Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/10/20
Update

BTS主題歌から映画レビュー!歌詞の内容が『きみの瞳が問いかけている』ストーリーとリンクする

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『きみの瞳が問いかけている』は2020年10月23日(金)より全国ロードショー。

吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務め、孤独な男女の交流を繊細に演じた映画『きみの瞳が問いかけている』。

不慮の事故で視力と家族を失った女性と、罪を犯し、キックボクサーとしての未来を絶たれた男性が出会い、惹かれ合うさまを描いたラブストーリーです。

韓国映画『ただ君だけ』のリメイクであり、ストーリーの本筋もほぼ原作通りながら、異なる印象を残す作品に仕上がりました。

中でも、本作の主人公・塁の秘めたる想いを乗せた、BTSによる主題歌『Your eyes tell』が、切なさを駆り立て、物語を盛り上げてくれました。

本記事では、主題歌『Your eyes tell』から、語られなかった塁の気持ちをネタバレありで読み解いていきます。

スポンサーリンク

映画『きみの瞳が問いかけている』の作品情報

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
韓国映画『ただ君だけ』

【監督】
三木孝浩

【主題歌】
BTS『Your eyes tell』

【キャスト】
吉高由里子、横浜流星、やべきょうすけ、田山涼成、野間口徹、岡田義徳、町田啓太、風吹ジュン

【作品概要】
吉高由里子と横浜流星がダブル主演を務めた純愛映画。

チャールズ・チャップリンの名作『街の灯』にインスパイアされて製作された2011年の韓国映画『ただ君だけ』のリメイクです。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『僕等がいた』の三木孝浩が監督を務めました。

映画『きみの瞳が問いかけている』のあらすじ

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

元キックボクサーの塁(横浜流星)は、酒屋の配達のバイトをしながら、ネットカフェで暮らしています。

あるビルの管理の仕事の募集を見かけ、夜はそこでも働くように。管理の前任者だったおじいさんは、夜逃げ同然で突然姿を消したそうで、管理室は生活の跡が残っていました。

仕事初日。管理室に見知らぬ女性が入ってきて、親しげに塁に話しかけながら、みかんや自分の作ってきた「ぶさいくおいなりさん」を手渡します。

目が不自由なその女性・明香里(吉高由里子)は、前任者のおじいさんと交流があり、一緒にご飯を食べたりテレビドラマを見たりしていたため、塁のことをおじいさんだと思って接していたんです。

塁の声で、自分の勘違いに気づいた明香里は管理室から出て、帰ろうとしますが、外は雨が降り、真っ暗。塁は、管理室でドラマを見ていくよう声を掛け、引き止めました。

微かな光しか感じられない明香里ですが、テレビドラマを食い入るように見つめ、楽しそうに過ごしています。

彼女はドラマが終わると、管理室の入り口にある金木犀の鉢植えの水やりを忘れないよう、塁に忠告して帰って行きました。

明香里はコールセンターで働いています。クレーマーに電話を一方的に切られた彼女に、隣の席の同僚が「常連だから気にしないで」と笑って励まします。

それを聞いていた上司が、彼女たちの態度を咎めながらも、明香里の肩をいやらしく触って行きました。

一方塁は、かつて所属していたキックボクシングジムに訪れ、会長とコーチに、いきなり姿を消したことを謝罪。コーチから再びリングに立つよう説得されますが、塁は断ります。

テレビドラマの放映の日になり、明香里が管理室にやってきました。水やりのおかげで花が咲いた金木犀に気づく明香里。どうやら、鼻が利くようです。

管理室に入ると、「窓開けてもいいですか?」と言う彼女。塁の履き古したスニーカーが異臭を放っていたよう。

明香里は、テレビドラマのヒロインの服装を塁に質問します。ヒロインのイヤリングの形を聞かれた塁は、「それと似てる」と明香里のしているイヤリングのことを示しました。

ヒロインは本当はイヤリングをしていませんでしたが、明香里はとても嬉しそう。そんな彼女の姿を見て、塁にも笑顔が増えて行きます。

帰り際に握手を求められた塁。明香里は握り返してきた彼の手の硬さに驚き、どんな職業をしていたのかと興味を抱きますが、塁は手を引っ込めて、何も語ろうとはしませんでした。

次の週。塁はスニーカーを新調し、身だしなみをすこし気にしながら明香里が来るのを待ちます。目を閉じ、彼女の杖をつく音と足音を聴く塁。

明香里はすぐに新品のスニーカーに気づきました。ドラマに夢中な彼女を、塁はじっと見つめます。

ドラマが終わり、管理室から出た明香里は、車のクラクションに驚き、転んで足を怪我してしまいます。塁は病院に付き添い、家まで送ることに。

バスの中で名前を尋ねられた彼は、「恥ずかしくて言いたくない」と答えました。

駅から明香里の自宅までは、塁が彼女をおんぶします。元キックボクサーの彼は体力に自信がありましたが、あまりに急で長い階段に息を切らせます。

なんとか無事に明香里を自宅まで背負った塁。自宅の排水口のつまりも直してくれた塁へのお礼に、明香里はコンサートのチケットを渡しました。

一緒に行く相手がいないと断ろうとする塁でしたが、明香里の提案で一緒にコンサートに行く約束をします。

コンサート当日。お互いにいつもよりおしゃれをして待ち合わせし、コンサートを楽しみました。

その後、焼肉屋でご飯を食べる二人。明香里は、箸でつまんだ肉を落とし、白いニットに汚れを作ってしまいます。

この焼肉屋は、明香里が両親とよく来ていた店だそう。彼女は自分の「目」のことを語り始めます。

目が悪くなる前は、大学で彫刻を専攻していたこと。彫刻のことは思い出せるのに、父や母の顔は思い出せないこと。毎日ただ見ていた、ずっとあると思っていた大切なもの。

そして、塁に、昔は何をしていたのかと質問します。塁は、「話さなくてもわかることがある。明香里さんの服を見れば何を食べたかだってわかる」と突っぱね、彼女を傷つけてしまいました。

別れ際、謝る明香里に、塁はぽつりぽつりと、自分のことを打ち明け…。

スポンサーリンク

切なさと愛が溢れる歌声

参考動画:『Your eyes tell』特別映像

本作の主題歌『Your eyes tell』を担当するのは、全米ビルボードをはじめ世界のヒットチャートで1位を席巻する、韓国出身のグローバルスター「BTS」(旧名称は防弾少年団)。

切ない歌詞と美しいメロディ、そして表情豊かな歌声が、映画の世界観を見事に表現しています。本作に感動したBTSメンバーのJUNG KOOKが制作を手掛けた完全書き下ろし楽曲です。

三木孝浩監督は、主題歌のデモテープを初めて耳にした瞬間を「メロディの美しさ、声の艶やかさに、聴いた瞬間鳥肌が立ちました」とふり返り、さらに「完成した楽曲は、キャラクター達に寄り添い、映画の世界観をさらに壮大に広げてくれる素晴らしい歌になったと思います」と映画との出会いによって生まれたこのコラボレーションに大満足。

さらに、楽曲にほれ込んだ三木監督は、エンドロール以外でも本編の大切なシーンでも挿入曲として採用しました。

塁が明香里のために前向きに努力をするシーンでは明るく、すれ違いのシーンでは切なくと、全く印象が違って聴こえてくる『Your eyes tell』の不思議な魅力に浸ってくださいね。

語られなかった塁の本音

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会
ここからは本作『きみの瞳が問いかけている』のネタバレを含みますので、まだご鑑賞されていない方はご注意ください。

本作のクライマックスで、主人公・塁(横浜流星)は、自分の過去の過ちを償うため、そしてヒロインの明香里(吉高由里子)の角膜移植の手術代のために、違法の賭博試合に出場することに。

満身創痍になりながらも勝利した塁ですが、試合の主催者である半グレ集団から制裁を受け、意識を失ってしまいます。

それから2年経ち、手術に成功し視力を取り戻した明香里は、去っていった塁のことは忘れられないながらも、夢だったインテリアの店を構え、元気に暮らしています。

彼女は病院でマッサージのボランティアもしており、訪れた病院で、新たな入院患者にマッサージを施します。話すことができず、痩せ細った入院患者の正体は、実は塁なんですが、明香里は気づきませんでした。

怪我による後遺症で喋れなくなってしまったのか、塁は一切言葉を発さず、明香里に正体を明かすこともありません。ただ静かに泣くだけ。

ですが、退院後は明香里の店に寄って、思い出の品を買ったり、思い出の曲で涙を流したりと、明香里へのメッセージとも取れる行動をしていきます。

これら一連の塁の行動は謎に包まれていましたが、『Your eyes tell』の楽曲を聴いたら、スッと疑問が晴れました。

『Your eyes tell』の歌詞は、過去を悔い、明香里から離れた塁の2年間を綴っているよう。

自分の過ちが原因で、明香里の視力と両親の命を奪ってしまった塁は、明香里のそばにいる資格はないと思い込んでしまっているんですね。

しかも、償いのために手に入れた彼女の手術費は、賭博試合のファイトマネー、いわば「黒い金」。真っ直ぐな明香里の瞳を見つめ直す勇気は、塁には失われてしまいました。

そして、彼女自身に自分こそが塁だと気づいて欲しいと願いながらも、それが叶わないことへの恐れや失望から、ただ見守ることしかできません。

彼にとって、明香里がいない世界は、言葉すらも意味を持たなくなってしまったんです。

彼女に見つけてもらったことで、世界は色づき、彼は再び話せるようになります。

母に先立たれ、キックボクサーへの夢も絶たれ、愛する人を傷つけてしまった彼の孤独と罪悪感、それでも明香里を忘れられない愛の深さを、ぜひ『Your eyes tell』で感じてください。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

BTSは、主題歌『Your eyes tell』について、「映画の美しくて深い愛の世界観を表現」したと語っています。

幾重にも重なる音と幻想的な歌声は、複雑な塁の心境を奏で、寄せては返す波のように響き渡ります。

また、「“美しいメロディー”そして“色々大変な中でも君のその瞳が見ている未来には光があると信じている”というメッセージが込められている歌詞」を聴いて欲しいポイントとしてコメントしたBTS。

ぜひ映画館の音響設備で、本作を彩る『Your eyes tell』に聴き入ってください。

映画『きみの瞳が問いかけている』は2020年10月23日(金)より全国ロードショー







関連記事

ラブストーリー映画

『クロエ』動画無料視聴はHulu!ネタバレあらすじと感想レビュー

『白い沈黙』『デビルズ・ノット』など、最近は怪しいげなサスペンスものに定評があるアトム・エゴヤン監督。 そんな監督のテイストに官能要素が加わると、どうなるのか。 ジュリアン・ムーア×アマンダ・セイフラ …

ラブストーリー映画

映画『殺さない彼と死なない彼女』ネタバレあらすじと感想。恒松祐里や箭内夢菜の提案を柔軟に取り入れる小林啓一監督の妙味

ねぇ、未来の話をしましょう! SNS漫画家・世紀末によるTwitter発の大人気4コマ漫画を『ももいろそらを』など青春映画を撮りつづけてきた小林啓一監督が実写映画化。 最高のスタッフと最高のキャストが …

ラブストーリー映画

映画『男と女』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

揺れ動く男と女の心情を巧みに描いた、あまりにも美しい愛の物語。 クロード・ルルーシュの名を世に知らしめた不朽の名作『男と女』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『男と女』の作品情報 …

ラブストーリー映画

寝ても覚めて映画あらすじとキャスト!エキストラ募集ロケ地は東京大阪も

2015年に公開された映画『ハッピーアワー』は、ロカルノ国際映画祭コンペ部門で最優秀女優賞で旋風を巻き起こしたのを記憶する映画ファンも多いはず。 その際に監督を務めたのは濱口竜介監督。監督の2018年 …

ラブストーリー映画

映画『アイネクライネナハトムジーク』ネタバレ感想と解説。今泉監督だからこその平凡な人々の恋愛話が実に生き生きと爽やか

10年の時を超えてつながる恋と出逢いの物語 映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで公開されています。 人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP