です。

映画『スパゲティコード・ラブ』のあらすじとネタバレ


(C)「スパゲティコード・ラブ」製作委員会
ゲームセンターで泣き叫ぶ子供をきつく抱きしめる女。ここは、東京。ネオンの明かりが揺らめき、人々はまるで溺れているかのようです。

大森慎吾と綾瀬夏美は、ラブホテルでカレーを食べています。家をもたないアドレスホッパーな慎吾はこの暮らしを気に入っていました。財布とスマホがあれば十分。

「美人だと人生イージーモード」って言われるけど、簡単に手に入るものは簡単に無くなることを夏美は知っていました。モデルの仕事よりもパパ活の方が忙しい。

路上で歌っているのは、シンガーソングライターを目指す桜庭心です。元カレの慎吾が笑って通りすぎました。「なんで笑ったの?」。自分には音楽以外ないと思っていたけど、音楽もなかったって最近気付いた。

広告クリエイターの黒須凛は、承認欲求に捕らわれていました。自分は特別、価値のある人間。凡人になんかなりたくない。

フードデリバリー配達員の羽田天は、込み合う車の間を縫うように自転車で走り抜けます。追っかけていたアイドルグループの推しが突然の引退宣言。配達件数が1000件いったら、君を忘れるよ。

高校生の赤羽圭と千葉桜は、いつもの喫茶店でダラダラと時間を過ごしていました。圭は桜へ片思い中。桜は虚無感で死ぬことに捕らわれています。一生なんて怠い。

圭と桜が通う喫茶店の店員・剣持雫は、同僚からは省かれ上司には怒られてばかりです。でも私は幸せ。好きな人に尽くすことが何より私の生き甲斐だから。

カメラマンの氷室翼は、仕事がなくて焦っていました。コミュ力だけでここまでやってきたけど、25歳過ぎたら通用しないし。

翼とSNSで知り合った地方に住む高校生の小川花は、東京に出てカメラマンになりたいという夢があります。東京は夢を叶えられる場所。

中学生の宍戸一樹は、コンビニのイートインでライフプランを立てることに没頭していました。何歳で結婚して子供は何人、死ぬときは若い妻がいいな。何度書いても計算合わない。

一樹がいたコンビニのATMに駆け込む女がいました。渋谷桃子は失恋のショックでネット占いにハマりお金をつぎ込んでいました。彼と復縁できますよね。

桃子の隣の住人はピーナッツバターを止められない目黒梅子。隣から聞こえてくる桃子の声に「あほかっ」と悪態をついています。

理想と現実の狭間でもがく若者たち。一瞬だけよぎる「寂しい」という思いは絶望的に寂しくて、知らなくていい事ナンバーワンは自分自身だと諦め、嫌いなものの方が楽と好きなものを手放し、迷子の子供のように泣き叫ぶ心を抱えていました。

はやりのアイドルの曲は、「誰もいない森の奥で1本の木が倒れたら音はするか?」。この世界で自分の存在を認知して、自分の声に気付いてくれる人はいますか?

以下、『スパゲティコード・ラブ』ネタバレ・結末の記載がございます。『スパゲティコード・ラブ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)「スパゲティコード・ラブ」製作委員会
「ヤバッ」そんな瞬間は不意に訪れるものです。掴めそうで掴めない成功や幸せに疲れ、生きる目的を見失う時。

カメラマンの翼は、先輩の紹介で人気広告クリエイター・凛との仕事を手にします。名を売る絶好のチャンスです。

しかし、セットを組んだスタジオに現れた凛は、翼のセンスを全否定します。「田舎の広告の方がまだましなセット組むわ。お前のセンスなんてどうでもいい。私の世界を作れよ」。

凛の業界での評判は最悪なものでした。さらにSNSにこの時の動画が流出します。上司に警告を受けた凛は、自ら辞職します。

一方、翼は自分の自信のなさを棚にあげ、凛の悪口に賛同する自分に嫌気がさしていました。そこに、SNSで知り合った地方のカメラマン志望の女子高生・花が上京してきます。

