Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『予告犯』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。謎の男シンブンシが仕掛ける犯人の目的と事件真相にみる“劇場型犯罪”|サスペンスの神様の鼓動55

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動55

動画サイトに突然現れ、予告した犯罪を次々に実行する謎の男「シンブンシ」。

シンブンシの謎と、犯罪の裏側に隠された、ある計画を描いたクライムサスペンス『予告犯』

筒井哲也の同名コミックを、生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々、窪田正孝など、若手実力派俳優が集結し映像化。

シンブンシの正体と目的が判明した時、シンブンシを追うサイバー対策課の刑事、吉野絵里香が直面する日本の病魔と闇とは?

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『予告犯』のあらすじ


(C)2015映画「予告犯」製作委員会 (C)筒井哲也/集英社

突如、ネット上に現れ、犯行予告を行う謎の男。

男は常に新聞紙で作られた頭巾を被っていることから「シンブンシ」と呼ばれるようになります。

この日のシンブンシの予告は、食中毒を起こしながらも、謝罪会見で完全に開き直った態度を見せた、ある食品加工会社でした。

シンブンシの予告通り、食品加工会社は放火され、工場全体が火事になります。

警視庁サイバー犯罪対策課のキャリア捜査官である吉野絵里香は、過去にシンブンシが行った犯行予告の動画を洗い直します。

最初の犯行予告は、バイト先で虫の天ぷらを揚げた動画を流し、店舗を閉店に追いやったアルバイト定員への制裁。

2つ目は、女子大生がレイプされたニュースにSNSで「ホイホイ着いて行った女が馬鹿」と書き込んだ学生を、監禁したうえで暴行していました。

そして、今回の食品会社への放火が3件目の犯行となります。

絵里香は、鑑識が割り出した情報から、動画が送られた場所が、関東圏だけに存在するインターネットカフェ「ピットボーイ」であることを突き止めます。

サイバー犯罪対策課は、実際に「ピットボーイ」へ向かいますが、シンブンシが使用したと思われる日時は、誰も入室していませんでした。

絵里香は、遠隔操作の可能性を疑いますが「ピットボーイ」のサーバーにアクセスするには、毎回ランダムでパスワードが変わる「ワンタイムパスワード」と、専用のセキュリティキーが必要となります。

専用のセキュリティキーは、各店舗の責任者しか持っていない為、絵里香は「ピットボーイ」の店長を重要参考人として連行します。

その数日後、再びシンブンシからの犯行予告動画が流されます。

次のターゲットは、面接に来た32歳の男を馬鹿にし、面接の様子を実況中継し笑い者にした会社員です。

予告された時間までに、サイバー犯罪対策課はシンブンシを突き止めようとしますが、シンブンシに全てを見透かされたように翻弄されます。

そして、予告された犯行時間になると、ターゲットにされた会社員が拘束された状態で、シンブンシにバットで殴られる動画が流されます。

絵里香が現場に向かうと、シンブンシの姿は消えていました。

絵里香は、これまでの動画に映ったシンブンシの体形が全て違うことから「シンブンシは複数人の犯行である」と考えます。

「ピットボーイ」の個室で、新聞紙の頭巾を外し、天井を眺める青年。彼こそシンブンシの首謀者、奥田宏明でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『予告犯』ネタバレ・結末の記載がございます。『予告犯』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2015映画「予告犯」製作委員会 (C)筒井哲也/集英社

奥田は、IT企業に派遣社員として勤務してきました。

正社員への雇用を目指して頑張って来た奥田ですが、社長にその気は無く、奥田が反抗的な態度を取ったことをキッカケに、社内で嫌がらせを受けるようになります。

精神的に疲弊した奥田は、職業安定所へ相談に行きますが、なかなか仕事が見つかりません。

その時に、奥田は同じ職業安定所で仕事を探していた葛西と出会います。

葛西に紹介され、奥田は違法の投棄物を処分する廃棄所で、住み込みで働くようになります。

奥田と葛西の他に、お腹が出ているお調子者の寺原、元々ニートだった木原、そしてフィリピン人のネルソンも、同じ廃棄所で働くようになり、友達のような関係になっていきます。

ネルソンは、以前「ピットボーイ」で働いており、その時に偶然手に入れたセキュリティキーを、お守りのように持っていました。

奥田はセキュリティキーの構造をすぐに理解し、計算式を書き出したことから、周囲からゲイツと呼ばれるようになります。

奥田は葛西たちと将来の夢を語り合うようになりますが、あることがキッカケで、シンブンシの計画を思いつくようになります。

奥田はシンブンシとして「俺は弱者の見方だ」と動画で語り出します。シンブンシの言葉は多くの人達の心を掴み、やがて支持する人間が増えていきます。

この状況に危機感を持ったのが、議員の設楽木でした。設楽木はテレビ出演し「匿名掲示板を潰す」と宣言します。

これを受けた奥田は、第5の犯行予告として、設楽木の抹殺を宣言します。この予告を受けた警視庁は、捜査に公安警察を投入します。

公安の北村は絵里香の同期でしたが、絵里香は明らかに北村を無視します。

公安の捜査により「ピットボーイ」に「ネルソン・カトー・リガルテ」名義で、頻繁に入店している男がいることが分かり、防犯ビデオに映った男の映像も公開されます。

その映像には、奥田が映っていました。そして、シンブンシが設楽木抹殺を予告した時間になります。

設楽木は、飲料メーカーのイベントに出席していましたが、予告時間に起きたのは、新作飲料の暴発で、中身が吹き出ただけでした。

しかし、その後、設楽木の秘書が「匿名掲示板を潰す」という設楽木の考えを、世論が好意的に受け止めているように、印象操作していたことが分かります。

設楽木の秘書はアルバイトを雇い、ネット上に設楽木へ好意的な意見を流すように指示しており、その現場が動画で流されます。

今回の不正が判明し、設楽木は辞職、議員生命が抹殺される結果となります。捜査班は、動画が流された場所を特定し「ピットボーイ」に乗り込みます。

「ピットボーイ」の個室にいたシンブンシが、店の外に逃げ出した為、捜査班全員で追いかけます。

ですが、シンブンシ追跡中に絵里香は、偶然すれ違った奥田に気付き、絵里香だけ奥田を追いかけます。

あと一歩のところで、奥田に逃げられた絵里香は「社会のせいにするな!甘えるな!」と叫びますが、奥田は「あなたには分からない!」と言い残し、姿を消します。

また、逮捕されたシンブンシは、「ピットボーイ」のアルバイト店員で、シンブンシの考えに共感したことで、シンブンシの犯行に加担したのでした。

数日後、シンブンシによる、6番目の犯行予告動画が流されます。最後のターゲットは、シンブンシを名乗り、世間を騒がせた4人。つまり奥田、葛西、木原、寺原自身でした。

廃工場で重労働を強要させらていた、奥田、葛西、木原、寺原、ネルソン。ですが、ネルソンが過酷な労働に耐えられずに、衰弱して死亡してしまいます。

奥田達は、廃工場の責任者に「ここじゃよくあること、その辺に埋めとけ」と、スコップを渡されますが、怒った寺原が責任者の頭を殴ります。

その後に、4人で責任者を殴り殺してしまいます。奥田達は、廃工場ごと責任者の死体を焼き、その後にシンブンシとして世の中に姿を現すようになりました。

奥田達は、廃工場跡に集まり、葛西が持っていた青酸カリを飲み、自殺する動画を生配信します。

公安の捜査官は、ネルソンの父親であり、印刷工場を営んでいた加藤を事件の首謀者と考え、加藤の印刷工場へ乗り込みます。

ですが、奥田の過去を調べていた絵里香だけは、廃工場の場所を突き止めており、現場に向かいます。

到着すると、そこには倒れている4人が並んでいました。奥田は死亡していましたが、葛西、木原、寺原だけは息があります。

絵里香は、死亡した奥田が握っていたスマホに気付き、スマホの動画を再生します。そこには、事件の真の目的を語る、奥田の動画が残されていました。

奥田達の目的は、最初からネルソンの死体を、父親に引き取ってもらうことで、ネルソンの「お父さんに会いたい」という願いを叶えた形となります。

ネルソンの父親の捜索を依頼しても、聞き入れられる訳が無く、世間を騒がす予告犯として、警察を動かすことを計画したのです。

絵里香は「困ってんなら、助けを求めなさいよ!」と叫びます。さらに、動画が残されており、そこには奥田が葛西、木原、寺原を恫喝し、自分の計画に、無理やり参加させようとする様子が映っていました。

奥田達は「もし生き残ったら、その時は死んだ奴の責任にする」と約束していた為、葛西、木原、寺原は全てを奥田の責任とします。

ですが、その動画は、実は寺原の誕生日を祝った際の動画で、奥田は自分が全ての罪を被るように編集していました。

編集される前の誕生日動画、そこには、無邪気に笑い合う4人の姿がありました。

サスペンスを構築する要素①「謎の予告犯シンブンシ」


(C)2015映画「予告犯」製作委員会 (C)筒井哲也/集英社

ネット上に突然現れ、次々に予告した犯行を実行していく、謎の男シンブンシ

新聞紙で作られた頭巾を被った、独特の見た目が印象的なシンブンシですが、映画『予告犯』は、作品の冒頭からシンブンシが登場し、そのインパクトのある存在感から、一気に物語へ観客を引き込んでいきます

シンブンシのターゲットは「バイトテロをした男」「女性蔑視発言をした学生」「食中毒事件を起こし開き直った会社」「志望者を馬鹿にした面接官」という、問題のある人間や企業ばかりです。

シンブンシは弱者の味方であり、弱者を馬鹿にする人間を成敗していく、ダークヒーローのような存在となっていきます。

それでも、暴行や放火を行うシンブンシは、社会的に見れば明らかに犯罪者。警察が黙っている訳も無く、サイバー犯罪対策課が動き出します。

本作の前半は、次々に犯行を行いながらも、全く手掛かりを残さないシンブンシの謎と不気味さが、シンブンシを追いかけるサイバー犯罪対策課の責任者、吉野絵里香を通して描かれていきます

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「社会に存在しない者たちの計画」


(C)2015映画「予告犯」製作委員会 (C)筒井哲也/集英社

犯罪を繰り返しながらも、全く手掛かりを残さないシンブンシ

普通なら、このシンブンシを追いかける絵里香が主人公になりそうですが、『予告犯』の主人公はシンブンシ側で、シンブンシの正体である奥田宏明です

奥田は、正社員を目指していたIT企業で精神的に追い込まれ、精神的な病で社会から2年間離れていました。ですが、2年間の実務経歴が無い時期が問題視され、次の仕事も決まらなくなります。

つまり、奥田自身が、社会から見捨てられた弱者側の人間だったのです。

奥田は違法投棄の処分を行う廃工場で、葛西、木原、寺原と出会い、シンブンシの計画を考えます。

その為、シンブンシは奥田達が、社会を混乱に陥れる為に作り出した、弱者の象徴のように感じるかもしれません。

実際に、絵里香が奥田のことを調べ始める場面で、もともといた派遣会社では「派遣のことまで覚えていない」入院していた病院では「毎月入院費を返済してくれる人」職業安定所では「データ上では、9月まで来ていた」と伝えられます。

つまり奥田は、日本の社会に居場所が無く、データの中に記録としてしか存在していない「社会に存在しない者」となっています

葛西、木原、寺原も同じです。「社会に存在しない者たちの計画」が生み出した存在、それがシンブンシです。

そして、シンブンシの存在に触発された者達が、次々に模倣犯となりますが、彼らもまた社会に居場所の無い者達

もし、実際にシンブンシのような存在が現れた時、映画で描かれているような、犯罪の連鎖が起きるかもしれません。

日本に根付いた「格差社会」の嫌な空気が、本作にリアルさを与えています

サスペンスを構築する要素③「絵里香が目にする日本の病魔」


(C)2015映画「予告犯」製作委員会 (C)筒井哲也/集英社

シンブンシを追いかける絵里香は輝かしいキャリアを持つエリートです。また、途中から介入して来た公安警察もエリートの為、奥田達の存在など考えもしません。

ですが、唯一奥田の過去に目を付けたのが絵里香でした。

絵里香はシンブンシを「社会のせいにしている、努力しない人間」と決めつけていましたが、奥田の捜査を開始し過去を調べる中で、本人の努力だけではどうにもならない、日本の病的な部分を目の当たりにします。

また、絵里香自身も幼い頃は家庭の境遇から、辛い想いを経験していた、もともとは社会的な弱者だったのです。

『予告犯』は最後まで、奥田の真の目的が分からないようになっています

ですが、最後に奥田の目的に辿り着くのも絵里香です。奥田の目的は、廃工場で働いていたネルソンを、父親に合わせる、ただそれだけでした。

目的に対して、手段がかなり大掛かりのように感じますが、奥田達が「社会に存在しない者たち」である以上、ここまでやらないと、声を出しても誰にも聞き入れられなかったでしょう

最後に絵里香が「困ってんなら、助けを求めなさいよ!」と叫びますが、その言葉も、何か虚しく感じます

スポンサーリンク

映画『予告犯』まとめ


(C)2015映画「予告犯」製作委員会 (C)筒井哲也/集英社

格差が広がる社会の病魔を描き出した『予告犯』

奥田が働いていたIT企業で、もともと奥田を馬鹿にしていた社員が、奥田の次のターゲットにされているなど、日本人の陰湿な部分が、何気ない場面でも表現されている作品です。

特に、IT企業の社長、栗原を演じる滝藤賢一の演技がやたらリアルで、栗原のセリフ「派遣にダメ出しされちゃったよ」は、上には絶対に逆らえない、いじめ体質の、閉鎖的な社会を象徴したような、ある意味名セリフです。

本作を通じて感じるのですが、日本は本当に頑張れば報われる、誰にとっても平等な社会なのでしょうか?

精神をすり減らしてまで、耐えながらすがりつく、そんな価値のある社会なのでしょうか?

過酷な労働で亡くなったネルソンへの、奥田のセリフ「ごめんな、こんな国で」が、心に重く響きます。

奥田は葛西、木原、寺原、ネルソンと出会い、本当に楽しい時間を過ごします。一般的に見れば、彼らに明日も未来も無く、置かれた状況から抜け出すのは、ほとんど不可能に見えます。

それでも、夢を語り、何気ない出来事で子供のように笑い合う彼らの姿に、人間としての本質があるように感じました



関連記事

連載コラム

泣ける恋愛映画・大人の邦画ラブストーリーを考察比較。『Love Letter』と『ハル』を「手紙」から読み解く|おすすめ新作・名作見比べてみた4

連載コラム「おすすめ新作・名作見比べてみた」第4回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第4回のテーマは「手紙」で …

連載コラム

【面白いサスペンス・SF映画】2020年おすすめランキングベスト5:独特な世界観で現在を反映した5選《シネマダイバー:金田まこちゃ選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー金田まこちゃ 2020年は新型コロナウィルスの影響により、「007」シリーズ最新作の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』や、MCUシリー …

連載コラム

パワーレンジャー(2020)|ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。日本特撮とアメコミ超大作の垣根に潜む“ミッシングリンク”|B級映画ザ・虎の穴ロードショー19

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第19回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

ジーン・セバーグ映画『リリス』のあらすじと考察。 ロバート・ロッセン監督が放つ美しく危険な神話|偏愛洋画劇場17

連載コラム「偏愛洋画劇場」第17幕 ケネディ大統領の就任、公民権運動、ベトナム戦争、キング牧師やマルコム・Xの登場、そして暗殺…。アメリカだけでも数え切れないほどの出来事が起こった動乱の時代であった1 …

連載コラム

マトリックスやスターウォーズに登場する救世主たち。SF映画のキリスト教的要素を考察|SF恐怖映画という名の観覧車24

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile024 ハロウィン、クリスマス、初詣と宗教的風習を日本独自の文化に改変し取り入れる日本ですが、そのイベントの「宗教的背景」を気にする人は中々いま …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学