Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『雨あがる』あらすじネタバレと感想。監督小泉堯史が黒澤明の精神を受け継ぐ時代劇

  • Writer :
  • 加賀谷健

“世界のクロサワ”の遺稿を継いだ映画『雨あがる』

近年、時代劇はますます下火となり、製作本数もわずかですが、日本映画が培ってきた精神は未だ残されています。

巨匠黒澤明監督亡き後に製作された本作『雨あがる』は、紛れもない時代劇映画として孤高の輝きを放つ作品です。

早速、寺尾聰主演の人気時代劇について、あらすじネタバレ紹介と日本映画のよき伝統が溢れる作品の魅力を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

映画『雨あがる』の作品情報

【公開】
2000年(日本映画)

【監督】
小泉堯史

【キャスト】
寺尾聰、宮崎美子、三船史郎、吉岡秀隆、原田美枝子、仲代達矢、檀ふみ、井川比佐志、松村達雄、加藤隆之、山口馬木也

【作品概要】
山本周五郎による短編を基にした「まあだだよ」の黒澤明の遺稿から製作された時代劇。

監督は、長年黒澤組の助監督を務めた小泉堯史が担当し、本作がデビュー作となりました。

撮影・音楽・美術それぞれに旧黒澤組が最集結した本作は、1999年の第56回ヴェネチア国際映画祭で緑の獅子賞を受賞しています。

映画『雨あがる』のあらすじとネタバレ

亨保時代。剣術の達人でありながら、世渡りが下手でなかなか仕官が決まらずにいる三沢伊兵衛(寺尾聰)。

彼には、仕官の口を求めて放浪の旅を続ける身にも関わらず、献身的に寄り添ってくれる心優しい妻・たよ(宮崎美子)がいる。

旅の途中、大雨によって川が氾濫し、足止めをくった二人は、ある宿場町にある木賃宿に逗留することにします。

そこには老若男女さまざまな性格の旅人たちがいて、雨があがるのをひたすら待っていました。

安宿で鬱々としている彼らを見兼ねた伊兵衛は、持ち前の親切心から賭け試合で都合してきた金を使って、美味しい食べ物と酒を振る舞い、元気づけようとします。

楽しい一夜の宴が明け、なまった身体を整えるために早朝の散歩に出て伊兵衛は、そこでう思いがけず侍たちの果たし合いの場面に遭遇してしまいます。

果たし合いは御法度であるため、ここでも親切心を発揮し、若侍たちの仲裁に入ります。

はじめこそ怪しまれた伊兵衛でしたが、そこへちょうどやってきた藩主永井和泉守重明(三船史郎)に行いを感心され、翌日城へ呼び出されます。

すると永井和泉守重明は、後任が見つからないでいた藩の剣術指南番の話を持ちかけるのです。

偶然の巡り合わせによって舞い込んできた大役に伊兵衛は心踊らせますが、慣例を重んじる頭の固い家老たちは猛反発。

正式な任命はお預けとなり、ひとまず御前試合によって判断されることになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『雨あがる』ネタバレ・結末の記載がございます。『雨あがる』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

御前試合の当日。

伊兵衛と一戦交えるはずの道場主たちが待てど暮らせど姿を現しません。

藩主永井和泉守重明は数名に相手をさせますが、伊兵衛の見事な腕にまったく歯がたちません。

そこでしびれを切らした重明は自ら相手をすると言い、臣下の者たちの制止を無視し、槍を持ち出します。

ところが、つい本気になってしまった伊兵衛は、重明を槍ごと池の中へ落とすという大失態をしてしまいます。

またしても仕官の口を棒に振ってしまったと伊兵衛は落胆します。

その帰り道、賭け試合で恨みを買った道場主の一団に襲われ、自身の刃にかけることはなかったものの、一人が重傷を追うという事態に。

数日後、伊兵衛の元に家老がやって来ますが、賭け試合が仇となり、仕官の話が破談になってしまいます。

隣席したたよは夫が何のために賭試合をしたかも分からずに判断を下した彼らを木偶の坊と非難。

そうして伊兵衛とたよは再び仕官の口を求めて放浪の旅に出立していきます。

しかし、後方には彼らを追ってきた藩主永井和泉守重明の姿がありました。

スポンサーリンク

映画『雨あがる』の感想と評価

旧黒澤組が集結

参考映像:黒澤明監督『用心棒』(1961)

