Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/11/26
Update

韓国映画『聖女Mad Sister』あらすじネタバレと感想。結末のクライマックスに姉妹を待つものとは⁈

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

『聖女 Mad Sister』は「のむコレ3」にて上映!

2019年11月15日(金)よりシネマート新宿・シネマート心斎橋にて開催されている「のむコレ3」。

「のむコレ3」にて、妹を守るため立ち上がった姉の壮絶な戦いを描いたバイオレンスアクションが公開されました。

“優しいお姉さんが、暴走する…”今回ご紹介するのはこんなキャッチコピーのついた韓国映画『聖女 Mad Sister』です。

タランティーノ作品のようであり、姉妹の絆版『96時間』のようでもあるクライム映画『聖女 Mad Sister』が、いかに凄まじい作品なのか、ご紹介いたします。

映画『聖女 Mad Sister』の作品情報


(C)2018 Dadam Investment and FILMA PICTURES. All Rights Reserved

【日本公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
No Mercy

【監督】
イム・ギョンテク

【キャスト】
イ・シヨン、イ・ジュニョク、パク・セワン、チェ・ジンホ、イ・ヒョンチョル、キム・ウォネ、クァク・ミンソク、キム・ギム、ユン・ソンア、キム・ジョンパル、アン・セハ、ソル・ジョンファン、イ・ジャウン、ミン・イェジ、イ・サンフン、ク・ヘリョン、イ・グムジュ


【作品概要】
監督は『人形霊』(2005)の製作を務めたイム・ギョンテク。主人公の“聖女”イネを演じるのは『殺人漫画』(2013)『神の一手』(2015)のイ・シヨン。

共演はドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(2016)のパク・セワン、『戦場のメロディ』(2016)『神と共に』(2017)のイ・ジュニョクです。

本作は2019年11月15日から開催された「のむコレ3」上映作品。

映画『聖女 Mad Siter』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Dadam Investment and FILMA PICTURES. All Rights Reserved

刑務所から一人の女性が出所しました。彼女の名前はイネ。元警備員のイネは過剰防衛で、ある男を傷つけてしまったため1年半も収監されていたのでした。

イネは家で待つただ一人の家族、妹のウネのところへ帰ります。

障碍を抱えるウネは17歳ですが精神年齢は10歳ほどで、イネはウネを両親に代わって守ると決めていました。

ウネは翌日両親の墓参りに出かけたいとねだりますが、イネは学生は学校へ行くものだと諭します。ウネは学校でいじめられていました。

次の日の学校、いつものようにいじめっ子三人組がウネを取り囲み、放課後無理やりカラオケに連れて行きました。

彼女たちの目論見はウネに売春させ、そこに仲間の男たちを送り込んでウネを買った男性から金を巻き取ろうというものでした。

抵抗できないウネはホテルにあちこち連れて行かれ、恐喝に巻き込まれてしまいます。しかし、ある客が闇社会の男だったため、若者たちは怯えて逃げ出し、ウネは誘拐されてしまいました。

帰ってこないウネを心配して、イネは学校へ出向き相談を持ちかけますが「家出でしょう」と取り合ってくれません。

そこにいじめていた女子三人の中で唯一良心が残っていたクラスメイトが、イネに昨日の動画を見せます。そこには無理やり服を脱がされているウネの姿が。

イネは放課後遊びに出かけようとする残りの女子二人を捕まえ、ウネがどうなったか問い詰めました。彼女は“ハッピーローン”という場所に売り飛ばされたと答えます。

警察に誘拐を訴えても彼らは無関心で、イネはひとりでウネを探し出すことを決めました。

イネはまずウネを売り飛ばしたヤクザの男を捕まえ、格闘の末、売った場所を聞き出します。しかし、そこへ電話すると、ウネはもう別の場所へ売ったと言割れてしまいました。

事務所へ押しかけたイネはヤクザの男を再び打ちのめし、ある若い男がウネを連れて行ったことを聞き出します。

以下、『聖女 Mad Siter』ネタバレ・結末の記載がございます。『聖女 Mad Sister』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
謎の若い男はウネを連れて郊外へ車を走らせていました。

途中で隙を見て逃げ出そうとするウネですが失敗。二人はある建設現場にたどり着きました。

謎の男はある議員と関わりのある組織の一員で、ウネとイネが議員から長年捜索を依頼されていた姉妹だということに気がつきます。

イネは誘拐されたウネが別の場所へ売り飛ばされる前、自分の家の電話の次にとある場所に連絡していたことを知ります。

そこは家の近所のコンビニでした。事情を聞くために店を訪れたイネを見ると、「あの子から誘ってきた」と口走り、動揺する店主。

イネは店主がウネが障害を抱えているのをいいことに彼女を強姦し、近所のカメラ屋と車修理店の店主に報告、彼らもウネをレイプしていたことを知ります。

イネは順々に店を訪れて彼らを打ちのめしました。

イネは刑務所にいれられる前、ある議員に薬を盛られてレイプされかけていたウネを救い出し、議員の片目を失明させたことがありました。

店主たちが議員にウネを差し出しており、今再びウネを誘拐しているのはあの議員だったのです。

ウネを連れていた謎の男は、イネとウネを議員から逃してやろうとしますが失敗、殺されてしまいます。

議員の元にたどり着いたイネは手下たちを倒し、議員を殺すことにも成功。

やっと妹を取り戻すことができたイネ。二人は車で帰路につきますが、戦いでイネは重傷を負っていました。

トンネルを走り抜けたイネとウネの目の前には白い光だけが広がっていました。

映画『聖女 Mad Sister』の感想と評価


(C)2018 Dadam Investment and FILMA PICTURES. All Rights Reserved

近年『悪女/AKUJO』(2018)や『The Witch/魔女』(2018)など、女性が主人公のアクション映画がヒットを飛ばしている韓国映画。

本作品『聖女 Mad Sister』は、愛する妹を誘拐された姉が戦う“姉妹版”『96時間』のような作品です。

リーアム・ニーソンが美女の皮を被っているのかというくらいの強い主人公イネを演じたのはイ・シヨン。彼女はボクシング選手で国家代表にまでなった実力の持ち主で、本作はスタント一切なしでアクションシーンを演じきっています

赤いドレスとヒール姿で魅せる激しく凄まじい乱闘シーンは圧巻です。

周囲によって利用され闇組織に売り飛ばされた17歳の妹ウネを必死に探す姉のイネ。

学校や警察に相談するも取り合ってもらえずたった一人で裏社会の組織と戦うことになったイネは、ウネが今まで周囲の男たちに辱められ、自分にもそのことを打ち明けていなかったと知ります。

醜悪さ、狡猾さを煮詰めたような最低最悪な男ばかりが次々と登場し、元警護員であるイネは彼らを途中までは銃も使わずに倒していきます。

女性を凌辱する残忍な男を倒すプロットは、クエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)をはじめ、「キル・ビル」シリーズの2作品、ザ・ブライドや『イングロリアス・バスターズ』(2009)のショシャナなど彼の作品の女性キャラクターたちを彷彿とさせます。

しかし、一方で『聖女 Mad Sister』には、タランティーノ監督のような痛快さはありません。

何も抵抗することができないウネの強姦シーン、妹がそんなことをされ続けていたと知らず怒りと悲しみでイネが涙するシーン…。

親もなく二人ぼっちの姉妹が追いやられている境遇は不幸としか言いようがなく、セリフにもコメディ要素が全くないため陰鬱な気分にさせられます。

最後イネは、ラスボス的存在の議員を倒しウネと家に帰ろうとしますが大怪我を負っており、暗いトンネルを抜けてまばゆい光が画面いっぱいになる結末は姉妹の死を思わせます。

生き残ってもイネは裏社会の男だけでなく近所の人間にも重傷を負わせていますし、ウネも1人で行きていけるか分からない。

どちらにしても、二人にまた苦労がのしかかるなら父と母が待つ天国へ二人で旅立った方が良いのではないか、そんな考えが浮かぶ救いようのない結末なのです。

プロットは「強い女が残忍な男たちをぶっ飛ばす」というものです。

ですが、姉妹のあまりにも酷い追い込まれ方と強姦や凌辱の描写を見ると、このイネのキャラクターも強き者、男性によるあるマゾヒスティックな願望、搾取により生まれたのではないかという考えがよぎります。

まとめ


(C)2018 Dadam Investment and FILMA PICTURES. All Rights Reserved

そんな本作ですが、主演のイ・シヨンの体当たりのアクションとウネ役のパク・セワン、またおぞましい男性キャラクターを演じる俳優たちの演技は圧巻です。

人間の非情で悪どい部分を容赦なしに描き凄まじく、強烈な印象を描く韓国映画に加わった『聖女 Mad Sister』

戦う女の美しさとやるせなさ、悲しさを描いた作品です。






関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『夜明けの詩』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。歌手IU/イ・ジウン×ヨン・ウジン共演の“生老病死”の記憶を巡る物語

出会いと別れ、心の物語を聞いた時、 記憶に深く刻まれた葛藤が動き出す……。 短編映画『ポラロイドカメラの使い方』(2004)で数々の映画賞を受賞し注目され、繊細な演出と映像で定評の高いキム・ジョングァ …

ヒューマンドラマ映画

『東京ノワール』あらすじネタバレと感想。ヤマシタマサ×井上幸太郎トークイベント

裏社会から足を洗う事を決意した男が直面する、悲しい運命を描く映画『東京ノワール』は、2018年8月4日から「新宿K’sシネマ」で公開中。 練られた構成と俳優たちの熱演が魅力の、今作をご紹介 …

ヒューマンドラマ映画

ソン・ガンホ映画『タクシー運転手』あらすじと感想レビュー。メイキング映像も必見

映画『タクシー運転手 〜約束は海を越えて~』は、4月21日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー。 1980年5月に起きた実際の出来事である、韓国近代史に大きな爪痕を残した悲劇と言われる光州事件 …

ヒューマンドラマ映画

『百円の恋』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価解説。安藤サクラが減量してボクサー役に挑む

第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した映画『百円の恋』 女優・安藤サクラの両親は、父が俳優の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津。 才能の豊かな両親に育てられた安藤サクラ。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』感想評価と解説レビュー。豪華なキャストで“戦争と平和”を真正面から描く

2019年5月24日(金)に公開される映画『空母いぶき』 「空母」が存在する近未来の日本を舞台に、決して絵空事などではない危機を克明に描いた映画『空母いぶき』。 『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』など多 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学