Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/10/15
Update

『きみの瞳が問いかけている』ネタバレ感想とラスト考察。映画は横浜流星のキックボクシングに魅了される

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『きみの瞳が問いかけている』は2020年10月23日(金)より全国ロードショー。

吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務め、孤独な男女の交流を繊細に演じた映画『きみの瞳が問いかけている』。

不慮の事故で視力と家族を失った女性と、罪を犯し、キックボクサーとしての未来を絶たれた男性が出会い、惹かれ合うさまを描いたラブストーリーです。

韓国映画『ただ君だけ』のリメイクであり、ストーリーの本筋もほぼ原作通りながら、異なる印象を残す作品に仕上がりました。

本作オリジナルの設定も物語の組み立てに必要なパーツとして生き、とても良質なリメイク映画となっています。

スポンサーリンク

映画『きみの瞳が問いかけている』の作品情報

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
韓国映画『ただ君だけ』

【監督】
三木孝浩

【主題歌】
BTS『Your eyes tell』

【キャスト】
吉高由里子、横浜流星、やべきょうすけ、田山涼成、野間口徹、岡田義徳、町田啓太、風吹ジュン

【作品概要】
吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務めた純愛映画。

チャールズ・チャップリンの名作『街の灯』にインスパイアされて製作された2011年の韓国映画『ただ君だけ』のリメイクです。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『僕等がいた』の三木孝浩が監督を務めました。

映画『きみの瞳が問いかけている』のあらすじとネタバレ

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

元キックボクサーの塁(横浜流星)は、酒屋の配達のバイトをしながら、ネットカフェで暮らしています。

あるビルの管理の仕事の募集を見かけ、夜はそこでも働くように。管理の前任者だったおじいさんは、夜逃げ同然で突然姿を消したそうで、管理室は生活の跡が残っていました。

仕事初日。管理室に見知らぬ女性が入ってきて、親しげに塁に話しかけながら、みかんや自分の作ってきた「ぶさいくおいなりさん」を手渡します。

目が不自由なその女性・明香里(吉高由里子)は、前任者のおじいさんと交流があり、一緒にご飯を食べたりテレビドラマを見たりしていたため、塁のことをおじいさんだと思って接していたんです。

塁の声で、自分の勘違いに気づいた明香里は管理室から出て、帰ろうとしますが、外は雨が降り、真っ暗。塁は、管理室でドラマを見ていくよう声を掛け、引き止めました。

微かな光しか感じられない明香里ですが、テレビドラマを食い入るように見つめ、楽しそうに過ごしています。

彼女はドラマが終わると、管理室の入り口にある金木犀の鉢植えの水やりを忘れないよう、塁に忠告して帰って行きました。

明香里はコールセンターで働いています。クレーマーに電話を一方的に切られた彼女に、隣の席の同僚が「常連だから気にしないで」と笑って励まします。

それを聞いていた上司が、彼女たちの態度を咎めながらも、明香里の肩をいやらしく触って行きました。

一方塁は、かつて所属していたキックボクシングジムに訪れ、会長とコーチに、いきなり姿を消したことを謝罪。コーチから再びリングに立つよう説得されますが、塁は断ります。

テレビドラマの放映の日になり、明香里が管理室にやってきました。水やりのおかげで花が咲いた金木犀に気づく明香里。どうやら、鼻が利くようです。

管理室に入ると、「窓開けてもいいですか?」と言う彼女。塁の履き古したスニーカーが異臭を放っていたよう。

明香里は、テレビドラマのヒロインの服装を塁に質問します。ヒロインのイヤリングの形を聞かれた塁は、「それと似てる」と明香里のしているイヤリングのことを示しました。

ヒロインは本当はイヤリングをしていませんでしたが、明香里はとても嬉しそう。そんな彼女の姿を見て、塁にも笑顔が増えて行きます。

帰り際に握手を求められた塁。明香里は握り返してきた彼の手の硬さに驚き、どんな職業をしていたのかと興味を抱きますが、塁は手を引っ込めて、何も語ろうとはしませんでした。

次の週。塁はスニーカーを新調し、身だしなみをすこし気にしながら明香里が来るのを待ちます。目を閉じ、彼女の杖をつく音と足音を聴く塁。

明香里はすぐに新品のスニーカーに気づきました。ドラマに夢中な彼女を、塁はじっと見つめます。

ドラマが終わり、管理室から出た明香里は、車のクラクションに驚き、転んで足を怪我してしまいます。塁は病院に付き添い、家まで送ることに。

バスの中で名前を尋ねられた彼は、「恥ずかしくて言いたくない」と答えました。

駅から明香里の自宅までは、塁が彼女をおんぶします。元キックボクサーの彼は体力に自信がありましたが、あまりに急で長い階段に息を切らせます。

なんとか無事に明香里を自宅まで背負った塁。自宅の排水口のつまりも直してくれた塁へのお礼に、明香里はコンサートのチケットを渡しました。

一緒に行く相手がいないと断ろうとする塁でしたが、明香里の提案で一緒にコンサートに行く約束をします。

コンサート当日。お互いにいつもよりおしゃれをして待ち合わせし、コンサートを楽しみました。

その後、焼肉屋でご飯を食べる二人。明香里は、箸でつまんだ肉を落とし、白いニットに汚れを作ってしまいます。

この焼肉屋は、明香里が両親とよく来ていた店だそう。彼女は自分の「目」のことを語り始めます。

目が悪くなる前は、大学で彫刻を専攻していたこと。彫刻のことは思い出せるのに、父や母の顔は思い出せないこと。毎日ただ見ていた、ずっとあると思っていた大切なもの。

そして、塁に、昔は何をしていたのかと質問します。塁は、「話さなくてもわかることがある。明香里さんの服を見れば何を食べたかだってわかる」と突っぱね、彼女を傷つけてしまいました。

別れ際、謝る明香里に、塁はぽつりぽつりと、自分のことを打ち明けます。

「24歳。キックボクシングをしてた。悪いこともたくさんした。でも今は違う。本名は、アントニオ・篠崎塁」。

さらに、自分が不器用ゆえにうまく伝えられなかっただけで、明香里を傷つけるつもりはなかったと言いますが、二人は気まずい空気のまま別れます。

明香里の職場では、上司の度を超えた明香里へのアプローチがエスカレート。

コンサートのチケットも彼がくれたもので、今日もネックレスの入ったプレゼントを渡され、食事に誘われます。幸い、同僚が割って入ってくれたため、明香里は上司の元から逃げることができました。

塁はと言うと、ジムの館長とコーチに呼び出され、復帰への説得をされています。頑なに断り、多くを語ろうとしない塁に、今までどこにいたか尋ねる館長。

そこで塁は、刑務所に入っていたと明かします。キックボクシングをやっていた頃から、幼なじみであり半グレ集団ウロボロスのリーダー・恭介の元で、闇試合に出場し、悪事の用心棒のようなこともしていた塁。

ウロボロスを裏切って逃走しようとした坂本という男に暴行を加え、その時に警察に捕まったそうです。

塁は修道院を訪れます。幼くして両親を失った彼は、恭介とともにここで育ってきました。

久しぶりにやってきた塁をシスターは受け入れ、恭介とはもう付き合っていないのかと問いかけます。過去を悔い、もう彼とは付き合いはないと答える塁。

彼は、「アントニオ」という洗礼名を変えられないかと聞きますが、シスターは笑って受け流します。

修道院の子どもたちが作った髪飾りを、誰かいい人にあげてねとシスターは渡しました。そして、「今度はオルゴールを作るから、できたらアントニオにもあげるわね」と微笑みます。

仕事が終わり、自宅の鍵を開けようとした明香里を待ちぶせしていたのは、例の上司。

無下にするわけにもいかず、明香里は上司を家に上げますが、荒々しい態度に急変した彼に倒されてしまいます。

そこへ、髪飾りを渡そうとやってきた塁が、上司を引き離して殴りつけました。明香里が止めますが、塁の怒りは収まりません。

上司の口を押さえ、指を折り、「次は殺す」と威嚇して追い出します。

明香里はあまりの出来事によるショックと、仕事を失ってしまうかもしれないことに動揺し、塁を責め立てます。塁はシスターからもらった髪飾りをそっと置き、彼女の元を去りました。

後日、明香里は管理室に訪れ、仕事を辞めたと告げます。そして、憂さ晴らしをしたいからどこかに連れて行ってとねだりました。

天気の良い休日。塁の運転するトラックで、明香里と塁は海へ向かいます。

そこは塁の一番古い記憶の場所。幼い彼を抱いた母が、ゆっくり海へと入って行った場所です。無理心中から生き残った塁。

自分の居場所はないと語る彼に、明香里は「シーグラスを見つけて」と言います。

塁が見つけた赤いシーグラスを触り、「これはね、角が取れてもう傷つけることはないの。傷ついた人は、その痛みを知っているから、もう傷つけることはない」と、塁に伝える明香里。

それから、「これは二人をつないでくれる」と、シーグラスを持った手で、塁の手を握りました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『きみの瞳が問いかけている』ネタバレ・結末の記載がございます。『きみの瞳が問いかけている』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

塁は、ジムを訪れ、再デビューを目指し、特訓を始めます。そして明香里の家をリフォームし、段差を無くし家具の角を削り、窓を新しくして光が差し込むようにしました。

明香里は彼の優しさに胸を打たれ、彼の顔に優しく触れます。ふたりはキスを交わし、お互いの気持ちを確かめ合いました。

キックボクシングの試合でメキメキと頭角を表していく塁。

明香里との同棲生活も順調です。点字で書かれた本でマッサージを覚えた明香里は、塁にマッサージをして労わります。

明香里の彫刻の才能を生かすため、アトリエを持とうと提案する塁。二人の夢は膨らんで行きます。

塁はゴールデンレトリバーの子犬を明香里にプレゼント。すくすく育つ、という意味から、「すく」と名付けられた子犬と二人の生活は幸せに満ちていました。

クリスマスイブ。キックボクシングの試合で勝った塁は、明香里に心配かけないように、腫れた目の血をコーチに抜いてもらいます。

コーチと帰ろうとした時、恭介が訪れ声をかけてきました。お前ならこんな試合よりもっと稼げるのにと恭介は煽りますが、塁は乗りません。

家に帰ると、明香里が顔に触れ、腫れていないか確かめます。目の腫れは引いていたため、明香里に心配されずに済みました。

12月25日のクリスマス。明香里は塁を連れて、両親が眠っている墓へお参りにやってきます。両親に彼を紹介し、両親が亡くなった日のことを語り出した明香里。

数年前のクリスマス。明香里の運転で、家族3人は旅行に向かっていました。雨が降り、視界が悪い夜のこと。

突然近くのビルから、火達磨になった人間が飛び降りるのが目に入ってきたんです。動転した明香里の車と、前を走っていた車が衝突。その事故で明香里の両親は亡くなり、彼女も視力を失いました。

塁は、過去の過ちを思い出します。警察に捕まる前に自分が暴行をした男・坂本。彼は目を離した隙に全身に灯油をかけ、火を放ってビルから飛び降りました。

慌てて外を確認した塁。窓の外は雨。車が事故を起こし、横転していました。

あらゆる元凶は自分だったと塁は気づき、絶望します。

ある日、自宅で転んで肋骨を折ってしまった明香里。病院で塁は、一刻も早く角膜手術をしないと彼女は完全に失明すると医師から告げられます。

明香里は見えないままで良いと言いますが、将来生まれてくる子どもの顔を見たくないのかと、塁は説得しました。そして、手術代は任せてと告げます。

家のドアにウロボロスのマークがスプレーで描かれており、このままでは明香里の身に危険が降りかかると感じた塁は、恭介の元へと向かいました。

明香里とは縁を切ったと言う塁に、闇試合に出場すれば今後一切関わらないと持ちかける恭介。別の反グレ集団との賭博試合のため、大金がもらえると知った塁は、手術代と明香里の未来のために出場を決めます。

明香里の部屋から、自分の痕跡全てを消し去る塁。闇試合のことを知ったコーチは反対しますが、塁は試合後の明香里のことを頼んで去って行きました。

手術当日。明香里は塁とのこれからが見たいと希望を抱きながら、手術室へ向かいます。彼女を見送った塁は、闇試合へ足を踏み入れます。

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

そこで待っていたのは、「勝てたら今後一切関わらない」という、先の約束とは違う条件でした。しかも対戦相手も予定とは異なり、屈強な外国人男性に変更されています。

実は恭介と、相手方の半グレ集団のリーダーは打ち合わせをしていて、恭介が負けるよう仕込んでいたんです。

体が何倍も大きな外国人男性相手では、塁の一撃なんてちっとも効きません。塁は殴られ、投げられ、サンドバッグ状態に。

どちらかが気絶するか死ぬかまで、試合は続きます。塁は血だらけで満身創痍ですが、決して負けるわけには行きません。

相手のパンチを避け、塁は高く飛び上がります。塁の蹴りが、相手の首に入り、外国人男性は泡をふいて倒れ込みました。

塁は見事に勝ち、相手方の半グレ集団のリーダーは激怒。恭介の計画は失敗に終わります。

塁に言われ、彼に賭けていたコーチは、手に入った金を、明香里と、坂本の遺族に振り込みます。電話口でコーチから、明香里の手術が無事に終わったと知らされた塁。

電話ボックスから出てきた彼を、恭介の乗った車が跳ね飛ばし、恭介の手下がナイフで刺します。塁の意識はそこで途絶えてしまいました。

手術に成功し、視力を取り戻した明香里ですが、ともに喜んでくれるはずの塁は姿を消しました。二人で暮らした家も、取り壊しのために立ち退きすることに。そこへ、塁宛の荷物が届きます。

中身は手作りのオルゴール。送り主は、とある修道院からでした。

明香里は修道院を訪れ、シスターから塁の起こした過去の罪の話を聞き、全てを悟ります。

2年後、明香里は自分の店を持ち、手作りの陶芸品やインテリアを販売して生活ができるようになっていました。仕事が休みの日は、病院でマッサージのボランティアもしています。

ある日、訪れた病院で、新たな入院患者にマッサージを施す明香里。話すことができず、痩せ細った彼の正体が塁ということに、明香里は気づきません。

塁はかつて拾ったシーグラスを握り締めながら、黙って涙を流します。

足に障がいが残ったものの、退院した塁は、明香里の店に向かいます。店の名前は「アントニオ」。あいにく明香里は外出中でした。

そこで金木犀の鉢植えを買い、店に置いてあった木彫りのオルゴールを開く塁。流れてきたのは、明香里がよく口ずさんでいた「椰子の実」のメロディーでした。
 
涙を流す塁に、店員は声をかけますが、金木犀の鉢植えを持って店を出る塁。

店を出ると、すっかり大きくなったゴールデンレトリバーのすくが鳴きながら塁に飛びついてきました。謝る明香里に、塁は何も言わず立ち去ります。

店に戻った明香里に店員が、オルゴールを開き、「この曲ってこんなに感動しますかね?さっきのお客さんが泣いてたから」と伝えます。

売れた金木犀の鉢植え。興奮したすく。「椰子の実」を聞いて泣いた客。

彼こそが塁だとだと気づいた明香里は店を飛び出し、慌てて塁を探しますが、見つけることができませんでした。

塁は、かつて母が亡くなった海に来ていました。ゆっくりと海に向かって歩みを進める塁。

そこへ、明香里がやってきました。二人は抱きしめ合い、互いの気持ちを確かめます。

塁は明香里に囁きました。

「ただいま」。

スポンサーリンク

映画『きみの瞳が問いかけている』の感想と評価

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

原作の韓国映画『ただ君だけ』のリメイクである本作。ほぼ同じストーリーで進んで行きますが、細かな設定の変更や追加された場面が功を奏していました。

明香里が一人で過ごす時間を描写してくれたため、彼女の健気で寂しさを抱えている面が伝わってきます。

また、塁と恭介を同じ修道院育ちという設定を与えたことで、切っても切れない歪な絆として関係性が深まりました。回想シーンで彼らの子ども時代を演じた子役も雰囲気が良く似ており、この頃から構築された力関係なら、塁も縛りつけられてしまうだろうなと納得です。

二人を見守ってきたシスターを演じた風吹ジュンも、恭介を救えなかった後悔を忍ばせ、塁のことは救おうと、穏やかな強さを見せてくれます。

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

なにより、明香里役の吉高由里子と塁役の横浜流星の微妙な年齢差がたまらないですね。

明香里は塁より年上なのに「おじさん」だと勘違いしてしまったり、子どものように無邪気にはしゃいだり。そんな彼女を最初は物言いたげに見つめていた塁が、いつの間にか笑顔で迎え入れている。

かと思えば、明香里の積極的なアプローチにたじたじ。そして、明香里の膝の上では素直に甘えられるようになる塁。塁にとって明香里は、失った母の愛を埋めてくれる存在でもありました。

海から引き戻してくれた明香里に伝えた「ただいま」という言葉は、どんな愛のセリフよりも深く心を揺さぶります。

そして、BTSによる主題歌『Your eyes tell』と、物語中にたびたび登場する『椰子の実』の歌も、塁と明香里の強い繋がりをより印象づけました。

まとめ

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

賛否両論なリメイク作品が多い中、本作は原作に真摯に向き合い、作品のテーマである「罪と愛」をより克明に描き出しました。

塁の試合場面が長くなっていたのも嬉しいところ。空手で世界大会で優勝したこともある横浜流星は、役づくりのため、1カ月かけて10キロほど増量。

キックボクシングで必要な筋トレをプロの指導者や選手たちから教わり、肉体改造に取り組んだそう。横浜流星の肉体美と、体のキレ、野生動物のような眼光の鋭さにも注目です。

中でも、横浜流星が、「自分に光を与えてくれた明香里の為に、悩み、たどり着いた先に出た答えが、自分の命を賭けてでも、明香里に光を取り戻すことで、ただでは帰れない、もしかしたら死ぬかもしれない、という緊迫した雰囲気の中、命をかけて全力を尽くしました」と語るクライマックスの闇試合シーンの迫力には圧倒されます。

甘酸っぱい出会い、切ないすれ違い、手に汗握るアクション、どの場面を切り取っても素晴らしく、ぜひスクリーンで味わっていただきたい一作です。

映画『きみの瞳が問いかけている』は2020年10月23日(金)より全国ロードショー







関連記事

ラブストーリー映画

シアーシャ・ローナン映画『追想』あらすじとキャスト。上映館情報も

映画『追想』8月10日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。 ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「初夜」がついに映画化! イアン自らが脚本を手掛け、新解釈を加えた映画『追想』とし …

ラブストーリー映画

映画『巴里のアメリカ人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『巴里のアメリカ人』は、アーサー・フリード、ヴィンセント・ミネリというMGMミュージカルの黄金コンビが、ジーン・ケリーを主役に、新星レスリー・キャロンを迎えて撮った傑作ミュージカルです。 以下、あらす …

ラブストーリー映画

映画パーフェクトレボリューション清野菜名(ミツ)評価と演技力は?

リリー・フランキーを主演に、ヒロイン役に清野菜名を抜擢して、障がい者の恋と性をポップに描いた映画『パーフェクト・レボリューション』が、2017年9月29日(金)に公開されることが決定しました。 ヒロイ …

ラブストーリー映画

映画『ロングショット僕と彼女のありえない恋』ネタバレ感想とレビュー評価。デキる女とダメ男のシンデレラストーリー

格差カップルが繰り広げる、少々カゲキなラブストーリー 才色兼備の国務長官と世にでることのないジャーナリストとの恋愛模様をシニカルに描いた、シャーリーズ・セロンとセス・ローゲンの映画『ロングショット 僕 …

ラブストーリー映画

おとなの恋の測り方キャストとあらすじ!映画試写会情報も

大ヒット映画『最強のふたり』のスタジオ×オスカー俳優ジャン・デュジャルダン! 逆身長差だけど“最強のふたり”が紡ぐフレンチ・ラブストーリー『おとなの恋の測り方』をご紹介します。 スポンサーリンク CO …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP