Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『SHADOW/影武者』あらすじとネタバレ感想。チャン・イーモウ監督の美学が溢れる武侠アクション

  • Writer :
  • 西川ちょり

王や貴族の身代わりを務める“影”という存在。

『HERO』、『LOVERS』で最高の武侠アクションを創造したチャン・イーモウ監督の映画『SHADOW/影武者』

自由と引き換えに無謀な任務に挑む影武者の運命は──!?

中国映画『SHADOW影武者』をご紹介します。

映画『SHADOW/影武者』の作品情報


(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2019年(中国映画)

【原題】
影 Shadow

【監督】
チャン・イーモウ

【キャスト】
ダン・チャオ、スン・リー、チェン・カイ、ワン・チエンユエン、クアン・シャオトン

【作品概要】
中国の巨匠チャン・イーモウ監督が、武侠アクションの名作『HERO』(2002)、『LOVERS』(2004)の主要スタッフと再び組み、「三国志」のエピソード「荊州争奪戦」を大胆にアレンジして描いた武侠アクション。

『ドラゴン・フォー』シリーズでおなじみのダン・チャオが、都督と影武者の一人二役に挑戦。ダン・チャオの実の妻、スン・リーが都督の妻を演じている。

映画『SHADOW/影武者』あらすじとネタバレ


(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED

弱小の沛〈ペイ〉国は、強大な炎国に領土の境州を奪われたのち、休戦同盟を結び、なんとか平和を維持していました。

それから20年が経過。先王が早くに亡くなり、若くして王となった沛王は、平和を維持するため、炎国との争いを避けていたのですが、重臣の都督〈トトク〉らは開戦して炎国から境州を奪い返すことを主張していました。

ある時、都督は王の許しを得ぬまま、炎国の楊蒼〈ヤン・ツァン〉将軍に境州での対決を申し込みます。

報告を受けた王は激怒しますが、都督は高貴で知略に富み、家臣からも絶大な信頼を得ている人物であるため、簡単に処罰することができません。

王はふと思いついたように、琴の名手と称えられる都督と妻の小艾〈シャオアイ〉に合奏を命じますが、2人はなかなか演奏を始めようとしません。

小艾は「境州が戻るまで琴は弾かないと天に誓ったのです」と言い、もし誓いを破ったなら指を切り落とす覚悟だ、と述べて王の命令を拒みます。

それでも王は、自身はこの国の天である、天が弾いても良いと言っているのだ、と執拗に琴を弾かせようとします。

小艾は意を決したように琴を弾き始めますが、都督が妻の代わりにと自身の髷を切り、2人は退場していきました。

実は王の前にいたのは、都督の影武者でした。8歳のとき母親と生き別れになり、飢えて行き倒れていた彼を、都督の叔父が拾ってきて、影武者へと育て上げたのです。都督と影武者は驚くほど良く似ていました。

1年前、都督は受けた刀傷から病になり、それを隠すため、影武者が彼の代わりを務め始めたのです。

都督は自身が受けたのと同じ刀傷を影武者につけます。それは想像を絶する痛みで、苦しむ影武者に小艾が薬を与え介抱するのでした。

境州の奪還計画を進める都督は、影武者に、生き別れた母親を境州で見かけたと述べ、楊蒼を倒せば、自由にしてやるから母親と一緒に暮らせるぞと言うのでした。

翌日、影武者は都督の支持通り、楊蒼に宣戦した己に罰を下すよう王に求めます。王は彼の官職を解き、「今後、境州奪還を口にする者は斬首だ」と宣告します。

影武者は、「私はもう一介の民。楊蒼と対決しても、殿とは無関係」と返しました。王は近寄り、お前は胸に傷を負っていただろう、とその傷を見せるように命じました。

影武者が傷をみせると、「おや、この傷は新しい傷だな」と王は言うのでした。「あの時の悔しさを忘れないよう、自分自身でつけた傷です」と影武者は応え、王は納得したようでした。

都督は秘密の出入り口を持つ館に隠れて暮らしており、そこを出入り出来るのは妻と影武者だけでした。

傷の話を伝えると、都督は「傷が新しいものかどうかは判断がつかないはず。王ははったりをかけてきたのだ」と言うのでした。

どんな相手も三太刀で必殺と言われる楊蒼との対決に向けての特訓が始まりました。都督は、病気の体をおして、影武者を厳しく指導します。

王は和平のために、ただ1人の身内である妹の青萍〈チンピン〉を楊蒼の息子に嫁がせようという計画を青萍に内緒で進めていました。

その返事が届いたと言うので耳を傾けると、それは「姫を側室に迎えたい」というのものでした。

「それもよかろう」と平然と応える王の様子を見て、家臣の田戦〈ティエン・チャン〉が、もう我慢ならんとばかり立ち上がり、「屈辱に甘んじるなら、殿の代で国は滅びますぞ!」と注進します。

田戦は官職を解かれ、軍服もすべて没収されてしまいます。青萍は縁談が勝手にすすめられていたことにショックを受けますが、田戦が斬首されるのを防ぐため、側室になることを受け入れます。

影武者は都督がかけてくる“楊蒼の技”をどうしても破ることができません。その時、「案がございます」と、小艾が声をかけ、女性の身体のように柔らかく傘を使ってみてはどうかと提案しました。

小艾のしなやかな動きが都督の豪壮な攻撃をかわすことに成功します。小艾は影武者とともに傘を持ち、ともに動き、その技を体に叩きこむのでした。

都督は田戦を呼び寄せ、囚われの身となっている囚人たちに、技を教えるよう命令しました。勝利すれば、彼らは自由の身だと都督は言うのでした。

いよいよ、戦いの火蓋がきられようとしていました。王は回りで起こっている動きを知ってか知らずか「捨て石は誰だ?」と意味深な言葉をつぶやきます。

そしてついに決戦前夜となりました。都督の館での最後の夜に、小艾は影武者に尋ねました。「なぜなの?ずっと服従して逃げなかったのは?」

あなたの望むことは叶えてやりたいと思ったのだと影武者は応えました。誰も私のことを心配する人などいないという影武者に小艾は「私は心配よ」と応えます。

影武者は、敷かれた寝間から離れ、いつものように1人離れた場所へと移っていきました。小艾が彼のことを案じ、そっと覗きに行くと、彼は身を丸くして泣いて震えていました。思わず影武者を抱きしめる小艾。

長年の想いが爆発し、小艾を求める影武者。2人は初めて結ばれますが、その様子を隠し穴から都督が見ていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『SHADOW/影武者』ネタバレ・結末の記載がございます。『SHADOW/影武者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
境州の関所では炎国の王、楊蒼が息子と語らっていました。沛国の王の妹に対して側室を提案するとは思ってもみなかったと楊蒼は言うのでした。

側室と言われるとさすがに受け入れることはないだろう、この縁談はなかったことにしたいというのが息子の考えでした。しかし、そこに側室になることを沛国が受け入れたという知らせが届き、2人は驚きます。

そんな2人の前に影武者が現れます。罷免され無冠の私とどうか対決を、と果し合いを申し込んできました。

敵は1人だ、兵を率いては恥だ、関所を固め軍旗を振れと息子に命じ、楊蒼は影武者のもとへと降りていきました。2人の対決が始まりました。影武者は刀で作られている傘で楊蒼に挑みます。

一方、境州近くの川には、田戦と囚人たちで構成した沛国軍が船で近づいていました。彼らは船の底の扉を開き、1人1人、川に潜ると、炎国の軍隊の背後に上陸していきます。その中に青萍が混じっていました。「姫!」と田軍が驚きの声をあげますが、青萍は他の兵とともに水に潜っていきました。

突然敵が市中に現れ、あわてて駆けつける炎国軍。沛国軍は傘を重ねた間に身を隠し、坂を転がり敵へと向かっていきます。炎国軍は弓で対抗しますが、鉄の塊に弾き飛ばされ、また、傘からは刀が発射され、圧倒的な数の炎国軍を翻弄していきます。

あわててかけつけた楊蒼の息子に襲いかかったのは青萍でした。側室になることを提案した彼を恨んでの行動でした。

しかし青萍は切られてしまいます。倒れた青萍は小声でつぶやきました。「結納品は返すわ」。「なんだって?」と王の息子が顔を近付けて聞き返した瞬間、青萍は小刀で彼の喉をかき切りました。

田戦が駆けつけた時にはふたりとも息絶えていました。

楊蒼と影武者の対決は続いていました。楊蒼が圧倒的な強さを見せ、影武者は応戦一方でした。

楊蒼の太刀にふっとばされた影武者の背中に壊れた関所の床の鋭い竹が突き刺さります。その時、沛国では都督に妻が「今、この時に一曲合奏したいわ」と言い、2人は激しく琴をかき鳴らし始めました。

圧倒的不利な影武者に楊蒼は止めを刺しに行きました。その時、影武者の持つ傘の刀がしなやかにしなり、楊蒼の喉を切り裂きました。楊蒼はばったりとその場に倒れ伏しました。

影武者は渾身の力を込めて刺さった竹から体を抜き取ると、市中へと急ぎました。一軒の民家にたどり着いた影武者は床で眠っている母を認め、近づいていきました。しかし母の体を動かすと母は自決していました。

愕然とする影武者を囲むように数名の刺客が姿を見せました。「都督が約束したんだ。俺は自由の身だ」と叫ぶ影武者。刺客が影武者に切りかかります。

沛王は田戦から妹が亡くなったことを知り、号泣します。

炎国を破り、境州を奪還したことを祝う宴が催されていました。王のとなりの席は空席で、その横には小艾が座っていました。王は小艾に向かって「都督は必ず戻る」と言うのでした。

その頃、都督が隠れている館に鉄の面をつけた3人組が忍び込み、都督を襲いました。2人は扉を開ける際に都督に切られますが、もうひとりがじわりと都督を追い詰めます。

宴の席には切り傷だらけの満身創痍の影武者が戻ってきました。王は宴は延期だと言い、皆に席をはずすよう告げると、ただ1人、側近の大臣に残るよう命じました。

王は彼をねぎらうように見せかけながら彼が炎国と通じていた密偵であることを暴露。青萍の縁談を画策したのもこの男だと言い、首を切り殺害します。

「似ている。実にそっくりだ」と王は影武者を見て言いました。王はなにもかも知っていたのです。

「お前の功労にむくいてやろう。本当の夫婦になりたいだろう?」と王は影武者と小艾を見て言いました。

その時、仮面をつけた男が一つの木箱を運んできました。王は「これで世はぐっすり安眠できる」と言い、木箱のふたをあけました。

箱の中はからっぽでした。仮面をつけた男が王を背後から刺しました。「お前たちは皆、箱の中は私だと思っただろう?」仮面の男は都督だったのです。

影武者の母を殺させたのも王でした。その罪を都督に着せようとしたのです。「お前などに王の資格はない」

都督は影武者に妻と一緒に逃げよと言いました。「行け!」 影武者が刀を取ろうとした時、都督は後ろから影武者を刺しました。しかし、影武者は刺し返し、言いました。「その人でなしも影はあるのだ。早く悟るべきだったのに」。

影武者は、まだ苦しんでいる王の方を向くと、王の体にまるで差し込むように刀を入れていきました。

そして、その刀を死んだ都督の手にもたせました。2人が刺し違えて死んだようにみせたのです。

震えている小艾に巾着を優しく手渡すと、影武者は閉ざされた扉を開けました。そこには田戦を始めとする家臣たちが勢揃いしていました。

「王は崩御された。この都督が反逆者を仕留めた」と言い、影武者は皆の前で胸を張りました。

1人残された小艾は我に帰り外に出ようと扉に走り寄りましたが、そこで立ち止まり、激しい迷いに身を震わせていました。

映画『SHADOW/影武者』の感想と評価


(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED

チャン・イーモウ独自の美学が全編に炸裂しています。

宮廷の広間には墨で書かれた書のついたてが所狭しと並べられ、雨が降りしきるグレーの世界はまるで水墨画のようです。

戦地となる関所から海側を見ると、そこは山水画の如く、奏でられる琴の音は思いがけない迫力を伴って迫ってきます。

丁寧な時代考証によるリアリティーよりもイメージしたビジュアルや世界観が優先されています。

そうした独特な美的世界で、キャラクターそれぞれが自身の密やかな想いを交錯させていく様がクールなタッチで描かれていきます。

審美的な画作りの一方、戦闘シーンでは武侠映画らしい奇想天外さが見られます。

美しい姫が戦闘員に混ぎれこんで戦に向かう姿、奇想の武器が織りなす数々の独創的な技など、武侠映画はこうでなくては!と声をだしたくなるほどの充実ぶりです。

主要人物たちの一筋縄ではいかない強烈な個性が明らかになり、物語が二転三転していく様は、圧巻といわずにはいられません。

一方で、勧善懲悪とは決して呼べない物語となっており、観終わった時、カタルシスよりも戸惑いを覚えるでしょう。

人間、一人ひとりの思惑が生み出す“戦争”というものの本質、人を欺いてでも天下を取りたいという人間の欲望のぶつかり合いを、作品は鋭くあぶり出しているといえます。

まとめ


(C)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing)Co.,LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited ALL RIGHTS RESERVED

影武者役を務めたダン・チャオは中国で最も名声のある俳優として高い評価を受けています。

本作では、逞しい精悍な影武者と、戦いで傷を負い、そのせいで病を患い衰弱している都督を演じ分けるため、徹底的な肉体改造を行いました。

二役を演じるということは、まず“瓜二つ”、“似ている”ということが求められます。本作ではそれにプラスして“2人は別人である”ということも表現されます。

そっくりであるはずの2人が、1人は逞しい若者、もうひとりは枯れて朽ちかけている老人のように見え、まったく似ているようには見えないというのが重要となるのです。

自身の肉体を極限に追い込んだ演者の役作りが「自分は何者だ?」と問う影武者の言葉に多大な説得力を与えているといえるでしょう。

様式美とも呼べる舞台背景は、時代考証を無視したリアリティーに欠けるものと前述しましたが、奇想天外な戦闘シーンはVFXを多様せず、琴の演奏も俳優が猛特訓の上に実際に演奏したものだそうで、細部には徹底的なリアリティーが追求されています。

まさにこれは大胆な省略と細部の緻密さを合わせ持った“水墨画”のような世界観であるといえるかもしれません。

関連記事

アクション映画

『スカイスクレイパー』ネタバレ感想と評価。ドウェイン・ジョンソンの筋肉と家族愛を堪能

世界中で大ヒットを記録した映画『スカイスクレイパー』は、ロック様こと、ドウェイン・ジョンソンが主演を務めるアクション大作です。 高さ1000メートルにも及ぶ超高層ビルで発生した火災、それを巻き起こした …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストの田高田役は佐藤二朗。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

映画『ジョンウィック3:パラベラム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末は⁈

映画『ジョン・ウィック : パラベラム』は2019年10月に日本公開! 今回ご紹介するのは大人気アクションシリーズの第3弾、『ジョン・ウィック : パラベラム』です。 アメリカの映画館では全編にわたっ …

アクション映画

映画『TAXi 3』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。シュールなコメディに隠れた男女の機微に注目!

2003年度公開のカーアクション映画 爆走タクシー、今度はサンタを追って雪山へ おなじみ、スピード狂のタクシードライバー・ダニエルとマヌケな刑事・エミリアンのコンビが今度はサンタに扮した強盗団に挑みま …

アクション映画

007は二度死ぬ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ロケ地の東京や鹿児島の撮影でボンドがファンを魅了する

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第5作! ルイス・ギルバートが監督を務めた、1966年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007は二度死ぬ』。 米ソ両国の有人ロケット …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学