Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】キングダム2 遥かなる大地へ|あらすじ感想と結末の解説評価。実写続編を信(山崎賢人)の初陣で圧倒的なスケールで描く

  • Writer :
  • 糸魚川悟

初めて踏み入れた戦場で青年は戦争を知る

古代中国の春秋戦国時代を題材とし、累計発行部数9000万部を突破した原泰久による大人気漫画「キングダム」。

2019年には原泰久自身も脚本に携わった実写映画『キングダム』(2019)が公開され、興行収入50億を達成するほどの大ヒットとなりました。

そして2022年、原作の5巻までを描いた前作から地続きとなる続編作品が遂に劇場で公開。

今回はシリーズ第2作となる『キングダム2 遥かなる大地へ』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』の作品情報


(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
佐藤信介

【脚本】
黒岩勉、原泰久

【キャスト】
山﨑賢人、吉沢亮、橋本環奈、清野菜名、満島真之介、岡山天音、三浦貴大、濱津隆之、真壁刀義、山本千尋、豊川悦司、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、高橋努、渋川清彦、平山祐介、玉木宏、小澤征悦、佐藤浩市、大沢たかお

【作品概要】
2006年から「週刊ヤングジャンプ」で連載が開始された原泰久による漫画シリーズ「キングダム」の映像化作品第2弾。

『アイアムアヒーロー』(2016)や『いぬやしき』(2018)を手掛けた佐藤信介と、世界的なヒットを記録した配信ドラマ「今際の国のアリス」で佐藤信介とタッグを組んだ山崎賢人が引き続き続投し、清野菜名や岡山天音などの実力派俳優が本作から参加しました。

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』のあらすじとネタバレ


(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会

時は春秋戦国時代、秦王の嬴政の部屋に彼の命を狙う暗殺者が現れます。

追い込まれた嬴政を部屋に駆けつけた信と河了貂が救い、暗殺者は死の間際に伝説級の暗殺者「蚩尤」の存在を匂わせ命を落とします。

暗殺者が自身の部屋に来たことで嬴政は国内に反逆者がいることを確信しますが、直後に隣国である「魏」が国境を越え侵攻を始めたとの知らせが入ります。

知らせを聞いた信は河了貂を王都に残し、一兵卒として初めての戦場へ向かうことを宣言。

戦場への道中、五人一組を基軸とする「伍」を組むように命じられた信は同郷の尾平と尾到、誰とも絡もうとしない少年のような体型をした羌瘣、そして頼りない外見によって誰とも組むことの出来ない伍長の澤圭と共に伍を結成します。

その頃、魏の将軍・呉慶は秦の軍隊に対抗するために「蛇甘平原」の戦略的用地となる複数の丘に布陣し、秦軍を待ち構えていました。

呉慶と相対する形で兵を布陣した麃公は用地となる丘を奪取するため、丘を守る魏の副将宮元への突撃を歩兵隊に命じます。

魏に対し後手に回る秦軍は統率が乱れており、信の所属する伍は勝つ見込みすらない突撃を千人将の縛虎申に命じられましたが、一番に敵陣に飛び込んだ信の活躍により歩兵隊は勢いづき、敵の第一陣を撤退に追い込みます。

しかし、その直後に地響きと共に土煙の中から現れた「装甲戦車」が歩兵を次々と轢き殺し、歩兵隊は壊滅。

信の所属する伍や戦闘経験豊富な沛浪の率いる伍などの数十人のみが辛うじて生き残り助けを待つ現状でしたが、麃公は彼等を助ける援軍を出さずにただ戦況を見守るだけでした。

羌瘣の提案した死体を積み上げ防壁を作る策が成功し、一部の装甲戦車を撃破した信は尾平や沛浪を逃がすために自身を囮とします。

運命共同体であるはずの仲間ですら救う気のない羌瘣でしたが、逃げるよりも追っ手の撃退を選択し、信を上回る身体能力で次々と追っ手を殺害。

呼吸を乱し窮地に陥る羌瘣を庇った信は2人で崖を飛び降り、追っ手を巻くことに成功しました。

夜、戦いの最中に顔を覆っていた布が取れ、羌瘣が女性であることを知った信は彼女が戦場にいる理由を訪ねます。

羌瘣は暗殺者「蚩尤」となるために育てられた一族の人間であり、「蚩尤」の座を奪う争いの最中に姉を慕っていた人物を謀殺されたことを恨み、魏にいるとされる現在の「蚩尤」を殺害するために生きていました。

魏への道を知るために戦に参加した羌瘣は復讐が終わり次第の死を決意していましたが、同じように大切な人間を失った経験を持つ信に生きることを諭されるのでした。

戦場の膠着状態に痺れを切らした宮元は自身を守る兵士を除いた配下の兵士全軍での突撃を計画。

一方で事態を静観する麃公は生き残りの歩兵隊の存在に注視していました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『キングダム2 遥かなる大地へ』のネタバレ・結末の記載がございます。『キングダム2 遥かなる大地へ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会

翌朝、信と羌瘣は隠れていた尾平たちと合流します。

夜の間に隠れながら移動していた信たちは進軍が始まった宮元の兵と宮元が居る陣の間に位置していることに気づき、宮元の陣への突撃を行ないます。

数十人の兵士で数千人を越える守備隊を持つ宮元への突撃は無謀でしたが、本陣で信たちの行動を知った麃公は遂に動き出し、全隊に信の突撃に加勢するように命じます。

騎馬兵を率いる縛虎申が宮元の先陣を突破しいち早く信のもとに駆けつけると、命を賭けての宮元の陣への突撃を命令。

突撃を成功させるため、追っ手の守備隊を迎え討つことに決めた歩兵隊の仲間たちを羌瘣に任せた信は縛虎申と共に宮元の陣へと向かいます。

守備隊の圧倒的な物量に歩兵隊は苦戦しますが、信とのやり取りで「仲間」の存在や「生きること」の意味を考えた羌瘣は自身を危険に晒してでも尾平たちを救うため奮闘。

一方、信たちの騎兵隊は宮元の陣にたどり着きますが、弓兵によって縛虎申が瀕死の重傷を負い、宮元に剣で貫かれます。

しかし、それは己の身を使った縛虎申の策であり、縛虎申は不用意に近づいた宮元の首を刺し殺害。

縛虎申は「勇猛と無謀の違い」を信に伝えると息を引き取りました。

宮元を討ち取ったことで丘を制した秦軍でしたが、呉慶は速やかに陣を変更することで秦軍との正面対決に持ち込みます。

するとその場に、秦軍のかつての大将軍・王騎が戦場を駆け抜け信の居る丘へと現れます。

王騎は戦場を観察しに来ただけだと語りますが、王騎を警戒する呉慶はさらに陣を変更し、その隙を感じ取った麃公は自ら敵陣へと突撃。

薄くなった防御陣を突破し呉慶のもとへとたどり着いた麃公の誘いに乗じ、呉慶は麃公との一騎打ちに応じます。

麃公は呉慶を見事に討ち取ると将軍を失った魏の兵士は戦場から撤退し、秦軍は防衛戦に勝利しました。

信は王騎による解説から今回の戦いで起きた多くの兵士の死や活躍が麃公と呉慶と言う二人の将軍の思惑で動いていたことを知り、自身がまだまだ未熟であることを痛感します。

王都への帰還の最中、ひとり軍を離れ魏に向かおうとする羌瘣を呼び止めた信は、彼女に再会を約束させます。

信の腹に拳をお見舞いし「じゃあな」と言いながら信の元を離れていく羌瘣は笑顔を見せていました。

王都に戻った信と再会した河了貂は少しでも信の助けになるために、戦を学び「軍師」として信を支えることを決意。

たった一回の従軍で高い戦果を挙げた信は現場からの推挙の声もあり「百人将」へと昇進します。

信の昇進に感心する嬴政でしたが、配下の昌文君や肆氏の報告によって先日の暗殺者を差し向けた黒幕が丞相の呂不韋であると確信。

嬴政の前に現れた呂不韋は暗殺を試みたことを隠そうともせず、昌文君や肆氏は政治的な権力差ゆえに彼に手出しできないことを歯噛みするばかりでした。

一方、百人将に昇進した信は自分を鍛え直すために王騎の城へと向かっていました。

スポンサーリンク

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』の感想と評価


(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会

1人では太刀打ちできない真の「戦場」

奴隷から成り上がるために幼馴染の漂と剣の鍛錬をし続けた信は、漂の死の敵を討つために秦王の弟・成蟜によるクーデターを嬴政と共に制します。

仲間となった河了貂や楊端和たちと王都を奪還した信でしたが、王都での戦いは人と人とが正面からぶつかり合う「個の力」が重要視される戦いでした。

しかし、第2作となる本作で描かれた「蛇甘平原の戦い」は信にとって初めてとなる「戦場」。

「装甲戦車」が集団となって攻めかかる集団戦法に「個の力」は通用することなく蹂躙され、信たちは死の淵に立たされることになります。

本作で信が覚えることになる「初陣での絶望と再起」は「装甲戦車」の恐怖を映像で伝えることの出来る実写だからこそ描けると言えるほどに鮮烈であり、鑑賞者は信と同じ絶望を味わうことが出来ます。

この戦いで信は「戦争」の何を知り、何のために戦うのか。

実写だからこそ描けるド迫力のスケールで「戦場」を描写した、完璧とも言える「蛇甘平原の戦い」の映像化作品でした。

前作よりさらに進化した俳優陣の華麗な殺陣


(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会

本作では前作同様にアクションシーンの多くの部分を山﨑賢人を始めとした俳優陣が演じています。

山崎賢人による殺陣は前作以上に荒く力強い信のイメージに沿ったものとなっており、乱戦となる「蛇甘平原の戦い」での泥臭い戦いを殺陣でも表現出来ていました。

そして本作での見どころはやはり、原作でもトップクラスの人気を誇るキャラクター・羌瘣の登場です。

羌瘣を演じた清野菜名は『TOKYO TRIBE』(2014)や『東京無国籍少女』(2015)で激しいアクションシーンを自身で演じ話題となった日本人俳優の中でもトップクラスのアクション俳優。

そんな清野菜名は羌瘣の持つ「力」ではなく「技術」で敵を制していく華麗さをキレのある殺陣で表現しており、原作ファンも納得の行く壮絶な戦いが楽しめる作品となっていました。

まとめ


(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会

この後、原作では本作で描かれる「蛇甘平原の戦い」で初陣を経験し大きく成長した信と、後に始皇帝として中国を統一する嬴政が更なる激戦へと身を投じて行くことになります。

新たな仲間との出会いと偉大な仲間たちとの別れが繰り返される、未来の平和のために「戦争」を重ねた人間たちの生きざまが描かれる「キングダム」。

服装や舞台、アクションや小道具などを拘り抜き、前作よりスケールアップした「戦場」を見事に描いてくれた『キングダム2 遥かなる大地へ』。

本作のエンドクレジットの後には『キングダム3』(2023)の予告が披露され、作中でも特に人気の高い「馬陽防衛戦」の映像化が確実視されました

原作とアニメ、そして実写映画などさまざまなメディアで広がっていく「キングダム」の世界からはまだまだ目を離すことが出来ません。

関連記事

アクション映画

映画『モータルコンバット』ラストのネタバレ考察。続編期待の天才 ジェームズ・ワンが手掛ける新たなヒーロー譚!

モータルコンバットが幕を開ける。戦士の本能を呼び覚ませ! 人気シリーズ『ソウ』や『死霊館』といったサイコーホラー映画、『ワイルド・スピードSKY MISSION』、『狼の死刑宣告』などのアクション映画 …

アクション映画

『一文字拳 序章』あらすじネタバレと感想。最強カンフー少年対地獄の殺人空手使いで見せた体当りのカンフーアクション

『一文字拳 序章 最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い』は2019年6月22日に7月5日かけて、池袋シネマ・ロサでレイトショー公開! 海外の武者修行から帰って来た少年が、謎の殺人空手使いと激突する本格 …

アクション映画

映画『ザ・コンサルタント』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

新作『ザ・コンサルタント』の予想以上満足度から、”シリーズ化を望む待望の声”や、まるで”海外ドラマの第1話を観たような20話分の価値”があると言った喩えが挙がるほど、観客の反応は高い今作。 主演ペン・ …

アクション映画

『オーバーエベレスト』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。アクション映画で役所広司らしい演技力を魅せる

ヒマラヤ救助隊が、世界を揺るがす陰謀を阻止するアクション映画 ユー・フェイが脚本・監督を務めた初の映画監督作品であり、2019年製作の日本・中国合作のスペクタクル・エンターテインメント・アクション映画 …

アクション映画

007消されたライセンス|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ボンドガールにキャリー ローウェルを迎えたダルトン2作目のボンド作品

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第16作! ジョン・グレンが監督を務めた、1989年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/消されたライセンス』。 殺しのライセン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学