花は、SNS上ではリア充をアピールしていましたが、実は高校は不登校、嘘の自分ばかりを上げていました。東京に来れば充実した毎日が待っているはず。もうSNSには本当のことしかアップしないと決めます。

そんな東京に夢見ていた花は、カッコつけてばかりで自分の写真と真剣に向き合わない翼の態度に苛立ちます。「そんなんだから、写真うまくならないんだよ」。痛い所をつかれた翼は怒り、花を追い出します。

その頃、慎吾は財布とスマホを無くし焦っていました。店頭のPCから5000人いる自分のフォロワーたちにSOSを呼びかけますが、誰からも反応がありません。「俺の助けては、誰にも届かない」。

唯一、元カノの心から連絡が入ります。心の部屋を訪ねた慎吾は、心が好きな音楽を止めたことを知ります。「執着って好きってことでしょ。疲れるから止めたの」。

「なんで?」と聞く慎吾に心は答えます。「幸せになりたいからだよ」。2人とも幸せの成り方なんて分かりませんでした。

今日も喫茶店で理不尽な怒られ方をされた雫は、バイトを辞めようか考えていました。大好きな彼に相談しよう。彼からのリクエストであるチキン南蛮を作って帰りを待ちます。

やってきた彼に甘える雫。いつもと違う彼は、「もう終わりにしよう。ここも引き払うから」と言い出します。妻に2人目の子供が出来たんだ。バレそうだし。ごたごた言う彼との関係は不倫でした。

「行かないで、行ったら死ぬから」。必死ですがる雫に彼は、「こういうのホント無理。ほとぼり冷めたら会ってもいいと思ってたけど、一番やなんだよね、そういうこと言う女。はい、終了」。なぜか逆ギレされ一方的に追い出されてしまいました。

何のために生きているのか?これからどこに行けばいいのか?都会の真ん中で若者たちは迷子のように出口を求めてもがいています。

虚無感から生きる気力を失くしていた高校生の桜は、いつも一緒にいてくれる圭の存在の大切さに気付きます。2人なら老衰も考えられるかも。

ピーナッツバターを捨てた梅子は、隣の住人の桃子にベランダ越しにお礼を言います。「実は救われてました。プライドが邪魔して私は誰にも話せなかったから。ありがとう」。

桃子は「病んでただけです」と言いますが、ありがとうの言葉に涙を流します。もう彼が戻ってこないのは分かっていました。「お隣さん、今夜飲みに行きません?」。

いつものコンビニでライフプランを悩み続ける中学生の一樹は、消しゴムで消しては書いてを繰り返すうちに紙が破れてしまいました。テープで張り直し書いた言葉は「NOPLAN」でした。

慎吾に「執着と好きは違うものだ」と言われた心は、もう一度好きな事をしようと思い直します。売ったギターを取り戻しに走りますが、一足先に買われていました。

落ち込む心の元に、ギターを持った慎吾が現れます。「怖っ、好きなものと好きな人が揃っちゃった」。

不倫相手に捨てられた雫は、諦めきれず彼の元へ。家族で楽しそうに歩く彼を目撃し、泣き崩れます。荷物をまとめタクシーに乗るも、どこへ行っていいのかわかりません。

「お客様、どちらまで?」。「どこか楽しい、私だけを好きになってくれる人がいる所へ。そんな場所ありませんよねー」。タクシーの運転手は軽やかに言います。「いや、あるでしょ」。

フードデリバリー配達員の天は、まもなく配達件数1000件になろうとしていました。しかし、推しのことを忘れることは出来そうにありません。さらに辛くなる一方です。

途方に暮れる彼の前にティッシュを配る女性が現れます。マスクをしていても彼には分りました。彼女はマスクを外し、髪の毛をツインテールにしてみせます。ティッシュを手渡し微笑む姿は、握手会で見せてくれた推しの笑顔そのものでした。

スポンサーリンク

映画『スパゲティコード・ラブ』の感想と評価


(C)「スパゲティコード・ラブ」製作委員会
東京を舞台に、生きることにもがく13人の若者たちが知らぬうちに出会い、複雑に絡み合いながら未来に向かっていく群像劇。

劇中に登場するアイドルの曲「誰もいない森の奥で1本の木が倒れたら音はするか?」が、物語のひとつのテーマになっています。

このタイトルの元は、アイルランドのバークリー主教の言葉だそうです。木は森の中で大きな音を出して倒れたかもしれません。しかし、気付いた人がいなければ音はしなかったも同然。

つまり、「存在=音」とは「認知」があって初めて成り立つものだということです。その認知が多ければ多い程、存在は確かなものになります。

まさに現代のSNSの世界を現している表現だと感じました。フォロワー数を増やすことで認証欲求が満たされ、そこに自分の存在意義を見出す。

SNSの世界で大勢のフォロワー数がいたとしても、自分の存在を本当に認知してくれる人は果たして何人いるのでしょうか。

(C)「スパゲティコード・ラブ」製作委員会
映画では、家を持たないアドレスホッパー・慎吾が登場しますが、スマホと財布を無くしSNS上で助けを求めるも見向きされないシーンが特に印象に残ります。

SNSが主流の現代は多くの人と繋がっているようで、その関係性の希薄さに孤独を感じる瞬間があるかもしれません。

気持ちのこもっていない多くの「イイネ」より、心からのひとつの「イイネ」を大切に出来るリアルな人間関係の大切さを感じました。

物語の登場人物である13人の若者たちは、飾り立てた「キャラ」と本当の自分のギャップに疲れ、理想と現実の間で落ち込み、好きな事もやりたい事も分からない虚無感を抱え、何のために生きているんだろうと、もがいています。

若者に限らず映画を観た多くの人は、自分の姿を重ねてしまう登場人物がいたはずです。この物語はあなたの物語でもあります。

まとめ


(C)「スパゲティコード・ラブ」製作委員会
数々のミュージックビデオやCMを手がけてきた映像クリエイターの丸山建志監督の初長編映画『スパゲティコード・ラブ』を紹介しました。

東京でもがく13人の若者の日常を追った群像劇。タイトルの「スパゲティコード」は、解読不可能なほど複雑に絡み合ったプログラミングコードを指す俗語から来ているそうです。

どんなに、もがき、こんがらがったとしても、生きることを止めない限り、自分の向かう先が明るく照らされる時が、きっと来ると信じたい。そう思える作品でした。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『島々清しゃ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

人の心を解き放っていくものに「自然」と「音楽」と感じる人は決して少なくはないでしょう。 今回ご紹介する『島々清しゃ』は、沖縄・慶良間諸島の豊かな自然を舞台に、心に傷を負った人たちが美しい音楽を奏でるこ …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの浮舟武彦役は山内圭哉(たかや)。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

映画ロストイントランスレーションあらすじネタバレと動画無料視聴方法

2017年のカンヌ国際映画祭にて、映画『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』が監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 東京が舞台となっていますが、外国人から見た東京の姿と同時に、見知らぬ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミセス・ノイズィ』予告編/上映館。騒音おばさんのラストのセリフまで見逃せないご近所バトルとは!?

第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門上映作品。 第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門にて上映され、“隣人トラブル”からマスコミやネット社会を巻き込んで大きな騒動へ広がっていくとい …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハルウ』あらすじ感想評価と内容解説。中国・内モンゴル自治区で描く馬と遊牧民の絆が指し示す“故郷”

その人と馬の物語は、「道標」となる。 2022年6月に東京都内にて特別上映会が行われた映画『ハルウ』。 中国・内モンゴル自治区で昔ながらの遊牧民の生活を営むモンゴル民族の人々が直面する問題、そして変わ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学