日本が世界に誇る巨匠黒澤明監督が亡くなったのは1998年のことでした。

しかしこの2000年公開の映画冒頭をみると、そこには紛れもない黒澤監督の画があり、驚かされます。

冒頭から、これぞ黒澤印の描写力と言わんばかりの雨が地上に激しく打ちつけるのです。

それもそのはず、未完のまま残された構想ノートを基に執筆された脚本の下には、撮影・上田正治(撮影協力には斎藤孝雄)、美術・村木与四郎、音楽・佐藤勝、監督補・野上照代と黒澤組が再集結し、長年黒澤監督の助手を務めた小泉堯史が監督を担当するという布陣なのですから。

主演の寺尾聰ももちろん旧黒澤組の出身。脇を固めるのが仲代達矢、井川比佐志という豪華さ。

さらに父三船敏郎譲りの豪快さを発揮する三船史郎の存在感というのもまたファンを大いに喜ばせます。

迫力ある描写

参考映像:『蜩ノ記』(2014)

その画面の力強さには目を見張ります。先述した冒頭の雨の描写。武士の歩行を捉えるドリー移動の勇ましい動き

それは妥協のないスタッフたちの絶え間ない努力と、ワンショットに込めた映画への切実な思いがカタチとなったものです。

2000年代以降の日本映画から失われてしまったものとは、まさにそうした映画的な贅沢さでしょう。

そして見せ場となるのは、やはり殺陣の場面です。

寺尾聰の静謐な立ち回りには大変な緊張感があり、カメラはじりじりとした動きで張り付くようにその一挙手一投足を捉えていきます。

するりと足を切り返し、敵の急所を見極める正確さ。ここがズタズタと100人切りをあっという間にやってのけてしまう三船敏郎の立ち回りとは違うところで、観客は固唾を飲んで見守る他ありません。

父親さながらの三船史郎の怒声にも注目で、御前試合で藩主自ら槍を突き刺す場面での立ち回りは、まさに三船敏郎が幾度も演じてきた戦国の猛将の荒々しさを彷彿とさせ、凄みがあり、大きな見せ場になっています。

このようなダイナミックな描写の数々を演出する小泉堯史監督の手腕は本物の時代劇監督のものです。

本作での監督デビュー後も野心的な時代劇を多く発表していくことになります。

まとめ

本作で寺尾聰が演じた三沢伊兵衛という万年浪人は、貧しい人たちにはとくに優しい男でした。

その優しさが彼を浪人に止めてしまうのですが、そもそも浪人は浪人でいることが性分に合っているのです。

これは大方の時代劇のキャラクターに当てはまります。

ヒーローという存在はたとえどんな無頼漢であっても、腕っ節の強さに加えて人情味を兼ね備えているものです。

おそらく残された遺稿は、泥臭くも美しい人間の生き様を時代劇・現代劇問わずに描き続けた黒澤明監督らしい内容であったはずです。

助監督であった小泉堯史監督が師の思いを滲ませた本作『雨あがる』は、時代劇らしい気っ風のよさを感じさせるとともに、慎ましい武士の夫婦の絆を描いた人間味溢れる物語が、多くの映画ファンの胸の奥まで届いてゆくのではないでしょうか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『朝が来る』考察と解説。永作博美と井浦新が特別養子縁組を決断する夫婦を熱演

映画『朝が来る』がTOHOシネマズ日比谷ほかで、近日公開 世界で高い評価を受け、カンヌ国際映画祭では欠かせない存在となった河瀨直美監督が、直木賞・本屋大賞受賞のベストセラー作家・辻村深月の『朝が来る』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『新宿スワン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

演技派で知られる綾野剛。いよいよ、2017年1月21日から『新宿スワンⅡ』の公開されます。 今回は前作『新宿スワン』をご紹介。監督は園子温。 ベルリン国際映画祭での受賞経験を持つ園子温監督の新たなチャ …

ヒューマンドラマ映画

映画『息衝く』あらすじとキャスト一覧!木村文洋監督の作品情報は?

映画『へばの』『愛のゆくえ(仮)』で、社会と個のあり方について鋭く問題を投げかけた 木村文洋監督。 2018年2月下旬より上映される映画『息衝く』では、日本ではタブーとなった「宗教、原発、家族」を軸に …

ヒューマンドラマ映画

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』あらすじと感想。上映館情報も

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』は、7月7日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開! ロシア国立ボリショイ・バレエ・アカデミーの頂点を目指した少女たちの挫折と栄光。その夢見る …

ヒューマンドラマ映画

枝優花映画『少女邂逅』あらすじとキャスト。感想レビューのオススメも

気鋭の監督とミュージシャンによるコラボプロジェクト「MOOSIC LAB2017」で製作された枝優花(監督)✕水本夏絵(音楽)による『少女邂逅』は全7回の上映で全て満員となり、長編部門観客賞に輝きまし …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP