Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/05/26
Update

映画『マイ・プレシャス・リスト』あらすじとキャスト。ベル・パウリーのプロフィール紹介も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『マイ・プレシャス・リスト』は、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

『マイ・インターン』を手がけたプロデューサー、スザンヌ・ファーウェル最新作を、『さよなら、僕らの夏』のプロデューサー、スーザン・ジョンソンが初監督を務め、世界中のすべての女性に贈る感動作!!

IQ185の超天才、だけど「コミュ力」のゼロなキャリーが手にしたのは、“幸せになるためのリスト”だった…。

スポンサーリンク

映画『マイ・プレシャス・リスト』の作品情報


©2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
CARRIE PILBY

【監督】
スーザン・ジョンソン

【キャスト】
ベル・パウリー、ガブリエル・バーン、ネイサン・レイン、バネッサ・ベイヤー、コリン・オドナヒュー、ウィリアム・モーズリー、ジェイソン・リッター

【作品概要】
ハーバード大学を卒業したIQの高い天才ながらにコミュニケーション能力がないヒロインの心の成長を描いた作品。

主人公キャリー役を『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』や『ミニー・ゲッツの秘密』で知られるベル・パウリ―が演じ、演出は『さよなら、僕らの夏』のプロデューサーを手がけ、長編初監督作品となるスーザン・ジョンソン監督。

キャリー役の女優ベル・パウリーのプロフィール

参考映像:『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』(2015)

ベル・パウリー(Bel Powley)は、1992年3月7日にロンドンのシェパーズ・ブッシュで生まれた、イギリスの女優。

ベルの父のマーク・パウリーも俳優で、母のジャニス・ジャッファはキャスティング監督。そんな両親の元で成長したベルはホランド・パーク中等教育学校を卒業。

2007年にSFテレビドラマ『M.I. High』で主演を果たします。その後、テレビドラマに出演するようになっていきます。

2009年3月には、ロイヤルコート劇場で上演された『Tusk Tusk』でマギー役を演じて、舞台デビューもかざり。

2011年には、エセル・バリモア劇場で上演された『Arcadia』でトマシナ役として、ブロードウェイでのデビューも果たします。

また、ベルは歴史の教育を専攻し、マンチェスター大学に在籍をして、2010年に大学側が学費の値上げを強行すると、彼女も大学生の抗議デモに参加して声をあげます。

やがて、2015年に映画『ミニー・ゲッツの秘密』で主演を務め、第25回ゴッサム・インディペンデント映画賞の女優賞を獲得、彼女は高い評価を受けるまでになります。

スポンサーリンク

映画『マイ・プレシャス・リスト』のあらすじ

ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリー。

彼女はIQ185という高い知能を持ち、ハーバード大学を飛び級で卒業したエリートでした。

しかし、一方でコミュニケーション能力には欠け、屈折した性格の持ち主。

キャリーは友人も仕事も持たずに暮らし、唯一の話し相手はセラピストのペトロフ飲みでした。

ある日、ペトロフはキャリーにリストを渡し、ここに書かれた6つの課題を1カ月でクリアするように言いました。

キャリーはペトロフの指示に半信半疑ながら、書かれた課題を実行。

それは金魚を2匹飼い、昔好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデート相手を探すなどするキャリー。

不器用にも他人と関わることでキャリーは、少しずつ“新しい自分”を見つけていく…。

映画『マイ・プレシャス・リスト』の感想と評価

世界中の女性を幸せに導いた映画『マイ・インターン』のプロデューサーを務めたスザンヌ・ファーウェル

彼女がプロデュースを手がけた本作『マイ・プレシャス・リスト』でヒロインに選んだのは、IQは高い天才だがコミュニケーション能力がない屈折女子キャリー

セラビストのペトロフから手渡されたリストに書かれた6つの課題を実行することで心の成長を遂げていく、心温まる感動作がまたひとつ誕生しました。

参考映像:『ミニー・ゲッツの秘密』(2015)

キャリー役を演じたのは、イギリスの女優ベル・パウリー

彼女が主演した『ミニー・ゲッツの秘密』は、サンダンス映画祭やベルリン国際映画祭で高い評価を受けました。

また、ベル自身もゴッサム賞に輝くなど、若手として有望な女優として注目を集め、その魅力は本作『マイ・プレシャス・リスト』でも愛らしい魅力として発揮しています。

人生に迷いっぱなしのキャリーが、リストにチャレンジしていく姿は、きっと、女性のあなたに“何かに踏み出す勇気”として心に染みる作品になることでしょう。

「ミニー・ゲッツの秘密」のベル・パウリーが主演を務めたコメディ「Carrie Pilby」が「マイ・プレシャス・リスト」の邦題で公開される。

本作でパウリーが演じたヒロインは、ハーバード大学を飛び級で卒業したIQ185の天才だがコミュニケーション能力ゼロのキャリー。唯一の話し相手であるセラピストのペトロフからリストを渡された彼女は、そこへ書かれた6つの課題を1つずつこなすことに。金魚を2匹飼い、昔好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデート相手を探すキャリー。不器用にも他人と関わる中で、彼女は少しずつ“新しい自分”を見つけていく。

スーザン・ジョンソンが監督を務めた「マイ・プレシャス・リスト」は、10月20日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。現在YouTubeにて特報が公開中だ。

スポンサーリンク

まとめ

不器用ながらに課題をこなしていくなかで、他人と関わりを持ったキャリーは自身の変化に気づいていきます。

そんなことって、キャリーのようなIQを持たないあなたにとっても、少し覚えがあるのではないでしょうか。

『マイ・インターン』のプロデューサーのスザンヌ・ファーウェル。

『さよなら、僕らの夏』のプロデューサーだったスーザン・ジョンソンが初監督を務めたすべての女性に贈る感動作

ベル・パウリー主演の映画『マイ・プレシャス・リスト』は、10月20日(土)より、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】『ジェミニマン』 4DX映画の評価と解説。クローンをテーマに描かれた1つの「命」

『ジェミニマン』は2019年10月25日(金)より全国ロードショー公開中! 『アラジン』(2019)でランプの魔人ジーニーを独特の雰囲気とキャラクター性を見事に活かして演じ切り、ハリウッドスターとして …

ヒューマンドラマ映画

映画『人魚の眠る家』あらすじとキャスト。東野圭吾原作に篠原涼子が挑戦

11月16日の全国公開に先駆け、東京国際映画祭GALAスクリーニング作品として先行上映される超大作人魚の眠る家』。 篠原涼子の、かつて見せた事がない狂気の演技でも話題になっています。 発売から1か月で …

ヒューマンドラマ映画

映画『MOTHER マザー』感想レビューと評価。長澤まさみの演技円熟と年齢の色気が光る代表作

映画『MOTHER マザー』は2020年7月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定。 映画『MOTHER マザー』は『日日是好日』『光』の大森立嗣監督が、描いたヒューマンドラマ。 製作は …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ感想。ブリー・ラーソンが原作者ジャネット・ウォールズの半生を演じる

映画『ガラスの城の約束』は2019年6月14日(金)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次ロードショー! 『ガラスの城の約束』は、元ニューヨーク・マガジンのコラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『パリの家族たち』あらすじネタバレと感想。母親という存在を通して見える女性の生き方

仕事に家事に育児に恋に。 奮闘する女性への応援メッセージ。 現代は、多様化するライフスタイルで、家族の在り方も様々です。ひとつの存在に縛られて生きる時代ではありません。 結婚して母になっても、1人の女 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP