Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/12/21
Update

屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)ネタバレありで映画と原作の違いを考察。明智ロスが最後まで残る|永遠の未完成これ完成である4

  • Writer :
  • もりのちこ

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第4回

映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。

今回、紹介する作品は、2019年12月13日公開となった映画『屍人荘の殺人』です。

2017年刊行、国内主要ミステリー賞4冠を達成した、今村昌弘のデビュー小説『屍人荘の殺人』が、神木隆之介、浜辺美波、中村倫也の共演で実写映画化となりました。

大学の夏の合宿で起こる奇想天外の密室殺人事件。ミステリ愛好会のホームズとワトソンこと、明智恭介と葉村譲コンビは、この事件を解決出来るのか?

原作との違いを比較し、より深く映画を楽しみましょう。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『屍人荘の殺人』の作品情報


(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
今村昌弘

【監督】
木村ひさし

【キャスト】
神木隆之介、浜辺美波、葉山奨之、矢本悠馬、佐久間由衣、山田杏奈、大関れいか、福本莉子、塚地武雅、ふせえり、池田鉄洋、古川雄輝、柄本時生、中村倫也

【作品概要】
第18回本格ミステリ大賞など、国内主要ミステリー賞4冠達成の話題作、今村昌弘の『屍人荘の殺人』の映画化です。

監督は『99.9刑事専門弁護士』シリーズ、『民王』の木村ひさし監督。脚本は、『TRICK』の蒔田光浩が担当しています。

ある出来事がきっかけで、「紫湛荘」に集まった14人を演じるのは、神木隆之介、浜辺美波、中村倫也を始め、柄本時生、古川雄輝、ふせえり、塚地武雅など、若手からベテランまで個性豊かな俳優陣が勢揃いです。

映画『屍人荘の殺人』のあらすじとネタバレ


(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会

神紅大学ミステリー愛好会のホームズとワトソンこと、明智恭介と葉村譲は、今日も大学で起こる謎の事件を調査しています。

いざとなると凄い閃きを発揮したり、しなかったり、自ら事件に飛び込んで事件を大きくしてしまう明智と、ミステリー小説オタクでありながら、これまで一度も推理が当たったことがない葉村。

今回もまた、依頼人にまんまと騙され、笑いものになってしまいました。

それを見ていたひとりの女子大学生がいました。剣崎比留子です。剣崎は、警察からも頼りにされる正真正銘の女子大生探偵なのでした。

剣崎は2人に、ロックフェス研究会の夏の合宿に、一緒に来て欲しいと誘います。

その真意は謎ですが、合宿前にサークルに届いたという「今年の生贄は誰だ」と書かれた脅迫状に、明智は興味津々です。葉村もまた、剣崎の可愛らしさにメロメロです。

まんまと乗せられやってきたのは、「紫湛荘」という名のペンションでした。管理人の菅野唯人が迎えてくれました。

合宿に参加したメンバーは、ロックフェス研究会の進藤歩とその彼女・星川麗花。同じサークルの名張純江、重元充。

そして、サークルOBでこのペンションのオーナーの息子・七宮兼光、その友達・立浪波流也。七宮のコネを狙う女・下松孝子。明智、葉村、剣崎、管理人の菅野を合わせて11人が集まりました。

管理人の菅野を残し、メンバーは近くで行われている野外フェスへと向かいます。

その頃フェス会場では、スタッフを装い、手に注射器を持った怪しげな人たちが、人ごみに紛れて行きました。

各々にフェスを楽しんでいる中で、七宮と立浪は、落ちていたスマホを拾います。持ち主が可愛い女の子だとわかると、2人はナンパしようと声をかけます。

スマホを落とした静原美冬は、七宮のしつこい誘いに困っています。

その時です。どこからともなく悲鳴があがりました。七宮を探していた下松が、血だらけの男に噛みつかれています。

倒れ込む下松に駆け寄り、声をかける名張。突然、起き上がった下松が、名張に襲い掛かってきます。

死人が生き返り、生きている者を襲っては噛みついていきます。フェス会場はパニックに陥りました。

以下、『屍人荘の殺人』ネタバレ・結末の記載がございます。『屍人荘の殺人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会
「本当にゾンビはいたんだ!」重元が叫びます。襲い掛かるゾンビたちから逃れるように、皆はペンションへと向かいます。

ペンションの階段はすでにゾンビであふれています。静原をかばいながら上ってくる明智の姿がありました。あと少しで玄関にたどり着くという瞬間。

ゾンビの手が明智を捕えます。「明智さん!」葉村の悲壮な声が響きます。明智は、静原を突き出し、自分はゾンビの中へと消えていきました。

ペンションに押し寄せてくるゾンビの群れ。葉村たちは立てこもりを余儀なくされます。周りをゾンビに囲まれた「紫湛荘」は、まさにクローズドサークル「屍人荘」へと化しました。

葉村、剣崎、七宮、立浪、名張、重元、進藤、菅野、そしてフェス会場から逃げてきた、クレーマーおばちゃん・高木凛と、関西のおっちゃん・出目飛雄の10人が生き残りました。

ゾンビ化が目撃された下松、そして目の前で消えた明智、行方不明の星川の3人は、すでに戻ることはないでしょう。

そして、ここから本当の事件が動き出そうとしていました。部屋割りをし、各自休むことにしたメンバーたち。手にはペンションの壁に飾ってあった中世の武器を持参します。

名張が、ラウンジへと顔をだします。ソファーに出目の姿がありました。声を掛けるも返事がありません。振り向いた出目の顔は、黒く変色し目は血走っていました。

騒ぎを聞きつけて集まったメンバーは、ゾンビ化した出目を倒します。騒ぎが納まっても出てこない人がいました。進藤です。

進藤は恋人の星川がいなくなったことで動揺しているようでした。部屋の扉を叩いても反応はありません。ドアの隙間にメモが挟まっています。そこには「ごちそうさま」と書かれていました。

心配になった皆は、菅野が持っていたマスターキーで進藤の部屋を開けることに。

ベランダに進藤が倒れています。顔に噛みつかれた跡がありました。恐怖に震える皆の前で進藤が動き出します。そう、その姿はゾンビです。

頭を狙い武器を振る高木。進藤は動かなくなりました。部屋のカードキーホルダーの中に第2のメッセージが残されていました。それは、「いただきます」と書かれた紙でした。

合宿前に届いた「今年の生贄は誰だ」と、進藤の部屋に置かれたメモ「いただきます」と「ごちそうさま」の意味するものは。

葉村と剣崎は、この奇妙な事件の推理に取りかかります。ゾンビが文字を書くはずはありません。これはこの中の生きてる誰かが起こした、密室の殺人事件!?

謎解きも進むかにみえたその時、ペンションの玄関がゾンビによって破られました。メンバーは2階へと追いやられます。

そして、殺人事件は次の段階へと進みます。次の朝、死体を発見したのは菅野でした。エレベーターに挟まれるように倒れていたのは、立浪です。

彼は、ゾンビに噛まれた跡とは別に、何者かによってすでに頭を殴られてた形跡がありました。死体の側には例のメッセージも残されていました。「あとひとり必ず食いにいく」。

エレベーターの内側に血が付いていないことから、立浪は頭を殴られた後、エレベーターに運ばれ、1階に下ろされたエレベーターの中でゾンビに噛まれたことになります。そして、再びエレベーターは2階に、死体だけ戻ってきたことになります。

なぜ、犯人は手間暇をかけてまで、この方法をとったのか。あと、ひとりとは誰なのか。葉村と剣崎は頭を悩ませます。

そうしている間にも、ゾンビは2階へと押し寄せてきました。階段のドアで食い止める葉村たち。ラウンジまでの道のりに七宮の部屋がありました。

七宮は、進藤殺害時のメモをみた時から、怯えたように部屋に閉じこもっていました。ドアも叩くも返事はありません。

マスターキーでドアを開けると、すでにゾンビ化した七宮の顔が現れます。ドアガードにより危機を逃れた葉村の後ろから、槍の一撃で七宮を倒したのは、静原でした。

いよいよ、2階のラウンジに閉じ込められたメンバーたち。あとは、屋上に逃げるしかありません。

その時、静原が剣崎に、この事件の犯人を聞かせて欲しいと言い出します。剣崎の謎解きが始まります。

まずは、1人目の進藤。進藤の部屋のベッドには、掛け布団の内側にも血痕が付いていました。進藤は、噛まれた星川をかくまっていたのです。星川が履いていた靴も発見されています。

夜中にゾンビ化した星川により噛み殺された進藤。それを見ていた犯人は、計画していた殺人にゾンビを利用しようと思いついたのです。

2人目の犠牲者、立浪。彼は部屋のカードキーをすり替えられ、寝ている所を殴られ殺されます。重量オーバーギリギリになるよう、ラウンジにあった銅像と一緒にエレベーターに乗せられ、1階に下ろされます。

1階で開いたエレベーターに乗ってきたゾンビにより噛まれ、ゾンビが去った後、再び2階へともどされたのでした。

そして、3人目の犠牲者は、七宮です。七宮は、ある人物から手渡された目薬を使用していました。その目薬には、出目、進藤、立浪のゾンビの血が混ざっていました。

すべての推理が終わり、該当する人物の名が上がります。それは、フェス会場でスマホを落としただけの静原でした。静原は、スマホを落とした段階で、すでにこの犯行を計画していたのです。

葉村は、明智の言葉を思い出していました。「私は、これから起こる事件の犯人がわかったよ。君にもわかるはずだ、葉村君」。

明智は、静原がスマホを落とした時の、あまりにも冷静な態度を見て、彼女がこれから起きる事件の犯人だと推理していたのです。

静原は、犯行を認め、動機を話し出します。本名は、遠藤美冬と言いました。昨年、この合宿に参加していた遠藤沙知の妹です。

沙知は、昨年の合宿で七宮と立浪にもて遊ばれ子供を宿しました。大学も辞め実家に戻るも、自殺してしまいます。姉の変わり果てた姿を発見した美冬は、復讐を誓ったのです。

そして、思わぬゾンビの発生により、この復讐に利用します。ゾンビに殺させ、さらに自分の手で殺す。2度殺すことで、姉の分と、お腹にいた赤ちゃんの分の復讐を果たした気持ちでした。

ラウンジに、ゾンビがなだれ込んできます。皆は、ゾンビと格闘しながら、屋上への狭い階段を上ります。

屋上へ逃げ切ったところで、静原がゾンビに噛まれていることに気付きます。「巻き込んでしまってごめんなさい。ありがとう」。静原は、自ら命を絶ち、下へと落ちていきました。

救助のヘリがやってきます。葉村、剣崎、名張、重元、菅野、高木が生き残りました。ゾンビの群れも駆除され、ようやく事件は収束したように見えました。

葉村の前に、見覚えのある人物が姿を現します。湖畔の方を向いて佇むその姿は、明智でした。「明智さん!」喜び駆け寄る葉村。

振り向いた明智の顔は、黒く変色し、光を失った眼球が葉村を捕えます。葉村の首に抱き着くように差し出された腕。あわや、噛まれる、その時。

一本の槍が、明智の目を貫通します。「あげない。彼は私のワトソンだ」。剣崎でした。

ゾンビの明智は何かをつぶやくように口を動かし、倒れていきます。2度と立ち上がってはきませんでした。

スポンサーリンク

『屍人荘の殺人』映画と原作の違い


(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会

国内主要ミステリー賞4冠を達成した話題作、今村昌弘の『屍人荘の殺人』が映画化上映となりました。

神木隆之介、浜辺美波、中村倫也を始め、個性豊かな俳優陣の集結により、原作の世界をさらに分かり易く、よりコミカルにした映画化。

奇想天外のミステリーがどのように映像化されたのか。原作と比較し、違いを検証していきます。

登場人物の違い

映画では、原作と同じ名前でも設定の違う人物が何人かいます。出目飛雄(塚地武雅)と高木凛(ふせえり)、そして静原美冬(山田杏奈)です。

原作では3人とも大学の学生の設定ですが、映画では野外フェスの参加者で、たまたまペンションに逃げ込んできた一般人の設定となりました。

ゾンビ出現という思いもよらないハプニングで集まった面々。外部の人間が紛れ込んだことで、この後の殺人事件の犯人特定が困難なものになっています。

ちなみに、合宿を行う大学のサークルは、原作だと「映画研究部」と「演劇部」の集まりになっていますが、映画では「ロックフェス研究会」となっています。

これにより、原作にある、山奥にある廃ホテルでの映画撮影のシーンがカットされています。そのホテルは、今回のゾンビテロ事件の首謀者たちが潜伏していた場所だったのですが、映画では触れられていません。

原作ではさらに、その場所で、テロ組織・斑目機関と思われる人物の手記を見つけた重元充(矢本悠馬)が、事件解決後、大学に一度も現れず姿を消しています。

葉村譲のこめかみの傷


(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会

原作では、葉村譲(神木隆之介)は、過去の辛い経験からトラウマを抱えていました。

それは、日本を襲った未曾有の大震災でのことです。葉村の家族は辛くも津波から逃れますが、家は崩壊寸前となり、避難生活を余儀なくされていました。

ある日、まだ使えるものを取りに家に戻ると、勝手に家に入り込み中を漁っている連中と居合わせます。怒りに駆られた葉村は、もみ合いになり瓦礫でなぐられ、こめかみに傷を負うのでした。

それ以来、被災者からすら物を奪おうとする浅ましい奴ら、人の物を黙って持っていくことが、何よりも許せないこととなりました。

原作で、葉村は妹から貰った大事な腕時計を、出目に盗まれてしまいます。それを知った葉村は許すことが出来ず、ゾンビ化して死んだ出目の部屋に入り時計を取り戻します。

しかし葉村は、大事なものだとしても、死んだ人間の荷物から、腕時計を取った自分を恥ずかしく思い、許すことが出来ませんでした。

出目の部屋から出る時、出会ってしまった静原を、犯人だと確信した葉村でしたが、自分の行動を隠すため、皆に嘘の証言をしてしまいます。

映画では、まったく推理の当たらないことから「迷宮太郎」とあだ名を付けられた幼少時代のエピソードや、剣崎の可愛いお願いにデレデレと答えてしまう、ムードメーカー的存在となっています。

演じた神木隆之介の、真面目な演技の中にも垣間見えるコミカルな部分が、存分に発揮されており、愛すべきキャラとなっています。

謎解きパフォーマンス


(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会

この物語には、名探偵が2人登場します。明智恭介(中村倫也)と、剣崎比留子(浜辺美波)。映像化したことで、2人の謎解きのポーズが加わりました。

明智は始め、完全に名前負けしたポンコツ探偵ですが、最後の最後に名探偵ぶりを発揮します。閃きのポーズは、指パッチンです。

剣持は最初から正真正銘の名探偵ですが、実の姿はトラブルを呼んでしまう体質で、周りから恐れられ孤独な子供時代を過ごしていました。

そんな剣崎の閃きのポーズは、横綱の土俵入り、雲竜型です。

明智の指パッチンは、鳴る時と鳴らない時があったり、後に葉村が明智の真似をしたり、剣崎役の浜辺美波の可愛い雲竜型と、映像ならではの面白さがありました。

犯行の動機

原作同様、映画でもゾンビテロの犯人は謎のままですが、殺人事件の犯人は静原美冬です。

犯行の動機となったのは、1年前の夏の合宿で七宮たちに遊ばれ自殺した遠藤沙知の復讐でした。

原作では、美冬と沙知の関係性は、近所に住む幼なじみの設定でしたが、映画では姉妹の関係性になっています。

また、原作では、美冬は沙知と同じ大学に入り、映画研究部へと入部。OBの七宮が主催する恒例の夏の合宿に参加します。

映画では、野外フェスで「スマホを落としただけの女」という設定で登場。もっとも犯人から遠い存在になっていて、原作を読まずに映画を観た方は、まんまと騙されたに違いありません。

明智恭介の最後

愛すべきキャラ・明智恭介の、序盤でのゾンビ化に喪失感が止まらない方、明智ロスに陥った方が多いとことでしょう。

原作では、いよいよ逃げ場が屋上しかないという場面で、ゾンビ化した明智と葉村が、向き合います。迫りくるゾンビ明智を槍の一撃で仕留める剣崎。胸アツのセリフが続きます。

映画では、すべて解決し、ゾンビも駆除された後に、ポツンと明智が現れます。振り向いた明智はゾンビでした。

「あげない。彼は私のワトソンだ」。仕留めたのは、やはり剣崎でした。

他のゾンビがいなくなった後だけに、明智役の中村倫也のゾンビ姿が、より印象に残るシーンとなっています。

まとめ


(C)2019「屍人荘の殺人」製作委員会
予測不能な奇想と謎解きで、国内主要のミステリー賞4冠に輝いた、今村昌弘の『屍人荘の殺人』の映画化に伴い、原作との違いを比較しました。

「ミステリー」と「ゾンビ」のジャンルが融合した新しいパニックミステリー・エンターテイメント映画『屍人荘の殺人』。

グロくなりがちなゾンビの抹殺シーンは、レントゲン画像で表現され、目を瞑ることもなく観ることができます。ゾンビ映画やホラー映画が苦手な方。またお子さんでも楽しめる映像になっています。

小説では「屍人荘の殺人」の続編「魔眼の匣の殺人」が発売されています。映画化第2弾となるのか?

ゾンビ化したはずの明智が、最後に伝えようとして声にならなかった言葉。いったい明智は、何とつぶやいたのでしょうか。続編があることに期待します。

次回の「永遠の未完成これ完成である」は…


(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
次回紹介するのは、2020年3月6日公開の映画『仮面病棟』。

知念実希人の小説「仮面病棟」が、坂口健太郎と永野芽衣の共演で映画化となります。

その日、病院は仮面の凶悪犯に占拠された。閉じ込められた者たちの運命は。犯人の目的は。そして、病院の隠された秘密が暴かれていく。

映画公開の前に、原作のあらすじと、映画化で注目する点を紹介していきます。

【連載コラム】「永遠の未完成これ完成である」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『貞子』のあらすじと解説。「リング」シリーズから2019年版までを紹介|SF恐怖映画という名の観覧車49

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile049 今回のコラムでは「死後の世界」を題材にした韓国映画『神と共に』(2019)をご紹介する予定でしたが、本コラムで語らざるを得ない作品の公開 …

連載コラム

映画『ゴールドフィンチ』キャスト【アンセルエルゴート×ヴォルフハルトらのインタビュー:類は友を呼ぶ】FILMINK-vol.25

FILMINK-vol.25「Birds of a Feather – The Goldfinch’s Theo and Boris」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツ …

連載コラム

映画『ベトナムを懐う』あらすじと感想レビュー。父親が胸に秘めた異国から故郷への想い|銀幕の月光遊戯25

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第25回 異国でおもう故郷は何故こんなにも遠い…。 初演以来、上映回数1000回を超える舞台作品を、『超人X.』(2014)、『輝ける日々に』(20018)のグエン・クワン …

連載コラム

映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』評価解説。海外の“ジョーシキ”を略奪せよ!|だからドキュメンタリー映画は面白い16

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第16回 あのマイケル・ムーアが、ドキュメンタリー作家から“侵略者”に転身!? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第16回は、2016年公開の『マイ …

連載コラム

清原惟映画『網目をとおる すんでいる』あらすじと感想レビュー。短編作品ならではのフレキシブルな源泉|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り7

第10回ちば映画祭「清原惟監督特集」 東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が2018年に渋谷ユーロスペースで公開され、鮮烈な映像感覚が大きな注目を集めている清原惟(き …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP