Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2018/08/11
Update

ティモシー・シャラメ映画最新作『ホット・サマー・ナイツ』あらすじと感想。いち早く見どころ紹介

  • Writer :
  • こたきもえか

アメリカで2018年7月27日に公開された映画『Hot Summer Nights(原題)』。

主演は『君の名前で僕を呼んで』(2018)でおなじみ、実力派若手俳優のティモシー・シャラメ。

配給は『エクス・マキナ』(2015)や『ムーンライト』(2016)など優れた作品を提供し続ける会社、A24です。

日本では2019年8月16日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

今回はまさに今年の夏にぴったりとも言えるタイトルを持つ『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』のあらすじと作品の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』の作品情報

© 2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Hot Summer Nights

【脚本・監督】
イライジャ・バイナム

【キャスト】
ティモシー・シャラメ、マイカ・モンロー、トーマス・ジェーン、アレックス・ロウ、マイア・ミッチェル、エモリー・コーエン、ウィリアム・フィクナー、ジャック・ケシー

【作品概要】
『Hot Summer Nights(ホット・サマー・ナイツ)』は、2017年に公開されたアメリカ製作の青春映画。

演出は監督デビューとなるイライジャ・バイナム、主演は映画『君の名前で僕を呼んで』(2017)で第90回アカデミー主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメが主人公ダニエル・ミドルトンを務めています。

また、Netflixオリジナル映画『TAU/タウ』でジュリア役を演じたマイカ・モンローがマッケイラ・ストロベリー役を演じ、『プレデター』のバクスリー役を演じたトーマス・ジェーンはフランク・カルフーン役を務めています。

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』のあらすじ

© 2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.

1991年。高校を卒業したばかりの少年ダニエルは夏休みをケープゴッドにある叔母の家で過ごすことになりました。

そこは観光客が殺到する場所のため、自分の居場所を見つけることはうぶでシャイなダニエルにとって困難。

そんなある日ダニエルはハンターという不良青年と出会い、彼と一緒にマリファナを売ることに。

またダニエルはマドンナ的存在の美少女マッケイラと親密な関係になるのですが、マッケイラはハンターの妹だったのです。

これが災難を呼ぶとも知らず有頂天になり徐々にドラッグディーラーにのめり込んでいくダニエル、それと同時にケープゴッドには大型台風が近づいていて…。


© 2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.

スポンサーリンク

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』 の感想と評価

参考映像:『君の名前で僕を呼んで』(2017)

『君の名前で僕を呼んで』では1980年代のイタリアを舞台に、年上の大学院生と恋に落ちる少年を演じたティモシー・シャラメですが『Hot Summer NIghts』は何もかも異なる作品

暑い太陽が照りつけるアメリカのケープゴッドを舞台に、おとなしい少年が遊び心にかられて危険な道を進んでゆく様を見事に演じる彼に注目です。

ダニエルが出会ったマリファナの売人ハンター。不良とうぶな少年、ダニエルとお似合いのバディとなるハンターでしたが、彼には普段見せない凶暴な一面が…そんなハンターを演じるのは新人俳優のアレックス・ロウ。

筋骨隆々、いかにも“アメリカ青春映画に登場する不良”といったいでたちのハンターを熱演しています。


© 2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.

ダニエルが恋に落ちる美少女、そしてハンターの妹マッケイラを演じるのはマイカ・モンロー。

ケイト・ウィンスレット主演の『とらわれて夏』(2013)や名作ホラー『イット・フォローズ』(2014)に出演する彼女が演じるマッケイラは自由奔放な少女ですが、実は秘密が…物語を左右することになるダニエルとマッケイラの恋の行方は?

擦り切れたビデオテープのようなオープニング、懐かしの名曲、ホームパーティー、夜の遊園地でデート、ゲームセンター。

夏のケープゴッドの景色と端麗なティモシー・シャラメの図は「夏を舞台にした青春映画が始まる…!」とドキドキさせられますが、だんだんと何でも“やり過ぎ”な物語ということを描写で表していきます。

ホットケーキに溢れるばかりにかけるメープルシロップや、作りこんだようなキャラクター達の設定。

“90年代、憧れの土地で過ごした刹那的な青春時代の夏”という皮を被って、少しずつ全てが狂っていく姿を描いた皮肉めいた映画が『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』なのです。

まとめ

© 2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.

熱く一気に燃え上がるものには終わりがつきもの。おかしいぐらいの暑さの後には台風がやってくる。

台風の目にいる時は、何かが起こることは気がつかない…夏には感情や衝動の赴くままに私たちを動かす“何か”が潜んでいるのかもしれません。

若手俳優たちの繊細な演技と、ポップな色合いの中に潜む不穏さにぞくりとさせられる『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』。公開された際にはぜひ、劇場でご覧下さい!

2019年8月16日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーです。


関連記事

ラブストーリー映画

映画『ア・ゴースト・ストーリー』ネタバレ感想。A GHOST STORYは幽霊となり妻を見守る姿を描く

映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』は、2018年11月17日(土)に公開されました。 突然死んだ夫が幽霊となり妻を見守る話…かと思いきや想定外の方向に進みます。 美しい映像と …

ラブストーリー映画

映画『15年後のラブソング』あらすじと感想レビュー。大人になりきれない者たちが開く“新たな人生の扉”

映画『15年後のラブソング』は2020年6月12日(金)から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他、全国公開予定 映画『15年後のラブソング』は、『アバウト・ア・ボーイ』『ハイ・フィデリティ …

ラブストーリー映画

映画『アンモナイトの目覚め』ネタバレあらすじ感想ラスト結末の評価。大人の恋愛譚をウィンスレットとローナンで描く

19世紀・イギリスの海辺の町を舞台に、実在の古生物学者の人生を大胆にアレンジ。ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが初共演を果たした愛の物語 長編監督デビュー作『ゴッズ・オウン・カントリー』で …

ラブストーリー映画

映画『ひるなかの流星』あらすじとキャスト一覧。【永野芽郁×三浦翔平×白濱亜嵐出演】

“はじめて人を好きになった瞬間、はじめての告白、はじめての失恋、そしてはじめての…” 究極の三角関係を描いた胸キュン度200%のラブストーリー『ひるなかの流星』をご紹介します。 スポンサーリンク CO …

ラブストーリー映画

映画『ザ・ルーム』ネタバレあらすじと感想。“最高で最低のラブストーリー”として男女の裏切りと別れを描く

全ての素性が不明の謎の金持ち、トミー・ウィゾーが製作したラブストーリー『ザ・ルーム』。 2003年に公開されて以降、世界中のどこかで常に上映され続けているという、映画ファンに愛された駄作が「未体験ゾー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学