Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『シチリアーノ裏切りの美学』ネタバレ感想と考察評価。マルコベロッキオが迫るマフィア戦争を終息に追い込んだ真実

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

イタリアマフィア史上のミステリーを映像化した『シチリアーノ 裏切りの美学』

1980年代に、激化していたマフィアの抗争を終息させた1人の男がいました。

「裏切り者」と呼ばれながらも、自らの信念を貫いた実在した人物、トンマーゾ・ブシェッタの人生を描いた映画『シチリアーノ 裏切りの美学』

主人公のブシェッタを、これまでイタリアのアカデミー賞と呼ばれる「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」に3度輝いている俳優、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノが演じます。

「イタリア最後の巨匠」と呼ばれるマルコ・ベロッキオが、これまで謎とされてきたブシェッタに迫った、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『シチリアーノ 裏切りの美学』の作品情報


(C)IBC MOVIE/KAVAC FILM/GULLANE ENTRETENIMIENTO/MATCH FACTORY PRODUCTIONS/ADVITAM

【公開】
2020年公開(イタリア・フランス・ブラジル・ドイツ合作映画)

【原題】
Il traditore

【監督・脚本】
マルコ・ベロッキオ

【キャスト】
ピエルフランチェスコ・ファビーノ、マリア・フェルナンダ・カンディド、ファブリツィオ・フェラカーネ、ルイジ・ロ・カーショ、ファウスト・ルッソ・アレシ、ニコラ・カリ、ジョバンニ・カルカーニョ、ブルーノ・カリエッロ、アルベルト・ストルティ、ビンチェンツォ・ピロッタ、ゴフリード・ブルーノ、ガブリエーレ・チッチレッロ、パリデ・チッチレッロ、エリア・シルトン、アレッシオ・プラティコ、ピエール・ジョルジョ・ベロッキオ

【作品概要】
かつて「ドン・マジーノ」と呼ばれた大物マフィア、トンマーゾ・ブシェッタが、何故、組織を裏切り警察側の情報提供者になったのか?に迫るヒューマン・ドラマ。

主人公のブシェッタを、これまでイタリアのアカデミー賞と呼ばれる「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」に3度輝いている名優、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノが演じています。

監督は、これまでイタリア史上、重大事件と呼ばれる数々のテーマに挑んで来た巨匠、マルコ・ベロッキオ。

映画『シチリアーノ 裏切りの美学』のあらすじとネタバレ

(C)IBC MOVIE/KAVAC FILM/GULLANE ENTRETENIMIENTO/MATCH FACTORY PRODUCTIONS/ADVITAM

1980年代初頭のシチリア。

シチリアのマフィア組織「コーザ・ノストラ」は、コルレオーネ派とパレルモ派の二大勢力に分かれていました。

パレルモ派の大物で「ドン・マジーノ」の異名で呼ばれている男、トンマーゾ・ブシェッタ。

ブシェッタは、コルレオーネ派とパレルモ派の仲裁を試みますが失敗し、家族をシチリアに残し、ブラジルへ逃亡します。

ブシェッタが、ブラジルに渡って以降、ブシェッタの仲間達はコルレオーネ派の報復に遭い、次々と殺害されていきます。

コルレオーネ派の魔の手は、ブシェッタの子供達にも及びます。

それでも、組織内の抗争を嫌い動こうとしないブシェッタですが、ある時、麻薬密売の容疑をかけられ、ブラジルの警察に拘束され、イタリアに送還されてしまいます。

ブシェッタは、イタリアに戻る飛行機の中で、コルレオーネ派に命を奪われる夢を見てうなされます。

イタリアの刑務所に収監されたブシェッタですが、何故か個室を用意され、ホテルのサービスのような手厚い待遇を受けます。

次の日、ブシェッタはマフィアの撲滅に執念を燃やす判事、ファルコーネと面会します。

ファルコーネは「コーザ・ノストラ」の情報を提供するように、ブシェッタに求めます。

ですが、組織の情報を売り渡す事は、「コーザ・ノストラ」の血の掟に背く行為となる為、ブシェッタは、ファルコーネの要求を拒否します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『シチリアーノ 裏切りの美学』ネタバレ・結末の記載がございます。『シチリアーノ 裏切りの美学』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)IBC MOVIE/KAVAC FILM/GULLANE ENTRETENIMIENTO/MATCH FACTORY PRODUCTIONS/ADVITAM

ブシェッタは、自らを「名誉ある男」と称し、ファルコーネからの情報提供の要求を拒否します。

激高したファルコーネは、殺戮を繰り返すだけの組織に成り下がった、「コーザ・ノストラ」の現状をブシェッタに伝えます。

組織が分裂して以降、ボスのリイナに良い感情を抱いていなかったブシェッタは、ファルコーネの強い意思に共感し、「コーザ・ノストラ」の情報を提供するようになります。

ブシェッタの情報をもとに、「コーザ・ノストラ」のマフィア達は次々と逮捕されていきます。

さらに、コルレオーネ派に命を狙われた経験を持つ、マフィア委員会「キューポラ」の構成員、コントルノも警察側の情報提供者として加わります。

逮捕された「コーザ・ノストラ」のマフィア達を、まとめて裁く前代未聞の裁判が開催され、ブシェッタはコントルノと共に出廷します。

ブシェッタは、かつて同じパレルモ派だったにも関わらず、コルレオーネ派に寝返ったカロと直接対決し、「何も覚えがない」と言うカロを徹底的に追い込みます。

法廷でカロを追い詰めるブシェッタの姿に圧倒され、他のマフィア達は戦意を喪失し、次々と刑の執行が決まります。

ブシェッタはファルコーネと共に、「コーザ・ノストラ」のボスであるリイナも追い詰め、刑務所に収監させる事に成功します。

90年代初頭、ブシェッタは証人保護プログラムにより、アメリカに身を潜めていました。

ですが、家に閉じこもり、仕事と言えば本の執筆やテレビ出演をこなす程度で、かつて「ドン・マジーノ」と呼ばれた威厳や迫力は消えていました。

けれども、ファルコーネがマフィアの報復に遭い、車を爆破され死亡したニュースが流れます。

イタリアには「コーザ・ノストラ」に癒着している権力者が多数おり、元首相のジュリオ・アンドレオッティもその1人でした。

ブシェッタの告発により、アンドレオッティの裁判が開かれ、ブシェッタは出廷しますが、かつての勢いを失ったブシェッタは、アンドレオッティを追い詰める事ができませんでした。

2000年、何もかもに疲れ果てた様子のブシェッタは、家族や知人に誕生日をお祝いされます。

そして、その数日後、夜空を見ながら静かに息を引き取り、ブシェッタはその生涯を閉じます。

スポンサーリンク

映画『シチリアーノ 裏切りの美学』感想と評価


(C)IBC MOVIE/KAVAC FILM/GULLANE ENTRETENIMIENTO/MATCH FACTORY PRODUCTIONS/ADVITAM

1980年代、シチリアで起きていたマフィア戦争を終息に向かわせた、ある1人の男の人生を描いた映画『シチリアーノ 裏切りの美学』

マフィア戦争をテーマにした作品ですが、名作「ゴッドファーザー」シリーズや、昨年話題になった映画『アイリッシュマン』のような「血で血を洗う抗争」を描いている訳ではなく、マフィアに「裏切り者」と呼ばれた実在した人物、トンマーゾ・ブシェッタの内面の葛藤に重点が置かれています。

その為、本作ではマフィア戦争の実態について、丁寧な描写や説明はありません

登場する人物も、実在した大物マフィア達なのですが、人物関係も作中で説明が無い為、誰がどういう立場なのか分からなくなるでしょう。

しかし、本作においてマフィア戦争の実態や、人物関係などは重要な部分ではないので「こういう事が実際にあった」程度で、認識できれば問題ではありません

本作で重要なのは「何故、トンマーゾ・ブシェッタは警察側についたのか?」という部分です。

トンマーゾ・ブシェッタの内部告発は、当時組織の情報を一切掴む事ができなかった警察にとって、大きな情報源になり、組織の一斉摘発に繋がりました。

本作の監督、マルコ・ベロッキオは、マフィア側から見れば「裏切り者」他の者から見れば「英雄」とされる、ブシェッタの人生を取材し、彼の内面に迫っています。

『シチリアーノ 裏切りの美学』では、ブシェッタが警察側の情報提供者になった理由について、ファルコーネ判事との出会いが大きかったとされています。

「コーザ・ノストラ」の「血の掟」を重視し、自らを「名誉ある男」と言い張り、ファルコーネ判事に対立していたブシェッタが、卑劣な犯罪組織に成り下がった「コーザ・ノストラ」の現状を見せつけられ、心境が変化していく様子が、前半最大の見どころになります。

次第に、ブシェッタとファルコーネ判事の間に、友情のようなものが芽生えますが、後半ではファルコーネ判事がマフィアにより命を奪われます。

ファルコーネ判事殺害事件も、実際に起きた事件で、黒幕は作品にも登場した、元首相のジュリオ・アンドレオッティと言われています。

このアンドレオッティを追い詰めきれなかった事で、ブシェッタの中で何かが終わった事を実感する、クライマックスの法廷シーンが印象的です。

本作の演出は抑えめで、淡々と進んでいく印象なので、どちらかと言うとドキュメンタリーに近い作風です。

ですが、誇りを持っていた組織だからこそ、あえて壊滅させる道を選んだブシェッタの生きざまは本当にドラマチックで、ブシェッタを演じたピエルフランチェスコ・ファビーノの存在感も併せて「かっこいい男」の物語が描かれています。

事前に少しだけ、シチリアのマフィア戦争の知識を入れて鑑賞すれば、かなり楽しめる作品です。

まとめ


(C)IBC MOVIE/KAVAC FILM/GULLANE ENTRETENIMIENTO/MATCH FACTORY PRODUCTIONS/ADVITAM

本作は、組織を裏切る事への葛藤など、ブシェッタの内面を重点的に描いており、マフィア映画なのに残酷描写が抑えめなのも特徴です。

この点においても、マルコ・ベロッキオ監督が描きたかったのは、マフィアの抗争ではなく、ブシェッタという人間であった事が分かります。

また、本作は実際の出来事を忠実に描写している事も特徴で、逮捕したマフィアを一斉に裁く裁判のシーンでは、実際の裁判所を使用し、動物園の檻のような場所から、マフィア達が大声を出したり、挑発したりした事も、実際の出来事を再現しています。

作品の序盤でブシェッタが、ブラジルの警察から受ける拷問も、実際の出来事の再現です。

1980年代初頭の、シチリアでのマフィア抗争を描いた作品なので、あまり馴染みが無く「よく分からない」と感じる方もいるでしょう。

ですが「裏切り者」の汚名を着せられても、自身の信念を貫いたブシェッタの姿は感動的ですし、そのブシェッタを映画の主人公にする為、かなり入念に調査をして、本作に挑んだマルコ・ベロッキオ監督の魂も感じた作品でした。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『赤色彗星倶楽部』あらすじとキャスト。ポレポレ東中野にて上映

赤い彗星を巡る青春群像劇。 PFFアワード2017で日活賞&映画ファン賞を受賞した、自主制作映画作品をご紹介します。 ポレポレ東中野にて2月10〜16日の連日レイトショーで1週間限定公開です …

ヒューマンドラマ映画

映画『希望のかなた』あらすじと感想。アキ・カウリスマキの評価も

アキ・カウリスマキ監督の『希望のかなた』は、2017年のベルリン国際映画祭で観客から圧倒的支持を受けました。 批評家のみならず、多くの胸に深い余韻を残した本作は、同映画祭で監督賞の栄誉に輝きました。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『僕に、会いたかった』感想と評価レビュー。女優松坂慶子がTAKAHIROを包み込む

大きな愛が失った時を蘇らせる 2019年5月10日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーの映画『僕に、会いたかった』。 EXILEのTAKAHIROが初めて映画作品で単独主演を飾ったこと …

ヒューマンドラマ映画

世界は今日から君のものキャストとあらすじ!原作はある?試写会情報も

“閉ざされた世界から、一歩踏み出す勇気を君に…。” 門脇麦さんが不器用な引きこもり女子を熱演したガーリー青春ドラマ映画『世界は今日から君のもの』をご紹介します。 (C)2017クエールフィルム スポン …

ヒューマンドラマ映画

『暁に祈れ』あらすじと感想レビュー。実話の映画化に実際の囚人と本当の刑務所で撮影した徹底的なリアリズム

映画『暁に祈れ』は12月8日(土)より、ヒューマントラスト渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか、全国順次公開。 犯罪と不正が渦巻き、「地獄」とも呼ばれるタイの刑務所で、ムエタイを武器にのし上がっ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP