Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/05/24
Update

映画『梅切らぬバカ』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。加賀まりこ演じる老齢の母と自閉症の息子が紡ぐ日常にある幸せ

  • Writer :
  • 谷川裕美子

自閉症の息子を愛しぬく老いた母の幸せな奮闘記

老いた母と自閉症の息子が地域コミュニティとの交流を通して自立の道を模索する姿を描いた感動のヒューマンドラマ。

加賀まりこが『濡れた逢びき』(1967)以来54年ぶりの映画主演を務め、『間宮兄弟』(2006)などに出演するお笑い芸人・塚地武雅が自閉症の息子を演じます。

監督・脚本は若手監督の和島香太郎。

自分が亡き後の息子の人生を思う母の深い愛情を、周囲との不和や偏見という問題を織り交ぜながらあたたかく描き出す一作です。

『梅切らぬバカ』というタイトルにはどんな意味が込められているかに注目しながら、本作の魅力についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『梅切らぬバカ』の作品情報


(C)2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

【公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
和島香太郎

【編集】
杉本博史

【出演】
加賀まりこ、塚地武雅、渡辺いっけい、森口瑤子、斎藤汰鷹、林家正蔵、高島礼子

【作品概要】
『禁忌』で初監督作を務めた和島香太郎が監督・脚本を担当したハートフルヒューマンドラマ。数年前、自閉症男性の姿を追ったドキュメンタリーの編集を務めたのをきっかけに本作を生み出しました。

主演は『濡れた逢びき』(1967)以来54年ぶりの映画主演となる加賀まりこ。自身が連れ添うパートナーの自閉症の子と生きてきた彼女が、当事者への尊敬の念をにじませながら息子を愛する老齢の母を好演しています。

間宮兄弟』(2006)、『屍人荘の殺人』(2019)などで演技派俳優として知られる「ドランクドラゴン」の塚地武雅が、繊細な感受性を活かして自閉症の息子・忠男役を見事に演じています。

共演は渡辺いっけい、森口瑤子、高島礼子、林家正蔵。

映画『梅切らぬバカ』のあらすじとネタバレ


(C)2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

山田珠子は自閉症の息子・忠男とふたり暮らし。庭で息子の髪を切っていると、隣に里村茂一家が越してきました。茂と妻の英子は、珠子の家から私道にまで伸びて通行の邪魔になっている梅の木を疎ましく感じます。

時間に正確に生活している忠男は、時間を口に出して呟きながら分刻みで生活していました。ご近所から偏見の目で見られながらも、彼は毎日ひとりで作業所に通っています。

お隣に挨拶に行った英子は、家の前に行列ができていることに驚きます。何も知らずに列の後ろに並んだ彼女は、珠子が占い師であることを知ります。

珠子は英子が離婚相談に来た客だと勘違いしますが、すぐに誤解が解けて挨拶を交わしました。英子から梅の木のことを言われた珠子は、切ろうと思っていたと話して溜息をつきます。

作業所で珠子はグループホームの案内をもらいますが、息子を入所させることをまだ決めかねていました。

帰宅後、ふたりで忠男の誕生日を祝います。しかし、中腰でろうそくを吹き消した忠男はぎっくり腰になってしまいました。

巨体の息子を支えきれずに倒れた珠子は、「このまま共倒れになっちゃうのかね」と思わず呟きます。

どうしたいか聞くと、忠男は真顔で「お嫁さんをもらいます」と答えます。それなら母ちゃんは邪魔だねと笑う珠子。

律儀に「はい」とこたえるのを聞いて珠子はまたふき出し、息子の背中をたたきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『梅切らぬバカ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『梅切らぬバカ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

珠子と忠男はグループホームの見学に行きました。前に入所していた人は、周囲ともめごとを起こして出て行ったことを知ります。

地域住民への説明会に珠子は参加し、ホームに反対する乗馬クラブの今井に、「お互い様だ」と珠子は諭します。

ある日、隣の里村家に入り込んでしまった忠男が怒った茂に叩き出され、珠子は必死で謝ります。しかし後に、茂の息子・草太のボールを届けに行くためだったことがわかりました。

落ちていた梅の実を届けた草太に、珠子は明後日枝を剪定することを伝え、「梅切らぬバカ」のことわざを教えます。「息子がいるうちに切りたかった」と呟いてから、忠男が近くグループホームに入ることを話しました。

後日、業者が梅を切るのをみつめる珠子と忠男。忠男ははさみの音に敏感に反応し、枝をばっさり切ろうとすると興奮して固まってしまいました。仕方なく剪定は中止になりました。

珠子は「ここで母ちゃんといたってお嫁さんはみつからない」と叱ります。途端に静かになった息子に珠子は笑ってしまいました。

その後、入所するホームに息子を連れて行った珠子は、後ろ髪ひかれる思いで帰途につきます。

ホームに入った忠男は、時間通りに生活ができないことで初日からトラブル続き。一方の珠子はいつもの時間通りにひとり寂しく生活しますが、落ち込んで占いの仕事も休むようになります。

そこに通りかかった英子に、珠子は忠男の父がこの梅の木を植えたことを話します。この木が見ているから悪いことはできないと言って息子を育て、そのおかげで忠男はいい子に育ったのだ、と。

忠男がいい子に育ったのはお母さんのおかげと言ってくれた英子に、お宅もそうだと珠子は誉め、夫のことをぐちってもいいと言って笑い合います。

ある夜、忠男はひとりで雨の中、牛乳を買いに外へ出てしまいます。自販機の前で飲んでいた彼の近くを偶然草太が通りかかりました。

忠男を喜ばせたかった草太は馬を見せに行きます。草太の真似をしてやさしくポニーをなでる忠男。しかし、馬を小屋から出してしまったところをみつかり、忠男だけ連れていかれます。

朝食の席で、茂が昨夜見たポニー騒動の話をすると草太が泣き出し、自分がやったと告白しました。

自治会長からホーム反対の署名を求められた茂は、何も言わないまま署名を断って草太と立ち去りました。反対運動は大きくなり、ホームは窮地に追い込まれます。忠男はホームを退去することになりました。

「母ちゃんいなくなったら、忠さんひとりぼっちだ」「かまいません」

その返事に思わず笑ってしまった珠子は、おかえりと言って息子を抱きしめます。

「忠さんがいてくれて母ちゃんは幸せだよ」「かまいません」

会社から戻った茂が珠子の家を訪れると、妻と息子も来ていました。謝ろうとする一家を、珠子は笑顔で押しとどめます。

里村一家も交えておかえりパーティーが始まりました。忠さんと茂はビールで乾杯します。酔った茂は、「ここにホームを建てればいい」と言いました。

珠子たちに戻って来た日常。爪をかむくせがなおった忠男の伸びた爪に気づき、珠子が切ってやります。忠は乗馬クラブの前でも、馬を驚かせず静かに通るようになりました。

珠子は庭の梅を見上げてから家の中へと入っていきました。

スポンサーリンク

映画『梅切らぬバカ』の感想と評価


(C)2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

珠子と忠男にとっての梅の木の存在とは

本作の主人公・珠子は高齢の女性で、50歳となる自閉症の息子・忠男の世話をしながら暮らしています。時間ぴったりに行動する彼との生活には難しさもありましたが、心やさしい息子を彼女は心から愛していました。

ふたりの住む古い家の庭には大きな梅の木がありました。その枝は長く伸びて私道にまで広がっており、隣家に越してきた里村夫婦から切るように言われてしまいます。

この梅が作品タイトルとなっているわけですが、もともとは「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」ということわざに由来しています。人間を育てることに例え、桜のように枝を自由に伸ばす場合と、梅のように手をかける場合があることを指すものです。

珠子は里村家の少年・草太に、このことわざを教えます。そう、珠子には梅を切るべきだということはわかっていました。ではなぜ、枝を伸び放題にしてきたのでしょうか。

梅を植えたのは忠男の父でした。死んだことになっていると珠子が言っているので、別れたのでしょう。気の強い珠子とソリが合わなかったのでしょうか。それとも忠男が生まれたことが原因だったのでしょうか。

いずれにせよ、忠男の父が出て行った後、梅は彼の分身となりました。珠子は忠男に、「父がいつも庭から見ているから、悪いことはできないよ」と言って育て、そのおかげで忠男がいい子に育ってくれたのだと目を細めます

珠子は忠男に「父」を与えたかったのでしょう。また、障害のある息子をひとりで育てる苦労を分け合ってくれる存在が欲しかったのかもしれません

梅は忠男にとっては父そのものでした。枝を切る行為に恐怖して興奮する忠男を前に、珠子は剪定を諦めます。

珠子は、忠男がグループホームに入る前に梅を切りたかったと呟きます。母離れしなければならない息子を父からも独り立ちさせたかったに違いありません

結局、問題を起こしホームから自宅に帰ってきた忠男を、珠子は喜びの内に迎え入れます。

珠子が「忠さんがいてくれて母ちゃんは幸せだよ」と涙で抱きしめても、当の忠男は「かまいません」とこたえて珠子を笑わせます。終始からっとした描写で、湿っぽくないのがこの作品の素晴らしいところです。

忠男の爪をかむくせはなくなり、馬を驚かせないように乗馬クラブの前を静かに通ることを学んでいました。

梅の木を切らないことを決めて、もとの生活に戻ったかのようにみえる母子ですが、いっとき離れて暮らしたことでふたりは確かに階段をひとつ上ったようです。彼らの明るい未来を感じさせるエンディングとなっています。

珠子を演じる加賀まりこは、18年連れ添うパートナーの息子が自閉症であることを明かしています。加賀がみせるのは、障害の有無などまったく関係ない、息子を愛するごく平凡なひとりの母親のやわらかな表情です。

「一緒に生きるのは自然なこと」だと伝わってきて、明るい光に心が満たされる一作です。

隣家の里村一家の再生


(C)2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

珠子たちの隣家に越してきたのは渡辺いっけい演じる里村茂と、森口瑤子演じるその妻・英子、息子の草太の三人家族です。

家は衝動買いし、近所付き合いは妻に押し付け、わんぱく盛りの息子には家で静かにするように言い渡すどこか身勝手な茂は、家庭で孤立していました。それに対して、人当たりの良い英子と素直な草太は、珠子親子と親しくなっていきます。

しかし、ホームを抜け出したとは知らずに、草太が好意から忠男を夜の乗馬クラブに連れて行ってポニーを小屋から出してしまったことから大騒ぎになってしまいます。

忠男だけが捕まってしまい、グループホーム反対運動が大きくなったことに胸を痛めた草太は、両親に本当のことを告白します。

これまで家のことは妻任せだった茂の心が変わり始めます。自分の息子が原因で、ホームが住民から攻撃される姿に責任を感じたからかもしれません。

しかし本当の理由は、どんな時でも身を挺して障害ある息子を守り続ける珠子の姿を目のあたりにしたことにあったのではないでしょうか

茂というのはいばりん坊という困った短所はあるものの、実はとても気の良い人物です。忠男がホームを退所した晩、謝るために珠子宅に立ち寄り、同じ思いで訪問中だった妻と子とばったり会います。

おかえりパーティーに参加し、「忠さん」と呼びながらビールを勧める茂。珠子から「名前で呼んでくれてありがとう」と本当に嬉しそうに礼を言われた彼は、素直に忠男に向かい改めて自己紹介し、それからは忠男にゴミ分別の仕方を教わるなど友人のような関係に変わっていきます

酔って覚えていないとはいえ、「ここにホームを建てればいい」とまで言うのですから驚きです!

相手と向き合うことの大切さ。そして、相手を受け入れることの大切さ。そうすることで自分もまた周囲から受け入れてもらえるようになることを教えられます。

まとめ


(C)2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

母と子の深い絆を描いたこの作品を観て、ご自身の母親を思い出した方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

珠子は息子を無条件に愛するひとりの母親で、そこに障害の有無は関係ありませんでした。しかし、障害がある子を育てるためには、常に体を張って守らねばならないという厳しさがあります。

忠男は珠子にとってずっと幼い子どものままだったことでしょう

幼い子どもがいる親は、転んでけがしてい泣いていないか、お友だちと仲良くできているかと常に心配し続けるものですが、彼女は同じ思いを50年間してきたのではないでしょうか。だからこそ、忠男をかわいく思う気持ちは人一倍大きかったのです。

息子と離れたくない思ってきた彼女が、自分の体が老いたことで忠男を守れる限界に気づき、自分亡き後にも息子の人生が続くことを痛感します

「お嫁さんがほしい」という息子の言葉にふき出しながらも、本来なら彼が独り立ちすべき年だということも珠子は実感したのではないでしょうか。

忠男の結婚は非現実的かもしれません。珠子も無理だと思っていても、息子の結婚をうっすらと想像してみたことは何度もあったに違いありません。それはきっと幸福に彩られていることでしょう。できないことでも夢見るのは誰しもごく当たり前のことで、決して不幸なことではないのですから。

一大決心をして手放した息子は帰ってきてしまいましたが、これまでとは少しだけ違う関係になっています。

酔った茂がつい言ってしまった、「ここにホームを建てる」という夢を胸に、肝っ玉母さんはきっともうひとがんばりしてくれるに違いありません。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒミズ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。漫画から二階堂ふみ×染谷将太主演で“光差す方へ向かうモグラ達”の愛を描く

虐げられた少年と少女の「希望」の物語……。 『愛のむきだし』(2009)、『冷たい熱帯魚』(2010)の園子温監督が、古谷実の人気同名漫画を実写映画化した『ヒミズ』。 ある事件により運命を狂わされ希望 …

ヒューマンドラマ映画

映画『“隠れビッチ”やってました。』感想とレビュー評価。佐久間由衣の演技力が三木康一郎の演出で開花!

映画『“隠れビッチ”やってました。』は2019年12月6日よりロードショー。 イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、三木康一郎監督により映画化した『“隠れ …

ヒューマンドラマ映画

あちらにいる鬼|映画化原作小説のあらすじネタバレと感想評価。キャスト配役解説も【瀬戸内寂聴の実話を基に作家同士の不倫を描く】

小説『あちらにいる鬼』が実写映画化され、2022年11月公開に! 井上荒野による小説『あちらにいる鬼』。モチーフとして存在するのは、作者の父である井上光晴と2021年11月に逝去した瀬戸内寂聴との不倫 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダーウォール劇場版』感想とレビュー評価。大学側と対立する学生らの心情を描き反響を呼んだドラマの劇場版

『ワンダーウォール 劇場版』は、2020年4月10日(金)より、全国順次公開 京都の片隅に存在する学生寮を舞台に、学生寮の存続を巡り、大学側と対立する学生達の心情を描いた群像劇『ワンダーウォール 劇場 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アキラとあきら』原作小説のネタバレあらすじ結末と感想評価。池井戸潤おすすめ作品が描く銀行員の青春と使命

小説『アキラとあきら』は2022年8月26日(金)に実写映画公開! 元銀行員の池井戸潤が描く経済小説『アキラとあきら』。 零細企業の息子の瑛と大海運会社経営者一族の御曹司の彬。2人のアキラの数奇な運命 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学