Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』ネタバレあらすじ解説と結末感想の評価。実話をブラピが演じるアメリカ1番の最も有名な無法者

  • Writer :
  • からさわゆみこ

実在したアメリカのダークヒーローと臆病な青年の愛憎を描いたドラマ

今回ご紹介する映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』は、アメリカ史上もっとも有名な無法者として実在した、ジェシー・ジェームズの最期を描いています。

ジェシーと兄フランクは南北戦争後、仲間を率いて14年間で25件以上の強盗と、17件もの殺人を犯します。しかし、彼らは重罪人であるにもかかわらず、多くの庶民から英雄視されていました。

特にジェシー・ジェームスは伝記本にもなり、多くの若者の憧れとなります。19歳のボブ・フォードもジェシーを崇拝する1人でした。

この作品はそのボブが憧れのジェシーの暗殺者となるまで、殺されゆくジェシーの心理描写が見どころです。

ジェシー・ジェームスを演じたブラッド・ピットは、ベネチア国際映画祭で男優賞を受賞し、ボブ・フォード役のケイシー・アフレックは、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。

監督は『チョッパー・リード/史上最凶の殺人鬼』のアンドリュー・ドミニクが務めます。

映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』の作品情報

(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

【公開】
2007年(アメリカ映画)

【原題】
The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford

【監督・脚本】
アンドリュー・ドミニク

【原作】
ロン・ハンセン

【キャスト】
ブラッド・ピット、ケイシー・アフレック、サム・シェパード、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・レナー、ポール・シュナイダー、ズーイー・デシャネル、サム・ロックウェル、ギャレット・ディラハント、アリソン・エリオット、マイケル・パークス、テッド・レヴィン、カイリン・シー、マイケル・コープマン

【作品概要】
主演のブラット・ピットは多数のハリウッド映画で常に注目を集める人気俳優ですが、近年は制作や総指揮としても精力的に取り組み、『それでも夜は明ける』(2013)、『ムーンライト』(2016)がアカデミー作品賞を受賞しています。

ボブ役のケイシー・アフレックは「オーシャンズ」シリーズの出演を経て、主演作『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)で、アカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

ジェシーの兄フランク役には、60年代ロックバンドのドラマーを務めた経歴もあり、俳優としては『ライトスタッフ』(1983)で、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた、サム・シェパードが演じます。

ボブの兄チャーリー役を『コンフェッション』(2002)で、ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した、サム・ロックウェルが演じました。


映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』のあらすじとネタバレ

(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ネブラスカでトーマス・ハワードと名乗り、カンザスシティでは牧場主や資産家と称しながら、町の店主や商人と交流を深めていた“ジェシー・ジェームズ”。

彼は胸に2ケ所、太腿に1ケ所撃たれた傷があり、中指の第一関節から上が欠損している左手を隠すことに、用心していました。

彼は兄のフランクと共に南北戦争の南軍ゲリラに参加し強奪や略奪、殺人を覚え、終戦後は一団を組織し、多くの強盗や17件の殺人を犯しそれを自認していました。

1881年9月5日に34歳になったジェシー。ジェームス一団は9月7日に列車強盗を企てていました。

一団は森の中に身を潜め待機します。仲間に入ったばかりのボブは、ジェシーの兄フランクやジェシーに“今夜”の相棒にしてほしいと志願します。

しかし、フランクはボブに冒険心や憧れだけで、素質がないと一蹴します。一方、ジェシーは相棒にしてやってもいいと言います。

ジェームス兄弟は14年間、銀行や列車、駅馬車を襲い25件の強盗を働き、その晩の列車強盗を最後の仕事と決めていました。

兄弟以外の最初の仲間は死亡したり、逮捕され服役中となり一団は衰退したからです。最後の仕事では移り住んだ町で、仲間を雇うしかありませんでした。

ジェームス団は線路を廃材で塞ぎます。そして、日が落ち定刻にきた列車を止めると、襲撃を始め乗客から金品を奪い、貨物室の金庫からも強奪します。

シカゴの新聞ではミズーリ州はジェームス団の横暴を、12年も野放しにしてきたと書きたてました。

金品を奪った一団は隠れ家に戻ります。最後の大仕事を終えたフランクは厩舎で感慨にふけ、その様子をジェシーがみつめていると、フランクも彼をみつめかえします。

ジェシーは何か言いたげでしたが、フランクは黙って部屋に戻りました。そこにボブが静かに忍び寄り、ジェシーを驚かします。用心深いジェシーが無防備なのは珍しいことでした。

ジェシーはポーチで葉巻を吸いながらリラックスします。ボブを隣りに座るよう促し、ジェシーはボブにも葉巻をすすめながら話しをします。

ボブは19歳であることジェシーに憧れて、“ジェームス団の冒険”を枕元に置いて毎晩読んでいると、ジェシーへの憧れを素直に語りました。

ジェシーはそこに書かれていることは全部“嘘”だと言い、葉巻も無理に吸う必要はないと微笑みます。

ボブの兄チャーリーはフランクのところに行き、ボブにはある計画があると持ち掛けます。フランクはその考えは捨てた方がいいと、引退の意思は変えませんでした。

(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

フランクは風変わりで気まぐれなジェシーを見放し、フランクは家族と町を離れます。そして、ジェシーの暗殺を移動先の町で知ることになります。

ジェシーはボブだけを残し、他の仲間に解散するよう指示を出しました。ジェシーの従弟であるウッドは、ボブが残ることに不満をもちます。

ジェシーはボブに荷造りを手伝わせ、人目をさけるために夜のうちに新しい街に引越していきます。ボブは次の日には追い出されると、覚悟しましたが2日目も追い出されません。

ジェシーはボブを“従弟”として家族の一員にし、妻のジーの手伝いをさせるなど、身の回りの世話をさせました。

時々、ボブを外出先に同行させることもあり、彼はジェシーが他の人物との会話を記憶し、話す仕草や癖なども覚えていきます。

ある日、ジェシーはボブに何を考えているのか訊ねます。そして、「俺になりたいのか?」と聞くと、ボブは「からかっただけ」と答えると翌日、彼は追い出されます。

ボブはチャーリーと仲間が身を隠すために使っている、姉のマーサが経営している農場に向かいます。ボブは自分のベッドの下に、“ジェシー・ジェームス物語”を入れた小箱を隠していました。

その箱に強盗で使った覆面もしまいますが、チャーリーやウッドにそのことをからかわれ、ボブの自尊心は傷つけられてしまいます。

仲間のディックはボブにジェシーはなぜ、彼を残したのか聞き出そうとします。そして、ディックとカミンズが仲間だと言われなかったか聞きます。

ボブはディックにカミンズの仲間は他にいるのか聞きますが、ディックはそれを知ったらジェシーに殺されると言います。

彼をコケにしたり裏切るようなことがあれば、どんな手を使っても探し出すほどに怖ろしい男だと言います。

ディックはボブに銃口を突きつけ、ジェシーには自分のことを話すなと脅します。ディックは何かを企んでいるようで、その考えが理解できた時には仲間になるよう言います。

以下、『ジェシー・ジェームズの暗殺』のネタバレ・結末の記載がございます。『ジェシー・ジェームズの暗殺』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

10月に入るとジェシーはデパートや町の通りで、ピンカートン社の探偵を見かけ始めます。ジェシーは11日の朝、ジーを起こし聖書の“エジプト逃亡”の一節を読みます。

そして、翌日ジェシーの家族は町から消えました。まもなくして列車強盗犯のうち4人が逮捕されます。

仲間の逮捕の報でウッドはディックを連れて、実家であるハイト少佐の家に移動します。ハイト少佐は耳も遠くなった老人ですが、若い妻を迎えていました。

ウッドは女たらしのディックに継母に手を出すなと警告しますが、継母自身がディックに気を持ってしまい、2人は関係をもってしまいます。

一方、ジェシーは仲間のエドの家を訪ねます。エドはジェシーの姿を見ると怯えます。ジェシーはエドの落ち着かない様子を勘ぐりますが、エドは体調もすぐれないと話します。

そして、エドはジム・カミンズが訪ねて来て、4人の仲間が逮捕されたことを噂で聞いたと、教えてくれたと言います。

しかし、エドはカミンズが訪ねてきたことをジェシーが知り、賞金欲しさに彼を売ると疑われたと怯えました。ジェシーは町で食事でもしようと、エドを誘い出し殺害します。

ジェシーは次にディックの隠れ家に向かい、一緒に出掛けようと誘います。そして、エドに会ったかと聞きます。ディックは最近、姿を見ないと告げどこに行くのか訊ねます。

ジェシーは“カミンズ”に会うならこの道だろう?とカミンズの家に向かっていることを告げます。到着すると息子が対応しますが、8月にでかけたまま戻らないと言います。

ジェシーは息子を納屋に連れて行くと、容赦なく殴りつけ本当のことを教えるよう責め立てます。

見かねたディックはジェシーを制止し「惨めな気持ちになる・・・」とつぶやきます。ジェシーは怯えたような苦悶の表情で馬にしがみつきます。

ある日、マーサの牧場にウッドが訪ねてきます。マーサはどうしたのかと聞くと、ウッドはディックと撃ち合いになったと言い、理由は調理中の継母に手を出し、料理を焦がしたからと説明します。

実は先に逃げてきたディックはボブの部屋に隠れていました。ウッドはそのことを睨んでやってきました。

ボブとチャーリー、ディックが銃を構えて用心していると、ウッドは2階に上がりボブの部屋をノックします。

4人は撃ち合いになりチャーリーは足を撃たれ、2階の窓から外に転げ落ちます。ディックも足を撃たれ動けなくなり、とどめを射されそうになった時、ボブがウッドの頭を打ち抜きます。

ジェシーに知られぬよう、ウッドの遺体は森に運び小川に投げ込み埋めました。

(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

しばらくしたある日、ジェシーは農場を訪ね夕食を共にします。チャーリーは場を取り繕うように、ボブの“ジェシー愛”について語ります。

遅れて席に着いたボブは唐突に「ディックならカリフォルニアに行った」と言います。チャーリーはボブにジェシーへの憧れる理由を話すよう促します。

彼は乗り気もなく渋々、幼い頃に自分とジェシーの共通点を探し、リストアップしていたことを語りました。

ジェシーがゲリラ部隊にいた頃、ジョージ・シェパードという男も共通点をあげて、仲間に入ろうとしたが、ジョージは嘘をつくのが下手で片眼を撃ち抜いたといいます。

ジョージはジェシーに甥を殺され、彼の所持金を奪ったことで彼を恨んでいたからです。

翌日、ジェシーはチャーリーを連れて、家に帰ります。すると、迎えに出たジーはハイト氏からウッドが行方不明だと手紙が来たと伝えます。

ジェシーはチャーリーにウッドと会っていないことを確認し、チャーリーはうまく白を切ります。

その夜、ジェシーはチャーリーにエドを訪ねた時、彼の挙動不審に嘘をついていると思い、殺害したと告白します。そして、チャーリーにも話すことがあるのではないかと問い詰めます。

チャーリーは何も言いませんが、エドは親友でジェシーを紹介してくれた男だったから、殺したことに少し頭にきたといいます。

一方ボブは警察署に行き、ジェームス団の一員がいる場所を密告します。警察隊はマーサの農場へ行き、ディックは逮捕されます。

ボブはさらにクリッテンデン知事に会いに行き、ジェシー逮捕に協力すると取引をもちかけます。ディックは逮捕後、強盗の全てを白状し恩赦されていました。

そして、グレイグ保安官は知事にボブを私立探偵として役に立つと推薦します。知事の元にはジェシーから何通も脅迫状が届いていて、彼の逮捕に躍起になっていました。

南部軍にいたジェシー等は報復として、北部人を狙った強盗をしていた無法者だと語り、凶悪犯逮捕には相応な手段を使うと断言します。

ジェシーは銀行強盗の計画を口にするようになり、チャーリーは仲間を増やさないと危ないと、ボブを加えるよう説得しましたが、結局、強盗は実行されませんでした。

ボブはカムフラージュの為、食料品店で働き保安官からの支持を待つ日々です。ある日、保安官が店を訪ねジェシーに情報が伝わっているようだと、ボブに疑いがあれば殺すと脅されます。

ボブは末っ子の負け犬で、誰にも相手にされない自分にとって、ジェシーは憧れの大物だったと話し、彼の逮捕協力の決心は変わっていないと断言します。

その後、食料品店にジェシーとチャーリーが現れ、ボブの仲間入りを決めたと告げます。

家に到着したボブはチャーリーと2人きりになる機会を探し、ジェシーの逮捕までに10日の時間をもらったこと、2人で協力し懸賞金をもらおうと説明します。

猜疑心が強まるジェシーはボブとチャーリーが、許可なく2人きりになることを禁じます。そして、その晩ジェシーは銀行強盗の計画を2人に打ち出します。

ところがボブの背後に回ったジェシーは、彼の喉元にナイフを突き付けて脅します。ジェシーはふざけただけといいますが、ボブとチャーリーは焦りました。

ジェシーの気分は予測不能に変化し、むらが激しくなっていました。そして、冗談を言う時も子供と遊ぶ時も、悲し気な視線をボブに向けます。

ボブはそんなジェシーを見て、自分の真意は何もかも見抜かれていると確信し、知らぬふりをしながら尻尾を出すのを待っていると感じていました。

ところがジェシーはボブに真新しい銃を贈ります。そして、ある新聞記者がジェシーについて、1万人のうち彼が信じるのは2人のみで、その2人にさえも警戒すると評したと話します。

ジェシーはボブに追い詰められた気がして、自分も疲れてきたと吐露します。我を忘れるほどカッとし、気づけば血まみれの手、あくどい顔をしていて、なぜこうなったのか自問したと・・・。

ジェシーが死ぬ前日は“棕櫚(しゅろ)の聖日”で、ジェシー一家と“いとこ”のチャーリーは礼拝のため教会にいきました。

1人残ったボブはジェシーの面影を感じ、34歳で棺に入ることを想像します。その晩、チャーリーは銀行強盗の計画は嘘で、自分達は殺されると怯えて泣きます。

翌朝、ジェシーは新聞を買って帰ります。ボブは新聞でディックが再び逮捕されたという記事を目にします。

ジェシーは記事を読むとボブに、3週間前に自首したのでは?とボブに聞き、疑いの目を向けますが、ボブは警察が隠していたんだと弁明し、一気にボブとチャーリーは緊張が走ります。

ジェシーは肌身離さずにいたガンベルトを外し、ソファに置くと壁に掛かった愛馬の絵を見て、汚れが気になると拭こうとして、踏み台に乗って背を向けます。

ボブはジェシーから贈られた拳銃をジェシーに向けると、ボブの姿がガラスに映り込みますが、彼はジェシーを撃ち殺してチャーリーと逃走し、警察に電報を打ちます。

ジェシーは遺体となっても写真に撮られ、1枚2ドルで売られ雑誌の表紙を飾りました。そして、1000人もの人々が彼の家に巡礼に訪れ、氷漬けの遺体を見るために葬儀社を訪れました。

1年後、ボブとチャーリーはニューヨークで、暗殺の様子を描いた脚本を書き自演し、ボブは念願通り有名人となりますが、卑怯な臆病者というレッテルも貼られます。

チャーリーは風評から精神を病み自殺してしまいます。ボブは若気の至りで、ジェシーを殺せば彼の被害者から、感謝で称賛されると思っていた自惚れの勇気を恥じていました。

1892年、ボブは酒場を経営し裕福になっていましたが、彼への脅迫状は絶えることがありません。そして、ボブへの復讐と名声を求めたエドワード・オケリーによって射殺されてしまいます。

映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』の感想と評価

(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』は無法者ジェームス兄弟が伝説の英雄扱いされていた陰で、弟のジェシーは追われる者の恐怖と猜疑心によって、真の平穏はなく常に孤独だった姿を描きました

そのジェシーの苦悩や哀愁の機微を演じたブラット・ピットの演技は高く評価され、ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞しました。

ストーリーは秋から冬へ春の芽吹きを待たずに、終わっていきます。それはアウトローの生き様を表わしているようにも見えました。

「アメリカ一卑怯な男」ボブ・フォード

後にボブは妻に暗殺の動機を「殺さなければ殺されるから」や懸賞金のためと話していますが、真意は違っています。

ボブ・フォードは幼いころから自尊心が満たされず、歳の離れた兄や仲間達によって傷つけられます。

その悔しさはジェシーへの憧れを募らせ、彼を真似ることで虚栄心が生まれて、いつしか大物といわれる彼を捕まえることで、自分はジェシーを越えられると考えたのです。

ところが世間はジェシー・ジェームスが凶悪犯であると同時に、格差社会の貧困層からは富裕層を脅かし恐怖を与えた英雄として崇められています。

ボブはそんな庶民の英雄を裏切り、卑劣な方法で暗殺したので「アメリカ一卑怯な男」と呼ばれ、ジェシーよりも短命かつ汚名を持ったままの最期となりました。

ジェシー・ジェームスはなぜ英雄になれたのか

ジェシー・ジェームス自身は英雄視されていることを「全部嘘だ」と否定しており、意図せず自分のイメージや脚色が独り歩きして、自分を生きづらくさせていると感じたのでしょう。

ジェームス団は北部の富裕層から強奪した金品の一部を、犯罪に巻き込まれ負傷した少女や、行きつけの食堂が競売になっていると知って、寄付したことがありました。

その話が誇張され、貧しい者の味方“義賊”というイメージが加わったといわれます。中でもジェシー・ジェームスは容姿端麗であったことから、ヒーロー像として造り上げられました。

強烈なイメージを植えつけられ、強盗として有名になりすぎたジェシーは、心底疲れていたと察します。30半ばを迎えた彼は生きる意味を見失いました。

そして、死してもなお美談として広がったのには、仲間のボブによる卑怯な裏切り、弟の死を知った兄が警察に自首し、恩赦され平穏に暮らしたという背景も影響したと言われます。

ジェシーが早い段階でボブを仲間と認め、可愛がって接していれば憧れから“尊敬”に変り、2人の人生ももっと違うものになったでしょう。

ジェシーは苦悩に疲れ生きる気力や術を失っています。ボブが自分の命を狙っていると確信した時、彼に殺されることで自分の威信を守りつつ、死ぬことができると計算したとも思えました。

警察に捕まらず他の誰でもなく、ボブの裏切りによって殺させることに意味があったのです。その結果、大統領を暗殺した男よりも有名な強盗犯として、よりその名を歴史に長く残しました。

まとめ

(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ジェシー・ジェームは仲間を最後まで信じず、信じたふりをして命を落とします。

凶悪犯であるジェシーを暗殺したはずのボブは「アメリカ一卑怯な男」として人々の記憶に残ります。

しかし、生きることに意味を見いだせず疲れたジェシーは、自分に憧れ有名になりたかった、臆病なボブの心理を利用して永遠のダークヒーローとなりました。

ジェシーは兄に見放され、仲間を信じることもできず完全に孤独でした。ボブには彼をかばってくれる兄のチャーリーがいて仲間もいます。

ジェシーはボブを妬ましく思っていたのかもしれません。そして、ボブが自分と共通点があると話したことで、同じ孤独感を感じればいいと思った残酷さがあったように思います

つまり、映画『ジェシー・ジェームスの暗殺』は”憧れ”と”殺意”の表裏にある“愛憎”を描いたドラマでした。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ラッキー』あらすじとキャスト【ハリー・ディーン・スタントン】

映画『ラッキー』は、90歳の無神論者が初めて死と向き合う…。 『パリ、テキサス』や『レポマン』、『ツイン・ピークス』の出演など知られた俳優が、2017年9月15日に亡くなりました。 その人物の名はハリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『スウィート17モンスター』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

共感率100%!21世紀の青春映画の傑作誕生! こじらせたまま大人になった全ての人に捧ぐ『スウィート17モンスター』をご紹介します。 CONTENTS映画『スウィート17モンスター』の作品情報映画『ス …

ヒューマンドラマ映画

映画『そして父になる』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【福山雅治×是枝裕和代表作】

是枝裕和監督と福山雅治がタッグを組んだ映画『三度目の殺人』が話題ですね。 その原点といえる是枝監督の代表作『そして父になる』9月16日にフジテレビ系土曜プレミアムで放送。 病院で子どもを取り違えられて …

ヒューマンドラマ映画

映画『セールスマン』感想とあらすじネタバレ!ラスト結末も

第89回アカデミー賞で外国語映画賞を獲得した、イランの名匠アスガー・ファルハディ監督による『セールスマン』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『セールスマン』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』あらすじネタバレと感想。水谷豊が作るサスペンス作品

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』は、5月10日(金)より全国公開! タップダンサーの子弟物語を描いた『TAP THE LAST SHOW』に続いて、俳優の水谷豊が監督を務めた第二弾。本作で水谷豊は、自 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学